AX
5年生
2017-04-26 Wed 00:20
10日ぶりの、ゆにくあです。


特に忙しかったわけでもないんですが、
私がメインで使っている1FのPC。
モニターが死んでいることが判明したので、
新しいモニター買うまで、ちょっと不定期に
なると思います~ 



ドゥムカはまだ先へは進めていないので、
特に書くこともないんですが

この10日間は、ひたすら同じところ。


1.16分音符のところのレガート練習
2.苦手部分の片手練習

これだけですw

16分音符は右手なので、実際使うのは高音域
だけど、高音だとキラキラしちゃってレガートに
なってるんだか耳で聴いてもわかりにくいので、
今だけ鍵盤の真ん中からひとつ下の音域で
練習しています。。

分析するに「1545と続く、545に(遠いので)
アクセントついちゃってる&その後3、2で弾く
あたりは(反動で)音が浮いて定まらない」

ということで、ここは手首だな・・・と思います。


苦手部分は、何か所もありますが・・・
今やってるのは左がスラー付きで2音、すぐに
スラー付きで3音(重音を含みますが)に対して
右がスタッカート寄りのノンレガート、出来れば
クレッシェンド!な場所。。

わずか数小節ですけど笑

つーかこの先には、ごっそり難しい所があって・・・
でもその一帯へ入る前の↑ができないと繋がって
行かないので、まずはそこだけ片手ずつ練習中。

「昨日と比べて少しは良くなったか」的なことは、
一切無視して、淡々と同じことしてる状態です。笑




あ、そうそう。

今日気づいたけど、最初のピアノを買ったのが
2013年の4月20日だったんで、ひそかに丸4年が
経ってました。学校風に言うなら先週から5年生ですw

しっかし4年とか、あっという間に過ぎるんですね~

始めた頃のイメージでは、4~5年もやったら
ある程度スラスラ弾ける感じだと思ってたのに・・・

現実は厳しいですね!笑 


スラスラどころか・・・習いたての頃と全く同じ
「レガート」を注意されて、四苦八苦してますから。

やれやれ~








別窓 | ぴあの | コメント:10 |
ロシアの酔っ払い。
2017-04-15 Sat 06:00
ゆにくあです。



この間、買い物に行った時の会話。

(腕を組もうと、私の左腕・肘下を掴んできたメルが)

メル「何これっ、ピアノ筋肉? 怖っ! 腫瘍かと思った」

ゆにくあ「え? そおかな(ちょっと嬉しい)」

(しかしすぐさま、もう一度触って) 

メル「あ、ごめん。肉だった」


・・・喧嘩売ってんのか!笑



******


現在、ドゥムカの「速セクション」を練習中。
装飾音あり、跳躍あり、アルペジオあり・・・
盛だくさんで技術的になかなか大変です。。


それで、レッスンの時に

「なんか、ここの和音。ハーモニーが変ですよね。
何度も楽譜見たけど・・・本当にラ♭レラ♭で合ってます?」

と質問した場所があるんですが、
それに対する先生の回答は


「だってそこは酔っ払いだから」



ゆにくあ「えっ そうなんですか?!」

先生「いや、私が勝手にそう思ってるだけだけど笑」

という会話があって以来・・・私の中でここら一帯は
「酔っ払い集団が踊っている図」と変換されてしまい
ました。ロシアの酔っ払い、すごそうです。。






それで、例えば・・・ここの酔っ払いは、ふたり(笑)

85.jpg

先生から「チェルニー的に全自動で弾けるようになるまで
練習しておいて」と言われていますが、左手の上昇音型の
最後の「ド」から右手の「ミ」へ繋がるところが今、一番苦手
です。

(なんだか知らないけど・・・頭では「ミ」だとわかっているのに
「ファ」に手が行ってしまうという・・・。そういうことないですか汗)

というか、ここは右手がタカタカ タカタカしてて、その間左は
たっ たっ たっ たっ たっ た ばぁーん! って感じですが、
その「ばぁーん」と次のミは旋律的に繋がっているので、

フラフラして何かに躓いた人 (左手) が、すごい勢いで
喋ってる人 (右手)にぶつかるシーンだと思っていて

(設定細かくてすいません・・・)


つまり、


左が右へ繋ぐ→右の旋律→左がそれを受け取って右へ渡す


・・・という風に、永遠に続くループのような感じでもあり。


(続かれたら私は死にますが)


ですが、楽譜ではもちろん永遠にやってるわけには
いかないし、チャイコフスキーさんはそこまで鬼では
ないので、

「それでは今のシーンをもう一度」


的にリプレイした後、次へ進みますけど。



ふと



この酔っ払いたち・・・映像的にはもう次のシーンだけど、
引き続き(フォーカスから外れただけで、後ろの方で)
くだを巻き続けてるんじゃないか(汗)とか
想像しながら練習しています。


(難所をなんとか楽しもうと必死、という説もありますが)

別窓 | ドゥムカ | コメント:4 |
楽しいピアノ⑦
2017-04-14 Fri 01:00
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
別窓 | ドゥムカ |
レッスンでの話。
2017-04-13 Thu 04:00
ゆにくあです。


今日レッスンだったんですけどね。


今日の一番のミッションは、何と言っても


「先生がドアを開けた瞬間に
ロシア語でこんにちはと言う!!」

だったんですが


もーねー、レッスン直前まで
ピアノの練習そっちのけで何度も
Zdravstvuyteって言いまくりですよ。

しかし、ZとDが続く音なんて日本語にも
英語にもないから、すっごい言いにくくて
噛みまくるゆにくあ・・・。全然言える気が
しません・・・。


そして。

先生到着。ありったけの勇気を振り絞り・・・



「あ、先生~ ズ、ズ、ズドラストイッチェ~」




先生「 は? ごめん、何? 」





******


ですが、ピアノはちょっと褒められました。

絶賛練習中のドゥムカ(途中までですが)
質問がたくさんあったので、弾いたら

「すごいじゃない、興奮しちゃったわよ!」

と言ってもらえて嬉しかったです。


「直すところはたくさんあるけれど。
強弱とか、左手に旋律が移るところとか」


とのことだったので、良かった!と思って

「も~、どんどん直してください!」

みたいな感じ。笑


まず、自分では結構頑張ってるつもりの
左手旋律のところは、全然ダメだそうです。
何がどうダメかというと、右の16分音符の
レガート具合が足りない、とのこと。

「右はPPでレガート。でこぼこと目立たない
ように。その間、左はP。もっともっと静かに」


な、なるほどー。

左が聞えるように!とばっかり考えてて
右のレガートのことなんて、微塵も気を
配っていなかったです。。


それで、まだ練習していない所も含めて
先に弾き方とか付点のリズムとその一帯の
指使い等を見てもらって、結局カデンツァの
終わりまでざっと弾きました。


「こういうのが好きなら、次あれやったら?
ストラビンスキーのペトルーシュカ。」


憧れ曲の名が出たので嬉しくて、咄嗟に


「あ! ペトルーシュカ大好きですよ!」


とか言っちゃったけど、すぐ我にかえって


(え? ・・・私が弾くって意味?)


・・・いやいやいや汗 

そう思ってくれたのは嬉しいですけど。



その他に「グリンカもいいんじゃない?」
と言ってましたが、

「まだドゥムカ半分しかやってないですから、
次の曲のことなんて考える余裕ないです」
と答えました。



別窓 | レッスン | コメント:0 |
楽しいピアノ⑥
2017-04-12 Wed 01:30
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
別窓 | ドゥムカ |
旋律を出すのは難しい。
2017-04-08 Sat 04:16
ゆにくあです。

チャイコフスキーを練習していると、
やたら体が疲れます。特に、首から
背中がぐったり。。

さておき

一週間経ったので・・・経過音源。


通し練習は基本していないので、
音源も部分的ですけど。

PC電源落としてたので、雑音少な目です

トリルまで。


それと今練習してるところ。

コンアニマの途中からリステッソ・テンポの
ジョコーソの前まで。さっき聴いてみたら、
二度目の重音のとこで走ってました汗

いきなり重音から始まるので音絞ったほうが
いいと思います・・・うるさくてすいません汗

コンアニマ。



この後が難しいんだよなぁ・・・
別窓 | ドゥムカ | コメント:0 |
また面倒くさいことを始める。
2017-04-07 Fri 02:06
ゆにくあです。


午前中ピアノ弾いて、午後は家事全般をして
夜はゲームをする・・・という生活パターンが
定着しています。



さておき。

唐突ですが、ロシア語をざっくりと勉強することに
しました。原因はこの人。
          ↓



ブラウザー機能でざっと言語変換してみたところ、
どうやらMiroslava Marchenkoさんという
モスクワ音楽院付属中央音楽学校の先生みたい。

直感的にこの人は面白い授業をしているという気が
するので、どうしても何を言ってるのか知りたいです笑

(34分くらいから始まるシューマンは過去に弾いた曲
なので、特に面白かった。生徒は8歳くらいの子だけど
求められていることが高度で数秒ごとに直されてます)



それに・・・私が少しでもレッスンで使う単語を知れば、
先生もレッスンの時に説明しやすいかもしれない!
(注:思いっきり後付けです)




とりあえず。

ロシア語は格変化がややこしいし、書物を読み漁り
たいだとか、流暢に会話したいわけではないので、
とにかく聞き取り中心で・・・あとは、先生に試して
間違えながら覚えればいっか。的な無計画さで

「こんにちは、レッスンありがとう、またねの三点セット」
を早急に覚えました。

あと、最初はアプリとか使おうかとも思ったけど、
単語の丸暗記とか効率悪すぎてやってられないし、
「これいくらですか」とか「銀行はどこですか」とか
言えなくてもいいし、的な。笑

なので、当面はフォニックス的に耳で聞いてスペルを
当ててみる流れで、毎日少しずつ何か覚えられたら
いいなーと思います。。

iphoneにロシア語キーボード入れたし(それだけで
その気になっている、ゆにくあ)

ロシア語⇔英語の変換サイトも見つけたので、
これで当分の間は事足りるかなと思うけど。


・・・・とその前に

まずはアルファベット! 笑



よく見かける (゚Д゚) の口の部分が、キリル文字
だって知ってました?? 

私は昨日知りました・・・ (Д は Dの音!)


で昨日は、これも書き順とかあるのかなー と思って
ためしにアルファベットを紙に書いてみてたんだけど、
夜遅かったし途中で早々に疲れてきて 

気づいたら (゚Д゚) って余白にたくさん描いてました。




またこれでシフさんのが伸びる予感・・・
待ってる方にはホント申し訳ないです・・・

別窓 | ぴあの | コメント:4 |
楽しいピアノ⑤
2017-04-06 Thu 03:30
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
別窓 | ドゥムカ |
ここのところ。
2017-04-05 Wed 03:30
毎日がモーツァルトとチャイコフスキー。
そして、15分だけチェルニーのゆにくあです。



今ちょっと・・・PCの調子が悪くてですね汗

うちの1階のパソコンがウイルスにやられたっぽく、
でも検出されないんで・・・どうしたものかといろいろ
やってます。

おかげでブログも滞り気味で、書きたいと思ってた
ことが溜まってきたので、今日はそれらをまとめて。


******


まず、ブロ友さんのところでポップスの話題が
出てた時、思い出した動画。有名な人達なんで
もう知ってるかもだし、どっかのブログで前に
取り上げられてるのを見たような気もするん
ですけど。。




お好きなバッハとジャクソン5のコラボです。
出来れば大音響で、歌いながらお聴きくださいw


******


それから

他のブロ友さんのところで話題に挙がっていた
「好きな音楽のルーツ」をうけて。

私の場合、
母がキッチンで歌っていた(日本語歌詞で)
グノーのファウスト・第三幕に出てくる
「トゥーレの王」という曲が、おそらく・・・
最初にいいなと思ったクラシック曲です。

この曲に関しては、小さい頃に

「お母さんの一番好きな曲はなあに」

と質問したら、この曲をあげて

「『トゥーレ』だけど、子供の時はそれがトイレに
聞こえて可笑しいなぁって思ってたのよ」
(↑お母さん、そういう意味の好きじゃなくて)

という返事が返ってきたことを、よーく覚えています。

「子供の頃は、よくわからない歌詞だなぁと
思ってたけれど、悲しげなメロディーでしょう?」

とも言ってましたが。笑


なので、厳密には母の好きな曲なんですが
あまりに何度も耳にした曲なので、これがルーツかな。




最初に好きになったピアノが入ってる曲・・・
となると、ラフマニノフのコンチェルト3番 。

他だと、月光3楽章なんかも結構昔から好き
だった曲かも。マズルカは、おそらくロ短調
作品33-4が一番好きですが・・・これは・・・
ピアノを習うようになってから好きになった曲
なので、ちょっと主旨から外れますね笑

******


さておき、この間みつけた動画。
現在わたしが練習しているドゥムカの
マスタークラスです。



講師の方は、中国系アメリカ人のようで
Weber State University というユタ州の
大学のピアノ科で理事やってるみたい。

生徒さんの詳細はわかりませんけど、
性格が明るそうな青年。笑


で、だいたいのところは

「伴奏側が細かくなっても、そっちに
引っ張られない。常にメロディーに
意識をおくこと」

とか

「クレッシェンドをする時は、中途半端に
せず、必ず最高値まで持っていくこと。
生徒は『表現をつけていない』のでは
なく『十分につけていない』ケースが多い」

とか

「スケールを弾く時は、無駄に手首を
上下させないで、横へすーっと腕ごと
移動させ、常に手が正面を向くように
弾くと楽に粒が揃いますよ」

とか

「苦手なところは、目をつぶって弾く。
3回連続で成功させる練習をゲーム
感覚でしてみると、意識せずとも
たくさん練習できますね」

とか

そういう話をしてるんですけど、

1か所 17分~18分のあたりで

「(重音のところを)歯切れ良く、
レガートにせずに、ひとつずつ切って
弾くように。終着点はFFです!」

と指導したあと、

両手アルペジオがアクセント的に
入るところで、最後は止まらずに


たらららららんっ!


と、思いっきり両手を跳ね上げるよう
説明してるんだけど・・・

そこを見て、ランランを思い出しました。
こうやってショーマン精神が生まれるん
ですね。。



全体的に常に笑顔、表情豊かで
子供番組のおねーさん的で印象が良く、
観客参加型のエンターテイメントな
マスタークラスでした。。

別窓 | 雑記 | コメント:2 |
| ゆにくあ缶 |