AX
ミスする理由を検証してみた。
2016-05-03 Tue 13:30
ゆにくあです。

なんだよ、お前
結構頻繁に書いて、ホントは暇じゃねーか。

って感じですかね。

どうだろ?w ホントはあとで後悔しそうですが・・・
明日レッスンなんで、こんなことしてないで練習した方が
いいのかな・・・という気もしますが。。ま、いいんです。

思いついたことは書いておかないと、すぐ忘れるから!笑


それで、ピアノの話を書く前に猫のニュース・ヘッドライン。
2本立てですよ!

1)ちーの体重がやっと増えました(祝!!!

あーよかった! 
マジでだるかったんだよ、いちいち食事を口に運ぶの~
頼むから早く全開してくれたまえ・・・!


2)バター(新しい子猫・生後6か月)が・・・・・






妊娠してる模様です(汗




えーーーーーーーー。きいてないよーーーーー。
どうすんの? うちで産むわけ??? いやーん。
つーか あんた6か月の分際で・・・。うちの近くに、
ものすごいでっかいオレンジ色の猫がいてですね。
すっごいエロオヤジなんですよ。マジで。

いつも いつも いっつも 盛っているんです。
たぶん あのやろーだな。。。

にしてもどうしよう、




子猫・・・・・?(喜

いやでもマジで無理なんで! すでに3匹いるし!
・・・時期がきたら里親を探しますよ。。でも、
それまでは ちょっと楽しみw






****


さて。

重要な話はもう終わった感ありますが、
気を取り直してピアノのこと。
(つーか モツソナのこと・・・)

結局、隣人に楽譜預かってもらわなかったですよ(汗
だからってわけじゃないけど~ やっぱり、ほら
モツソナ弾くじゃないですか。明日レッスンだし。

あ、や、やだな。イン弁もちゃんとやりましたよ。15分。
ほら、これ書いたらもう少しやりますし。。


それで、今朝ね、
朝一で録音しながら第一楽章を練習したんです。
 

もー ちょっと アップライトで真剣に弾いたつもりだったけど
指回らない・トリル決まらない・テンポ定まらないの
3重苦ですよ。。 それで、録音を聴き返しつつ・・

(あとで 指が回らない日 ってタイトルでブログ書こう・・・)

とかね、思ってたんだけど。

(なんか・・・私の第一楽章、劣化してない? 参ったなぁ。。)

とか、

(もしや・・・部分練習ばっかりして、最近通してなかったから
その他の部分が全て劣化?汗 )

とかね。


けど、よく考えてみたら 通し練習してた時はメトロ80~100
だったんだけど、今朝はなんだか知らないけど130くらいで
通してた模様。。。

さらに、さっきメトロノーム130に合わせて練習したら、
あっちこっち合わない。

出来ない=もっと練習せよってのも当然あるんだけど・・・じゃあ
がむしゃらにあと3か月弾き続けたら、なんとかなるのか?と
考えた場合・・・

なる・・・かもね。

くらいの頼りない、希望的観測しかないわけですよ。



それで検証しました。

これから向こう何か月もやるなら、何をどう具体的に
向上させたいのか知らないと、と思って。


<失敗パターン1>

原因: 実は・・・単によく覚えてない。


暗譜にもレベルってあるじゃないですか。
例えば、

*おしゃべりしてても、夕飯の献立考えてても弾ける
*先へ先へと考えていれば、問題なく次を思い出す
*たまに飛ぶけど、0.5~1秒考えれば思い出す


とかあったとしたら、
テンポ100だと止まらず弾ける・・・と思っていたあれは
「先へ先へと考えていれば、問題なく次を思い出す」かな。
なんとかついていけるじゃないですか。音楽に急かされて
いない場合は。でもテンポを上げるとそうはいかないです。

さらに、部分的に
「0.5~1秒考えれば思い出す」が混ざっている場合。

(つーか 思いっきり混ざってるんだけどw)

その1秒以下の誤差? 普段はそれをあちこちで勝手に
辻褄合わせつつ、ごまかして弾いているんだけど、
そこで遅れたがために、その次でリズムが若干崩れて
そこからミスタッチ。。。的な!

メトロノーム使うと明白ですよね・・・・・。


<失敗パターン2>

原因:手の移動または重心移動が遅い。


指じゃなくて、手とか体の軸の移動。
例えば、この青で囲んだ高いミ。

457-1.jpg参照楽譜1

別にそんなに離れてないけど、ずっと同じゾーンに手が
あった直後に一瞬右へ移動する、この些細な変化。
テンポ130だと、ここをきっかけにミスするんですよ、私。

457-2.jpg参照楽譜2

あるいは、この上の青四角の左手。いきなり少し左へ飛ぶん
だけど、ここ・・・まさに「毎回 0.5秒考えている」感じ(汗。

しかもそのタイミングで右は連続でトリルが入りますが、
この左手がもたつくせいで、トリルに入るタイミングが
超ぎりぎりの不安定な状態で始まるから 余計ミスる。
なので、「そのうち覚えるでしょ」 ではなく(笑) 優先的に
左の鍵盤感覚を完璧に体に覚えさせようと思います。。

<失敗パターン3>

原因:音価が間違っている。

これはですね、メトロ練習してて気づいたんですけど。
こんなことするの、私だけかと思いますが・・・(苦笑)

イメージ先行なのかな・・・部分的に雰囲気で
(ここはこのくらい?)みたいに適当にテンポを決めて
いるところが多々ありました。

先生がよく言う、それぞれの音符の長さを厳密に。
ってのはこのへんのことだな、と。(汗

たとえば、参照楽譜1の緑やじるしのとこ。
三連符からドソミソ系にリズムかわるところですが、
レッスンでも先生に「きっちりリズム」と言われてて
気にはしてたんだけど なーんかいつまでたっても
出来てる実感がない! つーか速いとミスタッチする!

と思ってメトロに合わせたら、なんとやじるし以降、
テンポを勝手に落としてるじゃないですか、私(汗
なんなんだー。どうりでなんかヘンだと思ったし~、
リズムぐらぐらだから、ミスしやすくなります。。

ちなみに、参照楽譜2の緑やじるし以降も、
正しい音価と比べて勝手に間延びさせてました・・・。


<失敗パターン4>

原因:指示記号(あるいは先生の指示)に振り回される。


これは~ えっと、つまり私の技術不足かなと
思いますが、例えば参照楽譜2の赤い書き込み。
そこ、普通に弾くだけでも結構面倒なリズムなんだけど、
強弱を細かくつけるとさらに・・・難しくなって、テンポが
さだまりにくくなり→ミスタッチ。。という流れがあります。

ここだけじゃなくて、全体的に指示記号どおり、というか
「ここは ぱっと音が切りたい」とか「ここは 少し余韻が
欲しい」とか、やれFからPだの、ここからは突然やさしい音で
とか・・・細かくやろうとすると、場所によっては、持ち時間を
使い果たすというか、ぎりぎりで動く→余裕ないからミス。

っていう感じ・・・でもきっとこれは、すっと切り替えられない
動きの誤差によるものって気がするから、少しずつ慣れる
しかないのかな・・・それに、ダイナミズム省略すると楽だけど
弾いててつまらないから、頑張るしかないです(笑


なんか長々と書いてしまったけど、つまり何がいいたいかと
言うと、苦手なとこには絶対理由がある。ということと、
場所によって理由が違うので、練習に工夫が必要。。
と・・・自分に言ってるのでした(笑 


さてと、能書きはこの辺にして 練習しよっと。
レッスン明日だけど、明日までにどうこう出来るもんでもないし、
気長にひとつずつやろうかなと思います。今夜は欲張らずに、
三連符からドソミソ系にリズムかわるとこだけ完璧に直そうと
思いますです。一応、先生からの宿題だしね。

では、また。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
追記

今やってて、もうひとつ気づいたので追記。

動きの大きさ。鍵盤と指の距離。
厳密には、そのひとつ前の音が終わった時に
指がどのくらい鍵盤から離れてるか。意味もなく
大振りだったりとか、跳ねてたりすると(当然)
戻ってくるのに時間がかかるもんね。。

そこをコントロールして、常に近く待機させるくせを
つけると、次の音に入りやすいからミスが減るし
トリルとかも揃いやすい・・・気がします。

だって昨日のブログで挙げた「100%ミスするトコ」w
もう100%ミスしないよっ(喜

うーん、今日は収穫あったな・・・イン弁以外。




別窓 | ぴあの | コメント:0 |
<<2年と9か月。その1 | ゆにくあ缶 | 何もきかずに、火曜まで預かってくれませんか>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ゆにくあ缶 |