AX
レッスン19回目。
2014-01-23 Thu 00:37
今日もレッスン行ってきました。マイアミでこんなこと言うのなんですが・・・
ここんとこ本当に寒いです・・・。温まるために何度もお風呂に入っちゃう。


***

さて。今日はツェルニーを先生が持って来る予定の日。

でも先生が「今度持って来る」と言って、すぐに持ってきた試しがないので
自分で探してプリントアウトして持参しました。

そしたら、案の定

先生「忘れたわけじゃないのよ。今回はちゃんと覚えてたんだけど、生徒に
貸したままになってて・・・その子に連絡して今度返してもらう約束したから」

ゆにくあ「いや別に。っていうか先生が言ってたのこれですか」(楽譜を出す)

先生「あっ!」

ということで、無事スタート。1から順番に弾くみたいです・・・面倒・・・
だけど頑張ります。

今日は1~6までやって、宿題は1~8です。なんかいっぱいあるみたいだけど、
ひとつずつがすごく短いです。(私が前に見て、すごく難しそう!と思ったのは
1巻じゃなかったです笑)あと2つでひとつみたいな感じが多いというか、
例えば1~7は16分音符の練習なんだけど、1で弾いたのと同じ形を2は
左で弾く感じで、実際1を弾いたら続けて2を弾くんだそうです。3と4もペア、
5と6もペア。7は独立、8は重音の練習。1と2は単に16分音符がずっと
続いて同じようなところを行ったり来たり。3と4はそれを2声のように弾くことが
課題。5と6はレガートの練習。7の目標はよくわからないけど、普通に16分
に左手アクセント程度。8・・・・・8の重音のが一番ややこしいです。しかも重音
レガート左と右で行ったり来たり・・・手がつりそうです。

「最終的に、最速で」というアドバイスですが、もちろん最初は片手ずつゆっくり
練習。とりあえず、あまりに短いのでもう全部覚えてしまいました。これからは
きちんとひとつずつ音を揃えて(特に4と5の指)弾くように気をつけて練習したい
と思います。

その後はブルグのつばめを見てもらうことに。

というか・・・本当はほとんど初見(笑)でも、家で楽譜みた時、あまりに似た
ような音形がずら~っと並んでて、うんざりしちゃうというか
「なんじゃこりゃ、またこれも覚える系~?」って、超後回しにしていたので
強引にどっかで始めないと、絶対なかなか手をつけないと思ったので。
ものすごくゆっくり、ひと通り弾いて先生たぶんあくびしてたと思うけど(笑)
自分ひとりでやってたら絶対見逃していたことを「ここ注意してね」と
あらかじめ教えてもらったので、やってよかったです。

あとは、パターンを見極めてなるべく覚える量を減らしたいと思います。

そのあとは貴婦人もう一回。

今回は結構うまくひけたと思う。先生から久しぶりにGood Girlが聞けました。
「あなた随分楽しそうね」とコメントされました(笑。だけど・・・本当は最後の
スケールのとこ。全体のスピードのまま突入すると速すぎて、転ぶギリギリ。
なので、レッスンではこれで終わりだけどスケール部分は練習課題です。

・・・最後に人形の葬式。
これも特に問題なかったです。先生のピアノで弾いたら、とても悲しい感じ
の音が出て、やっぱり本物のピアノ欲しいなあ。と思いました。

来週はツェルニーと、ベートーベンのメヌエットをもう一回、プレリュードの
レガート練習の成果、それでも時間があったらギロックを見てもらうつもり。
来週行ったら、その次はもう2月かー。早いなあ。。。また自己練習曲
選ばなくちゃ・・・。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村





別窓 | レッスン | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<深夜の第九 | ゆにくあ缶 | 昔むかしあるところに。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ゆにくあ缶 |