AX
背伸び曲。
2014-01-14 Tue 00:55
現在、かなり予想外の展開・・・

ツェルニーに、ガッツリはまり中です。30番、たいへん難しゅうございます笑 ふと、1でこれだけ苦労してるなんて、この先だいじょうぶなんだろうか・・・という思いがよぎりますが、そんな心配は後ですればいいやと軽くスルーしてそのまま練習を続けてます。

いやぁ、普段の私だったらなんでもすぐ両手で練習するのに、こればかりは思いっきり分解して練習してますよ。そして、それがなんとなく楽しい・・・出来ないのに楽しい。むしろ簡単に出来ないから楽しいのかもしれないし、出来そうで出来ないのがまるでテトリス状態。次はハイスコア出せそうな気がして、永遠にやってしまうという笑 

今日の私が他の曲に当てたのはせいぜい全部で30分。超適当(笑)あとはずーーーっとツェルニーとメヌエットしか弾いてないという(メヌエットは気分転換用です)。どういう風にやってたか、書いてもいいでしょうか。別に読んでもなんの足しにもなりませんけど。。

1)左手だけ何度も飽きるまでやる。(基本的にちょっとしたことが気にいらなければ、そこだけ抜き出して永遠にまた飽きるまで笑)2)右をゆぅ~っくり弾く。いかにリラックスした状態で弾けるかと粒を揃えることのみが課題。均一命。3)今度は普通のスピード(速く)でまた飽きるまで。この時は軽さ優先。4)右に左の保留音だけ合わせる。5)右に左の保留音以外を合わせる。6)左に右の保留音以外を合わせる。7)全部スタッカートで弾いてみる 8)全部Fで弾いたり全部Pで弾いたり・・・きりないのでこの辺でやめておきますが、永遠といろんなバリエーションで楽しんでおります。で、今最後に一回、普通にあえてスピードも落とさずに全部合わせてみたら・・・まだぜんぜん駄目(笑 でも昨日よりずっと違和感ないです。

やばい、この調子で行くと水曜のレッスンまでに何も仕上がらず、ツェルニーも・・・・まだ駄目。みたいな状態になりそう。

ま、そんな話はいいんですよ。自己満足の世界なので。

それで、ご飯作ってる時にふと考えたんですけど、いわゆる「背伸び曲」ってあるじゃないですか。自分の技術よりちょっと上の曲。その定義ってどんなんだろうと。あれはいきなり10-4に挑戦するような無謀なことを言ってるんじゃなくて、やはり少し頑張れば弾けるかも? でもいつもの倍努力しないと弾けないよ。ってそのくらいのイメージでオーケーでしょうか。
ピアノ始めて1か月目くらいで私が無理やり「貴婦人の乗馬」を弾こうとした、あれは背伸びしすぎだったと今思いますが(つうかわかってなかっただけだけど~)今の私が挑戦してもよい背伸び曲ってなんだろう・・・・わからない・・・。っていうか、先生が選んだ本に載っている曲の全てが背伸び曲っぽい気がするんだけど・・・もしや、あの本の意義はそこなのか?

ちなみに昼間、アメリカ人のなんとかって教授が書いたショパンに関する文献を読んでいたら、終わりのほうにレベル別お勧めショパン曲リストみたいなのが載ってました(見てみます?)。英語のままですいません、邦題いちいち調べるのが面倒なので。

Suggested Early Intermediate Level Pieces by Chopin

Preludes in E Minor, B Minor, A Major, Op. 28
Waltzes in A Minor (Post.), E-flat Major (also known as "Sostenuto in E-flat Major")
Mazurkas in C Major Op. 7 No. 5, G Minor Op. 67 No. 2, F Major Op. 68 No. 3
Largo in E-flat Major
Polonaise in B-flat Major (Post.)
Two Bourrées

Suggested Late Intermediate Level Pieces by Chopin

Prelude in C Minor, Op. 28
Polonaise in G Minor and A-flat Major (1821)
Waltz in A-flat Major Op. 69 No. 1, B Minor Op. 69 No. 2, F Minor Op. 70 No. 2
Nocturnes in E Minor Op. 72 No. 1, E-flat Major Op. 9 No. 1, G Minor Op. 15 No. 3, C Minor (Post.)
Mazurkas in B-flat Major Op. 7 No. 1, A Minor Op. 7 No. 2, E Minor Op. 17 No. 2, G Minor Op. 24 No. 1, B Minor Op. 30 No. 2, C Major Op. 67 No.3, A Minor Op. 67 No. 4
Cantabile in B-flat Major, Album Leaf in E Major, Contradanse in G Major

Suggested Early Advanced Level Pieces by Chopin

Preludes in C Major, E Major, D-flat "Raindrop", A-flat, G Minor, F Major
Nocturnes in B-flat Minor, Op. 9 No. 1, B Major Op. 32 No. 1, G Minor Op. 37 No. 1 F Minor Op. 55 No. 1, C-sharp Minor (Post.)
Grande Valse Brillante in A Minor, Op. 34 No. 2
Waltz in D-flat Major Op. 64 No. 1 "Minute", C-sharp Minor, Op. 64 No. 2, E Minor (Post.), Valse Mélancolique in F-sharp Minor, E-flat Major (Post.)
Mazurkas in F-sharp Minor Op. 6 No. 1, A Minor Op. 17 No. 4, F Minor Op. 63 No. 2, A Minor Op. 68 No. 2
Polonaises in C-sharp Minor Op. 26 No. 1, A Major Op. 40 No. 1 "Military" C Minor, Op. 40 No. 2
Etude in F Minor, Op. 10 No. 9 & Trois Nouvelles Etudes (1839) Nos. 1 & 2
Fantaisie-Impromptu, Op. 66

私が一番好きなのは、らふまにのふさんですが手が巨大じゃないと弾けないそうで。一生弾けそうにないです。残念。


別窓 | ぴあの | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<レッスン18回目。 | ゆにくあ缶 | ふっかつのじゅもんがちがいます。>>
この記事のコメント
Re: タイトルなし
いらっしゃいませ! 実は私もみにょんさんのページに遊びに行ったんですけど・・・電車の話題で盛り上がってた様子で、なんて書いたらいいか・・・と、ためらっているうちに休憩(職場の)が終わってしまい笑 

ショパンはあくまでもペダルの練習用に選んだだけなんですよ。ちゃんと弾くにはまだ全然技術が追いつきません笑 なので、ところどころ練習に使うだけになりそうです。このあとブログに書きますが、今年は・・・ツェルニー修業の年になりそうです。
2014-01-15 Wed 22:23 | URL | ゆにくあ #-[ 内容変更]
こちらにははじめまして。いつも楽しく読ませていただいてます♪ラスコーさんのところではお返事ありがとうございました(^-^)/

ツェルニーの練習の仕方、読んですごい足しというか参考になりますよ!
ゆにくあさんは集中力がすごいのでしょうね〜 進みの速さにいつも仰天しています♬
次はショパンですか〜?いいですね!私もいつか弾いてみたいけれど、まずはブルグ25からです(笑)
これからも楽しみにしています♪
2014-01-15 Wed 20:30 | URL | みにょん #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ゆにくあ缶 |