AX
レッスン41回目。
2014-07-25 Fri 09:47
二週間ぶりのレッスンでした。

ワルツから。今回は、主にペダルをみてもらいました。

まず、中間部分の音が細かくなるところ、ペダルも細かく入れるように、とのこと。とにかく踏み替えが忙しくてですね。ペダルなしでも大変なのに…楽譜チラチラ見てペダルの踏み替え位置を確認しつつ、左の和音を跳躍後に音外さないように…同時に右の旋律は軽やかに…なんてやってると、もうなんかグチャグチャ笑

先生「音にペダルを割りふろうとしないで、ただリズムを足で取る感じで。123123123ってタッタッタッ」

あ、なるほど…と思ってそのようにやったら、突然簡単になった。先生…相変わらず的確。さすがだわ。(というか、私がわかってなさすぎという話)

しかし、レッスン後自分でも練習してみたけど、今までこんなに頻繁にというか、慌ただしいテンポでペダルつけたことがないので、ちょっと練習しただけでめっちゃ足首がつりそうに汗

 で、

(きっと踏む位置が悪いに違いない)

と思って試行錯誤。もっと浅い方がいいかな? こんな感じ?って調整してるうちに、いつの間にかどんどんピアノから離れて、しまいには手が届かなくなってました笑 

ペダル、足(っていうかスネ)痛くなるの、私だけでしょうか…。たぶんいらんとこに力入ってるんでしょーね。

とにかく、次回までに忙しいペダルに慣れなくちゃ。それと、まあ全体的な方向性はこれでいいと思うんだけど…まだミスタッチしてしまう部分とか、一瞬(ええーっと何だっけ、ここの和音…)となってしまうところがあるので、それらを何とかしないと全体のテンポをあげられないです。

やっぱりどう考えても、問題は左なのよね。ミスタッチ、同じ部分で同じように間違えてしまう…ということは、つまり手が間違った距離で覚えちゃったってことか。それはまずい…。

次クレメンティ36の6、第一楽章。

言っときますが、これ  結  構  練習しましたから笑 というかこの二週間、ソナチネに全体の8割の時間割きましたから。もうね、わたし的には完璧。笑


しかし。


弾き始めて5秒、先生からストップかかりました。

先生「…全然違う笑 流れるように弾いちゃダメ。なんかショパンみたいになってるわよ。硬めの音でかっちり弾いて。技術練習と思って、チェルニーみたいに。ほら、こういう感じで」

といって先生の弾いた音が…もうぜんっぜん私のと違う。なんていうんだろう、茶目っ気のある子供のエネルギーというか、躍動感? 別世界、唐突になんかの映画が目の前で始まった感じ? うまく言えない。そして、それを支えるテンポと、迷いのないクリアな音。

…こ、こういう風に弾く曲なの?と、落雷に打たれたような衝撃。

待って待って。もう一回最初からやりたい! 忘れる前に。今聞いた音、どんなだった? こうかな? こう?

…と、慌てて先生の演奏をコピーしようとしましたが。

目が回ってすぐ終了笑

スピードを1割落として、さらにもう一回。休符見落としあり。2ページ目のドルチェに入るところ、FからPへ一瞬でがらっと変えること。さらに3ページ目は雰囲気が一転しますが、そこの重音レガート最後ベタッと終わらせない。毎回、手を上にふわっと上げてppでやさしく締める。

そのあとの山、少しずつテンポを落とすところ、もっときっちり段階を追って落とす。などなど。

結構な訂正がありましたが、それ以外は(…笑)よく出来ました。とのコメントをいただきました。
(でも、最初に先生の演奏を聞いてしまったので、私のは全然ダメだと知ってしまったし、とりあえずお世辞として受け止めます笑)

そのあと、第二楽章で一カ所重音レガートの指遣いが???って部分があったので、そこをさらっとみてもらって、アドバイスをもらいました。第二楽章は次回の宿題。

ここでチェルニー。

今手元に楽譜がないので番号よくわかりませんが、ひとつ両手がそれぞれ二声になってるのがあって、その曲をもう一回細かくみてもらいました。片手ずつ丁寧に練習して、前に出したい音と後ろに控えさせる音の差をはっきりさせる弾き方を教わりました。結構難しいデス…特に左、薬指とか小指がメロディになるんだけど…

先生「4はその場でジャンプさせるだけ」

ゆにくあ「はい…(その場でジャンプって何?!)」

先生「4深く響かせて。肩! リラックスしなさい。4浅い、少し溜め気味に。そこ、3と1ダメ!重い!4と種類の違う音を出しなさい」

ゆにくあ「…汗汗汗(あわわわ)」

しばらくして

先生「それでよし。じゃ今度はもっと速く!!!」

(ひぃ〜〜っ汗)


先生「ラフマニノフは? まだ出来てないの?」

ゆにくあ「すいません、まだです。というか、いっぺんには出来ないというか〜  集中力の問題で、今やってるので手一杯というか〜(目を逸らす)」

先生「そ。わかった、じゃ来週ね」

避けてるわけじゃないんですけど…片手ずつならもう弾けるんですけど(注:それは弾けてるとは言わない)。

何だか知らないけど難しいんですよ、左右合わせるのが! なんかグチャグチャになっちゃうんです。ものすっごく、テンポ落としてもミスタッチしてしまうんです。が、ラフマニノフだけ絶望的に練習量が足りてないのも事実。(難しいから「なにこれ出来なーい! もういいや、これは後で」みたいになって、後回しにしまくっているという)

でもさすがに引っ張りすぎたな。そろそろ向かい合いますか…出来ない自分と。ボソ

*****

実は昨日、先生から「モーツァルトのソナタは? しばらくお休みさせたいんだったっけ?」という恐ろしい発言もありました。

あ、あれは、もう終わりにしていいって、言ったじゃないですかー! なんで先生そんなにモーツァルト執着するのか、わからん。いまの私にはあれ以上出来ないです。

なんかちょっと、最近方向性を見失ってるかも。ピアノがつまんないわけじゃないんだけど。今やってることの位置づけがよくわかんない。目標みたいなのが見えない。
別窓 | レッスン | コメント:0 |
<<結局、なんだかんだ言って指動かしてるのが楽しいんだよね。 | ゆにくあ缶 | ピアニストの脳。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ゆにくあ缶 |