AX
レッスン14回目。
2013-12-05 Thu 03:38
なんか久しぶりにレッスンのことを書くような気がしますけど、先週を
ホリデーでとばしたからなんですねー。今夜は・・・というと、先週の
穴埋めで1時間レッスンだったので、実は書きたいこといっぱい!

さて。
Thanksgivingどうだった~?みたいな世間話の後、まずは前回
散々だったブルグ17番「おしゃべり」から。これは か な り 
練習したので、目をつぶってでも弾けます笑
でも弾き終わって、


先生「良くなったわね! でも私の好みを言えばもうちょっと速い方が・・・」


ふっふっふ・・・・
そういうと思って、家ではもっと速度上げて練習してましたよ。

ゆにくあ「速く・・・ですね。了解です」


といって、いつも家で練習してる速さで弾いて先生やっと納得笑
ということで、「おしゃべり」終了。この曲を初めて弾いた時と比べて
スタッカートも締まっているし、全体的に軽くまとまった。これもひとえに
先生の指導のおかげ・・・感謝!

次は18番「不安」これは前回、音の粒を揃えて弾くように指示が
あった曲なんだけど、ゆっくり弾くと余計不安定になるので、博打的に
遠慮せず最初から規定速度で弾いて一発合格! いやあ、絶好調。
つうか、本当は先生のピアノ鍵盤重いから、どうなることかと心配して
たんだけど・・・ミスらなくてよかった。。。運が良かった。

続けて20番「タランテラ」は休符の長さに注意+速度を上げる。という
指示だったので、今の私に出来る最速で弾いたけど、まあまた何か
注意されるだろうと思ってたのに、予想外な展開で終了。先生いわく
「スピードはそれでいいけど、この曲はとにかく情熱的に弾いて欲しい」
とのことで、まあ一昼夜で出来ることではないけど、続けて練習して
おけ、とのこと。了解ですー。

ここまでやって、まだ25分笑

持ち駒がないので、金平糖の踊りの3ページ目をみてもらった後、

先生「じゃ、新しい曲やりましょう」

ゆにくあ「あのー。楽しき農夫はどうしますか? 一応練習してきたん
ですけど。いまだに先生が言うような速さでは弾けませんけど

先生「あ、あれね。まあいいわよ。あれは弾けてたから」

・・・・・え。

え? 

えーーーーー泣

あんなに何週間も練習したのに・・・・なんというフェイント・・・。
まあ、いいや。先生が終わりっていうなら終わり笑 つうことで農夫も終了。
これで、持ち駒全部終了。

新しい曲なんだろうなーと思いつつ、名曲集を手渡そうとしたら

先生「それはもう終わり。子供用だし。そろそろ本格的なクラシックを
やりましょう。大丈夫、あなたなら出来るから。とにかく練習してるし」

(そういう問題か・・・たまたま2週間あったからですよ・・・先生)

そして「こういうのをやるから」と言って先生がもってきた新しい本をめくりながら
いろんな曲のさわりをどんどん弾いてくれて、コンサート状態で聞いていたら
最後にバッハの親戚だか子供だかが書いたSolfeggiettoってのを、いとも
簡単そうに弾いた後、

「これやってみる?」

Solfeggietto

ゆにくあ「・・・・いや・・・それはいくらなんでも出来る気がしません」

先生「あら、大丈夫よ~ 読むのが大変なだけだから。弾くのは簡単」

(ぜ ん ぜ ん 簡単そうには見えん・・・)

先生「そう? じゃあ、エリーゼにする?それとも短いショパンやりたい?
どれからやっても同じだから、どうせ全部やるし」

(ぜんぜん 同じじゃないと思うんですけど!!!笑)

ゆにくあ「・・・とりあえず、バッハの何かで」
先生「バッハならこれにしましょう。プレリュード」
ゆにくあ「はい、それ来週までに練習してみます」

先生「そう! じゃ決まり! 早速やりましょう」

え汗 今やるの? 楽譜見たばっかりなんですけど。

つうことで

prelude

幸い、似たような音形の繰り返しなので楽譜ガン見しながら、
なんとかノロノロペースで最後まで弾きました・・・。先生退屈だったはず。
で、最後の数小節の指使いを教えてもらいました。

先生「これ・・・弾いたことあるの?」
ゆにくあ「ないですよ!!! 」
先生「そお? なんかそれっぽく弾けてたみたいだけど・・・」

全然弾けてませんから汗 あんなにノロノロだったじゃないですか。

先生「そう。じゃあ練習してきてね。それから、これとこれも」


・・・・どさくさに紛れて2曲追加。

ということで、来週までの課題は、先生も気づかずに飛ばしてた
ブルグ19番「アベマリア」21番「天使の声」それとバッハの
プレリュードとモーツアルトのソナタ、ベートーベンのメヌエット
です。


****

新しい曲は嬉しいけど、はっきり言って7日でこんなに出来ません・・・笑


とくにベートーベンのメヌエットの出だしが、私の苦手な重音のレガート。
しかも2・4黒鍵盤と3・5白鍵盤を交互に繰り返すところがやばいです。
楽譜見てるだけで指がつりそう・・・。それとモーツアルトのソナタは一見
単純なんだけど、ずらっと音階の練習みたいなところがあって、ふと

「これってハノンみたいですよね~ハノンの音階、指がまわらないですよ。
はっはっは」とはずみで言ったら、

「じゃ来週ハノンも一緒にやりましょう。残れるようだったら延長するから。
いいの、いいの。あなたとhang outしてると私も楽しいから」
という、やぶ蛇状態に・・・汗 これ以上課題を増やしてどうする、ゆにくあ。

別窓 | レッスン | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<レッスン15回目。 | ゆにくあ缶 | ブルクミュラー25の練習曲「小さな集会」>>
この記事のコメント
お久しぶりですー
にえさん! 本当お久しぶりですー。ロックスミス、PCバージョンですか? 面白そうだなとおもってたんだけど、私ギター弾けないからなあ。笑 ギターの弦、硬いですよね。前に触った時、指に跡付きました笑
2013-12-10 Tue 21:35 | URL | ゆにくあ #-[ 内容変更]
NO SUBJECT
おひさですw
こちらは今ロックスミスでギター猛特訓中w
真面目に弾くの10年ぶり以上だから指が滅茶苦茶痛いですw
2013-12-05 Thu 05:24 | URL | にえ #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ゆにくあ缶 |