AX
おうちで学校ごっこ。
2007-01-11 Thu 01:03
どうやら風邪をひいてしまったようです。

喉が痛いのです。今朝も目覚ましを止めて、

(ああ、だるーい。起きたくなーい・・・)と

ちょっと横になったつもりが、気がついたら1時間も過ぎていて、

危うく遅刻しそうになったメル。

ママが具合悪いと家族の生活まで、グダグダです。

しっかりしなくちゃ。

**********

昨日からメルの学校が再スタートしました。

前にも書いたように、ジョシュアはもうPre-Kへ戻りません。

朝「僕も学校へ行きたいのに!」とか「ダディ、僕のこと忘れて

先に行っちゃった(泣!」などといわれるんじゃないかと、

内心冷や冷やしてたんですけど。

・・・ぜんっぜん、そういうことなし。


そんなわけで、昨日からおうちを学校の環境に近づけようと

頑張っています。

・タイムテーブルを設けて一日にメリハリをつけること。

・午前中、キンダーの予習をかねて練習帳を数ページやること。

・一緒に外を散歩したり、ボールを蹴ったりして体を動かすこと。

・身近に転がっている科学を紹介してあげること。

(昨日は磁石で砂鉄を集めました。←私の好きな遊び)

・毎日本を読ませて、お話の続きを一緒に考えてみること。

・午後はお友達と遊べるように、公園へ連れて行くこと。

(ちなみに昨日の午後は、辺りが真っ暗になる6時半頃まで、
メルの友達・ギャビー5歳が行方不明になっちゃって、
それどころではありませんでした! 隣近所で協力して
捜索したんですよ:汗)



午前中にやる練習帳は、ごくごく簡単なもので、ジョシュアに

とってはゲームと同じ。やる気を継続させる助けになるかな?

と思って、終わったページにキラキラ光る星型ステッカーを

貼ってあげたら、今度は全ページ一日でやり終えてしまいそうな勢い。

「今日はもうおしまいにしようよ。明日やることなくなっちゃうよ」と、

お願いして、やっと本から引き離すことに成功しました。

この辺はメルと全く同じ行動パターン・・・。さすが姉弟。


読書は彼が就寝前に自発的にすることなので、わざわざ私が

思い出させてあげる必要はないんだけど・・・せっかくなので

もう一歩進んだ「ベッドタイムストーリー」にしてみたら、

本人興奮しちゃってかえって逆効果ぎみ。広がる想像に

いつまでもおしゃべりが止まりませんでした。


午前中、少し寒かったのでボール遊びはほどほどにして、

日向でホップ・スコッチをしました。が、そこにいた誰も

正確なルールを把握していなかったため、ひっちゃかめっちゃかな

ヘンテコゲームに。。。(特にところ構わず飛び跳ねるショーンの責任大)

「★にジャンプしたら、こっちにワープね」と私。

「これは蝶ネクタイ。ここに立つと見えない蝶ネクタイが

ついて、かっこよくなるからポイント3ね」とジョシュア。

蝶ネクタイ=かっこいい ・・・・なの? ジョシュア。

**********

冬休み前にジョシュアがpre-Kから持ち帰った通知表(のようなもの)

によると、彼の弱点は断然「片足で立つ」とか「階段を交互に降りる」とか

そういうフィジカル面らしく。

普段はサーカス団員のような平均感覚をみせる彼なので、

正直に言えば、ほんとにジョシュアのこと見てたの? と

言いたくなるんですけど。

とにかく、ことごとく「練習中」スタンプが押されていました。

ちなみに学習面は予想通りオールAだったけど、そんなこと

実はどうでもいいじゃない?

まあ、集団の中で緊張して普段出来ることが出来なかったり

ってのはありそうだな、と思ったり。気分屋だしね。


なにより「自己評価(彼自身が自分をどう評価しているか)」が

低いらしいのが一番気になる、母ゆにくあ。

毎月、何かひとつでいいから新しいことに挑戦させて

「○○出来るようになったね! やってみたら簡単だったね」

と少しずつ自信をつけさせようか、それとも既に得意なことを

重点的に伸ばしてあげようか。悩むところ。

メルは逆に「自分に自信ありすぎで失敗するタイプ」なので、

こういう心配はなかったんだけどな。



そういえば、最近ショーンの言葉が目を見張る速度で増えて

います。私達の言ったことをコピーするのも上手になりました。

昨日も でぃなー おー れでぃ!と言われてぶっ飛びました。
*Dinner (is) all ready!

**********

クリックお願いっ♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ人気ブログランキング
別窓 | こども観察 | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<Happy Birthday | ゆにくあ缶 | チーズケーキパイで仲直り。>>
この記事のコメント
>キンダーとか入ると、その一日目からすぐ先生に期待されちゃうからさぁ

そ、そうだったっけ(汗。メルがキンダーやったの去年の
ことだってのに、もうすっかり忘れたよ。そうか・・・それじゃ
そのリズムについてけない子は大変だね。。。

>子供の学習は、「成果」より、「過程」が重要だから。結果的に何かできなくても、そこまでがんばったあなたはえらいと褒めてあげれば、自信もついてくるよね。

な、なるほど~。ホントそうだよね。ついつい、何か出来ないと、
出来なかった、という事実に目がいってしまうけど(逆に
出来た場合も同じだけど)、ほんとうは過程なんだよね。
そうだった。忘れかけてた。そのあたり、実は旦那がうまい
んだよね。宿題みてあげてるのとか、脇から観察してると
すっごいエールを送るってのかな。ちょこっとヒントを与えて
あたかも本人が答えを導き出したようにみせるのが、超
得意。しかも、出来た時の褒め方も尋常ではない(爆。

あれを・・・見習わなくちゃダメだね、私も(笑。

>ジョシュア君の「練習中」というのは普通かもよ。自分なりにがんばってるんだろうし。。。

うん、そうだね。気長にみてあげることにするよ!
2007-01-11 Thu 14:52 | URL | ゆにくあ→ChaChaさんへ #jvxo8ILk[ 内容変更]
ありがとう。
風邪はもう大分いいよ。気合で治した感あり(笑。

>うちの甥っ子よっちんも塗り絵のワークブックを買って一緒にやってあげたら、とにかく「次も次も」と全部やりたがってたよ。
おー。どこも同じなんだねー(笑。

>こっちとしては1000円近くしたものだから、1週間は持たせたいと思ってるのにさ。
ええ~? 塗り絵って1000円もするの?? そんなに
高かったっけ、日本って。それは1日で終わらせちゃったら
(しかもいい加減だったらなおさら)納得いかないね(笑。

読み聞かせは集中しないのに・・・ってのは、ジョシュアと
似てる。やっぱ男の子ってやりたい時にやりたいことしか
しない、みたいなとこ、多かれ少なかれあるよなぁ。

>なによりおかあさんと一緒になにかしているっのが本人にとっては一番楽しいんじゃないかな~。

そだね。そうかも。誰かが一緒に手順を追ってくれると
安心して(&自信を持って)やれるってのもあるかも。
2007-01-11 Thu 14:47 | URL | ゆにくあ→耳へ #jvxo8ILk[ 内容変更]
そっか、確かに得意なことがはっきりしてると、おとなでも
自信がつくものね。

>そのほかのことは、興味を持ったときとか、チャンスがあったとき、背が伸びてちょっと高めの遊具に届くようになったときとかに挑戦させてみては? うまくできなかったら「もうちょっと大きくなったらできるよ」とか楽観的に構えれば大丈夫(と思う)。 

なるほどー。おもしろい。そうするわ。やっぱさ、男の子と
女の子ってプライド(っていうのか?)が傷つく基準が違う
よね? あと、ともさんがおっしゃってるように、運動能力と
身体的成長度(つまり身長とか)って関係しているように
思う。勉強になったありがとう!
2007-01-11 Thu 14:42 | URL | ゆにくあ→ともさんへ #jvxo8ILk[ 内容変更]
>何かひとつでいいから新しいことに挑戦させて、少しずつ自信をつけさせようか

キンダーとか入ると、その一日目からすぐ先生に期待されちゃうからさぁ、ある程度、ひととおり挑戦させておくのはいいかもね。それと、書いてあるとおり、一人でできるんだという自信をつけさせておくのも、子供のselfesteemを高めるにはいいことだよね。

子供の学習は、「成果」より、「過程」が重要だから。結果的に何かできなくても、そこまでがんばったあなたはえらいと褒めてあげれば、自信もついてくるよね。

小さいときは、特に男の子は、女の子よりも精神的な成長が遅いから、ジョシュア君の「練習中」というのは普通かもよ。自分なりにがんばってるんだろうし。。。
2007-01-10 Wed 22:59 | URL | Cha Cha #o7yZsQF6[ 内容変更]
誕生日おめでとう。
そして、風邪、早く治してね。

うちの甥っ子よっちんも塗り絵のワークブックを買って一緒にやってあげたら、とにかく「次も次も」と全部やりたがってたよ。こっちとしては1000円近くしたものだから、1週間は持たせたいと思ってるのにさ。こんな集中力を見せるわりに、読み聞かせとかしても、ちっとも興味示さないんだよね。子どものやる気を引き出したり、持続させたりするのって難しいよね。

なによりおかあさんと一緒になにかしているっのが本人にとっては一番楽しいんじゃないかな~。
2007-01-10 Wed 20:22 | URL | 耳 #-[ 内容変更]
「毎月、何かひとつでいいから新しいことに挑戦させて 「○○出来るようになったね! やってみたら簡単だったね」 と少しずつ自信をつけさせようか、それとも既に得意なことを 重点的に伸ばしてあげようか。悩むところ。」

まず得意なことを伸ばしてあげたらいいと思う。 「得意技(?)」があるという思いが自信につながるんじゃないかな。 そのほかのことは、興味を持ったときとか、チャンスがあったとき、背が伸びてちょっと高めの遊具に届くようになったときとかに挑戦させてみては? うまくできなかったら「もうちょっと大きくなったらできるよ」とか楽観的に構えれば大丈夫(と思う)。 あと、新しいことができるたびに大げさに喜んであげるとか。
2007-01-10 Wed 13:40 | URL | とも #1NP1oYmY[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ゆにくあ缶 |