AX
レッスン38回目。
2014-06-19 Thu 08:43
レッスン行ってきました。でも昨日はピアノ弾いている時間より、今後のスケジュールの話の方が長かったかも?

もともと、来週と再来週はレッスンお休みの予定だったんですが。今は夏休みということで、子供生徒が一時的に減ったし時間が割とあるらしく、私がそうしたければ来月だけランダムな時間帯に先生が私の家までわざわざ来てくれるという話。ということで、いきなり普通に来週も再来週もレッスンになりそうです。そのかわり7月後半の2週間はお休みになるみたい・・・だけど、またあとで知らせる。とのこと。・・・先生がうちに来るの嬉しい! ・・・けど・・・やばい。ランダムとかいって、ほんとにランダムに来そう。5分前とかに「今から行く」とか言われても片付け間に合わないよ笑


最初「なだれ」

楽譜持って行くの忘れて、楽譜なしで弾きました。速度、出来るだけ上げたら力はいってしまって笑 最後の部分、スタッカートがシャープすぎる。と注意されましたが、2回弾いて(たぶん)合格。(たぶん)終了。

次に「K545」

これ、別にもう弾きたくないわけじゃないんだけど・・・最近どんどん曲を足されて、抱えてる荷物が増えたみたいというか、ひとつずつに割く時間が減るというか、これはもうこの辺でいったん手を打って身軽になりたいと思っていたので、今日で終わりにしてもらうつもりで弾きましたが。

「タッチが重い。もっと軽やかに、モーツァルトらしく! それから遅い。もっと速く弾けるでしょ。」

・・・え。

重いのはたぶん、意図的に普段の練習よりもゆっくり弾いたからかな、と思う。テンポを変えると、指がアイドルしてるみたいになって、むしろコントロールに気を遣うような気がする。それで、「このくらいで弾いて。それからこういうタッチで」と先生が弾いて見せたのは、模範演奏みたいな速度(汗 ええと、それだと後半に一箇所かなり危険なところがあってですね(汗
だから速く弾くのを避けてたんですけど・・・まあ確かにそのくらいのスピードで弾いたほうが、(そこ以外は)音楽に乗りやすいけど。でも・・・でも・・・今日は失敗したくないのにぃ~~~~。

で。

指示通りテンポ上げて弾きましたが、ああ、やっぱり問題の部分で・・・崩壊(泣 ここさえ弾ければあとはいけるのに~~

ゆにくあ「・・・・・あの・・・・・・・・・へへへ」←笑うしかない

先生「・・・笑 なに? 緊張してるの? 緊張しないでいいのに」

(いや、緊張してましたけど 理由はそこじゃないです・・・)

あーーーもうっ 今週で終わりにしたいって言い出せなくなってしまいました・・・。
また・・・・練習します・・・


最後に一度だけ「みぞれ」

この曲はあんまり遅く弾くと曲に聞こえないというか、どこ弾いてるかわからなくなるんですけど、かと言って速く弾きすぎると(まだ完全に覚えてないので)曲のテンポが脳の処理速度を上回ってしまいます。ということで、8割くらいのスピードで、ちょっと間違えたりしながら弾きましたが。

先生のコメント。



「・・・面白い曲よね」



以上。


先生、レッスン的なコメントはなしですか! まったくう 全く興味ないって、はっきり出しすぎ。笑
あんなに苦労してギリギリで暗譜したのに~~~。まさかまさか・・・これで終わりですか・・・・


とここでチェルニーやらずに終了。なんかまた帰りもスケジュールの話に戻ったので、宿題の確認しそびれました。

それから・・・チャイコフスキーは先生に話して、少し待ってもらうことにしました。なんつうか、少し難しいくらいだったらあれだけど・・・これはいきなりレベルが上がりすぎるというか、残念ながら今の私の技量で無理してグダグダやっても、総合的にみたらマイナスだと思う。とお話しました。なので次回、他の(もっとレベルにあった)曲を割り振られると思います~。ほっ。これでとりあえず、チャイコフスキーはなし、なだれも(たぶん)終わったし、みぞれは先生興味ないし(笑)、あと今残ってるのなんだ? もしかして、ソルフェージェットとモーツァルトだけ?? あら。いきなり身軽(笑

しめしめ・・・これでFIFAに集中しても罪悪感が軽くなる。 へへへ
別窓 | レッスン | コメント:0 |
<<故障について。 | ゆにくあ缶 | あと1日休みがあったら!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ゆにくあ缶 |