AX
1年と5か月目。その1
2015-01-08 Thu 01:21
実に3週間ぶりのレッスン。

その割にあまり成果のない練習ぶり・・・というか、3週間もあったからこそ
練習に身が入ってなかった気がする。・・・まだまだだな、私。

そんなわけで、とにかく今日のレッスンは気が重かったです。

***

まず自虐的に、相当練習不足なチェルニーから。
だって、ここんとこ ず っ と レッスンでやってなくて
・・・最後にやったのいつだ? そろそろやらないとやばいでしょう。

普段だったら、チェルニー仕上げるのを最優先させる私ですが、
K331に思いっきりかかりっきりで、毎日さらっとしか弾いておらず。
速度上げるどころか、きっちり弾けるようになってすらいない7番から。

ゆにくあ「7番嫌いです~ 左~ 延々左ばっかり~~ しかも覚えられない~」

先生「とにかく、しっかりと完全に頭に入って自動的に弾けるようになるまで
速度をあげないこと。しばらくは左だけ単独で練習したら?」

次、8番。これは30番の30番、スケールのユニゾン。
こっちの方がよっぽど弾きやすいのは、右が左を引っ張ってくれるから。

先生「最終的に速度をあげたらそんなことしてる暇ないけど、ゆっくり練習するうちは
しかるべきところ全てにアクセントをつけながら弾きなさい。たとえばスケールの頭に
アクセントがあれば真ん中で少しずれてもそこでリセットできるでしょ。ただし、フレーズ
として繋がっているところは絶対に切らずに繋げながらアクセントをつけること」

当たり前ですがふたつとも次回へ持ち越しです~。

でも先生のアドバイス&模範演奏でやっと何をするべき曲なのかわかったので、
これで練習しやすくなった。こんなことならもっと早くレッスンで聞いておくんだった。




で、K331。

今日はバリエーション5と6から。

「バリエーション5」

前回直されたところは修正したけど、なぜか前半リピート直前部分を
練習してるうちにいつの間にか勝手に音を減らして弾いてました・・・(汗 
実は時々、(あれえ?なんか変、音数が合わない)と思ってたんだけど。
じゃなんで楽譜を確認しないのだ、自分!

後半も一か所、この期に及んで付点のところをきちんと取ってないところが
あり、音が詰まっていたのを直してもらいました。
あ~っ、マジで 毎 回 楽譜を見ながら弾く習慣をつけないと駄目だわ。

「バリエーション6」

これは今日初めてみてもらう部分だったわけですが、昨日の夜練習してる
時に、(なーんか違う・・・何がいけないんだ? スピードだけじゃない気がする)
と思っていた5・6小節目をよーく見たら、(あれ・・・まてよ・・・もしかして・・・
16分音符の中に潜んでいるメロディを前に出す弾き方にしなくちゃいけないの?)
と気づき、夜中の2時までかかって急遽変更。

いわゆる、ブルグの・・・なんだっけ・・・小川だっけ?清らかな小川? あれと同じ。

それで、そこを今日のレッスンでまず先生に質問したら

「まあ、テンポを上げたら自然とそうなるから」

いや・・・自然とそうなるのは先生だけですよ。私は意識的にまずそう変えないと無理。

その他、私が一番苦手なのは真ん中あたりにある4和音をジャランジャラン弾くところ
ですが(指がギリギリなので音が濁る!)、そこも相談して弾き方を見せてもらいました。
先生は余裕で届いているから楽そうでした・・・いいなぁ・・・・。

あとはまあ、たくさーーーん練習してテンポを徐々に上げていくしかないわけで。

そこからテーマに戻り、全てを通して弾き、
「ここはもっと抑えて」とか「その音が飛び出すのはおかしい、なぜなら」みたいな
細かい音の作り方について教えてもらいました。。。なかなかその通りに全て
考えながら弾くのは難しいです。

先生「それじゃ、次までに何か新しいのやる? ソナタばっかり
延々とやってるわけにもいかないし。」


ああ、よかった・・・私も何か他の曲をやりたかったんです!

先生「なにやる? ワルツ終わったっけ?」

どのワルツの話かわからない・・・。

先生「(名曲集をみながら)これも全部やっちゃったわねえ」

ゆにくあ「え。全然全部やってないですよ!」

先生「あなたのレベルの曲で有名どころはほとんど全部、って意味」

あ、なんだ。そういう意味か(笑

先生「うんとゆっくりしたのやりたいのよね・・・ショパンやる?」

ショパンと言われて、既に予習してある69-2をやりましょうか。と
一瞬思ったけど、あれは先生の好きな曲だからまた厳しいだろうし、
ソナタで疲れているし笑 どうせなら何か譜読みから出来るもので、
短いのがやりたいなと思ったので、あえて口にするのは控えました。
あのワルツはまた今度でいいや。


それで先生が選んだのはこちら。




あー。この鬱々とした物悲しい音、いいかも。
癒される・・・・。

しかもたったの1ページ半・・・・完璧な選曲だわ。

こういうのを美しく弾けたら素敵よね。。。頑張ってみます。

別窓 | レッスン | コメント:4 |
<<悲しい音。 | ゆにくあ缶 | ほこら。>>
この記事のコメント
ね~み♪さん、コメントありがとうございます!

ブログ自体は前から書いていましたが、ピアノブログ化してからは、1年半弱です (なので、あのひどい音源も納得がいくはず笑)。

そういえば、小さな頃に鍵盤楽器が短期間だけ家にありました。が、別に習っていたわけではないし、たまに音をランダムに出したり、勝手に作曲(笑)して遊んでいたような記憶はありますけど、実際は全くの初心者からスタートしています。例えば、先生に習いだす4か月前に電子ピアノを買いましたけど、その時は音符の読み方もあやふやでした。

プレリュード、素敵ですよね。私が弾くとなかなか素敵にならなくて困っていますけど笑

2015-01-11 Sun 22:55 | URL | ゆにくあ #-[ 内容変更]
ゆにくあさん、今度はプレリュード弾くの?素敵ですね~(^^)

ところで今まで何回もお邪魔していたこちらのブログ、1年と5ヶ月目・・・って、もしかして
ピアノを習われて1年と5ヶ月目ってことですか!??(と、今頃気づく・・・(^^;))
過去ログを見たりしてましたが、長く続けていらっしゃるようなので、全部は読みきれておらず(^^;)
昔ならっていらっしゃったのかしら?

話が逸れてしまいましたがプレリュードも頑張ってください~
なんだか悲しくて泣きたくなるような曲ですよね。
2015-01-11 Sun 08:35 | URL | ね~み♪ #-[ 内容変更]
モル作さん、コメントありがとうです。

我慢できずに始める・・・(笑) いいですねー。
やっぱりそういう情熱?がピアノを楽しむコツでしょうね! 

>難しすぎて、2ぺージ目に入ったばっかりですが。

いや、いいんじゃないですか? せっかく好きな曲なんだし、
さっさと譜読み終わっちゃったらつまらないし。

>確かに、これ好きな先生だと、指導がかなり細かくなりそうですねw

そうなんですよ・・・超感情移入して、
絶対隣でメロディ歌いますよ、私の先生w
2015-01-08 Thu 12:42 | URL | ゆにくあ #-[ 内容変更]
69-2!
私も19番と並行して10番練習してるとこです!
この曲かなり好きなので、我慢できずに始めましたw
まだ弾けるレベルじゃないので難しすぎて、2ぺージ目に入ったばっかりですが。

確かに、これ好きな先生だと、指導がかなり細かくなりそうですねw
2015-01-08 Thu 03:57 | URL | モル作 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ゆにくあ缶 |