AX
ジョシュアが言うには。
2016-01-30 Sat 16:00
ジョシュアってのは、うちの長男です。


変わり者の13歳(たしか)。

変わり者というか・・・極めて人付き合いのアレな人w

ただ最近は、さすがに大人になってきたのか、

多少のコミュニケーション能力を身につけたらしく。

相変わらず、組立単位だの化学物質一覧を使った

わかりにくいジョークは変わりませんが。。

学校でも楽しそうにしてて、ゆにくあはとても嬉しい。



さておき。

そのジョシュア、ここんとこメルとやけに仲がいいです。

ふたりでよく話したり (ゲームの話とかだけど)。

昨日も夜な夜なPCの前で、ふたりがおしゃべりしてて。



ゆにくあ「ちょっとカウチで仮眠するからー。静かに話してよ」

ジョシュ&メル「はいはーい」



メル 「あー トワイライトプリンセスHD 超楽しみ!!」

ジョシュ「(小声で)それより何がイラつくってショーンがさ。

ゲームしてると、わざと目の前に座るのが一番イラつく。」

メル「(小声で)ショーンはいつもそんな感じ~」

ジョシュ「別に画面を遮ってるとかじゃないんだけど、

なんか変なこと突然するんじゃないかって緊張すんだよ」

メル「あー。」



ゆにくあ ( また・・・わけのわからない言いがかりを・・・)



ジョシュ「まったくショーンは! たまに湯船にちっちゃいうんこが落ちてるし」

ゆにくあ「 ぎゃはははははは! ジョシュア、それショーンじゃないし!

ユズだしww 見たことあるもん『見つかった』みたいな顔して飛び出すとこ

ってかなんで、それ見てショーンだと思うわけwww 」

ジョシュ「なんだユズか・・・。」



メル「もしかして、ユズの前の飼い主。ユズが人間のトイレで

用を足すようにしつけたのかも!」

ジョシュ「ってことは正しいことをしようとして、間違ったもの使ってると・・・」

ゆにくあ「あはははははは! 間違ったものww 隣だしねーww」

ジョシュ「ママ・・・なんでそんなにウケてるの。うんこの話、好き?」

ゆにくあ 「え (汗 いや別に。」




ジョシュ「クラスにさ、ジャーミーって変なやつがいるんだよ。

すっごいチビで、僕の半分くらいしかなくて」

メル「なわけないww」

ジョシュ「いや、マジだって!! 絶 対 どっかおかしいよ、アイツ」

ゆにくあ「あのさ、背が低いってだけでおかしいなんてひどくない?w」

ジョシュ「 そんなんじゃないんだって!!!!」

ゆにくあ「飛び級したんじゃない? 頭いいコなのかもよ」



ジョシュ「断じて違うっ! だって・・・この間、体育の時間に

テニスコートとフェンスの間でうんこしたんだよ!」



メル「ええええええええええ なにそれ!」

ゆにくあ「ぎゃはははははは!! マジで寝かせてよ。もーww」

ジョシュ「しかも、I made poopy! とか言って顎上がってたし(汗」



なんで 誇らしげwwwwwww



ゆにくあ「あーんもうだめwwww おなかいたーいwww」

ジョシュ「ママ・・・・笑いすぎ・・・。もう寝たら? 

疲労のピークだとなんでもおかしく感じるんだよ・・・」






すごい、大物すぎる。

中学3年で、校庭で、しかも体育中ですよ。

ジョシュアのクラスにいる、ということは、

知能指数140超えてるコですよ。。

ジョシュアを変わり者扱いしてはいけないと思った。

ヤツはまだまだ平凡だわ・・・・







別窓 | 雑記 | コメント:6 |
幻想曲の練習状況。
2016-01-30 Sat 14:30
ども、こんばんは。ゆにくあです。

ちゃんと毎日、真面目にピアノ弾いてますよ。

レッスンは次の火曜日ですので、バランスよく・・・
練習したいところですけど。

もう均一にやるのは諦めました。。
そりゃーちょっとは、イン弁とチェルニーやってますけど
基本的に90%の練習時間を幻想曲に充てている現状。

だって、そのくらいやらないと・・・やっても出来ないし・・
結局、鉄は熱いうちになんたらですよ。

今日はね、頭から少しずつ練習して、ある程度形に
なったら次へ・・という風に、順番に練習しましたが、
気のせいかアダージョは割と気持ちよく弾けるように
なってきたかもしれない。苦手だった部分も、やっと
なじんで間違える確立が減ってきました。祝。

アレグロも練習の甲斐あって、冒頭のトレモロを
かなり楽に、音量的に抑えて軽く弾けるようになっ
てきて、それが今日の一番の収穫かな。。
(よかった・・・ほっとした)

ただ、その直後の三度でどんどん下がっていくとこを
なぜか覚えられず。頭で考えながらなら間違えないん
だけど、そんな余裕ないテンポなので・・あと解決音を
ミスタッチするので、そこもちゃんと止まれるように
しなくちゃ。今は何回やっても50%間違えますけど・・・
ま、明日もやれば頭に入る。かな?

アレグロ中盤の雰囲気が変わるところは、まだ
左右のバランスがイマイチで、たぶん暗譜が半端
だから弾くほうに気を取られてるからかな・・・。
特にトリル部分、狭いところでいったん1、3と
同音連打した後に続けてトリルを速く軽く遅れない
ように入れつつ自然な感じで左と合わせるのが、
私にはとても難しい! 要練習です。

アレグロ後半のトップノート保持音のメロディは
やってみたら、意外と弾きやすくて、楽譜から
目を離さない&手元は無視で乗り切れますが
そのあと、アルペジオで上に上がっていくところ、
本当はもっと速く弾かないといけないけど・・・
なかなかテンポが上がりません。。先生に
お手本見せてもらおうかなと思っています。

そこを超えて半階音のスケールが終わった後の
アンダンティーノは、まだ楽譜で音を確認しつつ
ゆっくり弾いている状態。。まあでも特に速いとか
そいういうんじゃなくて、あくまでタッチと休符に
気をつけて練習してればそのうちなんとかなるかな。

問題のピウ アレグロ・・・は、右手だけ楽譜見ながら
だったら、や っ と テンポ上げて弾けるように
なってきた・・・かな・・・くらいの感じですが、左を
合わせると崩壊するので、まだしばらく片手練習。

アルベルティ・バス地獄を抜けるとテンポ急に
下がって、これでもか。ってくらいアルペジオ。
そこはまだあんまり練習してないのでこれから。
でも特に苦労しそうという印象はなし。

最後のアダージョは暗譜したので、とりあえず
こんな感じかなってところ。

とにかく、次のレッスンまでにピウ・アレグロ以外を
ほぼノーミスでダイナミズムとペダルをつけつつ
弾けるところまで持って行くのが目標。。


ま。どうせたくさん直されるんだけどさw
自分だけの力で出来るだけ仕上げてみた上で、
先生がいつものように、私には思いつかないような
素晴らしい提案をしてくれるのを楽しみにしつつ・・・。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

別窓 | ぴあの | コメント:6 |
モーツァルトの気持ち。
2016-01-25 Mon 11:36



こんばんは、ゆにくあです。

相変わらず、幻想曲にのめり込んでいます。あれ以来、
少しずつ練習してアダージョ、アレグロ、アンダンティーノ、
ピウ アレグロ、アダージョのうち、練習を始めてないのは
ピウ アレグロのみ。(ピウ アレグロ 今夜やりますw)

実は今日に至るまで、開き直ってこれしか弾いていません。


というのも。


ことの始まりは金曜の朝。

今まで参考に聴いていたのは、この間ここにも動画を載せた
内田さんの演奏なんですけど、

(ちなみに、他の人はどういう感じで弾くのかな?)

と思って、いろいろ聴き比べていて。まぁ、やたら速く弾く人
とかピアニストによって随分解釈が違うんだなぁと感じまし
たが。

最終的に、自分のイメージするものに一番近い演奏録音が
みつかり、とても幸せ。。 

この曲って、明らかに 苦悩、回想、葛藤、希望、絶望、
悟り 的なストーリーがありますよね。オペラっぽいというか、
登場人物の表情が見えるというか。。
(そして終わり方の・・・痛々しさったらない:汗)

それで、読書とか映画とかそうなんだけど、つい登場人物に
感情移入しすぎて、気づくと自分まで落ち込んでることとか、
ありません?

(はぁ・・・・ 困った・・・ どうしよう・・・) って
ため息ついてる自分に気づいて、はっとするんですよ 

(あ! ちょっと待て、トラブルに巻き込まれているのは、
私じゃなかった。小説の中の人だった:汗)

みたいに。

幻想曲を聴くと、そういう共鳴するような気持ちになって
泣きそう。

で、これを書いたときのモーツァルトってどんな気持ち
だったんだろう。。みたいなことを、割と真剣にずっと
考えていて。

そんな心境の中、この間のレッスンの録音を聴いたんです。

レッスン前に丸一日かけて符読みしたし。。
自分では・・・フレームくらいは出来てると思ってたんです。
これから練習するための、フレームっていうかー。

(ここらへんはダメだな)とか
(でもここらへんは こう直せばよくなるかな) とか 
そういう意味の下地。


自分の身の程を、思い知った瞬間っていうんですかw


冗談抜きで、三秒で凍りついて速攻、消去したくなりましたw
もう冒頭の第一音からオカシイ。伸ばすべき長さを伸ばして
いないし、そのあと続くオクターブも全くレガートになって
いなくてブツ切れ。。その後も、あらゆる部分でとにかく
「間」の取り方が違う。


ひえ~っ わ わ 私・・・こんなの先生に聴かせたの?? 


((先生って・・・すごい忍耐力・・・尊敬しちゃう))


でも練習を始める前に、先生から指示があった場所を確認し
なくちゃいけないし、もうそれこそ死ぬ気で最後まで聴きとお
しましたが。

・・・あんな拷問、ここ最近なかったわ。。。嫌な汗かいた。


さておき。

だから練習するのよね。


ということで・・・気を取り直して取り組むわけですが、
なんせ何から何まで全部メチャクチャなので、
とりあえずビールメトロノーム。

冒頭を・・・まずはなんとかしなくては。

だけど、オクターブをペダルなしでレガート、むずい! 
しかもpって正気ですかーーー。

ここ、ゆっくりでほんと助かった。。。
頑張ります。。。

そんなわけで金曜は、メルを買収して夕ご飯手伝って
もらって深夜3時までピアノ。。土曜も丸一日ピアノ。。。

デジピで録音してみて、やっと「フレーム」になったかな、と
思ってほっとして、生ピで弾いたらやっぱりPPが
かなり怪しい・・・ 

ダメだ・・・・・あちこち全然出来てない・・・・



道のりは果てしない・・・。


****

ちなみに今日は会社だったので、まだピアノ練習して
ないけど、午前中は仕事があまりに暇だったので、
モーツァルトについて読み漁っていました。

この曲はモーツァルトが28だか29の頃に作って、
Maria Theresia von Trattnerって夫人に献上した と
書かれていました。あれだよね、○○夫人とか聞くと、
ついオバちゃん想像しちゃうけど、年齢計算したら
当時25歳くらいの女性っぽい。

28歳のモーツァルトが25歳の人妻
(かつモーツァルトの生徒)にプレゼントした曲か・・・
なるほど・・・・にしては・・・・随分と・・・


暗くないですか!w


あと、PTNA様によると「ソナタ K.457 の前奏曲として出版」
とかありますが、悪いけど私の夢を壊さないでください。
もう勝手に壮大で超悲惨な物語を作っちゃったんで。
そのイメージで弾かせてください。。



さらに、あちこち読み進めるうちに、いわゆる「クラオタ」の
サイトに行き当たり、そのクラおた様によるとですね。
場恋慕医務先生が24歳の頃に弾いた、1966年の録音の
幻想曲がとてもとてもとても素晴らしい。とあります。。


それでみつけましたけど。 15ドルで売られてました。

けどレコードですよ。。

レコードプレーヤーもってないけど。。
買うか・・・どうか・・・迷うところです。買っちゃうかな。
実家にあったような気もするし。レコードプレーヤー。




これも同時期の演奏。確かに今とは基本的な音質が
素晴らしく違う。。(今がダメって意味じゃなく。種類が
違うって意味で) 特に、高音の伸び方が神がかって
います。美しすぎて胸が痛くなりました。。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
モーツァルトの気持ち。…の続きを読む
別窓 | ぴあの | コメント:12 |
楽しい計画。
2016-01-21 Thu 02:09
それで、昨日のレッスンの後、そのままの高いテンションでモツ楽譜最後までやってみました。全部で10ページ、繰り返し等もあるので通すと長いです…。

そして、特別なアテンションを必要とする苦手箇所は二つだなと把握しました。以下は思考整理。

アレグロの冒頭の塊。

ここは、一番最初に右のトレモロが片方重音なんで(ここんなの出来ないし汗) とか思いましたが、要は親指と中指なり人差し指なりを一つのポジションと認識&セットした上で、しかし気持ち的には親指は完全に無視して、単音トレモロだと信じ込む方法で乗り切れそうですw それで、何回かやってるうちになんとなくそれらしい感じ(厳密には、先生が弾くみたいにかっちり出来てないからダメだけど)には持っていけたので、とりあえず神経質に執着しないで、今はそれで合わせりゃいいかな。まぁ、ずっと練習していれば、そうこうしてるうちに、いつの間にか出来るようになるでしょ。的な。てか、他に気を配りたい事が山ほどあるので。
あと、ここでもうひとつ難しいのは、実はトレモロの直後のスタッカートから始まる一連のハネ散らかった部分w 私の場合、手を見ちゃうと迷いが出て遅れるので、超感覚的に(次はこの辺、この形)的に弾いて、むしろ意識は左のリズムにだけ合わせたら、かえって弾きやすくなったかも。とはいえ、あのハイテンションを出すには、もっともっと練習が必要だけど。。

で、私にとって一番ヤバそうなのは、やはり、ピウ アレグロの高速アルベルティ・バスです。

ここは真剣に作戦を立てないと、あのテンポでは弾けないです。けど、特に左が地鳴りのようにカッコいいので、出来れば右は自動演奏くらいの配分で、最終的には弾く時に左の音を楽しみたいし。…となると、右は必死で弾く。じゃなくて、楽勝で弾く。まで持っていかなくちゃ!ということで、まず何が難しい原因か楽譜を見るゆにくあ。

1)指遣い

書いてないけど どう考えても 145 だよね? ってとこがあり、やはり45でトリルが混ざるのは弾きづらい。これを34で取ると大分楽になるけど。いろいろ試して安定しやすい指遣いに変更するつもり。

2)暗譜

とにかく音形がどんどん変わるので、上に書いた45を34に変更すると多少の支障が(汗 あと単純に丸ごと暗譜するか、楽譜を見ながら追う形で頭が付いていけるか考え中。最初の数日は全部和音で取る&指定テンポでの進行を把握して、その後は、もしかしたら(最近やってなかったけど)そこだけ楽譜に指番号を全部振って、番号を追う弾き方もやってみるかも。テンポは三十二分音符を八分まで落として、メトロと共にチェルニーやるときみたいに、これ以上出来ないくらいハッキリとテキパキ弾く練習して、眠い指を起こそうと思う。あと、テンポ戻した時にダラダラ弾く癖ついてると混乱するので、左は正規の速度と減速両方で。

ここは、私的にその前のアンダンディーノからガラッと変わった硬い音というか、意志の強い音が欲しいので、なんとなく〜みたいなフワフワした音じゃなく、速いけどきちんと鍵盤下まで押してます的な弾き方したいんだよね。。それにはやはり、ゆっくりフォルテかなぁ。あーここの部分は最後まで課題として残りそうだわ。。

その他は、全体的に慣れないと始まらないというか、まずはこの楽譜とお友達にならないと。。この曲は、とにかく色んなことが出来る曲なので、ある程度形になって細かいこと考える余裕が出来たら、すっごい楽しいはず! 特に休符にこだわって仕上げたいです。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村




別窓 | ぴあの | コメント:6 |
2年と5か月。その2
2016-01-20 Wed 07:35
レッスンでした。。

先週からの宿題は・・・チェルニー19番(アルペジオ)
イン弁9番、べト月光1&2、シューベルトソナタ、そして
出来たらショパン譜読み。


*****

最初に見せたのはチェルニー19番。とりあえず、やっと
覚えました。みたいな感じだったので、当然次回はテンポを
ガンガンに上げてもう一回との指示(汗 
だから無理だってば



「これ譜読みしたんで・・・見てください」

Mozart Fantasy in C minor K475



先生 「もちろん!」


ということで半ば強引に、勝手に譜読みした曲を見てもら
いました。土曜日の朝ね、この曲を聴いて(ちょっと楽譜
見てみよっかな)と軽い気持ちで見るつもりが、気づいたら
丸一日経ってました(汗

本読む時も私ってこういう感じなのよ、先が気になって本を
置けない。(読書との違いは、毎回1ページ目から読み直す
ことだけどw) それに、本当は先生にみせるつもりなんか
全然なかったんだけど、なんせこれとあともう一曲(これも
課題ではない曲)しか、ほぼやってないから選択の余地なし。

アダージョ(76): 途中まで問題なし。2ページ目のここが
少し苦手なので先生にお手本見せてもらいました。

k475-2.jpg


アレグロ(144):4ページから始まるアレグロの冒頭は
重音のトレモロに左のオクターブを ドーン ドーン と
合わせると、迫力満点なんですが。

この一連の部分、途中でリズムがわけわからなくなります。
先生からは「いきなり最初から速く弾きすぎ&慣れるまで
ゆっくりとしたテンポでカウントしながら正確に弾くように」&
「メトロノーム使いなさい」。

あと、途中のトリルの入れ方が不安だったので確認済。

k475-1.jpg


最後の流れる三連符はトップノート保持音のメロディで、
一定に。直後の長い下降は、途中で1小節だけ三連符に
なるところ、テンポが変わるので注意。

k475-3.jpg

アンダンティーノ(52):タイで繋がれた右のミドル音を弾き
なおすのか、そのまま押さえっ放しなのか確認。休符の
取り方正確に。それ以外は単にもっと練習しておく。

ピウ アレグロ(66):前半に死ぬほど速いアルベルティ・
バス。途中で両手シンクロしたり、しなかったりややこしい
のですが、そこはまだしも、それに三連符を合わせるのが
超難しい。。

先生にお手本を見せてもらって、とりあえず合わせ方は
理解したと思うので、あとは練習あるのみ(汗

k475-4.jpg

その次のページ(9ページ目)はまだよく見てないので、
次に。そこを超えると最後のページでテンポが振り出し
に戻って、最初のアダージョの変化形があり、そのまま
終了なので、そこも次に。

先生が「次のソナタも1楽章だけみてくれば?」
などと恐ろしいことを言うので、スルーしました。


その後、べト月光第一楽章は「良く出来ました」で、終了
しましたが最後のとこは「ディクレッシェンドであって
リタルダンドではないから」という苦言付き
(実は勘違いしてました・・・)

第二楽章は「片手練習が足りてない」「アーティキュ
レーションが甘い」つまり もっと練習して来い。
ということで次回へ(汗汗汗

モーツァルトに時間かかりすぎて、今日はこれだけ
です~。しかしモーツァルトの練習って楽しい・・・
常々、麻薬的だなぁと思う。

来月のレッスンまでにマジでモロモロに集中せねば。
特にインベンション(汗 いまだにシックリこないです
から。あとショパンどうすっかなー 決められないなー 


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村





別窓 | レッスン | コメント:0 |
日本人男性と合コンした友達の話。
2016-01-18 Mon 10:36
す、すいません。
またピアノの話じゃないです。ピアノやってますから! 昨日も朝から晩まで、
レッスン曲じゃないけど、モーツァルト10ページ中7ページ譜読みしましたから!!

***

会社でのインスタントメッセージ。彼女は30代独身です。割とモテるタイプ、
かつパーティ慣れしてて、行動的な人。私をピアノオタク扱いしますw

日本人の女友達(以下A) 「Hola~」
ゆにくあ    「ちょいまち、電話」

***数分後***

ゆ 「げんきー?」
A 「うん、そっちは?」
ゆ 「日曜日は元気いっぱいだよ。休みの後だからー」
A 「私は二日酔い~~」
ゆ 「あらま。昨日、たくさん飲んだの?」
A 「うん、飲みすぎて吐いた」
ゆ 「えー? 珍しいね。無茶な飲み方しちゃダメだよ。だいじょうぶ?」
A 「珍しくないよ、よく飲みすぎで吐くもん。よくないよねえ」
ゆ 「w で、誰と飲んだの?」
A 「それがさー 昨日は特別。駐在してる○○の人たちと」
ゆ 「○○? 有名企業だ~ かっこいい人いた?」
A 「・・・全員イケメン。独身30歳前後」
ゆ 「なわけないww 少女マンガじゃあるまいし」
A 「ホントだってば!」
ゆ 「あれと同じ。小鳥。最初にみた動くものに懐くってあれ。」
A 「そんなこと言うけど日本帰ったら、ゆにくあも実感するよ。
最初に見た日本人に惚れないでね。。」
ゆ 「あはは。どうかな? そんなパラダイスだったっけ、日本?」

A 「でも、15年って言ったら・・・引いてた」
ゆ 「在米15年?」
A 「そうそう。私なんか超場違いって感じだったよ。生粋の日本人男子ばかり」
ゆ 「たくさん参加してたの?」
A 「女子4人、男子10人」
ゆ 「おー。10人全員イケメンかー すごいな さすが世界の○○ 笑」
A 「もうさー、日本人男子って理想が高すぎるよ・・・」
ゆ 「なにそれ 要説明」
A  「料理出来て~ 気配りの出来る 優しいコが好みなんていうんだよ」
ゆ 「・・・・それ、普通だから(汗」

ゆ 「それで、ひとりくらい気に入った人いた?」
A 「うんいた。でもダメ。しくじった」
ゆ 「連絡先とか交換しなかったの?」
A 「そういう雰囲気じゃなかったんだってば!」
ゆ 「??? どんな雰囲気?」
A 「上司とかいて・・・誰かのおうちでやったし・・・みんなでカレー作ったり」
ゆ 「楽しそうじゃん!」
A 「私、パーティかと思って・・・セクシーな格好してっちゃって。そしたら、
みんな短パンとかカジュアルで、すっごい恥ずかしい思いしたんだから(汗」
ゆ 「ww じゃ誰からも、お持ち帰りなし? あ、無理か。吐いてたんだっけw」
A 「だーかーらー 上司とかいるから無理」
ゆ 「なにそれ。そんなの関係あんの? 意外と詰めが甘いなぁ~ww」
A 「マジで緊張しちゃって・・・」
ゆ 「まぁまぁ。 駐在なんだったら、ここに住んでるんでしょ? また会えるよきっと」
A 「うん、そうだけど」

ゆ 「Cちゃん覚えてる? 前に仕事一緒だったコ。あの子の日本帰国直前に
祭(こっちの和食屋さん)行った時、なぜか日本人サラリーマンがいっぱい
お客さんでいて、それだけですっごい緊張して固くなってた。そういえば」
A 「うん、わかる。私手が震えちゃったもの。緊張で」



(Aの手が震えるほどのイケメン・・・10人・・・・)


ゆ 「次、必ず誘って。写真とってブログに載せたいから」




日本人男子、やりますねw

彼女が、乙女のように「緊張した」を繰り返すので嬉しかった私。。


別窓 | 雑記 | コメント:0 |
ゆずの奇行。
2016-01-18 Mon 02:30
ちー。
 ちー。 by メル画伯。


金曜の夜。

メルの部屋でお泊り会(って私とメルだけどw)してたら、

一階からユズがでっかい声でいきなり鳴きだしたんですね。


まーお まお まお まお まーーーーおーーー


って。 もう超必死な声ですよ。



ユズ とは うちのネコです。

過去にも書きましたが、元飼い主の老婦人が亡くなって

行き場がなかった子を引き取りました。

メインクーンもどきのメス、たぶん今2歳くらいです。



それで、ユズはもともと私の猫なんですが、

なぜか旦那にめっちゃ懐いていて、いつの間にか

私の猫って感じじゃなくなってますが(汗。


ま、それはそれとして。


彼女はですね。高いところとか、ジャンジャン登れるし

よくしゃべるし、なかなか社交的な娘ですが。


こと、ハンティング(狩猟)に関しては

すっごく不器用で、虫とか爬虫類とかみつけると

こうやって大きな声を出して、ちーを呼ぶんです。



ちー。というのは、うちにいるもう一匹のネコの愛称で

本名はチェルシー(日本のあのお菓子からメルがつけました)。


それで、ちーは逆にドンくさくて高いトコ怖くて登れないし、

お腹たるんでるし、メルとしか話さないし、知らない人が

来ると怖がってベッドの下に速攻隠れるようなコですが。


やはり、元はストリート出(つまり野良)なので、

狩猟はお手の物なわけです。




それで、前置きが長くなりましたが


金曜の夜にね、

ユズが鳴いたわけです。


メル 「おーまいがーっ ユズ! しゃらっぷ~~!!」

ゆにくあ「・・・なんかみつけたねwww|

メル 「! あそっか。」

ゆにくあ「(側にいた ちーに向かって) ちー、行っといで。呼んでるよ」

メル 「う!う! 私も行く! 見てくる!! 何見つけたんだろう」

ゆにくあ 「たぶん イモリじゃない?」




先に下りて行ったちーを追って、一階へ駆け下りていくメル。



数秒後。

メルの笑い声が聞こえてきた。

ぎゃはははは!!!




『ゆず、YOU STUPID www それジャガイモだよ!www』


昨日の夜、マッシュポテト作った時のジャガイモの皮の切れ端が

床に落ちたんでしょうね。 

メル「下行ったら、ゆずとちーが真剣な顔して茶色い塊を睨んでた

から、なんだ???と思ってよく見たらジャガイモだった!www」


ゆずは虫だと思って、ご丁寧にキッチンから階段の下まで

バシバシ叩きながら運んだ模様w



ゆーずー。 そんなんだから、君は虫取れないんだよww




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

次こそは、ピアノのこと書きます。。
別窓 | 雑記 | コメント:10 |
隠し子発覚(汗。
2016-01-17 Sun 01:00
*これ、昨日書きました。けど、アップするの忘れてた・・




メルがですね、

「日本へ行ったら、caveが見たい。沖縄ってどこにあるの?」

と言い出しましたので、今夜は鍾乳洞について調べています。



ってか、メル。

沖縄はうちのママンの出身地だと、何度も説明したじゃない。

そして沖縄は、やや東京から遠いよ。。君。



さておき。


今週のというか、今夜のニュースは2点。

ピアノ弾きたいんでサクッと書きますが。

1)メルの通う高校と、隣接高で喧嘩騒動。
銃を持ち出す子供が出て警察沙汰の大騒ぎ。

2)隠し子発覚。


どっち先に読みたいですか(汗



・・・・隠し子ですよね、たぶん。




期待した方には申し訳ないですが、

ダンナではないです。



ダンナのお父さんですw

ダンナはもともと一人っ子で、途中から養女の妹が

加わった家族構成ですが。生き別れの兄が発覚しました。

なんでもお父さんが19歳の頃に付き合ってた彼女が、

密かに男の子を産んでいたらしく。 お父さんは全く

そのことを知らず、結局その子はとある議員の養子に。。 

今になって、生みの親を探して・・・お父さんにたどり着

いたという話がさっき回ってきました。


おとうさん、

「知ってたら養子になんか出さなかった。

その子の人生に関わりたかった・・・」 と

非常に・・・UPSETしてます。

(その子、って言ったって 

46歳・タトゥアーティスト)


実は去年の後半、

ダンナは自分が1/4ユダヤ系だと知ったばかりです。

ドイツ出身・・・だと思ってたおじいちゃんが、実は

ユダヤ人で、でも時代背景もあって、誰にもいわずに

内緒にしてたんだけど、

叔父さん(ダンナのお母さんの兄弟)のひとりが子供を

認知するしないの話が拗れた時に 

(あっちもこっちもグダグダw) 

血液検査をして発覚したんですけどね~。




暴動についてはですね。

先週あたりに高校同士でディスバトルがあって、

*ディスバトルってのはラップ形式で罵り合うこと。

最初他校が仕掛けて、もちろん売られた喧嘩は買う。的に

メルんとこの子たちが仕返し。

(メルいわく『うちが勝った』だそうですが)

それで、たまたま今年最後のバスケ試合があり、

その試合の後に喧嘩するって噂があったらしいんですが。

ホントに実現したそうで。。汗


メルも最初は

「最後だし、バスケ見に行こうかなー」と思ってたらしい。

が、結局だるいから行かず。「行かなくてよかった~」とか

言ってたんだけど。

(怠惰さも、たまには役に立ちますね)


それで相手高のアホな白人のリッチボーイがパパの銃を持って

来ちゃったから、一気に緊迫した状況になり・・・

ものすごい数の・・・スカローシップが

お流れになったという話。。(死者なし。thank goodness)


完全なトライブ・メンタリティ。


ふたつのグループが隣接してると、

どうしてこう・・・

うちのがすごい!って小競合いになるんですかね。


人間の歴史の一番最初から 

その辺はちっとも進歩しませんね。





にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ピアノ、なにげに関係ないw

別窓 | 雑記 | コメント:4 |
”みんなの先生ってどんな感じ?”
2016-01-15 Fri 11:07
grading scale


こんばんはー 睡眠時間2時間のゆにくあです。

誰がなんと言おうと今日はピアノ弾かないで、これ書いたら寝ます。

それで、それはいいんですよ。。




今日会社で暇な時間帯にネットサーフィンしてて、宝の山をみつけましたw

いや・・・とっくに知ってるから・・・ とか ゆにくあ、今頃知ったの?

って方は、さりげなくスルーしてくださいw



・・・ピアノ習ってる子供の掲示板ですよ。

私たち(すいません、大雑把に同類項で括って)が普段、恐れ多くて

口に出すのもはばかられるような曲が普通に登場しまくってますよ。


「月光3楽章やスケ2をノーミス位の技量はあります。
バッハは平均律は数曲やりました。 」

「月光第三楽章やスケ2(1じゃなくて2ならさらにすごいではないですか)
をミスなく弾けるなら、基礎はしっかりやってきている方ですね。」


「私もリスト ため息弾いた後、
リスト
超絶技巧練習曲3番 ラ・カンパネッラ
弾きました。
中2です(⌒▽⌒)」


とかいう会話ですよwwww マジで?w



ふと・・・

みんな本当のこと書いてるのかな、と薄汚れた大人なことを考慮したと

してもですよ、半分ホントなだけでも軽く別世界だし。あえて騙されたいw



それで、私が個人的に一番ウケたスレが

”みんなの先生ってどんな感じ?”



「たたかれても、いやなこと言われても
ピアノ好きだし・・・ 」

*たたかれても・・・ってサラッと言ってるのが怖いw


「私の先生も忙しいけれど、胃を痛めながらも
生徒の事も自分の事も考えてるので」

*さりげなく 自分の事も って付け加えてる 子供って鋭いw


しかし、この子。
  ↓
「わからないとこがあったらきいてね。というわりには、聞いたら
『何んで分からないの。前言ったでしょ。』と大きな声できつい口調で
言われます。たまに、『ここっ!わかった?』と何度も強くてを握られたり。
あと、発表会前になると、本当に恐ろしくなります。少し間違えただけでも、
『どうすんの発表会。これで出るつもり?』と嫌味いわれます。」

wwww 激しい・・・w なんか超 目に浮かぶんですけど。
ってか、そういう大人、先生とか関係なく 親でもいると思った。


かと思えば

「私の先生は食いしん坊で、練習の合間に
いろんな食べ物の話をします。
あそこのパン屋の○○がおいしいから絶対食べてみ!
とか、おいしいおにぎりのむすび方を究めてるから!
と言って、奥の自宅ゾーンへ入っていくなり、
「食べてみて」と、おにぎりくれたり」

レッスン中におにぎりwwww
いいじゃん、私この先生がいい!



しかし、私が一番好きだったのは

「私の先生は、とにかく大学教授の講義みたいに抑揚のない教え方をします。
この10年間、一度も怒られたことが無い(笑。。。です
真面目に教えてくれてるんですけど、本当に抑揚の無い声で(笑)
自宅兼ピアノ教室なのでピアノ教室と自宅を隔てているカーテンの後ろから
ぽこぽこぽこ。。。。っていう水槽の音がして何だかいつも睡魔と格闘している気分です」



水槽www これ、マジでしばらく笑いました。









にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
別窓 | ぴあの | コメント:4 |
過去の音源整理。
2016-01-13 Wed 02:00
ども。ゆにくあです。

今日はずっと気になってたことをしました。
音源リンクの整理です。私・・・「音源」ってカテを作っておきながら、
実はあちこちランダムに(レッスン記の最後とか)音源を載せていて。

自分でも探せないし! 

ということで、少しここに移しました。それと、昔使ってたmp3 playerが
サービス中止したみたいで、リンク切れになっていたので、それも
新しいのを貼りなおしておきました(出来ればなかったことにしたい
くらいのクォリティーですが・・・一応)

「雑な仕事。」 2015年01月01日

ここに始めてまだ一か月とかの音源があります。デジピ。

「ほこら。」 2015年01月06日

ぬるいソナチネとか。

「1年と7か月目。その2」 2015年03月

企画でレッスンの様子を抜粋で音源公開。個人的には
トルコ行進曲のレッスン部分が好き。


***

あとこれ、どっかに載せたっけ? ゼルダの初見あそび。
載せたかもしれないけど、探せないのでw グダグダですけど








本邦(たぶん)初公開。メルのゼルダ。注:一瞬で終わります。







これも遊びで夜中に録音した音源。わざとオクターブの高いとこで
弾いてオルゴール感を楽しんでいますが、いきなり出だしでミスって
弾き直してますw この時、まだレッスンで見てもらう前後だったんで
期待せずに聴いてくださいw









これはどっかに貼ったけど、場所を思い出せないのでここにも
載せときます。結構(私にしては)うまくいった演奏。
この曲は短いし、か な り 練習しました。。
ゆにくあの本気演奏ww しかし、ミスタッチ&ショーンの声ありw









全力疾走しすぎなエリーゼのために。
でも今聴きかえすと、まあこれはこれでもいいか。という感想。
後ろで「しゃーっ がーっ」とか始まってるのは、食器洗い機です。
毎度すいません。










にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
別窓 | 音源 | コメント:10 |
最終章: 不思議な島の物語
2016-01-12 Tue 02:00
今日はイワンの冒険、八曲目:

「不思議な島の物語」ですよ。

私の楽譜では A Tale of Strange Lands です。
A minorの曲です。そして、ハチャトゥリァン
「少年時代の画集」によると ええと・・・
なんだ・・・

「フォークダンス(ギャロップ)」


え(汗) フォークダンスだったの? 

やばい。フォークダンスについては、ちらりとも考えずに
弾きました。。(ってか「不思議な島」の方がよくない?)
なぜ前回、木馬に乗ってはしゃいでいたイワンくんが、
不思議の島にテレポートしたのか、かなり謎。

もうナターシャとその家族に誘拐されたことにしますか。。

私の苦手な6/8の曲、テンポはAllegretto ma non troppo
なので「軽快に。でも速過ぎないように」という指示です。

もうねー この曲、最初好きだったんですよ。
ちょっとインドネシアっぽいな、とか思って。
でも自分でいざ練習してみたら、ホントだるいw
ちっとも弾けやしないっ! 繰り返して4ページは辛い。
途中でゆにくあのテンションが下がってるように聴こえ
るのは、気のせいですw (一応指示がPになってたから
・・・でも、その後Fにするの忘れました・・・)

最後リズムがグダグダで、やっつけ感が・・・否めません。

しかし・・・正直・・・


もう飽きました!!


ので、これにて終了~ イワンくん さよぅなら~♪
楽しかったよ!







次は・・・いつ譜読みを始めるかわかんないけど、
しばらくレッスンの課題曲に集中しないとあれなんで。

たぶん・・・Tchaikovsky Album for the Young, Op.39を
ぼちぼちやるかなー


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
別窓 | イワンの冒険。 | コメント:10 |
初グランドぴあの。
2016-01-11 Mon 22:40
little bear



ちっちゃい子に、クマスーツ。かわいいですよねw
(注:うちの子じゃありません)



昨日の夜。


ショーン 「ママ、明日は誕生日だね! 朝ごはん作ってあげるから、あんまり寝坊しないでね!」

ゆにくあ 「ありがと。今日はもう誕生日みたいなもんだから、誰か私に珈琲入れてくれる人!」

メル 「えー めんどくさーい」

ジョシュ 「ママ、誕生日が近いからって理由だけで利用できないんだよ」

ショーン 「あ、僕やってあげる!」 


この前日、ショーンは新しい彼女とスターバックスデートだったんですよw
それで、その時に「ママ、20ドルちょうだい。彼女にもおごるから」とか言ってたんだけど。

実は、でかけたついでに私の誕生日プレゼントを買ってくれたらしく・・・
子供にありがちですが、もう黙ってられないw 

言いたくて仕方ないショーン。ソワソワしっぱなし。


ショーン 「ママ、プレゼント。いつ見たい? 朝? 夕ご飯のあと?」

ゆにくあ 「ごはんのあとかな?」

ショーン 「No 僕が待てないから、朝開けて!! あー早く見せたい~ なんだと思う? 当ててみて」

ゆにくあ 「(コーヒーカップじゃない?) ・・・・なんだろうね~」

ショーン 「いいから、当ててみて!!」

ゆにくあ 「え。 ん~ (コーヒーカップ・・・・だよね、きっと。スターバックス行ったし) コーヒーかな?」

ショーン 「コーヒーはプレゼントじゃないよw」

ゆにくあ 「いや、袋に入ったやつ。コーヒー豆かなって (ホントはコーヒーカップだと思ってるけど)」

ショーン 「ちがうよ~~~ ダメ、教えないww」



ってか、私のあげた20ドルで買ったんだよねww

いやいや、嬉しいよ、ショーン。



ゆにくあ 「誕生日かぁ・・ またいっこ歳を取っちゃうね~笑」

ショーン 「ママはぜんぜん歳じゃないよ、かわいいもの」

ゆにくあ 「え~w (口がうまい・・・) いいなぁ ショーンは・・・私も10歳がいいなぁ」

ショーン 「ママ・・・・・・・」













              「僕、11歳なんだけど」




*****


そして今朝。

朝7時、プレゼントあけるために叩き起こされました。









piano1.jpg


グランドピアノ!!!wwww

I LOVE IT!!!!!


piano2.jpg



あ、楽譜もついてる!


小さくて裸眼じゃ見えないけど・・・iPhoneでズームインしてみた。

piano4.jpg


ショーン 「ママ! これ弾ける?」

ゆにくあ 「うん、えーと (あれ両方・・・ト音記号)」




♪ らーらー どーどーどーらーらー

ふぁーふぁふぁ どーどー ♪




・・・・・・しーん・・・・・・・・




ところで、ショーンは 私と手の大きさが同じなんですよ。

小さいと思ってたけど、背も私より若干高いんですよ。

いつの間に・・・


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
別窓 | 雑記 | コメント:16 |
先生の存在。娘の存在。
2016-01-10 Sun 01:00
ども、ゆにくあです。


数日前、娘との会話。
いっこ前の記事を書いた直後くらい。

「あ゛~ なんかまたえらく難しい曲、先生に提案された。不相応すぎて笑っちゃうレベルの曲」

「これまでだって先生に新しい曲を渡される度に『こんなの無理~』とか『できっこない』ってギャーギャー言ってたけど、いつもなんとかしてきたでしょ。今回も平気だよ」

「う、う~ん。汗 そうかなぁ・・・いやでも今回はさすがにヤバイ気が」

「その台詞、聞き飽きた」

「ご、ごめん汗 ・・・いつか私、弾けるようになると思う?」

「うん、思う」 ←即答

「え 今 『うん』って言った?(驚」

「うん、言った」

「マジで言ってんの? この期に及んで、お世辞とかやめてよ?」

「うん、弾けるよ。そこは全く心配してない。それに、だんだん難しくなって『先生、そろそろ少し休憩させてくれるかも』なんて期待してるんだったら、そんな日は一生来ないから諦めたほうがいいよ。そんなことのために先生は存在するんじゃないんだから。ママを常にプッシュして高みに連れて行くために、それだけのために存在するんだから。頑張りなよ」


「そ、そっか・・・・・・・・・・そうだよね・・・・・ありがと・・・・・」 ← 猛烈に感動中・・・・・



最近は、ピアノの話してもまともに意見してくれない娘なのに(注:それは聞き飽きているから)、びっくりした。


私は、たくさんの人に支えられて生きてるなって感じた日。



しかし・・・・美談はともかく、現実は厳しいのだ。。


まずはひとつずつ。


まずは月光。


メルのおかげで、なんかスイッチ入った。

今日は第二楽章を、メトロノームで八分音符を60に合わせたところまでテンポを落として、

スローで弾く練習と、規定テンポで弾く練習を交互に。 結局はこれが一番確実で近道だと思う。







にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
別窓 | ぴあの | コメント:10 |
名曲の中身を・・・チラ見。
2016-01-07 Thu 09:34
それで、

先生が~ 昨日のレッスンの時 17番17番言って

楽しそうにしてるから、興味本位で覗いてみたわけですよ。

・・・テンペストの楽譜。

調子に乗って 譜読みして 音ちょっと出してみたり。。

なるほど、ふむふむ。

いいねーいいねー。これこれ♪

・・・あれれ? 結構いい感じ?

予想外に、普通に初見で曲を追えるじゃん?


tempest.jpg


・・・・なわけなかったですww



いや、緑の枠のとこに来るまでは、楽しかったんだけど。
経験値低いゆにくあが簡単に取り組めるほど、甘くない
天下のテンペスト~~。


あのね、

最初、左のメロディー た~らっらっら~ って有名な出だしの。
そこを左で弾いて、右はトリルで、その後はええと・・・なんだ?
あ、メロディーが右へ移動してる。ということはクロスですかね。

と思った瞬間。 あれ?みたいな。

れ~ふぁっらっ れ~ の 最後の れ~の音は、ずーっと
鳴ってないといけないの??

けど右へクロスしなくちゃいけないんだけど。。

テンペスト1

あ。これってもしや。
最後の「れ」だけは右で取るんですか(汗
じゃ、トリル的な動きも さっ と 移動して
瞬時に指変更しないといけないってこと?

え~ なになに? いいの? それで合ってる??


((・・・ってか、なにその嫌がらせ・・・・・))



そしてクロスした後の、メロディーをあわせるのも
なんかやりにくい。合わない。
と思って、よくみたら 苦手な三連譜じゃん。。

ええとええと・・・

何度もトライして・・・




あ゛~!  

こんなの できっか、ぼけーーーーー! 




もー。
ベートーベンさん・・・何でこんな風にするかなぁ~ 
いきなりたった半ページで癇癪起こしてるんですけど!
しかも何度も続けてやらされるじゃん・・・


ふと。。

ってかこういうの、チェルニーであるよね、と。

そうか・・・

だっから先生、チェルニーチェルニーうるさいんだわ。。。




・・・・決めた。

ここの部分のむかつく動きだけ、抜き出しで
毎日の準備運動に組み込むことにする。



tempest 2


。。。と、そのすぐ先を見ると、
左がさらにメンドクサイ動き・・・ 


もしかして・・・こんな嫌がらせみたいなのが
ずっと続くのが・・・・名曲テンペスト?


体力勝負だわ・・・




***


それから 数時間後。。。



(待てよ・・・ 念のために答え合わせ・・・

しといたほうがいいよね・・・)



と動画で確認・・・



・・・・しようとしたけど。

ちょっと、
今 このおっさんの顔
映さなくていいから!

(失言、天下の場恋慕医務ですね。)


手元見せて! マジで!


問題の部分、カメラ切り替えすぎだから!

 よく見えないよ~~




・・・・・・。


あれ・・・・

なんか普通に・・・・


続けて左で・・・・・


弾いてない??


単に、ぽーん って 響かせてる。。。



あの、えっと。 

途中で手をスイッチする 超アクロバティックな練習・・・


2時間くらい・・・やってたんですけど 汗



わたしって もしや・・・超・・・バカ?



だから、テンペストはまだ早いって言ったじゃん~ 

やだな~も~ 


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
別窓 | ぴあの | コメント:16 |
2年と5か月。その1
2016-01-06 Wed 08:00
一か月ぶりのレッスンでした。

年末年始に遊び倒して忙殺されて、新年になってから
やっと真面目にピアノを練習・・・。昨日おとといと、
切羽詰って集中しました。。 この一夜漬け具合が
まるで高校の時の期末前です。Old habits die hard.

****


まずチェルニー21番。今回のインターバルでは、チェルニーが
一番後回し・・・というか・・・本当は毎日チェルニー弾いてたん
だけど、ただし21番じゃないみたいなw なので、練習に時間を
割かずに、あまり自信なかったけどギリギリな感じで、次へ進む
ことになりました。次は戻って19番です。山形アルペジオ練習曲。


次、月光第一楽章と第二楽章。

最初は第一楽章。テンポに気をつけて、速くなりすぎないように・・
というのは出来たと思う(速く弾けと言われるよりは直しやすいです)。

今日の注意点は・・・またもや信じられないことに音違い(なぜ!!w)
なんかね、オクターブ+1の和音があって、下がファで上はソなんだけど
前回先生に「そこはソじゃなくてファ」と言われて、そっか! って上下
ファで覚えなおしてました・・・・(自分で楽譜良く見ろよ・・って話)。

それ以外だと、やはりメロディーをどう出すか。という話。

「ピアノ&ピアニッシモだけど、メロディーが時々消えている。ここのファとか」
「それから和音の響きが変わるところは、特に少しemphasizeして前に出して」
「メロディーをレガートにすることが大事だから、指ギリギリなら分けて弾いてよし」
「フレーズの終わりはメロディを丸く収めるように、大きくならないように」

など・・・。 小指・・・もっと頑張ってもらおうと思います。

第二楽章は、とにかく譜読みのミスが心配だったので、音価とか
拍感とか全体の雰囲気などを中心に、ざっとみてもらいましたが、
なんとこっちは、恐らく(絶対どっかに落とし穴があるに違いない)的に
几帳面に楽譜を見たせいで、楽譜の読み間違いゼロ! テンポもOK.。

「第二楽章って(ベートーベンの)浮ついたウキウキ感みたいなものが、
すごく伝わってくるので、そういう風に弾きたいです」と伝えました。
基本的にスタッカートとレガートですが、スタッカートはシャープな感じ
じゃなくて、ノンレガートが少し弾むくらいの軽やかさで。

ここでいったん音楽に関するおしゃべり。

「悲愴の1楽章が好きなんですけど・・・」と勇気を出して言ってみたら、
軽くスルーされて「それよりも17番はどお?」といういつものパターン。

え。 今17番って言った? と固まっていたら
(知らないの?)的に出だしメロディだけ弾いてくれました。
「これはそこまで大変じゃないわよ、まあ難しいけど」という追い討ち台詞。

びっくりして(な、なんて言おう・・・)と考えて、何か言いかけたら

「6番好きなのよね~」 ←先生、私の話を全く話聞く気がない件w

先生が6番好きなのは知ってますよw モーツアルトっぽいもんね。
じゃ6番の話するのね、と思ったらそれもスルーで遊び弾きする先生。。

「17番の楽譜ないの?」「ありますけど(椅子の中に)この中に」
「持ってないの?」「いやありますよ、先生が座ってるけど」

椅子の中にあるって言ってるのに、楽譜なしで適当弾きする先生www 
先生が弾くの見るの大好きです。。(先生の名誉のために言いますが
楽譜みながらじゃないので・・・耳コピでざっくり出だしだけ弾いてます)









先生が満足したところで、バッハへ。

8番は片手ずつ弾いて指遣い確認だけ。たぶん、私にとっては
こっちの方が9番よりだいぶ弾きやすい。もちろん、練習しなきゃ
弾けないけど・・・こっちの方が『理解できる』。

続いて9番、そもそもメロディーにすら自信がないので、
「これで合ってます?」的に恐るおそる弾いたら、なんだろ・・・
音は合ってるんだけど、思いっきり弾き方&タッチの修正等が
入りました。

というか、私の使っている楽譜はフレーズの取り方などを含む
articulationが、相当怪しいとのこと。あちこち先生が修正して
いるのを見て 「毎回これだと先生も大変だから、ちゃんとした
楽譜を買ったほうがいいですかね?」と聞いたら、先生の本を
探して家から持ってくる。と言ってました。。

とりあえず半分(2ページ)出来たら両手までやってきて、との指示。


ここでいっぱいいっぱいだったので、イワンの8番の最後の方の
4小節くらい(私がよくわかんないとこ)を一回だけ弾いて見せて
もらって終了しました。。


とりあえず、手持ちの曲が増えてきたので、
1)バッハは1曲ずつやりたい 2)月光が落ち着くまでショパンは待って
と伝えて了解を得ました。よかった。。次回はなんとかシューベルトも
みせたいです。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村









別窓 | レッスン | コメント:2 |
今年は、やや本気で○○。
2016-01-05 Tue 00:28
おはようございます。

罪悪感を感じつつ・・・会社には

「今日は大事な用事があるので」

と言ってズル休みしたくせに、

まだピアノ弾いてない、ゆにくあです。


****

それで~

みなさん 今年の目標~ とか掲げているので、
私もやりたいな・・・と思うんですが。

ピアノ関係の目標はあんまり思いつかないw
普通に、その時の課題というか、取り組み曲を
ちょっとずつやればいっかなー的な。

(ダレてますねww)

だって、いよいよ最近は「次、何が来るのか」
だんだん予想つかなくなってきて、今年先生に
何を振られるのか・・・たぶんインベンションと
チェルニーは、ノロノロとやると思いますが、
それ以外はもう超ランダムに来そうな予感。

なので、適当に波に乗って合わせる所存。。。



それより、あれですよ。

今年は・・・・本気で肌質改善をしようと決めました。


そもそも、私の若い頃の唯一の自慢が

「朝まで飲んでも影響出ない、きめ細やかな肌」

だったんです。


朝8時まで会社の先輩たちと飲んで、みんなで

日本酒何本も空けて、3時間後に出社したら、

私以外全員、会社遅刻&休んでましたけど。

私はそんな時すら 輝く肌で出勤www


単にそう生まれついただけで、ラッキーなだけというか。



で、そういう私だからこそ、基礎化粧~ とか

美白~ とか もうぜんっぜん無頓着で生きてきました。

下手すると(というか、下手しなくても)

会社にすっぴんで行ってました。。。

特に20代の頃とか? 

ファンデとかなくても別に同じじゃない?




しかし。



今は違いますね・・・。

ぜんっぜん 違います・・・・。



すっぴん出社は・・・たまにやっちゃうけど、

それはある意味、職場にイケメンがいない象徴w 



で、今年は少し自分にお金と時間をかけようと

決めました。 

美肌コスメの実験台になろうと思います。



とりあえず。

今使ってていいなと思うのが

ADVANCEDGENIFIQUE.jpg

ランコムのジェニフィックってやつです。

個人差あるのかもだけど、これは使用一回目からすぐに
質感変わりましたよ。これ以外にもシリーズで出てて、
いくつか使ってみたけど、これが一番効果わかりやすい。
キメが整う感じ。


あと毛穴目立つの気になる人は、これが超おすすめ。

baby skin

メイベリンのベイビースキンって安い下地コスメで、実は娘が
持ってるんだけど、ある朝(なんだろ、これ)と思って
肌につけて驚愕しました。マジで一瞬で毛穴が消えます。
鏡を二度見しちゃったものw え?? と。


その他で試したのは、

obagi.jpg

良いと噂のオバジ。ビタミンC美容液、C20セラムとかいうやつ。
これは日焼けのあとのシミというか、そばかすみたいなやつ?
あれに効かないかなと思って買ってみたんだけど、効果は・・・
うーん まあ 少しあるかな。。少し目立たなくなったかな。。
って程度です。何か月も使わないとダメなのかもね。

でも私はとりあえず、再注文はせずに他の試そうと思う。



で、今注文してるのが

glamglow.jpg


これ、こっちで口コミ情報がかなり良いので、興味津々。
グラムグローって泥系の洗顔マスクです。これはまだ使ってないので
よくわかんないけど、美白効果があるとか。毛穴の黒ずみとるとか
にきび痕を消すとか・・そういう噂。私はにきびとか、基本的に出来ない
ので、あれですが、年頃の娘がたぶん使いたがるはず。。


これ以外に、今オーストラリアから取り寄せてるハーブ主成分の
ケミカルピールがたぶん今週か来週に届くはず。。


これは結構強いやつで、肌のターンオーバー促進?みたいな
目的らしく、実際使うと、日焼けして皮がむけてる・・みたいに
なるらしい。。 会社に・・そんな顔で行っていいのか・・・
迷うところではありますがw 普通は休みを取ったりするのかな?

私は・・・そのまま会社行っちゃうと思いますw


最後に、日本に帰ったら買ってみようと思ってるのが、
ポーラのホワイトショットとか言うヤツ。あれよさげですね。
今品切れ中みたいだけど。




さてと。そろそろピアノ練習しようっと。

ではまた~。



別窓 | 雑記 | コメント:6 |
ピアノの前に座れ、自分!
2016-01-03 Sun 05:10

最近ぜんぜんピアノのこと書いてなかったですね~

だってクリスマスとか~  仕事も忙しかったし~

体調壊したり~ ちびロボやったり〜

こんなの見たり〜



けど、今日はお休みだし、新年だし、ピアノやるよ!

レッスンももうすぐだしね!  頑張らなくちゃ☆


うん。



で、何やるんだっけ・・・?



チェルニー 21番 → ・・・どんな曲だっけ?

インベンション8番 → 片手練習も終わってないよ!

インベンション9番 → 曲が好きになれないのでいつも後回し(汗

イワン7曲目 → リズムがイヤラシイ&最後の数小節わけわかんない

月光 → 1楽章を直して・・・ 2楽章をみせられる状態に・・全然なってない

シューベルト → ・・・・・・・・・・・・あ、あれ~? 楽譜・・・どこ、しまったっけ(汗




え・・・・・えっ~と・・・・・・・ (滝汗



注: レッスン、明々後日。




どどどどどれからやろう?!! あーん (泣


やばい このままじゃ 先生に見捨てられる・・・ww



落ち着け・・・ゆにくあ・・・

まずは・・・



切り捨て科目を決めようじゃないか! 


とりあえず・・・・

イワンは今週捨てるわ。 先生、別に楽しみにしてないし。



月光1楽章はまだあんまり進歩してないけど、もう今の状態で見せるとして

優先順位は 1)バッハどっちか 2)月光2楽章 3)ちぇる煮・・・かな。

シューベルトは・・・おさらいだけにしとく。楽譜みつかったら。


月光2楽章、暗譜してあったけど・・・半分飛んでるかもww 


mov2-1.jpg

こことか、休符あったり 右はレガートなのにににに 左はスタッカートとか
やじるしんとこ、きちんと切って弾かないと絶対に突っ込まれるし、地味に
難しい!!! 

(しかも、なんてことないのよ~ ふふふ~ みたいに弾かねばならないという・・・)

mov2-2.jpg

楽譜一番下の、こことかも苦手。


そもそも第2楽章、繰り返し多すぎ!!



つか、こんなこと書いてる暇あったら、ピアノの前に座れ、自分!


新年早々、ぜんぜん集中出来ないっ 


・・・・・・・・月曜、会社お休みするかもしれません。。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村





そうだ、これもあったんだ…

ピアノの前に座れ、自分!…の続きを読む
別窓 | ぴあの | コメント:10 |
今年のゆにくあ缶。
2016-01-02 Sat 13:14

2016年が始まりましたね、ゆにくあです。


今年はどんな年にしようかな・・・と考えつつ、

とりあえずブログ村のピアノカテに名前を連ねておきました。

でも本当は、全く違うカテゴリーに参加して、見聞を広めようか。

とも思いつつ・・・

さっきみつくろってたんですが、あまりに種類が多くてですね。

いやぁ・・・知らなかった・・・いろんなサブカテがあるんですね・・・。

日記カテというのを見てて、そしたら「主婦日記」とかね

「○十代」とかね。いいけど、もっとフリーなのはないのか、と。

もっと見ていったら、すごいんですよ。細分化が。

「ダメ男」とかさ どんな心境で自分から「ダメ申告」するんだろうとか。

中には参加者(2)みたいなのもあり、それってなんか手を繋いでる心境?

やめないでね! ひとりにしないでね! 的な。



次に「海外住んでます系」とか「英語系」もちらっとみたけど、

なんだろ・・・自分も外国住まいなんで、そういう印象なのかわかんないけど

どうもアグレッシブというか・・・何か肌に合わないものを感じつつ。


つーか、自分に自分でレッテル貼る作業・・・難しいですね。





アクロス・ザ・ユニバース。

観たことありますか?

映画の中で、この曲が流れる時、主人公の男性が恋人の

寝姿をスケッチしながら、優しいまなざしで見つめる。って

シーンがあるんです。


私の最初の夫は、絵を描く職業の人だったんですが、

お互いに年中忙しくて、なかなか二人きりで話す時間もなくて、

日常的にメモの交換をしてたんですけどね。


起きると、ほぼ毎日のようにベッドの脇にちょっとした伝言を

書いたコピー用紙が置かれてて、私は出勤前に返事を書いて

出社する。。と後で起きた彼が読む。ってサイクルで。


それで文章の最後に、ささっと描いたイラストもついてて、

大抵は 疲れた~終わんね~ みたいな彼の顔とか。

でも一度、大の字でベッドに横たわってブランケットを蹴っ飛ばして、

パンツ一丁でグーグー寝てる私のイラストが添えられてて、

←寝相悪すぎ。

とか書かれてたなあ・・・と。


まあ、この映画のシーンもあれを うーーーーんと 美化すると

同じことなのかなって どうでもいいことを思ってました。



ついでに書くと。

まだ付き合い始めの頃に、デートの帰りに車で送ってもらって

その車の中で何かどーでもいいことで口論になったんですよ。

もう詳しい内容は忘れちゃったけど。

それで、拗ねた私が「ちょっと・・・いろいろと考えさせてもらう」

と言って車を降りて、そのまま喧嘩別れした夜があり。



そしたら、翌朝。

職場の自分の席でふと人の気配を感じて、顔をあげたら

「昨日、一睡もしてません」 みたいな顔した彼が隣に立ってて、

私はなにより職場という空間だし、とにかくびっくりしちゃって

「ど、ど、どうしたの」 と言うのが精一杯で

そしたら真顔で、

 「突然ごめん。一階の応接で終わるまで待ってるから、話せるか」

って周りに同僚とかいるのに、堂々とした声で言われて超赤面したなあ・・・。

終わるまでって、今日はあと12時間くらいあるけど。みたいな。 

・・・・若いよなぁ。


私も悪かったのに、

あんな必死に仲直りしようとしてくれた人、他に知らない。



彼、幸せにしてるかなあ、今頃。 幸せだといいなぁ。。


しかし

たとえば、彼がこの記事を読んだら・・・たぶん

「うるせーな、人に断りもなく書くなよ。だいたいお前のこと思い出すと、

嫌な気分になるんだよ。もう俺の話はするな」

とか 言いそう。。 めっちゃ言いそうw

別窓 | 雑記 | コメント:2 |
時差の計算。
2016-01-01 Fri 00:54
2016年ですねー。

体調も復活して通常営業です。

心配してメッセくださった方々。

ありがとうございました。




今朝、

日本とは時差が1時間あるアジア圏の友達へ

あけおめー! ことよろ!!!

とか 

私にしては、超ハイテンションで挨拶メッセしたら




「・・・・うん、まだ明けてない・・・あと一時間」



と 微妙に困ってる返事が来ました(汗


時差の計算しくじりました。


***


さておき、こっちもやっと新年ですよ~ 

はっぴ~にゅぅ いやぁ です。

現在、隅田川花火大会みたいな大型花火、

バンバンあがってるのが窓から見えます。。




みなさま、今年もよろしくね。

ピアノ、今年もたくさん弾いちゃいましょ。
別窓 | 雑記 | コメント:18 |
| ゆにくあ缶 |