AX
なにをいまさらな話。
2016-09-15 Thu 07:16
ゆにくあです。


今日は、悲愴休憩日なんですよ。
気づいたら先週木曜のレッスンから、
毎日毎日3楽章しかみてないので、
いい加減マジで他の曲を練習しないと!
なんですよ。。

あー なんでいつもこうなるんでしょうか・・・。


******


それで、今日は絶対に3楽章のことは書かないぞ。
と朝目覚めた時は、思っていたんですけど(汗




ソファに寝転んでたら


(あれ、そういえば・・・2拍目は弱くとか
なんとかいうルールなかったっけ?)


と思い出し、おっちら楽譜を開いて、そのルールが
全部アプライされてるか、いそいそと楽譜に目を
通してたんだけど(こういうことしてる時が一番楽しい)

昨日、この曲における音価の大きい音は基本強調?
とか考えてたけど、同時に大雑把なルールだなぁとも
思ってたんですよ。だって、オクターブの2分音符でも、
フレーズの最後だったら、むしろ続く「新フレーズ」の
方が優先順位高いよね?とか、いったんフレーズが
終わって、独立した音だったらどうか、とか

いろいろ前後を考慮した上での扱いだから・・・・
簡単に言うと「場所によるのか!!」と
おそろしく程度の低い気づきに感動しつつ。

それじゃ具体的に音価の大きな音たちが
どこらへんに出てくるのかチェックしてみようと、
ついでにスラーの繋がりとか切れ目も含めて
もう一度細かく見直しました。(どんだけ暇人



唐突ですが。


音楽的に弾く、とかいうことについて、
プロも練習者も日々頭を悩ませて、タッチが
とか感情がとか、思いあぐねるけれども。

そもそも、楽譜は誰のために書かれたもの
だろうと考えた場合、まさか音楽的才能に
溢れた一部の天才の為だけに書かれたわけ
じゃあるまいし・・・・むしろ「みんなが素敵に
再現しやすいように」という観点で、いわゆる
お金持ちの奥様とか・・・そういうパトロン的な
人も視野に入れていたはずで。

それに、ピアノは(というか音楽は)感情表現の
天才だとか、歌の天才だけしか美しく表現でき
ないのか・・・というのも違う気がして、だって
美しい!と思う心と再現能力は別ものですよね。


Q。
先の高みにつれていくのは表現力だろうけど、
音楽性を引き出す「最初のチェックポイント」は、
やっぱり技術ですか。


これって、ピアノ始めて数か月の頃に
「ピアノ音楽って、魔法みたいだと思ってたけど
本当は全て緻密な計算の結果なんじゃん」って
ちょっとがっかりした、そこへ戻るけど・・・。

なんだか何言ってるかわかんなくなってきた。


話を戻すと、

私のような素人がごちゃごちゃ悩むまでもなく
最初から楽譜に音も、音の長さや性質も、強弱も、
フレーズの切れ目も、その他いろいろ・・ほんと細かく
丁寧に書かれているのだから、それを守れば自然と
そういう曲になるように「最初から出来ている」と、
超いまさらながら痛感しました。。


で当然、

私は見落としたり、間違えたり、技術不足だったりで
それが全く出来てないから、その出来てない段階で
「なんか私が弾くとダサい~」とか当たり前です的な。


と自虐思考はおいといて、
マジで今まで本当に、出来る限り楽譜の指示通り
誠実に弾こうとしてみた事あるのか、自分。と
突っ込みをいれつつ・・・ もしいつかそれが出来たら
出来た状態で演奏してみたら、どんな気持ちだろう。

その時聴いた音で心がざわめいて、その時こそ
心が音楽に向けて開放されて、自然と感情が
音に乗るんじゃないだろうか。。

ここは16分音符だから~とか、ここは悲しくとか
感じたフリじゃなく。


そして、そんな日々を送れるとしたら、
なんて素晴らしい人生だろう~



だから、

毎回、同じことで悩んで、同じことで躓いて、
出来ても出来なくても、明日また心機一転にしよう。



(今日は休憩日なので、モブサイコ100)

                                   
別窓 | ぴあの | コメント:12 |
<<公開授業。 | ゆにくあ缶 | 自分のための覚え書き。>>
この記事のコメント
ゆきなぎさんへ
ゆきなぎさん、コメントありがとうです!

>音感とかリズム感覚とかに優れた人、もともと感情表現が得意で感情的に弾ける人が、色々計算しなくてもさっと仕上げることもよくあるように思いますが、

うんうん、最初に音楽ありき、ですよね。音楽理論やアナリーゼなど、小難しいことを専門家たちが考え出す何千年も前から音楽はそこにあって、専門知識とは無縁の素晴らしい音楽家がたくさん存在しただろうな、とも想像しています。

>なんか、この記事よんで安心しました。

私もコメントを読んで「よかった・・・」と思いました。「私は表現力なんてないから一生美しく弾けない。は、きっと違うと思う! 諦めなくて大丈夫なんじゃないかな!」というメッセージを一番発信したかったので、主題を理解していただけて嬉しいです。ゆきなぎさん、読解力に長けていますね~

>「心が音楽に向けて開放されて、自然と感情が音に乗る」
言われてみたら、そうなる瞬間も確かにあったわけで。

ゆきなぎさんの演奏は、外からおうちに帰った時のような暖かさがある思います。また、ブログの文章からも時折垣間見ることが出来る、深い視点や繊細な心がまるごと演奏に反映されている、とも思っていました。

>いい記事をありがとうございました。

こちらこそ、目を通してくださってありがとうございました☆
2016-09-16 Fri 14:38 | URL | ゆにくあ #-[ 内容変更]
音感とかリズム感覚とかに優れた人、もともと感情表現が得意で感情的に弾ける人が、色々計算しなくてもさっと仕上げることもよくあるように思いますが、それよりさらに完成度を上げるには、緻密な計算が必要なんだろうなと思いました。

なんか、この記事よんで安心しました。
緻密な計算で弾くことが出来るということも、理系もいいものだなと思えましたし、また、
「僕は、感覚がダメだから、楽譜通りに弾くことしかできない、つまらない演奏だ」と落ち込んでいたことがありましたが、
「心が音楽に向けて開放されて、自然と感情が音に乗る」
言われてみたら、そうなる瞬間も確かにあったわけで。

いい記事をありがとうございました。
2016-09-16 Fri 08:55 | URL | ゆきなぎ #-[ 内容変更]
けもネコさんへ
けもネコさん、コメントありがとうです!

>ゆにくあさんと同じくオタクです(^^;

気づいてましたよ・・・笑

>本は読めてもサンプルのフレーズは弾けずに眺めております(^^;

ピアノあるあるですね笑 にしても、けもネコさんは勤勉ですね。そうやって積み重ねたことは、決して無駄にならないと思います!

>そこで驚いたのが、クラシックの作曲家はritと書くとき、その開始位置には無頓着なので、正しい位置は奏者が考えないといけないとあったりして、え~そうなの!と思ったりしてます(^^;

「マエストロ、厳密にはどの音からritですか」「どの音から? 雰囲気だよ!そのくらい自分で考えたらわかるでしょ!」って感じでしょうか笑 私としては演奏毎に全体と合わせて調整する。くらいの大雑把でよい気がします☆

>pの箇所は想像するよりも強く弾くケースが多いとか

なるほど~。どの時代の音楽か、とかもあるのかな。
そうそう、ここ読んで思い出したけど、何万人も入りそうな大ホールで演奏している一流ピアニストが、ピアニッシモでパッセージを弾いてるのを見るたび、プロはすこいなって思います。だって「自分ために静寂が用意されている前提」でないと、あの音は出せないですから笑

>fでもソフトペダルを踏む箇所とか(^^;;;

へ~ ホントいろいろ知ってますね笑 なんだろ、音割れ防止かな?

>作曲家が楽譜に書きたくても書ききれない情報はとてもたくさんあるから、楽譜に書いてある指示は守りつつ、奏者が細かく考えて1音1音決めて作り上げていくんだなーと感じました。

そうですね。その個性こそが、そもそも「聴き手ではなく弾き手でありたい」の原動力でしょうね。

>個人的には、ピアノの先生がレッスンで書き込むように細かく指示を書いた楽譜を出してくれよ~とか思いますけどね
 
そういうの、超ありそうだけど・・・ないかな? 綺麗に色分けされたり、大事なところは赤で書かれてたりとか・・・目に浮かんでしまう笑
2016-09-15 Thu 23:32 | URL | ゆにくあ #-[ 内容変更]
ここまふぃんさんへ
ここまふぃんさん、コメントありがとう~

ピアノ上手な方に理系が多いというの、なんとなくわかる気がします。私が今見ていることなんて、数学というよりもPre-Kでやるような「パターンをみつけましょう」だけど(笑)、突き詰めた音楽理論だの和声学を学ぶような場合は、理系脳の方が有利と思う。

で、私が数学好きかって? いやいやいやいやいや笑
私は数学、2です! 子供の宿題手伝ったら、問題の解釈から間違っていてF(笑)「もう二度と数学の宿題触らせない」と怒られました。笑 ・・・とはいえ、そろそろ少しは(音楽の)お勉強してみようかなと思って、小難しそうな本をオーダーしてあるよ。

>確か 「music and math」っていうような本誰かが書いてるのをアマゾンで見たことっていつか読んでみたいと思ってます。

おお~ なんかmathって入ってるだけで超難しそうだ!笑 読んだら、是非私でもわかるように咀嚼してブログに感想書いて欲しいな~笑 
2016-09-15 Thu 22:22 | URL | ゆにくあ #-[ 内容変更]
ね~み♪さんへ
ね~み♪さん、コメントありがと~

>うんうん!楽譜を見て考える事が出来るってすごいです!

いや・・・・・たぶん時間を持て余しているだけ?w それと、使える情報は全て使って足りない技術を補う系?w

>よく感情を込めるっていうけど、
>結局それは「感情を込めてるように弾けるテクニック」なんだと私も思うんですよね。

そうそう、そういう感じです。ね~み♪さんの方が説明がうまいですねww 私みたいにピアノ歴浅い未熟者の場合、表現したいことに指がついていかない事態が常に発生します。。

>「こういう音型の時はこう弾く」 っていうテクニックのパターンを数多く知ってるから、応用も出来るんだと思うんですよね。

それ! ほんと思う! 何の世界でも、引き出しの多い人は熟練者ですよ。ね~み♪さんの文才しかり。笑

>ともあれ、悲愴ゆにくあさんならきっとカッコよく弾けると思います!  頑張ってください(^^)

が、がんばります~ カッコよく弾けるといいけど・・・自信は全くありません笑
2016-09-15 Thu 21:58 | URL | ゆにくあ #-[ 内容変更]
ゆにくあさんと同じくオタクです(^^;

楽譜の読み方の本なんか何冊も読んでみているのですが、例題に出てくる楽譜がショパンとかクラシックの王道ばかりで難しくて、本は読めてもサンプルのフレーズは弾けずに眺めております(^^;

そこで驚いたのが、クラシックの作曲家はritと書くとき、その開始位置には無頓着なので、正しい位置は奏者が考えないといけないとあったりして、え~そうなの!と思ったりしてます(^^;
pの箇所は想像するよりも強く弾くケースが多いとか、fでもソフトペダルを踏む箇所とか(^^;;;

作曲家が楽譜に書きたくても書ききれない情報はとてもたくさんあるから、楽譜に書いてある指示は守りつつ、奏者が細かく考えて1音1音決めて作り上げていくんだなーと感じました。

個人的には、ピアノの先生がレッスンで書き込むように細かく指示を書いた楽譜を出してくれよ~とか思いますけどね(^^;;;
でもそうすると、あまりにも情報が多すぎて楽譜が真っ黒になるのかな。。。

2016-09-15 Thu 20:47 | URL | けもネコ #mQop/nM.[ 内容変更]
数学者
ゆにくあさんどもです。

ゆにくあさんって前から思ってたけど 頭が数学者なんじゃないかなってこと。
(数学好きでしょ?)
音楽に対しても楽譜を分析して規則や法則を探してるような。
これはいい意味で言ってるんですよ。

ゆにくあさんが言う
「音楽って結局は綿密に計算された結果」
音楽って 数学なんかとはかけ離れてる印象があるけど 実は 音楽と 数学は すごーく似てるんだって。
ちょっと前に アマチュアコンクールなどで上位をとるような人たちのピアノを聴きに行きました。社会人で普通に家庭を持ったりしてアマチュアの演奏ですが プロ並みです。
プロフィールを見ると本業はみんな医者とか エンジニアとか 大学の数学の教授とかマス系の仕事を持ってる人。
その中の一人がインタビューでどうして音楽が好きですかという質問に 「音楽と数学は同じなんです。繋がってるんです。うまく説明は出来ないけど」
私はどっちかというと感情に任せて弾いちゃうのでそれを聞いてはは〜って思ったよ。確か 「music and math」っていうような本誰かが書いてるのをアマゾンで見たことっていつか読んでみたいと思ってます。
2016-09-15 Thu 09:10 | URL | ここまふぃん #-[ 内容変更]
ゆにくあさんどうもです~(^^)

うんうん!楽譜を見て考える事が出来るってすごいです!
(私は何も考えられないです(^^;))

よく感情を込めるっていうけど、
結局それは「感情を込めてるように弾けるテクニック」なんだと私も思うんですよね。
そりゃ多少はセンスとか計算づくでは表現できない部分もあるとは思うけど。
やっぱり何十年も弾いている方って言うのは、それだけ弾き続ける才能はもちろん、ある程度
「こういう音型の時はこう弾く」
っていうテクニックのパターンを数多く知ってるから、応用も出来るんだと思うんですよね。

ともあれ、悲愴ゆにくあさんならきっとカッコよく弾けると思います!
頑張ってください(^^)

2016-09-15 Thu 06:48 | URL | ね~み♪ #-[ 内容変更]
鍵コメさまへ
鍵コメさま、嬉しいコメントありがとうございます!

お返事はメールしますねw
2016-09-15 Thu 02:03 | URL | ゆにくあ #-[ 内容変更]
びこさんへ
びこさん、コメントありがとうです~

>ゆにくあさんのブログは日に日にプロがピアノについて語ってる雰囲気がでてきてる気がします笑
>個人的に、ゆにくあさんは老後にピアノ教室はじめるんじゃないかと思ってます( ゚д゚ )

ぎゃーっ そんな恐ろしいことを言わないでください!笑
とんでもないですよ、ただのオタクです! プロの方は、
恐らく・・・楽譜に書かれていないことを読み取っていると
想像します! あと先生業全般、私の性格だと絶対に
向いていないと思います~笑 人を育てる仕事は大変!

ピアノは魔法ですね!w いまだに・・・ということだと、
YOUTUBEでプロの演奏を聴いたあと、感極まって
画面の前で大拍手しちゃうことありますw
2016-09-15 Thu 01:59 | URL | ゆにくあ #-[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-09-15 Thu 01:31 | | #[ 内容変更]
ゆにくあさんのブログは日に日にプロがピアノについて語ってる雰囲気がでてきてる気がします笑
個人的に、ゆにくあさんは老後にピアノ教室はじめるんじゃないかと思ってます( ゚д゚ )

>「ピアノ音楽って、魔法みたいだと思ってたけど
本当は全て緻密な計算の結果なんじゃん」
数ヶ月でこんな事思ってたんですか!
私はまだ魔法だと思ってます笑
2016-09-14 Wed 19:14 | URL | びこ #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ゆにくあ缶 |