AX
レッスン9回目。
2013-10-17 Thu 02:54

レッスンから帰ってほどなく、ピアノの前に座っておさらいをしてたん
ですが、普段騒がしいリビングが異様に静かなので「あれっ?」と
思って時計を見たら、いつの間にか深夜12時半すぎ・・・。
みんないつの間に寝たんだろう。全然気づかなかった・・・汗

で、さすがに疲れたのでピアノは終了。今これを書いています。

ほんとはねー、新譜攻略法の続き「初見編」書いたんですよ、昨日。
でも会社に原稿忘れてきちゃいました。それに・・・
よく考えてみたら、私の何倍も難しい曲を練習しているみなさんに
私の練習方法をお伝えしたところで、無意味だなあと。笑

***

今日のレッスンは、いつもよりちょっと遅れて始まりました。
(でも私じゃないですよ。先生ですよ、遅刻したの笑)

最初は念願の(ってこともないけど)シュタイヤーから。
これはなんでだかわかんないけど、めっちゃ速く弾いてしまった。
・・・たぶん単に冒頭でスピード設定を間違えたものと思われ汗 

だけど、いったんテンポ設定したら途中で減速するわけに
いかないじゃないですか。幸いミスタッチとかはなかったけど、
なんかすごい嫌な汗かきました。

で、私が後半の跳躍の部分を弾きにくそうにしていたら、
指が違うからだ。とのこと。先生の言うとおりに直したら
いきなり弾きやすくなった。先生ありがとうございます。

次は「バラード」。

この曲は先生の好きな曲のひとつなので、予想通り指示がめっちゃ
細かかった。まず、冒頭の右手のスタッカートは普通のじゃなくて
スタッカーティシモで軽く速く。それにあわせる左のフレーズは
レガートで音量小さく不気味に。確かにその方が感じが出るけど、
左と右でやってることがあまりに違うので、急に「そう変えろ」と
言われても出来ませんよ、先生。・・・少し練習させてください。

その他にも、あちこち指示が入りましたが、それらを全部ここに
書いてるときりがないので割愛します。あ、そうそう、出だしで
もう一か所。8小節目の左手のタイミングが違う!とのことで修正。
それも家で練習してくるように、とのことでした。


ここでもう一冊の本に移って、エコセーズ。

これはねー、前にどっかで書いた「昔練習したけどうまく弾け
なかったから放置してあるベートーベンの1ページ曲」。

実はこの曲なんですよ。偶然というか、めぐり合わせですねー。
なので、結構楽にというか、むしろ前はなんであんなに苦労したん
だろう?って思うほど、すぐ普通に弾けるようになってしまった。

だから、この一週間はもっぱら「どういう風に弾くか」という方に
重点を置いて練習してたんですけどね。ふと、たった今先生が
教えてくれたスタッカーティシモが冒頭にちょうどいいなと思いつい
たので、前半はそう弾いて、でも後半は音量と重みが欲しいから
重いスタッカートにして、でその後のスタッカートは小さく軽く弾き
たいから軽いものにして・・・と実験的に3種類のスタッカートを
混ぜて弾いてみました。


先生「あら、完璧。じゃ、これはもう終わりね・・・」
    ↑
あんなにやりたがっていたエコセーズなので、ちょっと残念そうな先生。

「次はソナチネ弾いてみて」
「え。ソナチネ・・・・練習リストになかったからまだやってません」
「いいのいいの、やりましょう」
 

しかも、前回先生が「近々やる」といったスピンドラーではなく、
ベートーベンのソナチネ(曲知りません)を、また無理やり
初見で弾く羽目に。なんかこういうのパターンになりつつある・・・。
(先生 ま さ か わざとやってる?)


その後、

「先生、あのメヌエットは? 一応、練習してきたんですけど」
「あ! そうね。んーでも時間ないから、半分だけやってみて」

ということで、メヌエット半分弾いたら時間になってしまいました。
残りは来週だそうです。その他来週までに練習してくる曲は
「バラード」「ちょっとした悲しみ」「おしゃべり娘(どうでもいいけど
センスない邦題・・・)」「ソナチネ」。

それに加えて「The Merry Farmer」

これ、日本語でなんだ? 明るい農夫? 楽しい農夫? 
どっちにしても、すごいタイトル・・・いったいどんな曲?
って思ってたら、先生が少しだけ弾いてくれました。

あーこれねー。聞いたことある。っつうか・・・先生速いよ・・・

ゆにくあ「・・・・・速いですね・・・・・」
先生「でもほら、あなたは速い曲の方が得意だから」

・・・SINCE WHEN.

激しく誤解を生んでしまったのは、やはりシュタイヤーが原因でしょうか汗

***

そういえば、先生が「この先やる曲」としてカバレフスキーの道化師を
あげたんですが、それが今やってる名曲集に入ってなくてですね。

「おっかしいわね・・・絶対入ってるはずなのよ」

とか言っちゃって、何度もページをいったりきたり。最初は黙って
見てましたが、あまりにしつこく探していたので
「先生・・・目次ページがありますよ」と助け舟を出したつもりで
一緒に目次をみたけど、道化師は入ってません。

ゆにくあ「他の本と勘違いしてるのかも? 先生たくさん持ってるから」
先生「いや、絶対 あ る べ き なのよ。おかしい!消えてる!」

・・・・いや、消えてないから。つうか、目次より自分の記憶を信じるって
ある意味すごい。学ぶところが多いわ。

あと数曲やったらこの本は終わりだそうで「全部はやらないから。
この次はもっと厚い本で本物のクラシックやるから」って言ってたけど、
今やってるのは本物じゃなかったのでしょうか・・・。


全然関係ないですが。今日昼間パンを焼いたんですよ。

食パン






別窓 | レッスン | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<道化師。 | ゆにくあ缶 | 新譜攻略法-譜読み編>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ゆにくあ缶 |