AX
やっと練習、テンペスト。
2016-11-07 Mon 11:06
ゆにくあです。


宿題のテンペスト、練習やっと始めました。


実は・・・昨日までは、レッスンとは全く関係がない
別の曲を譜読みしてました。でテンペストは、単に
楽譜を眺めて和音進行を見たり、構成を見たり。
みたいなことをしてぐだぐだと1週間・・・。
(ここが一番楽しいので、つい)

しかしレッスンまであまり時間がないことに気づき、
今日辺りから慌てて実際にピアノで弾く練習を始め
ました。。先生、時間あったら全楽章みとけとか
言ってたけど・・・時間ないです!笑


それでご存知のとおり、

第1楽章はいろんなテンポが出てきて、それが
コロコロと入れ替わるのですが・・・曲全体の基本と
なる拍を後ろに感じておかないと、まるで統一感が
なくなって、速くなったり遅くなったりしてしまうと
思い、昨日は夜中から楽譜見つつ、歌いながら
永遠に手拍子、足拍子~。笑


ちょっと・・・人様には見せられない図。
ですが、ここが最初の難関なわけです。笑


それで、寝て起きてから・・・おそるおそる練習。

もちろん主婦ですから洗濯したり夕ご飯の支度は
かろうじてしましたが。もー、さすがテンペスト。

曲が素晴らしいので超、麻薬的。
特にミスしないと楽しくて仕方ないんですよ!笑
(いや・・・だいたいミスしますが汗 そこは
あえて突っ込まないでください)


それで

ほら、1月に玉砕した2分の2拍子に3連符を
あわせる部分。笑 (大丈夫かなぁ)と心配して
たんだけど、なんと今は大丈夫なんですよ!笑
大丈夫というか、大丈夫じゃないけど・・・
とりあえず左右が合う。という意味で、です。

あの部分、本当に気持ちが高揚します。。
恐るべし、マンハイム・ロケット。

だからその直後、自分を抑えるのが結構大変。
もうね、その時点で気分が最高潮に盛り上がって
いるのと、次のアジタートな雰囲気も好きなので
勝手にがっつり弾きたくなりますが、

・・・その気持ちを抑えて一気に静かに。。

しなくては。。。出来てないけど。


あとですね、全体的に曲に興奮しすぎてミスタッチ
するんですけど、これってやっぱり変態ですか。

それで「夕食なんか後、後」とそのまま弾いてて
今さすがに(お、お腹すいた・・・)と思い、キッチン
行ったら、家族に夕食を完食されてました。汗

ま、そんなことはどーでもいいんです。

とりあえず、先へ先へ進めることよりも、部分ごとに
テンポ・リズム・アクセント・タッチなどを全部一度に
みながら、少しずつ進める方式でやってみてますが。
最初から駆け抜けるように弾いちまいたい誘惑
に負けずに、ゆっくり確実に間違えないように・・・
と弾くのも、この曲の場合は精神力が要ります。

それと

当然ですが、リズムが難しいところとか、アクセント
つけにくいところとか、すぐ飛び込まなくちゃいけな
いのに和音掴みにくいところとか、弾きづらい音形、
挙げ出すとキリがないですが・・・今、一番要練習
なのは・・・2か所。左手が静かにドコドコしてるとこと
後半のアルペジオんとこ。。。

左手ドコドコは、まだ暗譜してないので、楽譜を
見ながら弾いてると毎回わけわからなくなります。

後半のアルペジオんとこは、かっこよすぎて
鳥肌・・・という部分のはずなんですが。汗
私の場合、幻想曲、ピウ・アレグロの悪夢再来。


とりあえず流れ的に、シフさんの第一楽章。笑


1:41からが左手ドコドコ。7:09からがアルペジオ。



ちなみに第2楽章はまだ楽譜みてるだけ。
それと第3楽章はあまりに美しすぎて、なんとなく
大事にとってあります。笑 1&2のあとで大切に
練習したいです。。

別窓 | ぴあの | コメント:0 |
<<覚えてますか、アクロバット奏法。 | ゆにくあ缶 | ピアノソナタ第9番 ホ長調 Op.14-1>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ゆにくあ缶 |