AX
ブルクミュラー25の練習曲「清い流れ」
2013-12-13 Fri 12:53
こんにちは、ゆにくあです。
それでは、次もサクッと振り返ってみたいと思います。

さて、清い流れ。
私の楽譜にはThe Clear Streamと書いてあります。そのまんまです。

いろんな方がこの曲を「ブルグの中で手こずった曲」としてあげていたので、練習前はかなり構えてたんですが。結果から言うと、やってみたら意外とそうでもなかったです。慣れれば同じことの繰り返しなので、コツをつかんで慣れるまでが勝負という感じ。

で具体的に、この曲の練習で私がやったのは、とにかく最初はものすごくゆっくり弾くこと。単にテンポを落とすということではなく、意識的に止まりそうなくらいゆっくりと。ゆっくりやって出来ないことは、速くやっても出来ないので。逆に私が怖いのは根本的に間違って弾いていたり、あるいは「うっかりな弾き間違い」を繰り返しやってしまうと、自分ではうっかり!のつもりでも、指が弾き間違えたその動きの方を正しい動きよりも先に覚えてしまうので・・・。あと、ちょっと弾けるようになるとスピードあげて挑戦したくなりますが、ぐっと我慢してしばらくゆっくり弾いて十分に準備した方があとで楽にスピード上げられるかも。ということで、まず保持音だけで弾いてメロディを確認して、それから他の音を足しました。あとはとにかく、耳で音の出方を確認してメロディーが消えないようにするにはどうしたらいいのか。と配分を考えながら弾きました。指使いに関しては、行きより帰りがもつれやすいですが、いろいろ試した結果、指の第一関節をしっかりさせる&指を鍵盤から引き上げる方の力に意識を置くと、コントロールしやすかったです。

後半はどんどん変化するのでちょっとややこしいですが、むしろ暗記せずに指番号と鍵盤の関係だけ覚えて、あとはその数字を目で追いながら弾けば、そんなにたくさん音のバリエーションが出てくるわけではないので効率よかったです。そのうち体が覚えて勝手に手が動く感じがしました。

この曲が難しい!と言われるひとつの理由は、規定速度の速さにあると思うんですけれど。個人的には、あまり速すぎても私がイメージしている小川と合わないんですよね。鮎かなんかが泳いでそうな、夏の木陰の澄んだ冷たい水を湛える渓流。だから、あえて少し規定より落として丁寧に響かせたほうが断然素敵だと思います。まあ、流れの速い川を想像しちゃった人は規定どおり速く弾くしかないのかな笑

以上。
別窓 | ブルクミュラー |
| ゆにくあ缶 |