AX
6月5日頃。
2013-10-06 Sun 13:26
**引き続き6月に書いた過去日記なのであしからず。

ピアノの話。

まず、バイエルがみつからないって話は前回の日記に書いたんですが、それでもなんとかみつけたんですね。しかもそのサイト「挫折しやすい子でも途中で投げないように(わたしのこと?)難しい曲はあえてはずしてある」みたいなことが書いてあった。なんて親切設計!


まあ結果的には、なんか全クリアしたくなったので(こういうところでゲーマー魂)挫折しやすいという曲も別のところから持ってきたけど・・。なんかピアノってほんとゲームみたいだよね。やればやるほど難易度高いステージに移動するとことか。練習すると昨日出来なかったことが出来るようになったり・・・ゲーム攻略してるみたいなんですけど。そうやって考えると、楽譜なんて星の数ほどあるし、おまけに安いから「これ無理だ」って途中で投げても罪悪感ないし(おい)、嬉しいなあ。 

それはそうと。

最初ピアノ買う前「左手ってどうやって合わせるんだろう?」「ピアノ弾く人って、右と左で別々のこと同時にやってるんだよね」って心配してたんですけど。

あれですね。結局、思い切りの問題ですね。思い切ってやってみて、間違えたりしてるうちに自分で工夫するようになって、頭で考えたり実際やってみたりしながらコツを掴む感じ?

あと、最初は右手と左手を別々に練習して、その後で両手を合わせましょう。って人もいれば、最初から左右いっぺんに練習する人もいるみたいで。

私は両方試した結果、右手が覚えにくいメロディじゃなければ(特にバイエルは規則性が半端ないので)そのまま最初から(ゆっくりめに)同時練習した方が左右が同じように上達して都合いい感じ。あとは「教本だけではわからない部分を動画で説明します」ってサイトをみつけたので、その先生の模範演奏を視聴して、細かい指示もなるべく守るようにしてるつもり。。。だけど、あれです。メトロノーム。あれ使うと一気に難易度が上がりますね汗 わたし、実はメトロノームの拍子設定変えられることにずっと気づかなくて、3/4拍子で4/4の曲弾こうとしてて「あっれーおかしいなー 全然合わないし 汗」ってなってました。・・・・気づいてホントよかったです。

ほんとはねー、「何番のここを苦労した」とか「こんな工夫をした」とかいちいち曲ごとに書こうと思ったんだけど。

まだ1か月しか経ってないのに、
すでに細かいこと忘れました汗 (どんだけ更年期障害

ちなみに、今メインで練習してる80番(ほんとは20~89まで毎日弾いてるけど)は右手が左手を飛び越えるところで、どうしてもスローダウンしてしまう。というのも「苦手意識」が先に立ってその付近に来ると

(あーもうすぐだ! いつも出来ないところ。あと3音だよ、緊張してきた~~きゃーっ)

ってなって、そのプレッシャーに負け、まんまと間違えます汗 しかも装飾音とかいうのが出てくるタイミングと同じなので、うまく指が動かないと妙に変な音になっちゃうときがあって、自分の弾いた音聞いた瞬間に笑っちゃって次が弾けなくなったり・・・最低ですね笑 ま、そのうち出来るようになるでしょ。


そういえば。
ピアノにあらかじめ50曲くらいクラシック曲が録音されていて、その楽譜本もついてきたんですね。だから(バイエル手に入れる前)その中から数曲ためしに練習してみたんですが、なにせどれが難しくてどれが簡単なのかもわからないから、その時適当に選んだ曲があとで気づいたらブルグミュラーの25番/貴婦人の乗馬でした。あれはさすがに最初から両手は無理で、右手ばっかり最初練習しました。そのあと左もやったけど、いまだに両手一緒にきちんと弾けませんねー。(あとサティのジムのぺティ#1とベートーベンのなんたらっつう1ページだけの曲もちょっと練習したけど、あとで戻ることにして放置中)

なので、1からちゃんとやろうと思って「ブルグミュラー25」を買いました。今1番練習中。
あれって本当に♪=154で弾かなくちゃいけないの? 雰囲気よりかなり速い印象なんだけど汗 あとついでに言うとゼルダ/トワイライトプリンセスのミドナの曲が、超難しい。難しいっていうか、別に普通の人にとっては難しくないんだろうけど、私はとにかく左手のあの動きが一番苦手・・・。あの曲は当分出来るようになる気がしないです。


最後にさらっと語ると。
ピアノはあれですよ、リズム感と感性の問題とみなさんおっしゃいますが、集中力もかなり大事ですよね。だから、精神衛生上すごくいいと思う。余計なこと考えてる余裕ないから、仕事から帰って頭がすっきり切り替わるというか・・・まさにストレス解消なのです。


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
別窓 | ぴあの | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ピアノレッスン初日。 | ゆにくあ缶 | ピアノのことはここからです。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ゆにくあ缶 |