AX
最後のページ。
2017-05-28 Sun 13:08
ゆにくあです。


3月末に譜読みを始めたチャイコフスキーの
ドゥムカ。昨日、とうとう最後まで音出ししちゃい
ました・・・笑 (これでもだいぶ我慢したつもり)

いやぁ・・・

インベンション以外で譜読みにこんなに時間を
かけたの初めてなので、最後の部分の音出し
した時は、すご~く大事なものを扱ってるような
「ホントにいいのかな、弾いて」的な感覚。笑



っていうか、こないだのレッスンで先生から

「コンクールに出るわけじゃあるまいし、
急いで次へ進めなくてもいいのよ~」
「出来てないところを先にやってね」

などと釘をさされていたんだけど。(苦笑

音楽の流れとして中途半端なところで
「はい、今日はここまで~」とは
切れなかったです。。


そして、単に音を並べただけの状態だったけど
(なんと美しい音楽なんだー)という気持ちというか
本の結末を知って、やっと全体像が見えた感動の
ような、ラスボス倒して(注:全然倒してないから)
エンドロール見てるような笑




さておき。

私は好物は最後に食べる性質なので笑

最終ページは(せっかく譜読みしたけど)
もう少しの間、ご褒美として取っておいて

まずその前をもう少しちゃんと弾けるように
しようと思います。。



しっかし、ホロヴィッツさんのカデンツァは
半端なく速いですねー

今やってるのはカデンツァの後なので、
(音源で言うところの)5分すぎくらいから。

楽譜だけ見た段階では(これは大変だー)と
思ったけど少し練習して構造に慣れてきたら、
思った以上に弾くのが楽しい!

まぁ・・・終盤は練習してるだけなのに
汗だくになってるんだけど(どんだけ運動不足)

おまけに興奮して頭がふわふわしてくるので・・・
心の平静さを保つのも大変だったりしますが

それでも、ふと今日


(やっぱ、ここはFFとFFFで正解だったんだ!)

と思いました。。





なんかやってるとちょっとだけ、K475の
「ぴぅアレグロ地獄」の大変さを思い出します。
でも、あの曲を超える苦行は今のとこないな・・・

モーツァルト、おそるべし。

別窓 | ドゥムカ | コメント:2 |
BACK | ゆにくあ缶 | NEXT