AX
調律の話。 その1
2015-06-23 Tue 15:20
去年の4月に買ったヤマハ。



やあっと調律師さんをお呼びしました。

本当はもっと早くお願いするつもりだったんですよー。

だって・・・ピアノ買ったところで頼めば

「調律、一生無料」ですから。



でも、何回連絡しても中々時間が合わない上に、

最後は折り返し連絡が来ない!

やっぱりタダ仕事だとやる気でないんですね・・・笑



それで、これでは埒が明かないと思って、ネットで近所の人を探して~

電話してみたのが・・・いつだっけ・・・5月の上旬だったかな?



そしたら、留守電で 


「6月1日までは不在です。メッセージをどうぞ」 ←どうでもいいけど休みすぎ。




困り果てて先生に愚痴ったら、あっさり調律師さんを紹介してくれました。

business card

けど名前読めない・・・


いや実は、この前 モル作さんに 「調律師の名前が読めないから困った」

って話をしていて 「ぅえっさん」 じゃないかとか 「あうぃさん」 かもしれないとか

大雑把に予測してたんですが。 (モル作さん、勝手に名前出してごめん



全然違いました(汗



なんと、これ 「ウーバー」 と読むそうです・・・・。


B なんかどこにもついてないじゃん!ww


思わずどっから来たんですか? とか聞いちゃいましたよ。



そしたら、ドイツの小さな港町 Rostock ってとこから来た方で

奥様はピアノの先生、ご本人はプロのアコーディオン奏者でもあるそうです。



で、話の流れで 「アコーディオンって知ってる?」と聞かれたので、

 「アコーディオン触ったことありますよー。小学校の林間学校で

キャンプファイヤーの時に、たまたまアコーディオン奏者になった

だけなんで、二曲しか弾いたことないですけど。蛇腹動かすのが

体力使って、すごく大変だなって思いました」

なんて話になって、そっから しばらく アコーディオンの話。



アコーディオン専門用語みたいなのが多くて、たぶん半分くらいしか理解でき

なかったけど、最新式のアコーディオンは鍵盤に割り振られている音が違うと

いうか、配列自体もなにか違うらしく。

ということは、また最初から覚えなおしだから苦労してるらしく。

でも全ての音が使えるようになったから、バッハも演奏出来るんだよ!

だそうです。


アコーディオンでバッハ・・・大変そう・・・



それで、アコーディオン始めたのは10歳からで、レストランで演奏とか、普通に

仕事として弾いてきたんだけど、今回の新しいアコーディオン。

今までみたいな感覚でキーを押すと思わぬ音がでるから、初心者みたいな気分!

と、嬉しそうに言ってました。・・・嬉しいの?w



ちなみに、そんな彼が現在どうやって新しい配置を覚えてるかというと、

「とにかく初見演奏で曲を片っ端から弾いて、音と位置関係を体で覚える」 

という方法だそうです。


なるほど。


その他、子供の頃ドイツはどんな様子だったか、とか

長男(だったか孫だったか忘れたけど)がプロの音楽家で、音大在学中に

ハープシコードの研究をしてて、彼がずば抜けて優秀だったので、教授に

「君、代わりにクラスに教えなさい」と丸投げされた話とか。。。

なかなか面白かったけど、とにかく長いので割愛します。



***



話を戻して調律。


ピアノの調律はアメリカに来てから始めた仕事だから、調律暦45年。


「(お仕事するの) 面白いので、見ててもいいですか?」

とお願いして、見せてもらいました。



さっそくピアノを開けると

piano 1

前オーナーが取り付けたらしい、湿度を一定に保つシステム発見。



eng_uprightdiagram.jpg


↑見やすい図はこんな感じ。



あー。 ちっちゃなランプみたいなのがあって

「なんだろこれ?」 みたいに思ってたんですよ~。

lights on piano




ウーバーさんの説明によると、恐らく前オーナーは寒い地域の人で、

乾季にヒーターとかつけるとピアノに悪影響が出るので、取り付けたん

だろう、とのこと。

でもマイアミ近辺はなんかないので。 

どっちかっていうと、季節は 暑い と ものすごく暑い しかないので。

よって 「加湿器はいりません」 と取り外してしまいました。



ただ暖め用の鉄パイプは弦を健康に保つからつけとこうね、

暖めパイプ(と私が勝手に呼んでいる)で暖まった空気は上に行くから、

今付いている場所だとそこから下が放置されてしまうので、

位置を下げようね、ということになりました。


それで、

位置を変えるにあたって、パイプを止めてた金具をはずしたりなんだりで

低い位置での作業になるので、ウーバーさん、床に横になった状態で

金具をゆるめたりしてて、私はその真後ろに座って話をしてたんですが。


ウーバーさん 「これはねー、触るとちょっと熱いかなってくらいに暖ま・・・

ぶっ(おなら音)    あ、ごめん 」


ゆにくあ 「 ・・・い、いえ (笑いを堪えるのが大変) 」

ウーバーさん「・・・(何ごともなかったかのように)・・・暖まるから~ それで~」



もー

ちょっとぉーw

いきなり おならですよw

うちとけすぎw

しかし好感度アップw



さておき。


さらに、 ずっと 気になっていた問題。

piano 3

基本のドから一オクターブ上がった シ♭の弦を押さえるやつが

どっかいっちゃってます。


この外れた部品がどこにあるか、結構探しましたw

Uwe working
おならをしたのは、このおしり。 こっそり激写。



探してる間に、ピアノの音が出る仕組みについて、細かく説明してくれましたが



最初あまりにみつからないから 「変だなー。外れた部品は下に落ちるって

相場が決まってるんだけどなぁ」 とか言いながら、ライトで照らしてあちこち

見てたんですが、みつからず。 車に戻って、予備に似た形の持ち合わせが

ないか調べてくれたり。


でも結局は、ピアノ内部のすごい小さな隙間に落ちてたので、無事

瞬間接着剤のようなもので、付け直してくれました。よかったよかった。



「驚くかもしれないけど、前に調律したお宅では、部品が壊れたみたいだと

判断して、それをオーナーが勝手に外して、大切にしまいこんだ までは

よかったんだけど、結局どこにしまったか わからなくなってしまった。

全く、ピアノの中のものは、そのままにしといてくれればいいんだよね。

その方が、僕は断然みつけやすいんだから」



ゆにくあ 「そうですね。自分で外すってのもすごいけど。 あ、そういえば、

ピアノ買ったとこの人が言うには、弦を張りなおしたって話ですよ」


うーばーさん 「 ? いや、これはオリジナルのままだよ」 


(あ、そなんだw ・・・ま、どっちでもいいけど、あの人嘘ばっかりだなw)


piano 2



結局、チューニングは今日やっても暖めるやつをつけたばかりだから、

またどうせ微妙にくるってしまうし、2週間くらい弾いて慣れたところで

チューニングしましょう。  ということになりました。



ウーバーさん 「それまでに、たくさん弾いておいてね」

ゆにくあ 「はい、それはもう。時間が許す限り、弾き倒しますけど。

さっき付けたばかりの部品。大丈夫ですかね、また取れちゃったりしませんかね」

ウーバーさん 「大丈夫、大丈夫。取れたらまたつければいいしw」


ここから、片付けつつ、チェックを切りつつ、ピアノは楽しい。という話になり、


「練習してると、ふと 何かがカチッとはまる瞬間があって、それが楽しいから

ピアノを続けられる」 みたいなことを私が話したら、練習嫌いだったけど

ある日突然 開眼した奥さんのピアノ生徒の話とか・・・

まあ、とにかくよくお話してくれる方でしたw 

良い方を紹介してくれた先生に感謝。


・・・・・また2週間後が楽しみです☆



IMG_2634.jpg

ここは開けたことなかったから知らなかったけど、きちんと数字が付いてるんですね。

面白いから思わず写真撮っちゃいました。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村

別窓 | ぴあの | コメント:10 |
<<またピアノ弾く時間が削られるよねぇ | ゆにくあ缶 | I don't get mad at anything anymore.>>
この記事のコメント
マミさんへ
コメントありがとう☆

そうなんですよ、メチャメチャ明るい方でした。やっぱりお仕事柄いろんな方に会っているから、初対面でも気後れせずにオープンなんだろうなぁって。きっとどこへ行っても人気のある方じゃないかな? ぷっ は、もう目が点でしたけど~w でもそんな超自然体(よく言えばねw)なとこも私的にはおっけーな人です♪

ウーバーさん、読めないですよね~。たぶん一生忘れないわ、彼の名前。
次回も楽しみです、また記事にすると思いますのでお楽しみに(またおならしないか、期待しちゃいそうな私ww)。
2015-06-27 Sat 02:32 | URL | ゆにくあ #-[ 内容変更]
とても気さくな、おしゃべりな、
とても面白い調律師さんですね~(^^)
プッて笑っちゃいましたよ~

ウーバーさんか~、確かに読めない・・・苦笑

湿度を一定に保つ機械があるんですね~。
初めて知りました!
調律が楽しみですね♪
2015-06-26 Fri 17:00 | URL | マミ #-[ 内容変更]
ゆめゆりさんへ
> ほんとに調律の実況中継ですね、すごいリアルに伝わってきました~ おならとか・・^_^; わかる気がする。

楽しんでいただけましたか笑 思わず好奇心旺盛な子供みたいに、ずっとそばで見てました。そのおかげで、顔付近でおならされましたがw もー おじいちゃん憎めない〜w

> それにしても湿度を調節する機械 始めて知りました。

ですよね、私も当然よくわかってなかったですよ。ランプがついてるのを見て、なんだろうなー、くらいの感じでした。考えてみたら、日本は暑さ寒さに幅があるので、こういうのが普及してそうな感じですけど、そうでもないんですね。ま、でもそこまですごい効果があるのかどうかなは謎だなぁ。結局は風通し良くしたり、部屋の温度を一定気味に保てばそれでいい気もしますよね。

> 湿度が無さ過ぎても 響板が割れると 最近聞いたので

ですね、説明によるとアップライトのサウンドボードは、バイオリンで言うところのトップ面に当たるそうで、微妙に真ん中が高く、というかわん曲してるんだけど、それが湿度で伸び縮みするらしいです。

> ゆにくあさんのピアノ 調律が終わって 良い音で気持ちよく弾けますね。

あ、えっとね。本格的な調律自体は再来週なんで、今から楽しみにしてるところです。でも、ウーバーさんが取れてた部品付け直してくれたから、シ♭は完璧です。あとはその近くのレ♯も直して欲しいなー、なんて思ってます。


2015-06-25 Thu 07:55 | URL | ゆにくあ #-[ 内容変更]
ここまふぃんさんへ
なっ なんと!!

ここまふぃんさんの調律師さんは、天下のキーシンのピアノも調律してたんですか!! いいなー、すごいっ。縁があるじゃないですかー。キーシンはどんな子だったとか、言ってました?? わたし、そんな方に会ったら超テンション上がっちゃう笑

> でもキー様、あまありにも力強く弾くので リストのハンガリー狂想曲を一回ひいただけで、キーがまた狂ってたとか。
> 6ヶ月後にまた来るって言って もう3ヶ月も過ぎましたがまだ連絡なし。アメリカらしいですよね。

あ、なんか想像つくw ウーバーさんも、コンサートピアノの調律とかするというお話で、確かに激しい曲とか弾いた後はすぐまた調律しなくちゃいけない、とおっしゃってました。例えば、その日二人ピアニストが演奏するとしたら、その人ごとに調律し直し。とかね。へぇ〜って思いました。にしてもいいなあ、キーシンのピアノの調律かぁ…。商売のくせに連絡ないのは、アメリカのデフォですねww

おならの件はw あまりのタイミングというか、わたし結構真後ろの床に座ってたんで、一瞬どう反応すべきかと固まりましたw
2015-06-25 Thu 07:44 | URL | ゆにくあ #-[ 内容変更]
タワシさんへ
> なかなか貴重な体験ができましたね。

ですねー。調律って耳技って感じで、すごく興味があったのでウーバーさんが来てくださるのが楽しみでした☆ 結局、調律は次回になっちゃったけどw

> せめて教会のアップライトの調律のときに立ち会いたいなあ~

あ、それいいですね。頻繁に使うピアノだから、季節ごとに調律とかなさってるのでは? チャンスは意外とありそう!

> >湿度を一定に保つシステム
> へ~え こんなものがついていたんですね!!
> 日本でもつけている人いるのでしょうか。

どうでしょうねー。なくてもいいものって気もしますが…。ピアノ販売業者いわく、わたしのピアノは以前どっかの音大の練習室にあったものらしいので、学校単位でドサッと導入したのかも? ま、あの人の言うことはどこまで本当かわからないけどw

> うーばーさん 気さくな人ですね~
> 名前の読み方私も勉強しました!
> 「おならで好感度アップ」っておかしすぎるんですけど~笑笑笑

そなんですよw 見た感じいかにもドイツの気難しいおじいちゃん風なんで、そのギャップがたまりませんw
2015-06-25 Thu 07:34 | URL | ゆにくあ #-[ 内容変更]
ほんとに調律の実況中継ですね、すごいリアルに伝わってきました~ おならとか・・^_^; わかる気がする。

とても おもしろそうな調律師さんですね。
それにしても湿度を調節する機械 始めて知りました。
私のピアノは冬は カラカラの湿度で
夏は ジトジトの湿度で めちゃくちゃ環境悪いのに
けっこう今のところまだ 何も障害がおきないので助かってますが。
湿度が無さ過ぎても 響板が割れると 最近聞いたので
へぇーー湿度が多いとだめだとばかり思ってたけど
少なすぎてもダメなんだとわかりました。

ゆにくあさんのピアノ 調律が終わって 良い音で気持ちよく弾けますね。
2015-06-24 Wed 21:27 | URL | ゆめゆり #-[ 内容変更]
ゆにくあさんこんにちは。

調律は実況中継みたいで面白かったです。
特に ”ぷっ”は笑っちゃいました。
おなかに力がはいっちゃったのでしょうかね。
でもそういうおじさん、憎めないですよね。

前回家にきてくれた調律師さんはロシアなまりの英語で
延々とおしゃべりしながら調律。
わたしが壁にかざっていた、キーシンのサインを見つけて
”おーキーシンが好きなの?’”私が”はい。ファンでコンサートよく行きます。”といったら
”ぼくはロシアにいたときキーシンのお宅のピアノを調律してたんだよ〜。あの頃はまだキーシンもこーんなに小さかったけどね。(と手で膝の辺りにかざす)”
私も興奮して色々聞いてしまいました。ニューヨークに移ってからも
何回かキーシンのピアノ調律したそう。
でもキー様、あまありにも力強く弾くので リストのハンガリー狂想曲を一回ひいただけで、キーがまた狂ってたとか。
6ヶ月後にまた来るって言って もう3ヶ月も過ぎましたがまだ連絡なし。アメリカらしいですよね。
2015-06-24 Wed 19:23 | URL | ここまふぃん #-[ 内容変更]
なかなか貴重な体験ができましたね。
私はデジピなので、ブロともさんたちの「調律記事」をいつもうらやましげに読んでます(笑)
せめて教会のアップライトの調律のときに立ち会いたいなあ~

>湿度を一定に保つシステム
へ~え こんなものがついていたんですね!!
日本でもつけている人いるのでしょうか。

うーばーさん 気さくな人ですね~
名前の読み方私も勉強しました!
「おならで好感度アップ」っておかしすぎるんですけど~笑笑笑
2015-06-24 Wed 16:50 | URL | 私はタワシ #5eVrhZok[ 内容変更]
そうw
ぐぇっ ってことはさすがにないとは、思ってたけどww

ピアノの中はね、上部は時々外して弾いたりするんだけど、下は怖くて外したことなかったから、面白かったよ。湿度調節のやつは、オプションで売ってるやつみたいで、デフォではないらしい。スイッチ入れてしばらくしてから弾いたら、気のせいか音がまろやかに感じるねって、メルと言ってたの。気のせいかもしれないけどw
2015-06-24 Wed 13:12 | URL | ゆにくあ #-[ 内容変更]
あら
「ぐぇっ」さんじゃなかったね。惜しい。

生ピアノの中身見たんだねー。うらやましか。
パーツが取れちゃったり、湿度管理する機械があったり、開けて中を見ると一目瞭然で面白そう。
2015-06-24 Wed 08:17 | URL | モル作 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ゆにくあ缶 |