AX
1年と3か月目。その2
2014-11-20 Thu 18:12
予定では水曜にレッスンだったんですけど、先生から「病院で待たされてて診察が長引きそうだから、これからだとちょっと時間がギリギリかも。・・・レッスン、明日に変更していい?」とお電話があったので、ふたつ返事で承諾しました。もちろん、もちろん。時間が足りないと思ってたところだったので、願ったり叶ったりです。ゆっくりしてください、先生。


で今日のレッスン、まずはいつもどおりチェルニーから。

今回はレッスンの間隔が中7日しかなかったので、いつにもましてギリギリのところで練習せざるをえなかった6番(30番の11番)。地味に苦労しました。だって先週のレッスンが終わってから、一応毎日少しずつ練習してたんだけど、なかなか自分の中でカチッとはまるものがなく、木・金・土・日と練習したあとの月曜の段階でもまだ全然流れるように弾けておらず、やっとテンポも含めてまとまったのが、火曜の夜遅く(その時点ではレッスンは水曜昼の予定でした)。

さておき

中盤、ちょっとだけスケールが左に移りますが、そこで右は8分音符のスタッカートで左は16分音符一個分遅れて入る16分スケールなので、きっちり正確な音符の長さで入るようにと指示がありました(さらに右は8分なので左の1音目は音が16分音符一個分かぶる・・・と、言われるまで全く気づかなかった私)。

実は練習中、そこの部分だけ(な~んか変。ここだけテンポ上げると右と合わなくなる!)と思っていたので、先生の指摘にすごく合点がいきました(要は楽譜通りに弾けという話)。きちんと直したら、急にリズムに乗って楽に弾けるようになりました。先生、ありがとう。

それで今回、私が無理やり1週間でひとつ上げてしまったせいか・・・「次は2週間あるし、ホリデーだし、2曲出来るわね?」とかなんとか言って、いきなり宿題2曲に増えました(汗。だけどはっきり言って30番レベルで2曲はつらいです、先生。だって私、ホリデーも仕事あるんです~。

(・・・・ってなんであのとき言わなかったんだ、自分!! 今言っても遅いっ)

とにかく7番・・・これはどっからきた曲なのか不明(というか調べてない)だけど、30番じゃないです。執拗な左の変則的スケール練習で、全部16分音符です。あともうひとつ、8番。これは30番の30番、ユニゾン。この曲好き。普通のスケールから始まって、ぞくぞくといろんな形が出てくるので、練習するのが楽しそう。こっちばっかり優先的にやってしまう予感がします。


で、チェルニーの後はK331。これが始まって以来、他の曲に全く手がつけられませんが、ちょっと集中したいのでそれはそれでありな感じ。他のはあとでやればいいし。

とにかく、宿題だった「テーマとバリエーション1・2・3」をそれぞれ弾いて、ひとつ弾くごとにアドバイスをいただきました。

・「テーマ」の注意点。息継ぎの位置(スラーの切れ目)を楽譜どおりに弾くこと。特に一か所、二音スラー+三音目スタッカートって三連譜が連続的に出てくるんですが、私は全部三音ずつのスラーっぽく弾いていたので、そこをばっちり直されました。レッスンで、先生のお手本を耳で聴き目で見て、その通りに直したら急に曲が締まったというか、自然な流れが出来た気がします。スラーの切れ目については絶対に突っ込まれると思っていたから、ひとりで練習している時から十分気をつけていたつもりだったんだけど・・・どうも私の切り方は全体的にさりげなさすぎるというか、ある意味流れるレガートを切る勇気がないというか・・・思い切りが悪かったみたい。でも結果、それじゃメリハリが出ないし、逆にせっかくのレガートも生きないんだなあと思いました。これからは、ビビらずにきっちりフレーズを取ることにします。


・「バリエーション1」の注意点。アクセントをきっちりつけること。中盤にさしかかったあたりに、

ミミミ ^ ミドラ ^ ミミミ ^ ミレソ ^ ミミミ ^ ミドラ ^ ミドラ・・・というくだりがあります。

そこ、私が弾くと ミミミミドラ ^ ミミミミレソ ・・・ って聴こえるとのこと。でも自分では、正しく切っているつもりなんです~と先生に相談したら「それは、つけるべきところにきちんとアクセントをつけていないからです」とアドバイスされました。
で確かに、良く見たら ミミミ ^ ドラ ^ ミミミ ^ レソ ^ ミミミ ^ ドラ ^ ミドラ とアクセントが。あそうか。なるほど。細かいことで随分と表情が変わります。


・「バリエーション2」の注意点。冒頭は、左が変化していくサポート的な三連譜で、右はトリル多発地帯/メロディーですが、トリル部分の音がどうもバラバラしている気がして、とにかく「何か違う」と気になって自信がなくて、ギリギリまでここばかり練習していたんですが、それについては「それでよし」と意外にもお咎めなし。

そして注意されたのは、そのあとの右に三連譜が移ってメロディーになるところ。「随分と弾き難そうにしている」と指番号を修正してくれました。これで新しい指遣いに慣れるまで、また少し練習しなくちゃだけど、結局この方がフレーズを出しやすいから弾きやすくなりそう。それでそこの左手側で、装飾音つきのスタッカートで ミ♯ファ♯ ソ♯ってはずむように弾くところがあって、つまり白鍵→黒鍵 って順序で隣同士の音をタラッ タラッ と弾くんだけど、黒い方が位置的に上にあるのに指の指定が 2 1 ってどうやるのーーー???って思って四苦八苦してたんです。そしたら、先生が「どうって・・・普通に、黒鍵の位置で真横に移動する形で弾けばいいのよ」と教えてくれて。目から鱗。なっ、なるほど~~~~~。そっか笑 考えもしなかった! これは弾きやすい! っていうか昨日までの苦労はなんだったんだ~笑

・「バリエーション3」の注意点。アルベルティ・バスの一番下の音を保留気味に弾いちゃだめ。ああああ~ これ注意して弾いたつもりだったんだけど、というかまだ保留気味になってますか?? 気をつけてるつもり&自覚がないのでどうしたらいいのかわからない~。連続オクターブでメロディーの部分、黒鍵が出てくるところだけじゃなくて、全部出来るかぎり指遣いを駆使してレガートで。って先生、簡単に言いますけど、オクターブをずーっとレガート&しかも速く弾くって結構大変です。無茶言わないでください。

それと、このバリエーションの後半のいかにも短調な寂しいメロディーが好きなんですけど、その中にある装飾音32部音符。ここを私は思いっきり間違っていたので、正しい弾き方を教えてもらいました。 (あ、なんだそうやるんだ。 おお~! すげ~、一気にかっこよくなった・・・)って実はよく見たら、欄外にきちんとその部分の注釈がありました(私は見てもいなかった:汗)。楽譜はきちんと見ないと駄目ですね。

で、宿題はバリエーション4と5。バリエーション4は左手がクロスするアクロバティックな感じ。でも試したら意外といけそうです。少なくともバリエーション2よりは私には弾きやすいし、右手は三度だけど、結局はメロディーだからいい加減頭に入っているし、左もダブルメロディー的なので、手をクロスした状態で弾く「斜め三度」のレガートで頭が混乱しなければ(笑)たぶんいけそうだけど、問題は先生の期待するスピードへ(最終的に)もっていけるかどうかかな。ま、当然しばらくはテンポを緩めて均一重視で練習するので、まだその心配は早いけど。

バリエーション5は、先生いわく「一楽章の中で一番正しいリズムを取るのが難しいバリエーション」とのことなので、勝手に練習して間違えて覚えたら(というか、私は必ず間違えます)あとで修正するのが大変なので、楽譜を見て全体把握&拍を自分なりに見て考えてきて欲しいけど、実際にはまだ弾くな。という指示つきです。弾くのは次回一緒にやるとのこと。で、見たら横線4本入ってるとこが何か所かあるんですけど・・・これって・・・8、16、32、64・・・64分音符?! た大変だ。

*****


今やっているモーツァルト、自分では全然弾けていない気分というか、とても難しくて神経を使います。だけど、この先どんどん難しくなる一方なのに、その時わたしは大丈夫なんだろうか、とか、いろいろ思ってしまうところもあって、あまり自信がないんですけど、今日帰りがけにそのことを先生に言ったら「大丈夫、弾けるようになるから」と言ってくれたんですけど、「そうですかー? でもまあ、とにかく練習するのは弾けても弾けなくてもすっごく楽しくて、つい夢中になっちゃうんですよ」と言ったら、「弾けるから。第一、あなたに弾けないと思ったら、この曲を与えません」と断言してくれて、すごく嬉しかったです。そっか・・・先生が信じてくれるなら、頑張ろう。

そういえばレッスンが終わって、なぜ昨日来られなかったかという言い訳を先生がし出しました。私は、別にきっちりした理由なんかなくても、例えば「今日はなんとなく気分が乗らない」くらいの理由でも、振り替えさえあるなら全然オッケーなのですが、先生は気にしているようで。なんでも血圧が急に上がって、火曜日フラフラして酔っ払ってるみたいな状態だったので、慌てて医者に行ったということでした。あ~、お大事に。先生にはずっと元気でいて欲しいのです。


練習終了直後の旦那との携帯メール。

Me: Yay, I'm done! I learned new things again.

Him: Yay! ...like what?

Me: Oh, it's just the little things that make a big difference.

Him: Good. Did you do well?

Me: I did OK, but it doesn't matter how I did, it matters that I have some new ideas for next two weeks so I can try again.

Him: Good!

Me: I love it, I love piano, I love my teacher. You know why?

Him: Why?

Me: Cuz she gives me hope. Always.

Him: (^-^)





別窓 | レッスン | コメント:6 |
<<近況。 | ゆにくあ缶 | 1年と3か月目。その1>>
この記事のコメント
モーツァルト、いろいろと気を遣いますが、とっても楽しいですよ。

>そうそう、私も昨日のレッスンで、このモーツ>ァルトの曲を先生に薦められたんですー。
>思わず、あ!!!って思っちゃいました(笑)

笑! え、そうなんですか! いいじゃないですか、じゃ一緒にやりましょう♪ そしてお互いの日記を読めば実質二人の先生からのアドバイス! うーん百人力笑
2014-11-25 Tue 22:16 | URL | ゆにくあ #-[ 内容変更]
こんにちは
とっても内容の濃いレッスンですねー。
モーツァルト、とても難しそうですね(>_<)
そうそう、私も昨日のレッスンで、このモーツァルトの曲を先生に薦められたんですー。
思わず、あ!!!って思っちゃいました(笑)
2014-11-25 Tue 18:57 | URL | マミ #-[ 内容変更]
ね〜み♪さん、こんにちは。コメントありがとうございます!

そうですねー。楽しいことは楽しいです。が、やはりムラがあるかなぁ。すんなり弾ける時と、全然乗れない時とあります。ここのところ、仕事で頭が疲れてるのかも。
2014-11-24 Mon 23:21 | URL | ゆにくあ #-[ 内容変更]
モーツァルト、難しそうですね~。
でも、先生が大丈夫と言われるなら十分に弾きこなせるはずですね♪
楽しく練習できてるんですもの~!
好きな曲だと、難しいと思っても頑張れますよね(^^)
2014-11-24 Mon 04:04 | URL | ね~み♪ #-[ 内容変更]
ゆめゆりさん、コメントありがとうございました☆

そうですね、とにかくやれるだけやってみます。なんだか…進むのがやけに速いような気がしていて、そしてそれはあながちいい事ではないんじゃないか、といつも心配になりますけど。

旦那との会話、大したことないんですよ笑。レッスンで完璧にできなくても、先の発展を促す新しいアイデアさえ与えてもらえるなら、それでレッスンとしては大成功だと考えています♪
2014-11-23 Sun 10:13 | URL | ゆにくあ #-[ 内容変更]
いつも見てくれている先生が きっと弾ける大丈夫!! と太鼓判をおしてくれてるんだから安心ですよ~。
それに ゆにくあさん自身も練習するのが楽しくて夢中になれるのだから
モーツアルト 頑張ってください。
それだけの実力があるんだーという自信を持って頑張って(*^_^*)

私もそういう言葉を先生に言ってもらいたいもんだわ~^_^;無理だけど~。

うふふっ(#^.^#) ゆにくあさん・・・
ご主人とのメールの内容 なんとなく分かりますが
なんとなくワカリマセン・・・
2014-11-22 Sat 07:51 | URL | ゆめゆり #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ゆにくあ缶 |