AX
2年と1か月。その1
2015-09-11 Fri 09:51
昨日は火曜日はレッスンでした。

(↑これ書き始めた時点では、

まだ水曜だったんですよ・・・)



と、その前に。

うちのフロントドアはですね。

なぜか全部の鍵が行方不明になり、

旦那が適当に選んできた、

新しいノブに取り替えたその日から

「内側からも鍵がないと開けられない」

という・・・

超うっとおしい仕様なんですけどね(汗。


昨日レッスンの直前になって、ふと 

私が在宅していることを忘れた子供たちが

(それは私がまだ二階で寝てたからw) 

登校時に、外から鍵を閉めてしまった、

という事実に気づき。 


普段なら、よしよし 

よくトレーニングされてるな。

で終わりですけど。




その日は先生が来る日。



・・・でもってそういう時に限って、

私は鍵を持ってないわけですよ。


つーかマジで、

鍵がないとドア開けられませんからね。


なので、

先生があと1時間で来るのに、

どうしよう! 

・・・みたいな事態に。



まあ普通に考えると家の脇を通って、

裏にまわってもらって~

って感じになりますが・・・

なにしろ、先生

足怪我してるじゃないですか(汗


もー! って感じ。


****


ま、それはさておき。

レッスンですよ。

・・・ちょっと疲れてるんで、

出来るだけ ざっくり書きます。



裏口から入った先生、

デジピのあるダイニングを通って

リビングへ向かう途中、

無造作に置かれた「イワンの冒険」の

楽譜を目にしたため、


「あ (ばれちゃった的な笑) 
えーと、すごく好きなので全曲弾いて
みようかな~と。・・・知ってますか、これ」

 「当然! アルメニアの作曲家よね。
ロシアではとても人気よ」


みたいな話になり、

サービスして3曲弾いたら(なんのサービス


なんていうんですか。


「見てしまったら、

直さずにいられない先生の性」


・・・ですか。



レッスンに出すつもりなかったのに(苦笑

ピンポイントで、ご伝授いただきました。

ありがとうございました。


それはまあいいんですけどw



「でもハチャトゥリアンだったら、
他に弾いて欲しい曲があるのよ。
これも前にコンクールで生徒が
弾いた曲なんだけど~」


・・・とここまで聞いた時点で 

ああ いつもの展開・・・(遠い目


(たぶん、マスカレードのワルツだな) 

って思いましたが、

「よく覚えてないけど~」と

前置きしつつ弾きはじめた

先生のざっくり演奏を聴いたら・・・・


違うんですよ。 

キレイな曲だけど、知らない曲。

・・・そんなのあったっけ?

みたいな。


しかも、先生は仮面舞踏会のワルツだと

言い張るんですよ。



えー 違うから! 

と思ってよく聴いたら・・・

それって・・・

もしかして・・・

連弾バージョンのセカンド?w



「ソロ楽譜あるから今度持ってくる」

とか言ってたけど。


いやいいから(汗   



今持ってこなくても。

ってか、やるなら来年くらいに

やりましょう。。。


練習に余裕があるから

イワン弾いてるんじゃないんですよ。

むしろ、

今の私に必要な気分転換なんですー。




それで、肝心のレッスンですよ。


チェルニー16番(だっけ?)

アルペジオのやつ。


先生「はい、よくできました」

先生「それじゃあね・・・
次に見せてもらう時は、今よりも
うんと速く弾いてもらいますから、
そのつもりで」

ゆにくあ 「・・・・・・・・・ 
(い・・・一生終わらない・・・汗)」


チェルニー18番、半階音のスケール。


ゆにくあ「この曲、ぜんっぜん面白くないです」

先生 「まあ、3連譜を意識したリズムに乗って弾けば
少しは楽しいからw」



・・・・・・・・ あ、ほんとだ(喜) 

・・・・むぅ・・・


引き続き、要練習。




次、インベンション14番。


これに相当時間かけました

(というか・・・時間かかりましたw)


まず先生が左を弾いてくれて、

それに合わせて右だけ弾いたんだけど

8分、16分、32分が出てくるうち、

特に怪しいのは8分+休符がある小節。


先生の音を耳で聴きながら弾くと、

余計混乱します。

自分で全部担当した方が、

まだ弾きやすいんじゃないかってくらい。


さらに交代して私が左。 

こっちが笑っちゃうくらいとにかく酷かったw


先生ったら、私があまりにミスタッチして

ガタガタだったので、

合わせるのに相当お疲れになった模様。

終わった時、ゼーゼーしてましたよw

(覚えてないから楽譜見て弾いてました。初見状態)



1)声に出してカウントしながら練習すること。

2)最低1週間は両手合わせるの禁止。



チャイコ6月。


ゆにくあ 「いつまでたってもよくならなくて、
ごめんなさい・・・」

先生 「あら! そんなことないわよ。ちゃんと
全部あってたわよ」

ゆにくあ 「いや、合ってるとかじゃなく。」


とかいうやりとりがあり、

先生には練習してれば

少しずつよくなるから、

時間をかけていいのよ。と

なぐさめられましたが。 

やはり舟歌・・・

音楽的に完成度が高い曲だけに

自分がイメージするように弾けないと

微妙に凹みますね。

練習してなくて弾けないならまだしも、

ちゃんと練習してるのになぁ。。。

やっぱり集中できてないのかな。

でも頑張らなくちゃ・・・。 

ここをクリアできたら、

自信がつくかもしれない 

と考えることにします。



時間切れで、グリーグは出来なかったの

で、また次回です。




インベンションを練習してると和むから、

そっからまとめていこうかな。。。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村




別窓 | レッスン | コメント:2 |
<<第二章:イワンは今日外に出られない | ゆにくあ缶 | 第一章:イワンは歌う。>>
この記事のコメント
Re: だいぶお疲れさまw
モル作さん、

インベンションが憩いっていうかー
なんか同じ曲何回も弾いてて疲れてきましたw
あと、重い曲とか遅い曲は続くと疲労感。

その点、イン弁14は明るい曲調なので
つられて心が明るくなりますww

> でも、先生が次回持ってくるハチャトリアンの楽譜が気になる。

やだなぁw 先生、忘れるに決まってるじゃん。

息抜き曲、手元にたくさん集まってきました。
しばらく大丈夫そうよん。励ましてくれて
ありがとv-238

> この記事で、チェルニーの楽しみ方の感覚を少し想像できた気がするw

ですよ! もちろん、そういった狙いがあって
この記事を書いています・・・
2015-09-11 Fri 13:40 | URL | ゆにくあ #-[ 内容変更]
だいぶお疲れさまw
インベンションが憩いになるような曲ばっかりって凄いわぁ( ;´Д`)
でも、先生が次回持ってくるハチャトリアンの楽譜が気になる。
難しい曲だらけで、仕上がるのは相当骨だろうけど、息抜き曲とか混ぜつつ、上手いことペースを作ってくださいな。

この記事で、チェルニーの楽しみ方の感覚を少し想像できた気がするw
2015-09-11 Fri 13:14 | URL | モル作 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ゆにくあ缶 |