AX
おうちでイタリアン
2006-03-08 Wed 08:32
時々、無性にパンやピザなどのイースト発酵系料理が作りたくなります。
レストランへ行くのもいいけれど、のんびりとした日曜の午後に自宅の
キッチンで作るとおいしさも格別です。パーティ用の料理としても○。
ちなみに生地はピザにも応用できますよ☆       


ほうれん草とチーズのカルゾーン(Calzones)


■生地■1カップ=240g tsp=小さじ  TBSP=大さじ


ドライイースト(粉)      1袋(7g)
ぬるま湯(100-110F)   3/4カップ(およそ125ml)
砂糖             大さじ1
小麦粉            3カップ
オリーブ油          1/4カップ(およそ63ml)
塩               小さじ1


■スタッフィング■


オリーブ油           大さじ2
にんにく(みじん切り)     2かけ
ほうれん草(葉のみ)      500g
塩、こしょう           適量
リコッタチーズ(ricotta )    15オンス(約470g)
粉チーズ(parmesan)      1カップ
ピザ用チーズ          1/2カップ (あればshredded fontina)
卵                 大1個
レッドチリペッパーフレーク  小さじ1/2


溶き卵              つや出し、接着用


1. イーストと砂糖を混ぜたものをボールに入れたら、分量のぬるま湯を
加えて軽くまぜ、表面がふわっとした泡状になるまで室温で置く(約5分)。


*ちなみにこのイーストが活性化した状態を英語でbloomと言います。
それから砂糖は、イーストのごはんみたいな役割。
 

2. 1の中へ小麦粉を1カップずつ加えつつ木製スプーンで混ぜたら、
さらにオリーブ油、塩を加える。打ち粉をした作業台にボールの中身を空け、
しっとりとまとまるまで生地を打つ。


*いろいろなやり方がありますが、一番力が要らないのは手首付近の手の
ひらを使って前に押し出し、揺り返すように手前へ戻すのを繰り返す方法。
パンをこねる機械やスタンドミキサーがある場合はそれを使うと短時間で
出来ます。また、油を加えるといったん生地が分離しますが、慌てずに
そのまま作業を続けるとまた元のしっとりした状態に戻ります。塩を最後に
加えるのはイーストの発酵を妨げないためです。


こね終わりの目安:少量の生地をひっぱり伸ばした状態で、電灯にかざした
時に明かりが透けて見える状態か指で生地を押した時に跡が残る状態。


4. 生地をボール状にまとめ、オリーブ油(分量外)を塗った大き目のボール
に入れたらラップをきっちりし、暖かい室内にて2倍の大きさになるまで発酵
させます(約45分-1時間)。


*この時、30分くらい前にオーブンを一番低い設定にして暖め、その後すぐに
止めた状態(ほんのり暖かいけれど触れないほどではない程度)を作っておく
と、発酵作業をオーブン内で行うことが出来、約半分の発酵時間で済みます。
またボール状の生地をまんべんなくオリーブ油でコートしておくと、外側に固い
皮が出来るのを防止できます。


5. 生地の発酵を待つ間に「スタッフィング=詰め物」を用意します。
まずオリーブ油をしいたフライパンでにんにくを2分炒め、続いてほうれん草も。
塩こしょうで味付けをし、さらに5分。ザルにあけて水気をしっかり絞ります。
リコッタチーズが水っぽい場合もいったんザルにあけて余分な水分を切って
ください。後は残りの材料を加えてよく混ぜておきます。


6. 発酵後、生地をボールから取り出して軽く四方から持ち上げガス抜きをし、
包丁で4等分します。それぞれをボール状にまるめたら次の工程に移る前に
布巾をかけて室温で15分ほど生地を休ませてください。生地が落ち着いて
伸びがよくなります。その間、オーブンを400F(200℃)に暖め始めます。


7. 休ませた生地を、のし棒で約25cmほどの円形に延ばしたら、縁に
溶き卵を塗り、5で用意したスタッフィングの1/4の量を中央にのせて半分に
折りたたみ半円状にして端をしっかりと閉じる。蒸気の逃げ道を作るため、
よく切れる包丁または剃刀で2,3か所・長さ5cmほどの切り込みを入れる。
さらに、つや出し用として溶き卵を刷毛でまんべんなく塗ること。


*この時、上側半分の生地を少し手前気味にオーバーラップさせて、余らせた
下部分を上に折り返すようにして閉じると加熱時にパンクしません。しっかり
閉じたあとはフォークで押さえてもいいし、餃子みたいにヒダを作ってもよい。


8. 4つの生地全て7の作業を終えたら、油を塗ったベーキングシート(あれば
コーンミールも敷くとよい)に乗せて、オーブンで25-30分焼く。切る前に
中のチーズが落ち着くのを待つ意味で10分ほど置いてください。シンプルな
トマトソースを添えて食卓へ。


*ソースは市販のものでも、生トマトや缶詰から作っても。Pregoのソースが
手に入る方は「トラディショナル」がよく合いますよ☆

calzone.jpg
写真はイメージ。残念ながらゆにくあ作ではありませんが、
まあこんな感じに仕上がれば成功です♪
別窓 | レシピ | コメント:8 | トラックバック:0 |
ゆにくあ風テリヤキチキン
2006-02-22 Wed 00:02
今日はMelanieのPicture Dayです。


年およそ2回、学校にプロの写真家がやってきて生徒を撮影する日、
これがPicture Day。日本ですとクラスごとの全体写真だったと記憶
していますが、こちらはひとりずつ個人撮影で、背景の色などを当日
着る洋服とコーディネートしてあらかじめ個別指定できたり、なかなか
手が込んでいるんですよ。当然、子供達も「特別な日」として認識し、
これを口実にちゃっかり洋服を新調してもらったり☆


とにかく、今朝の通学路は普段よりおめかしした子供たちでいっぱい! 
Melも、ローラアシュレイさながらの甘いサーモンピンクが美しいワン
ピースに身を包み、足取りも軽やかに登校しました♪


ちなみに、イベントごとに正式な写真を残す傾向があるアメリカでは、
意外と気軽にプロ撮影を依頼します。映画などで、家族の写真が
ところ狭しと飾られているのをご覧になったことがあるかと思いますが、
ああいうのもそれ(こちらの感覚では「家族写真=個人的趣味」という
認識があるらしく、寝室や書斎、廊下などプライベートな空間に飾るのが
上品とされているとか。だからってリビングルームに飾るお宅がないって
事ではないですが笑)。

takoline2.gif

そういえば週末は、Joshuaの誕生日プレゼントも無事購入しました(飛行用
の脚はみつかりませんでしたが)。今年の目玉はアウトドア用の巨大プレイ
セット(写真参照)。子供たちへのプレゼントって、自分が子供の頃に「欲しい
なぁ」と思っていたものを無意識に選んでいるような気がする、今日この頃。

B0000AJN2N.01._SCLZZZZZZZ_.jpg


☆タイトルにある「テリヤキチキン」のレシピはどうしたの? という方は
続きをお読みください。

ゆにくあ風テリヤキチキン…の続きを読む
別窓 | レシピ | コメント:22 | トラックバック:0 |
ほうれん草のカレー
2006-01-24 Tue 10:38
121105.gif

これを作ると、一番下の子供も含めてみんな大量にほうれん草を
食べてくれるというパワーメニューです。昨夜は、ぐりさんに教えて
いただいたナスのカレーも一緒に(これが絶品!)。普段はこれらに
合わせてナンを作るのですが、風邪気味なもので・・・(言い訳)
代わりにさっと出来るチャパティにしました。


■ほうれん草のカレー


冷凍ほうれん草 2箱 (生なら2~3わくらいかな)
玉ねぎ 小1個 ミジン切り
にんにく、生姜 それぞれ ミジンで大さじ1
トマト缶      1カップ 
バター  大さじ5
塩    小さじ1~1と1/2
水    少々


<スパイス>
ターメリック 小さじ1
クミン     小さじ2
コリアンダー(パウダー) 小さじ1
チリパウダー  小さじ1/4~2(お好みで加減してください)
マスタードシード 小さじ1
ガラムマサラ   小さじ1
シナモン      小さじ1/4
クローブ      3本


1.冷凍ほうれん草は箱の蓋をあけてレンジで5分加熱し、トマトと共に
フード・プロセッサーにかけて(または包丁で)細かくしておく。生の
ほうれん草を使う場合は、茹でたものを固く絞らない状態で、同じ様に
処理します。


2.鍋にバターを溶かし、玉ねぎ・にんにく・生姜を炒めたら、スパイスを
入れてさらに香りがたつまで(強めの中火で)炒め続けます。


3.ほうれん草とトマトを加えて塩で味付けしたら、弱火で15分くらい
加熱し余分な水分を飛ばしてください。


*カッテージチーズなどをお好みで加えても。


■チャパティ


小麦粉 1と1/2カップ
塩 小さじ1/2
水 110~150cc
オリーブオイル  大さじ1~2


小麦粉と塩を混ぜたものに水を少しずつ混ぜてこねたら、加減をしながら
油を生地に混ぜて、まとまったら、適当な大きさに分けたものを伸ばして
両面を焼きます。
別窓 | レシピ | コメント:9 | トラックバック:0 |
ホリデークッキー
2005-12-22 Thu 00:00
クリスマス目前のこの時期になると、毎年7~10種のクッキーやミニタルト、
ミニケーキなどを大量に作って詰め合わせ、ご近所や子供のお友達宅へ
届けることが恒例になっている我が家。 といってもそういう慣わしが
アメリカにあるということではなく、ベーキングの大好きな私が好きなだけ
お菓子を作れる年に一度の口実です。

その他、毎年必ず作るのがジンジャーブレッドハウス。これは毎年デザイン
が大袈裟になりつつあり(笑、たとえば去年は教会とキャンディショップ、
レンガ壁の豪邸などが橋のかかった川をはさんで並ぶ町並みを作りました。
写真があったのですが、現在主人の両親が保持しているため、お披露目
出来ないのが残念です! デザイン段階の鉛筆画ならあるんですけど・・・。

さて今年はというと、引越ししたばかりなのでかわりに学校へジンジャー・
ブレッド・クッキーをクラスの人数分子供と共に作ってもたせました。
Melanieはこういう時、目がキラキラしています。Joshuaもアイシングを
顔中にまとっておおはしゃぎでした。

以下が通常クリスマスに作るお菓子のリストと、いくつかのレシピです。

・レモンバターカップ
・ミニミックスベリータルト
・ブラウニー
・チョコレートエスプレッソクッキー
・ハンガリーショートブレッドクッキー(ラズベリー)
・ミニショートケーキ各種
・レッドベルベットケーキ
・チーズタルト
・ミントクッキー など

■レモンバターカップ■ 24個くらい(1カップ=240ml)

小麦粉 2カップ
塩   小さじ1/2
無塩バター 大さじ16 キューブ状に切っておく
サワークリーム 1/2カップ
砂糖 1/2カップ
卵黄  大1個分
クリームチーズ 8オンス 室温
卵  大1個
バニラエッセンス 小さじ1
レモンの皮(すりおろしたもの)
小さじ1
粉砂糖

1.大きめのボールに小麦粉と塩を混ぜておく。角切りの冷たいバターを
入れ、指先を使ってつまむように混ぜる。砂っぽい質感になったらOK。

2.別のボールにサワークリームと卵黄を入れて、なめらかになるまで
よく混ぜる。1の粉を混ぜたら、生地をまとめる(この時、生地の質感は
やや乾燥しています) 。

3.円盤状にまとめたらサランラップをして冷蔵庫で4時間または一晩休ま
せます。

4.ボールにクリームチーズと卵、砂糖 、バニラエッセンス、レモンの皮を
混ぜあわせる。

5.打ち粉をした作業台の上で冷やしてあった生地を伸ばし、ピザカッター
かナイフで7.5cm角の正方形に切り分ける。

6.正方形の生地をマフィン用の型に入れたら、3で作ったフィリング(具)を
小さじで中央にのせ、それぞれの「辺」の中央あたりをそっと指で内側に
押し込む(こうすることによって、四つ角が花びらのようになり、焼きあがっ
た時に花のように見えます)。

7.残りの生地で以下の行程を繰り返したら、冷蔵庫で30分休ませます。

8.180~200度に暖めたオーブンで25分から30分、焼き色がつくまで
焼いてください。


■チョコレートエスプレッソクッキー■(1カップ=240ml)

セミスイートチョコレートチップ  3と1/4カップ
バター   大さじ8
小麦粉   1/2カップ
ベーキングパウダー 小さじ1/2
塩   小さじ1/2
卵   大4個
砂糖  1と1/2カップ
バニラエッセンス  小さじ2
インスタントエスプレッソの粉  小さじ1と1/2
チョコレートチップ   1と1/2カップ

1.ボールを少量のお湯を沸かしたお鍋の上にセットし、セミスイートチョコ
レート3と1/4カップとバターを一緒に湯煎でとかします。

2.その間、別のボールに小麦粉、ベーキングパウダー、塩を混ぜておく。

3.大き目のボール(別)を使って卵と砂糖を白っぽく「ふわふわ」っと軽く
なるまで混ぜる。バニラエッセンスとエスプレッソを続けて混ぜ入れたら、
1のチョコレート液をさらに混ぜいれる。

4.粉類を混ぜたら、残りのチョコレートチップ(1と1/2カップ)を加え、
室温に30分ほど放置し、生地を落ち着かせる。

5.パーチメント・ペーパーを敷いたクッキーシートに中ぐらいの大きさの
アイスクリームをすくうスプーンですくい落としたら、冷凍庫へ(普通の
スプーンでもいいですけど、この方が簡単です)。

6.凍った状態から180~200度のオーブンで7分焼きます。


■キャロットジンジャーカップケーキ■12個分(1カップ=240ml)

Pecan(ピカン)   2/3カップ トーストしたもの
にんじん       3~6本( 1と3/4カップ分)
卵  大2個 室温
バターミルク 1/4カップ 室温
バニラエッセンス  小さじ1
砂糖  1と1/4カップ
サラダ油  1カップ
生姜の摩り下ろし 小さじ2
小麦粉  2カップ
ベーキングパウダー  小さじ1
ベーキングソーダ    小さじ1
塩  小さじ1/2
シナモンパウダー  小さじ1/2


1オーブンを180度に熱す。.ピカンを細かく刻んでおきます(ピカンが
手に入らない場合、お好みのナッツで)。

2.にんじんを摩り下ろし、卵、バターミルク、バニラ、砂糖、サラダ油、
生姜と共に大きなボールにいれ、よく混ぜる。

3.中くらいのボールに小麦粉とベーキングパウダー、ベーキングソーダ、
塩、シナモンを混ぜておく。ゴムべらをつかって、粉類を2のにんじんミッ
クスへさっくりと混ぜあわせる。続いて1のピカンを軽く混ぜ合わせる。

4.生地をカップケーキの紙型にスプーンをつかって上ぎりぎりまで入れて
いく。串を中央に差して生地がつかない程度になるまでオーブンで焼きま
す(20~25分くらい)。

5.10分くらい置いて粗熱が取れたら、型からはずして完全に冷まし、
フロスティング(下記参照)をそれぞれのカップケーキに塗ってください。


■オレンジジンジャーフロスティング■3カップ分

無塩バター 大さじ4  室温
クリームチーズ  8オンス(1箱)  室温
粉砂糖   1カップ
オレンジの皮〔摩り下ろし) 小さじ2
生姜の摩り下ろし  小さじ2
塩   一つまみ


1. バターをボールに入れ、ふわっとするまでよく混ぜます。
クリームチーズと粉砂糖を加えムラなくよく混ぜたら、オレンジの皮、
生姜と塩を加え、さらによく混ぜる。 冷蔵庫で15分くらい冷やすと
扱いやすくなります。

GingHousBrown.gif

ジンジャーブレッドハウスの基本的な作り方に興味がある方は、
続きをどうぞ。
ホリデークッキー…の続きを読む
別窓 | レシピ | コメント:16 | トラックバック:0 |
Chicken Saltimbocca
2005-12-05 Mon 11:20
久しぶりに旦那の好物を作りました。以下レシピは4人分です。


■材料■

鶏胸肉 4枚
セージの葉(生)40枚くらい
Prosciutto(プロシュートハム) 薄切り4枚
オリーブオイル 大さじ2~4
小麦粉  1/4Cくらい
白ワイン(dry) 1/4C
marsala または port 1/4C
チキンストック 3/4C
刻んだセージの葉(生) 大さじ1くらい
黒こしょう

■作り方■

1. 鶏胸肉はワックスペーパーかサランラップの間に挟んで叩き
(メモ:この時、肉に水をつけるとくっつきません)、薄く伸ばす。

2. 鶏肉一枚あたり6.7枚のセージをのせ、さらにプロシュートで覆う。
軽く密着させたらラップをかけて、冷蔵庫で10分。

3. フライパンを中火で熱し、いったん小麦粉をつけて余分を落とした
鶏肉を片面2分ずつ、または色が変わるまでソテーする。調理後、
肉は皿に取り出しておく。

4.マサラワイン、白ワインを3のフライパンに入れて沸騰させ、茶色い
うまみ(こげのようなもの)をこそげ落としたら、そのまま約1分加熱する。
チキンストックを加え、沸騰後1/3Cくらいになるまで煮詰める。刻み
セージを加えて1分間弱火。こしょうで味を調えたら(たぶん塩はいりま
せん)鶏の上にかけていただく。
MB2C17_SALTIMBOCCA_DI_POLLO_e.jpg

Prosciutto=イタリアの塩漬け豚肉(未燻製)です。
別窓 | レシピ | コメント:0 | トラックバック:0 |
BACK | ゆにくあ缶 | NEXT