AX
空飛ぶピアノ。
2017-02-08 Wed 19:00
ゆにくあです。


今日こそは、不滅の恋を観るつもりだったんですが。
なぜかランランが出てる映画、発見してしまったので。


しかし、(私が探しきれないだけかもしれないけど)
日本語でいくらサーチしてもヒットしなかったので、
あるいはこの映画、日本には行ってないのかも。


220px-Flyingmachine_poster.jpg


2011年、ポーランドの映画です。
ランランが・・・ランランとして出てました笑

非常に説明するのが難しい、ある意味
映像トリップ系の映画というか・・・観ないと
伝わらない世界なんですが。

頑張って説明するとですね。

まずメインのストーリー的には、仕事ばっかりで
ストレスいっぱいの母(ヘザー・グラハム)が
子供達を「マジックピアノ」というピアノコンサート
&3Dアニメの催しに連れて行くところから始まり、

当然ピアニストはランランですが、コンサート中は
ストップモーショーン・アニメの世界(観客視線)で、
アニメはセリフ一切なし。映像的にとても美しく、
バックにはランラン演奏のショパンエチュードが
次々と流れます。

アニメーションのストーリーをかいつまんで書くと
これは少女と父の話。父は町の小さな修理店を
営んでいましたが、経営難からとうとう店を手放し
てしまうところからお話は始まります。

そして、父はポーランドを離れて仕事のために
ロンドンへ、少女は叔母の家に預けられます。

父と離れ離れになり寂しい少女。父から届いた絵葉書
だけが彼女を支えます。叔母のうちには少女と歳の
近い少年が住んでいますが、少女は心を開きません。

そんなある日、少女は街外れのゴミ捨て場で古びた
楽器たちをみつけます。寂しくて、こぼれた少女の涙が
壊れたピアノの鍵盤をぬらすと、魔法のような出来事が。

といった感じの話です。

アニメの上映が終わると、観客は一斉に席を立ち
ホールはガランと静まり返ります。子供達(特に娘)は
ランランの大ファンで(まぁそうじゃないと話が進まない)、
終わったら楽屋へ一緒にサインをもらいに行こうと約束
していたのに、肝心の母親は携帯電話にかかりっきりで、
子供達が疎ましい。

そして母親が電話に夢中になっているうちに、子供達は
アニメーションの世界へ迷い込み、と、そこへステージに
戻ってきたランランが道案内役となり、ピアノを演奏しながら
子供達を追うんですが。


ランラン。


すっごい化粧してました。

lang lang


アイライン、はっきり入ってます。


それで、グランドピアノが空飛ぶマシーンになって
ヨーロッパを飛び回るんですが、飛んでる間の
セリフは8割方、強引に詰め込まれた・・・
「ショパン豆知識」です。

「ショパンってお絵かきが好きだったんだって!」

とか

「花びらの後ろには大砲が潜んでいる(のがショパン)」

とか、そういうやつです。


そして、後半のライブアクションになってからは
ヘザー・グラハムのセリフが・・・・とにかくすごくて、
例えば


「顔芸はもういいから」

とか。ホントに言っちゃうんですよ、本人に。


あと、へザーが突然自分の身の上話を始めて、
子供の頃はダンサーになりたくて・・・でもお金が・・・
とかなんとか、辛かった過去の話をしてるんだけど

その側でランランはガンガンにショパンエチュード
弾きながら、うんうん・・・みたいな感じで頷いてる
わけですが、私からみると

こいつ、絶対全然きいてねーよ!ww 


みたいな感じに見えるわけですよ。
だって、いつもの、例のあの感じで演奏してるので。


それで、ショパンがワルシャワに二度と戻れなかった
という豆知識を手に入れた子供達が、気の毒に思って
ワルシャワに向かうと、なぜかショパンの銅像とともに
石になるって強引なシーンがあって(自分で書いてて
何言ってんだ・・・と思いますが、本当にそういう筋がき)

そこでランランが、へザーに
「君の夢(ダンス)を子供たちに見せたら呪いが解ける」
みたいなこと言って (呪い?)

そうするとへザーは嫌そうに

「youtubeにアップしたら、ただじゃおかないわよ」

とかランランに脅しかけつつ、踊るんですけれど。
この踊りが・・・・・かなりひどい。
演出なのかなんなのか・・・。



それで、話の最後の方で、まぁ母と子供達が和解し
ランランと娘が「黒鍵のエチュード」を連弾するシーンが
あるんですが、演奏は結構素敵で「いいじゃん~」って
思うんだけど、ふとその後ろにいるへザーが視界に入り、
みると、ゴーゴーダンスみたいなの踊ってるんです。


黒鍵のエチュードで踊るって発想、普通ないと思う。


とにかく、演技はさておき演奏は素晴らしく、
映画全編通して実はショパンが主役で、例えば
・・・木枯らしのイントロが聴こえてくると、

「あ、やばい。嵐が来るじゃん!」ってわかる感覚。

そういうのが面白かった。ランランの手元も時々
大写しになるし、音楽が大切にされている映画。
そして、なかなか変わった趣向の映画。


日本でも観られるといいのにな~














別窓 | 映画の話。 | コメント:2 |
<<スランプ。 | ゆにくあ缶 | ピアノソナタ第26番 「告別」 変ホ長調 op.81a>>
この記事のコメント
amyさんへ
amyさん、お久しぶりです~~♪
あとでそちらへも寄せていただきます!

この映画はね、前半とても良いですよ。お人形の目しか
動いてないのに、すっごく表情豊かでびっくりします。
顔芸は、みんな思ってるけど言わなかった(本人には)
ことなのに、映画のセリフになってるから笑いました!

後半はランランのぎこちない演技が微笑ましいです。
そういえば黒鍵のエチュードんとこで、子役のセリフ
「2.5オクターブ手が開かないの」とか
言ってて、え???? 2.5・・・オクターブ??  
黒鍵ってそんなとこあるの? と思いました。
アルペジオかなんかのことですかね笑


そしてベートーベンの、観ました! さっき。
すっごい言いたいことがあるんだけど・・・ミステリー
タッチなので、ネタバレ厳禁。ということで記事には
しませんけれど笑 あれを観て、まるごと信じる人が
いたら困るなぁ。とだけ言っておきます笑

確かに月光弾くところ、痛々しく思って切なかったです。
なんか感化されて(笑)もっともっと彼の音楽を大切に
しようと、それからもっと練習しないと怒鳴られそうだと
思いました笑
2017-02-09 Thu 03:16 | URL | ゆにくあ #-[ 内容変更]
ゆにくあさん、お久しぶりです♪
気が付いたらシフさんのレクチャーシリーズを沢山アップされててビックリ!
相変わらず仕事はやい~Σ(・ω・ノ)ノ!

ご紹介の映画面白そうやね~
「顔芸はもういいから」とか、
黒鍵のエチュードで踊るって発想、普通ないと思う。
とか~~~(笑)

ベートーヴェンの映画は観ましたか?
私は昔レンタルしてみたことありますよ~
ピアノに顔を寄せて月光1楽章を弾く場面が印象的でした(^^♪
2017-02-08 Wed 22:05 | URL | amy #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ゆにくあ缶 |