AX
ブルクミュラー25の練習曲「やさしい花」
2013-12-29 Sun 00:35
この一曲ずつ感想を書くという企画を立てたこと・・・現在、激しく後悔中。

なんでこんな面倒なこと需要もないのに始めちまったんだ、自分。しかも中途半端に9曲まで書いてしまった自分(奇数なのが生理的に嫌)。・・・いやいや、でも書いておかないと忘れるからね、私は。未来の自分のために、タイムカプセル状態ですよ。

愚痴はこの程度にして次行きます。10番「やさしい花」です。
私の手持ち楽譜は「Tender Flower」ってタイトルになってます。

これは聞くところによると、花っつうか乙女っつうか「花のように可憐な女性」の暗喩らしいですね。なので、一応これを弾くときはそれを念頭に置いて、うら若き乙女と特にかっこよくもないおっさんの掛け合いみたいなのを想像してます。簡単に言うと「ファウスト」のイメージです。

この曲は、特に難しいことなにもないので、どこのピアノブログで読んでも誰一人苦労していないみたいですね・・・・私を除いて(笑
私は ひ そ か に 途中、一か所だけ出てくる装飾音で苦労/駄目出し山ほど食らいましたから。何度も同じこと書きたくないので、詳細はあえて書きませんが(過去のレッスン記事参照)なんつうか 1)自分の指なのに思うようにコントロール出来ないこと 2)最初から失敗すると思ってそこを弾くので、まんまと自己暗示で失敗する の二本立てでしたね。今弾くと・・・・成功率85%くらいでしょうか(汗 でもそこを除けば、まあ綺麗に弾ける方の曲に入るのかなー。なんかね、オペラの一シーンみたいなのが頭にあるわけですよ、「ファウスト」だし。

で中間部、バリトン(でいいんだっけ?)のおっさん(歌ってる時は少しだけかっこいい)と、ディズニープリンセスみたいな澄んだ声のホッソリしたおじょうさんの掛け合いあるじゃないですか。そこ来ると、かなり(乙女とおっさんの両方に)なりきって弾いちゃいますね。 あ、左手おっさんね、とりあえず。笑 

この曲に関してはこんなところなので、以上。

だんだん短くなってる・・・

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
別窓 | ブルクミュラー |
| ゆにくあ缶 |