AX
結局、なんだかんだ言って指動かしてるのが楽しいんだよね。
2014-07-31 Thu 00:05
前にも書いたかもしれないけど。

ピアノ練習してると、絶対的に「指が動く日と動かない日」があると思う。

たとえば指の動かない日は、なにやっても全然駄目。疲れて体が重いし、頭は回転しないし、毎日欠かさず1から通しで弾いてるチェルニーですらとちるので、そういう日は1時間くらいの練習で潔く見切りをつけて早く寝ることに決めているんですけど。で、逆に「指が動く日」というのはまあつまり、ゆっくり休養を取った翌日とか、精神的に集中できる休日の朝とかなんだけど、今日久しぶりにその「指が動く日」がやってきた。


とその前に。


ここ数日、チェルニーの42(100番の75)を必死で練習してたとき。例の動画の子供のスピードにどうしても持っていけず、そしたら突然左の親指の位置とか、手の甲の筋肉の動きとかが妙に気になって、直そうとすればするほど泥沼というか。弱い小指をかばってみたり、手首でバランスとって見たり、頭にアクセントつけてみたり、いろいろ試すとやっと少し速く弾けるけど、はたと、これじゃ駄目だ。と。これはチェルニーなんだから、きちんと正しく弾いておかないと、誤魔化しては駄目だ、と。で焦って、超基礎練習みたいなことをしなくてはいけないような脅迫観念にかられて、以来毎日コルトー的な指の運動をしつこく繰り返していたんだけど(正確には現在進行形のコルトー修業)。

そんな折に、とあるピアニストの短いインタビューみたいなのをたまたま見てたら、その映像の中で若い彼女の手が大写しになったんだけど。なんつうか も の す っ ご い 筋肉質なわけですよ。とくにピアノを弾く手の形にしたときの、小指側の手の脇の筋肉と、人差し指と親指の間のあたりの筋肉。そうか、なるほどここの2か所で支えてるんだ・・・と思いました。と同時に、ああいう筋肉は欲しいと思って手に入るものではなく、長年積み重ねた練習が勝手に作るものだと思ったのだった。つまり、この動画の女の子も長年指動かしたからこそ、このスピードを支える基盤があるのよね。

そう思ったら、執着して明日あさってで出来るようにしようとしても仕方がないと気づいたというか、時がくれば勝手に出来るようになるだろうから、「今」出来なくてもいいことにして、とにかくしばらく黙って練習しよう。そう思ったら迷いがとびました。(それに、次のレッスンで先生が効率のいい弾き方を教えてくれるに違いないから、それを待つ)


で、話を戻して、今日は指が動く日で。

この日を待ってたのよ。とばかりに、朝から通してず~っと練習。(食事はちゃっかり途中で3度作りましたが)ふと、良く飽きないなー自分。と思わないでもない。笑


今日はなんとドラクエとかクロノトリガーの曲まで勝手に練習&超夢中。笑


レッスンの曲も真面目にやりましたよ。ショパンのワルツ、やっとなんとか自分らしく音楽として弾く余裕が出てきて、楽しくなってきました。しかし・・・ペダルに関してはなんか、正直これでいいのか・・・自信がないです。もしかして、深く踏みすぎなんじゃないか・・・とちらっと思うこともあるんだけど。半分くらい沈む感じで弾くと音がやわらかい気がするんだけど・・・素人なのでよくわからん。それに、音が濁るとか濁らないとか書いてあるのをよく見るけど、正直濁っているのか、いないのかすらよくわからない!笑 でも、私がペダルつけると音が響きすぎてうざいというか、なんか輪郭がぼやけた感じに聞こえて、ペースが崩れるというか、弾いててかなりイライラするんですけど。つまりこれが濁ってるってことなんでしょうか・・・? タイミングが間違ってるのか? 。。。ああペダル面倒。ペダルなんて考えついた人、誰。


さておき、今日の一番の成果は、らふまにのふ氏のイタリアンポルカ。 あ~マジで辛かった(泣 「ゆっくりと集中して練習する」って頭がすっごく疲れますよね。もうぐったり。・・・・でもやっぱ集中力って大事。 結果、やっとテンポゆっくりなら(ほぼ)ミスせずに(ほぼ)止まらずに両手で弾けるとこまで来ました(つまりスタート地点)。祝。自分に勝った。先生に見せたら、超ダメ出しでると思うけど・・・ロシア人先生、ラフマニノフに並々ならぬこだわりがあるに違いない。考えると恐ろしい

その他、なんか突然抜き打ちで弾かされそうなので、k545やったりソナチネやったり。でもソナチネの第二楽章は今週は捨てるわ。それよかポルカをもうちょっと弾き込んでテンポ一定にしないと、今のままだと遅すぎて先生眠っちゃうかもしれない。チェルニーも左手練習しなくちゃいけないし。とにかく、やることいっぱい。


あ、ふと気づいたら、深夜1時すぎてる。。。また家族がみんな寝ちゃったのに気づかなかった。
でもいいや、明日も休みだしもう少しピアノ弾こう。まずは大好きなチェルニーをもう一巡!
別窓 | ぴあの | コメント:0 |
<<レッスン42回目。 | ゆにくあ缶 | レッスン41回目。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ゆにくあ缶 |