AX
レッスン23回目。
2014-02-20 Thu 01:52
水曜日です。またレッスン行ってきました。

今日は渋滞で全く車が動かず、10分遅刻。
30分しかないのに、10分遅刻・・・。


まずはエリーゼのために。

先週、かなり構えた状態で譜読み開始しましたが、
繰り返し部分を除いたら、さほど覚えるところ多くないし
そもそも子供の頃どこかで聴いて、どんな構成の曲か
漠然と知っていたので、数回弾いたらすんなり把握完了。
(・・・とか言ってレッスンしたら2か所音違い有り:汗)

さて。

レッスン前はなるべく大きなまとまりとして均一に弾くことと、
少し遠くからかすかに聞こえてくるオルゴールのイメージ&
出来る限り優しい音を出すことに注意して練習していました。

さらに中間部は一部速く弾くところ、連打部分については、
練習しているうちに、むしろ右の和音を拍ぎりぎりで、若干
溜め気味に重めに入れた方が断然かっこいいと思ったので、
そのタイミングの練習をしたり。

速く弾くところは、人によって速度が微妙に違うので最初
どうしようかなーと思ったけど、前後のバランスを見て
おかしくない程度の速度に決めて弾いてますが、おそらく
私の先生のことだから「遅すぎ」と言うに違いないと覚悟
してたんですけど、レッスンではそこに突っ込み入らず。
(おそらく、先生も私にこれ以上のスピードを求めたら
崩壊するってわかってるんですね)

逆に私が全く気にも留めていなかった部分、装飾音が頭に
ついた32分音符のところの左手の合わせ方が間違っている
とのことで、そこを重点的に修正。

(確かにそっちのほうが重大:笑)

それともう一か所、最後のスケールに入る直前の呼吸。
注意されたのはそれくらいだけど、当然それ以外にも事細かい
指示というか「ここはこう弾くと美しい」という詳細説明が
ありましたが、いちいち書いているとやたら長くなるので割愛。

なんでも今日だけでエリーゼは私が3人目ということで、
(ほかの二人は小学生)先生も大変だなあと思いました。


先生は「しかし・・・相変わらず仕上げてくるの早いわね。
本当に不思議でしょうがないわ・・・どうやってるの?」

と言うので、

「いやあ・・・どうって言われても。知ってる曲だからじゃないかなと
思いますけど。あと、この音のあとはこれが来たらしっくりする。
みたいなのが、理屈抜きで超感覚的にあるかもしれないです。
エリーゼはそのハマる音に向かって、なんとなく勝手に指が動く
傾向があって、つまり逆に私の勝手な感覚と違う音がくる部分は、
間違って覚えちゃうんですよね~。はははー」

と適当さを暴露したら

「なるほど。あなたは耳で覚えてるから音を間違ってることに
気付かないのね。楽譜・・・・毎回ちゃんと見てね」


藪蛇・・・はい・・・・すみません・・・。



ここでもう時間だったんですが、先生のご厚意でちょっとだけ
チェルニー。前回やった11(トリル)12(32分音符)と
13(右スタッカート、左レガート)をもう一度見てもらいました。
それらは特に問題なし(というかミスがないというだけで、あとは
永遠に自主練でスピードを上げなくてはいけないんですが)で
それと宿題用に14と15を簡単に説明されて、時間があったら
16もやってきてとのことでした。

ここでレッスン終了。

「また新しい曲選ばないとね・・・」といって先生が本をペラペラ
めくり、ショパンのページで止まりバッハのページで止まり・・・
といろいろ考えているようでしたが、結局グリーグのワルツに
なりました。なんでも

「あなたには説明しなくちゃいけないことがたくさんあるわねー」

だそうです。・・・そりゃ、初心者ですから(汗 お世話かけます。

とにかく
来週までの課題は、チェルニー14~16とグリーグのワルツですが
結局今週もできなかったクレメンティは先延ばしで、その前に
先生がどうしてもモーツアルトのソナタをやってこいと言うので
(数曲間にはさんでもいいって先週は言ったのに・・・もうその事は
都合よく忘れている様子)とりあえず途中まででもいいから来週
見せてね、と言われてしまったのでちょっと真面目に練習します。



ちなみにグリーグのワルツはこんな曲みたい。



ほぁぁ・・・涼しげ・・・・・・。きれいな曲だわ。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村

別窓 | レッスン | コメント:0 |
<<一生弾けるようになる気がしない。 | ゆにくあ缶 | Fur Elise>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ゆにくあ缶 |