AX
チェルニー。
2014-08-26 Tue 09:46
仕事が始まる前の、僅かな時間を使って書いています。

今やってるチェルニーが、あと数曲でPart2に移るので、内心少しテンパっている件(Part2とは、チェルニー30番+α)。

チェルニー30番といえば。(遠い目

去年の年末、旦那が楽譜をプレゼントしてくれて、1番だけ先走って練習したけど、先生の「まだ早い」の一言と共に呆気なく却下された、というカッコ悪い過去がありますが笑 (今思えば当然のこと。無知って恐ろしい)


で問題は…


私…今は準備出来たんでしょうか汗 


ってことなんですよ。



…っていうか教本って、そもそも進めりゃいいってもんじゃないですよね。(注:始める前から逃げ腰)

いや、でもでも真面目な話、チェルニーに限らず全般的な話ですが、要は練習用の楽譜をどう使って、なにをするか。だと思うし、ハードル越えながら次いかないと、後で自分が苦労すると思うわけ。

例えば今やってるチェルニーは大雑把に言って100番からの抜粋と、100番に足りない左の独立系がミックスされてる感じかと思いますが、やってて時々先生から予想外の指摘+指示が出ることがあるんですよね。

で、そのほとんどは、基本的な打鍵の仕方の種類を変える指示(指を立ててコツコツと硬く弾くとか、寝かせてスーパーレガートとか、鍵盤深く押さない弾き方とか、もっとあるけど要はそういうやつ)なんですけど。

最初は「えー? マジで?」とか思うこともあったけど、結局この「正しい使用法」みたいなのを無視してひたすら練習しても、威力半減ってことなのかな。と最近理解したというか。


  …あれ、話が逸れている。

まとにかく、Part1を8か月間毎日最初っから通して全部やってても、いまだ5曲くらい思ったように弾けない曲があるんですが。

こんなんで30番大丈夫かな…。出来ないんじゃないの、私。







別窓 | ぴあの | コメント:0 |
<<1年と1か月目。その1 | ゆにくあ缶 | レッスン43回目。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ゆにくあ缶 |