AX
聴かせる音。聴きたい音。
2016-04-16 Sat 03:00
ゆにくあです。

日本から帰ってすぐ、ちー(猫)の様子がおかしいので(あれ?)と
思いました。

長毛種でフワフワなので気づきにくいけど、あんなにデブだったのに
触ったらガリガリでびっくり。メル不在&傷心で、数週間食べてなかっ
たのかな。。 肥満だったし、糖尿からきた肝臓病かな? でも
まだ2歳なのに・・・と思って、口の中を調べたら綺麗、匂いもなし。
白目に黄疸も出てない。トイレの量は同じ。特に多尿等もなさそう。
けど毛艶が悪いし、とにかく元気がなくて、ベッドの下で食事も取ら
ずに、ぼんやりしてる。。やばい。

それで、このままでは餓死してしまうと思って、慌てて夜間病院へ
連れて行ったら、数値が普通だったら0~9のところ、彼女は25。。
女医さんは「念のため」といって再検査してくれたけど、結果は同じ。

やっぱり脂肪肝。

幸い水分は少し取ってくれるけど、食事は完全拒否するので
(困ったなぁ)と思って、昨日は猫缶を買ってあげてみたけど、
もともと猫缶好きじゃない ちーは、上っ面を舐めて終わり。
横にいたユズが全部食べちゃった。。 ユズ・・・頼むよマジで。

それで、病院で点滴と針を渡されて「あまり食べないようだったら、
一日おきに点滴してください」といわれましたが・・・

点滴って、じ自分でやるの?汗


獣医の恋人がいた時期があるので、一応いろいろと教えて
もらったことがあるにはあるけど・・・私・・・


でもやるしかないか。。

思うに体が小さい分、さっさと対応しないとまずいので、
流動食も強制的に導入しないとまずいかも。



それとは別に、(たまたまタイミングが近いんだけど)
その前々日、うちの近所で生まれた野良猫の子(生後5か月)を
家族に加えることにしました。ワクチン接種&各種伝染病等の
検査をしたら、なんとかワームがいるということで、ちーとユズから
1週間隔離中。あっちでもこっちでも投薬係。


はぁ・・・にしても、一日もはやく ちーが元気になりますように。
しばらく通院です。。

****


レッスンでは終わったけど、毎日少しずつ練習している幻想曲。

ピウ・アレグロは ちーが嫌な思いしそうなので(苦笑)
練習を控え気味。。基本的にピアノの音が好きな猫ですが、
静かな方がいいかなと思って、バッハのメトロ練習を多めに。

それに飽きると、気分転換にショパンも音出ししてみるけど、
ショパンの選ぶ音とか、装飾音とか、あまりに耳障りが良いので、
つい何度も同じ音出して堪能したり(笑) 気づくと 
うっとり、ぽわ~っとして 何かになりきっている自分・・・・を
客観的にみて、( うわ なに今の。 超きもいし!) と思う。
自己制御するのが大変です(汗 

モーツァルトはその点、そんな妙なことを心配せずとも良いです。

K457については、まだテンポ70~90くらいで「止まらないこと
優先」の練習段階です。一応楽譜は頭に入ったけど、どんなに
ゆっくり弾いても、まだまだ毎回ノーミスまでは行きません。。
今日当たりからは、指示記号を細かく見て(テンポ90のまま)
出来る限り指示記号に反応する練習をしています。

メトロ練習して気づいたのが、なぜかドソミソ系の伴奏になると
走るという傾向。しかも途中右手に32分音符が混ざるところ、
あそこでリズムが乱れがち。。 最終的にテンポを上げるにしても
3ページ目の左に三連符が続くところ、あそことトリルが連続で
出てくるとこ、あのふたつで転ばないギリギリのテンポを基準に
全体を決めないとだなって思いました。。

メルは内田さんの演奏を聴いて「このくらいの速さが好き」とか
いうけど、いや、そりゃ私も好きは好きですよ!w 




そういえば。

K457関連で数日前に観たおっさんの動画が、
思いのほか参考になったなと思う。

あの動画の中で、彼が説明している「聴かせたい音、
耳が拾う音を決める」ということ。 あれを観てから、
幻想曲の出だしに応用してみたら、今までどうやっても
ぼんやりしてた音に、ピントが合った感覚がありました。

あ! と思って、今度はK331の第一楽章にも当てはめてみた。
そしたら初めて音が整理された感じで聴こえて嬉しかった。



そっか・・・・・・・・・・・これか・・・・・!



思えば幻想曲の練習始めた頃、左オクターブ+右単音進行の
レガートがうまく出来ないことを気にしてた私。

あそこは何度練習しても、なにか音にまとまりがないというか、
垢抜けないなぁと思ってたんだけど、自分の耳が右の音を
拾いやすいように考えながら弾いたら、左は自然と収まるし、
神経質にオクターブ・レガートを考えなくても、右さえきちんと
繋がって流れていれば気にならない。ということに気づきました。

今まで「メロディーを前に出す」というの、何度も何度も
どこかで聞いたり目にしてきて、それが音楽のセオリーだと
わかっているつもりだったけど、前に出せって誰かが言うから
右を大きく弾く。とかじゃなくて、やっと

「なぜそうあるべきか、耳が納得しました」って感じ。



こんな基礎的なこと理解するのに、まる3年かかっちゃったよ笑
やれやれ。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村



別窓 | ぴあの | コメント:0 |
<<いまさら聞けない楽譜のきまりごと。 | ゆにくあ缶 | 数えながら弾くこと。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ゆにくあ缶 |