AX
レッスン22回目。
2014-02-13 Thu 00:12
最近、ちょっとストレス溜まることが続いてまして。

ストレス1)仕事で後輩社員が大ポカをして、私はその修復役。
クライアントに対する謝罪役(ストレス2のせいで今、真剣に
仕事を辞めようかと思案中なんですけど)。

ストレス2)今日、長男ついて学校から呼び出されて、このままでは
ギフテドクラスに置けない、セラピーへ連れて行け。と言われたこと。
彼の態度は家庭に問題あり(つまり母親が忙しくて、家庭の規律が
乱れているから)と言われた。私のせい・・・ですか・・・。

ストレス3)娘同然に思ってかわいがっている娘の親友のこと。

娘の親友(幼稚園からの友達、隔週くらいでうちに泊まりに来る)が
去年の夏前から鬱病&拒食症。度重なる自傷行為。で先週末、うっかり
深く切りすぎて出血多量で入院。その精神的サポート役をしているのが
うちの娘ですが、なにしろ毎日のように「欝メール」が生々しい傷だらけ
の写真と共に携帯に届き、励ましても励ましてもやつあたりされる/
全く信じてもらえないとのことで、参っている娘・・・を励ますゆにくあ。

・・・たいていの事ではメゲない能天気な私も、さすがに精神疲労。

なので、先週ピアノに行った翌日にベートーベンのソナチネは数時間で
暗譜したんだけど、そのあとのクレメンティに手を出す前に上で説明した
ことがバタバタと起きて、練習は一応毎日やってたけど、なんというか
そこからはもう正直言ってピアノどころではなく。

今日初めて・・・(ピアノ休もうかな)と思いましたが、むしろこんな時こそ
行った方がいいだろうと思い直して、レッスン行ってまいりました。


****

当たり前ですが、先生はそんな状況だということ知らないし、
言い訳するのは嫌いなので、何も言わずにニコニコとソナチネから。

モデラートの終わり、テンポの取り方についての注意。ロマネーゼも
最後の部分、音読み違いあり/修正。等ありましたが、先生いわく
「まあそんなことは細かいことで、直せば終わりなんだけど、それより
大事なのは音楽的に美しく弾くために、思い切ってダイナミズムを
取り入れてね」とのことです。

先生は、私が本当に全部覚えてきたのでびっくりしてました。
特にこれといった問題がないので、これはもう終わりだそうです。

その次、「つばめ」のペダル。ペダルはイマイチこれでいいのか
自信がなかったので、一通り弾いたあと「今の感じで合ってますか?」
ときいたら「うん、合ってる。でももう一回。今度は速度を上げてみて」
と、結局2回演奏。で終わり。

クレメンティはほとんど見てもいないので、先生にお願いしてもう一週
待ってもらうことにして、かわりにツェルニーの11~13まで。


レッスンが終わって、

先生「あれ、そういえばモーツアルトのソナタは?」

ゆにくあ「ええと~ ちょっとまだ時間かかってて。というか、あの
ちょっと難しくて・・・間に数曲はさんで、そのあとでもいいですか」

先生「いいわよ。じゃ来週までに、エリーゼのためにやってきて」

という流れがあり。新しい課題、ピアノの王道:エリーゼのために。です。





近いうちに、これを課題にするからね。と言って先生が弾いてくれた曲。
うお~っ、大好きなラフマニノフ! 嬉しい!元気出た!

やっぱりピアノ行ってよかった!




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村







別窓 | レッスン | コメント:0 |
<<ブルクミュラー25の練習曲「帰途」 | ゆにくあ缶 | レッスン21回目。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ゆにくあ缶 |