AX
PAPER TOWNS
2015-07-29 Wed 22:06

ジョン・グリーンのペーパータウンズを読みました。


2015073012085195e.jpg


別に新しい本とかじゃないんです。


もともとメルのために買った本で、

同じ作家の他の本と一緒に、うちにずっとあって、

読もう読もうと思いつつ・・・

ピアノに時間をとられて

実はすっかり忘れてたんですけど。



先週の金曜に映画が公開されて


ああ、そうだった。 と。


映画を観る前に読んでおかないと。と。




映画はそのうち日本にも行くと思いますので、

あまり細かい話は避けますが。


でも映画観るつもりの人は、

こっから下読まないほうがいいかも。


私なりの意見を書くので。















さっき、和訳本が出てるかな?と ふと思い、

探してみた時に、

(結局、岩波から洋書として出てるだけっぽい)

アマゾンのページを読んだんです。


そしたら、

「今まで自分が見せていた偽りのイメージを捨てて、

本当の自分を見せたとき、周りは理解してくれるか?

友人の真の姿を知ったとき、自分はそれを受け入れられるか?

がテーマの作品です(引用)」 というレビューがありましたが。



ま、そういう解釈でも大方いいとは思うけど。






しかし、この本はつまり、あれですよ。




ごくありふれた男子高生がいて、

小さな頃からずっと 幼馴染の

超個性的な女の子に恋心を抱いるんだけど



平凡な彼にはおよそ想像もつかないような、

突拍子もない彼女の発想やら、

キラキラした言動やらに魅せられるあまり、

彼が憧れているのは、実は

「非凡さというアイディアそのもの」だってこと。

それに、本人気づいてない。


そんな彼が、彼女の失踪をきっかけに、

彼女のことを調べていくうちに、

彼女の実体を少しずつ発見して、


ある日愕然とするんです。



僕は彼女のことを何ひとつ知らないじゃないか、と。


つまり彼が発見するのは、彼自身。


そういう話です。



ティーンに限らないかもしれないけど、

恋ってたまにそんな感じですよね。



人はなりたい自分をいつも探してますから。





別窓 | 雑記 | コメント:0 |
1年と11か月。その1
2015-07-28 Tue 15:16


先生からレッスン日の打診の電話がありました。

( どうせ8月までレッスンないしぃ~ ) みたいに

のんびり構えてたので、ちょっとびっくり笑 



ここまで時間はたっぷりあったけど・・・ 

まぁ いろいろで かなりの準備不足。 

というか・・・遊び弾きに・・・

ほとんどの時間を費やしていたので~ 汗汗汗

チェルニーとか、かなり適当にしか練習してない!



先生  「レッスン。明日。正午」





***



そして、今日レッスンでした。


まず、一番練習不足のチェルニー15番。
よく考えてみたら、前回のレッスンは6月初旬だったから、
丸一か月以上あったのよね・・・なのに・・・あまり進歩してません(汗

とりあえず「速く弾きすぎ」「後半のレガートをもっと真面目に」等の
指示があり、またもや信じられないことに持ち越し(笑 



宿題は次の16番(30-25番)です。 これ・・・・



すいません。本当にこんなに速く弾かないと駄目ですか。
アルペジオ苦手なんですけど~!



とりあえず、1)指番号を正確に 2)最初はコードで確認 という指示。

「簡単だから、だいじょうぶよ~」という先生が恨めしい(笑




そして、インベンション13番。

とりあえず、こればっかり部分練習もしっかりやって、
録音した時にミスりまくったところも克服し挑んだので、
(これは今日で終わりかな) とか期待しましたが。


なんと、またしても


「次回、テンポを上げた形で見せてもらえたら終わりにします」


だって! 


先生「それじゃ、正しいテンポで今弾いてみましょう」


先生~(泣  速いと・・・・マジでミスタッチが・・・満載・・・になるんです。

でもテンポ上げないと終わらせてくれないとのことなので、
死ぬ気でがんばります。

ちなみに先生が私に求めているテンポはこのくらいです。



次、ショパンマズルカは軽く1度弾いて、先生も飽きていることだし(笑)
今日で終了でした。いや、いいんです。私も正直言って飽きました。



でそのあと、チャイコフスキー10月。

ところどころ、細部を直されて(ノンレガートで弾くところをレガートっぽく
弾いちゃってたり、音の順序が左右で入れ替わっちゃってるところとか:笑)
最後らへん、左を途中で勝手に離して次の和音に移動しようとしているから、
きちんとぎりぎりまで押さえて、とか・・・そういう感じでした。

もう一回みたら終わりだそうです。それより6月、早く練習しなさい。だそうです。



で、新しい曲を始めましょうという話になり (ああよかった!)


先生 「なんで古典ばっかり弾きたがるの? コンテンポラリー先にやりましょうよ」

という流れで、次はグリーグの曲です。




先生 「でこれが終わったら、モーツァルトのK. 457- 1st mov.をやりましょう」

と、模範演奏してくれました・・・かなり美しかったです・・・。

モツソナ嬉しいけど・・・なぜよりによって457・・・。
さすがに、まだ無理じゃないかなと思うんですけど・・・かなり心配。
ま、でもその前にチャイコ6月があるし、たぶんインベンション4も
あるから、間が開くのかな・・・こっそり譜読み始めちゃおうかな・・・。
(ホントはK309がやりたかったんだけど)


ということで、宿題は

チェルニー15&16、インベンション13(テンポ調整)、チャイコフスキー10月(修正)
と6月、それとグリーグのヨルステルの踊り (Dance from Jolster)



おまけ。

皿洗い機がオンなの、忘れてました。生活感あふれる演奏です。
君のために弾いたけど、レッスン前で時間なかったので走ってます。








にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
別窓 | レッスン | コメント:8 |
コラボ企画。
2015-07-21 Tue 11:11


( あれ? ゆにくあさん、 ブログ お休みってする話は・・・・・・ )




だって~ 煮詰まってるの、苦手なんだもん

気分転換という名の現実逃避。








昨日 ふと衝動的に弾きたくなって、会社で楽譜プリントアウトして

帰宅して弾いてみたんですよ。これはまだ3回目くらいの演奏なんで、

ペダルは適当だし、あちこちゆっくりになったり音はずしまくってますが、

それは楽譜 ガ ン 見 で手元見てないからですww

あと、弾いてる時は全然気づかなかったけど、

リビングでゲームしてたショーンの声が思いっきりかぶってます。

「あっちもこっちも ゾンビだらけだぜ!」 とか 

「ごめん、生ピアノだから音小さくとか出来ない」とかww

オンラインの友達に言ってます。


あと、これ。ブログに載せたことあったっけ。。忘れたけど。


ひさしぶりに弾いたら結構サビツイテマス。

何度も録って完璧なのを・・みたいな気はサラサラないので

いっぱつ演奏w 最後とか忘れて適当にごまかしてますw

っていうか、ショーンが友達に何度も「後ろ、うるせーよ」みたいなことを

言われるまで いろんな曲をダラダラと録りっぱなしだったという。









***

mel n i



昨日はそれ以外だと メルとお絵描きしたんですよ。

もののけ姫バトル。

「あたし・・・小さい時、ママって絵がうまいのかと勘違いしてた」 ←メル談 


・・・・むむむ。

でも確かに メルの方が上手です。線が整理されているし、とにかくデッサンが速い。

でもいいの! 楽しければ何でも! ww

IMG_2668.jpg 画:ゆにくあ  IMG_2666.jpg 画:めらにぃ





あ、そうだ これ忘れてた。途中、かなり挫けそうになってますけど。
なんで録音しようって思った途端、暗譜抜けるんだろうね。
こっちはデジピなので、少なくともショーンの声は入ってないです。
ちょい音量注意。しっとりした曲のはずなのに、音量注意ww









あとバッハ3曲の練習音源。私の弱点はやっぱあれですよ。
曲の終わりでいつも集中力が切れていることですよw
たぶん、もう少しまともなやつも録ってあるんだけど・・・
全部ひとつのファイルなんで、大量すぎて探せません。
というか探すのが面倒なんで、これでだいたいの雰囲気わかるかなと。







にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
別窓 | 音源 | コメント:10 |
intermission
2015-07-19 Sun 08:07
すいません。しばらく休みます。とか言っときながら。
最後の記事があれじゃ、私の気が滅入るんで(笑


とりあえずKilling Geneに差し替えます。

***
2008年08月05日17:11

最初ね、
映画本編が始まる前に収録されている、「この映画を選んだ人だったら好きかもね」って
映画のプレビュー軍を観ていたら、どーにもこーにもスゴイのばっかりでですね。
Storm Warningとか。Diary of Deadとか。(他にもいっぱいあったけど、タイトル忘れた)
               ↑
  ちなみにジョージ・A・ロメロ監督なので思わず騙されてこれ見てしまった、ゆにくあ。

Storm WarningはBlockbuster Exclusiveですし(汗。
yeah I know, Blockbuster video likes to single out the extra sucky ones.


とにかく、

「おいおいおい、これ系かよ・・・」と相当腰がひけてしまって、

(これはパスした方がいいのか? 時間の無駄かも?)

なんてDVDを止めかかりましたけど。
しかし明日の朝には棚に並ぶ商品なので、それじゃ明日にしよう。ってわけにもいかず。
「15分観て、つまらなかったら消す」とかなんとか言いながら観始めたんですが。
旦那は10分で爆睡しちゃってましたけど。


ちょっと、これ・・・・

別に悪くないですよ。単なる拷問フェスティバルなのかと思ってたけど、筋あるじゃん!
っていうか、むしろストーリー意外といいじゃん。究極、最後まで観ちゃったし(笑。

これは日本に行くのに時間がかかりそうな作品なので(っつうか行くのか?)、
バシバシ書いちゃいますが。



以下ねたバレ祭り。全部書いちゃいますのであしからず。










まずね、NYでギャング(っつってもヤクザ系じゃなくって若い衆。乱暴者の集団って感じ?)
のボスの彼女(妊娠中)が死体で発見されるところから、ストーリー開始。で、この捜査に
当たったのが熟練デカのエディ(Stellan Skarsgard)と、この捜査からこの辺に配属になっ
たっぽい(出だしよく聞いてなかったので曖昧)若い美人刑事ヘレン(Melissa George)なん
だけど、まぁありがちな展開として、エディはヘレンを一人前として認めていないのね。

それはさておき、肝心の死体の特徴としては、両足が感電による傷で真っ黒、脳もなにも
煮えちゃってて、お腹にはWAZみたいな文字が刻まれてんの。で、エディはすぐわかった
ような口ぶりで「ほほぅ・・・これは被害者の彼氏ウェスリーの略でウェスだな・・・ウェスに
対するあてつけか、はたまたウェスが星なのか・・・」とか結構、短絡的に結論つける。

私は、(でも・・・・WAZですけど?)

なんて疑問に感じつつ(あ、そんなこと言って最後、君が犯人とか言うオチだったら許さん)
なんて思っていたら、ふたりは驚くほどの行動力で全く時間を無駄にすることなく、
ウェスリー氏の住む小汚いビルへ直行。

「さて、(彼女が死んでしまって)落ち込んでいるか観に行ってみよう」

悪趣味。

途中、フェンスわきにたむろす「悪いグループ」の面々(どうやら白黒2グループいて、
総括しているのがウェスリー氏の模様)と軽く顔合わせしたのち、予定通りウェスんちへ
行ってみたらそこはもうなんつうか、スラム状態の居住区で、「あなたたち・・・いくらなん
でも少しは修理したら?」と注意したくなるような荒れぶり。ビル内通路には、金髪おかっぱ
のお姉ちゃんが、3歳くらいの小さい男の子(かわいい)と座っていて、通りがかったエディに
「10ドルくれたら口でするよー」なんて言う。おかーーーさーーーん。横みて、横。子供!

その後、その親切な金髪の女性の申し出を断わったエディは、教えられるまま階上へ。
と・・・・あーーー死んじゃってました。ウェス氏。2グループを総括するボスな割に、
最初の10分で死亡か。。。もうっ、警察っていつも一足遅いんだからっ。

翌朝ウェスの死後、警察本部では「またひとりワルが街から消えたぜ。いぇーい!」状態。
なんと、勤務中だっつうのにみんなでビール飲んでるぞ。。。それを横目に、白けて通り
すぎる正義心強げなお姉ちゃん刑事(・・・名前なんだっけ?)あそうそう。ヘレン、ヘレン。
ヘレンは死体解剖室みたいなところへ。

で当然、ウェスの体にもWAZの文字。だけど今度は、、、よくみるとWAZ= Cov ってメッセが
長くなってます。なんかの公式っすか?って思う間もなく、「どうやら麻酔銃が使われた
らしい」との新情報を与えられ、近所でゆいいつ麻酔銃を扱っている科学者(割り出しも
簡単!)の元へ、いざ事情徴収。

と思ったら、このあたりでメインストーリーはしばし休止して、エディ突然、最初の10分に
登場したチンピラのひとり宅を訪れます。悪い子を気にかけてこっそり訪ねるなんて金八
っぽいジャン(涙 なんてホロリとしていたら、どうやら「悪側」の情報タレこみ係っぽい感じ。
ふむ、なるほど。

「・・・・(前略)・・・・ピエールなんかの手口じゃないぞ」

ピ、ピエールですか(汗。2グループ中のカタッポのボス名、ピエールでしたっけ?
と、突然ここで部屋のドアがガタガタ外から揺すられる。緊張の一瞬です。やばいっ!
と突然隠れるエディ。ドアへ向かうチンピラくん(普通逆じゃないのか)。恐る恐るドアを
開けてみると・・・チンピラ仲間のなんたら君が、ゲホゲホと血を吐きながらなだれ込んで
きました。「救急車を! 救急車を呼んでくれ!」となんたら君のために叫ぶチンピラくん。

シーン変わって外。チンピラ君、頭をうなだれて座ってます。側には救急車。
「あなたが救急車を呼んだんですってね・・・」とエディに向かって問うヘレンは(なんで
あんたがその場にいたわけ?)と言いたげ。そりゃそうだ。 で、そのままチンピラくんの
方をなんとなく観察しているヘレンの目に留まったのは、チンピラ君がデカ1(名前忘れた)
にこっそり何かを手渡しているシーン。うーん。怪しいぞ。警察とギャングが結束してんの
かー? あ り が ち ・・・・だがまあいい。(ちなみにのち、この何たらくんの双子の
弟も死体で発見されたが、ストーリー的にはあっさり通り過ぎてしまった。無念)

さて。
やっと科学者を訪れたエディとヘレン。
彼は一目で科学者とわかる風貌。痩せ型、眼鏡、白衣のゲルブ博士(Paul Kaye)。
ここで「麻酔がここ数ケ月紛失しているそうですね」とか「つまりなんの研究をしてるんだ」
とかやっているわけですが、まぁなんとも怪しいゲルブさん。こいつ何か知っていやがるな。
と思っていたら、突然カメラが黒板にパンして、したらそこに例のWAZ= Covの公式の
完成版w△z = Cov (w,z) = ßwzVz が!!! 危ないっ、この筋肉なさそうな人が
あっさり犯人?! と思うや否や、 ゲルブさん巨大麻酔銃(サファリで動物とかに使う
やつ)をエディめがけて発射。

ああ! エディ、ダウン!! エディ、ダウン!!!!!!!

逃げるゲルブさんを追う、ヘレン。彼女ガクガクになって緊張中、銃を持つ手もフルフル。
大丈夫なのか、ヘレン。援護を呼んだらどうなのさ? と思っていたら、意外にもヘレン
お手柄。あっけなくゲルブさん捕まって、署で事情徴収。。。なんか展開が速いぞ!
とここで、ゲルブさん「つまりですね、細胞内の遺伝子に組み込まれた情報が我々の・・・」
と「公式」について説明し始めるんですが、エディ(もう平気)が切り込みます。

「もっと簡単に説明せよ!!!」 

そうだよ、エディの言うとおりだよ。チミの言うこと、よくわかんねーよ。

エディの的確な突っ込みの甲斐あって、ゲルブさんが易しく説明し直してくれたのを
聞くに、どうやら彼が証明しようとしていたこと=愛など存在せぬ。人間も動物も同じ!!
究極の状況に追い込まれたら、誰だって自分が一番かわいいんだよ!! 案。

あの・・・・・・・・・・・
先生・・・・それって・・・・

・・・・まいっか。あえて突っ込みませんが。

と、ここで、エディがなにかひらめいたらしく、また例のチンピラくんに忠告の電話
(だったかな、会ってたかな・・・さっき観たばかりなのにもう忘れたけど)。

「おい、これはジーン・レーナーだぞ・・・」「えっ!(動揺している)」

な、なぬ? ジーン・レーナーとは誰ぞ! 謎の新キャラ登場。エディいわく・・・

ジーン:2年前、ギャング連中(ウェスリー、何たら君、廊下にいた親切な彼女、ピエール、
ちんぴらくん)が割れたビンを使用して強姦し、体や顔を切り、挙句の果てには「母親を
殺したら許してやる」と条件を出したため(そこまでするか)、自分の母親を射殺して
生き延びた女性。が、警察側が証拠不十分としたことと(嘘くさい)、ギャング詰問中に
暴力を振るったため、ひとりが自白するも証拠として取り上げることが出来ず、結局
ケースが流れてしまった。。。という話。

ひっでぇなぁ。。。

で、その彼女(ジーン)が科学者の研究所で勤めていたという展開。なるほどー。
こうなったら、ジーンさん宅へ行くしかないっしょ!ってことで、急ぐエディ。
でも残念ながら彼女は不在の模様。部屋へ無断侵入すると・・・あるある。手描きの
設計図? なに? 電気椅子が二台つながってます。見てください!といわんばかりに
ベッドの上に散乱してます。うーむ。と何か悟った様子のエディ。

つまり、彼女は「恨み+科学の名」の下に実験しちゃてるわけです。愛する対象を
電気椅子に座らせて、もう一方の人間の座ってる方の椅子にはスイッチ。それを
押すともう一方に高圧電流が流れて死ぬ仕組みなんだけどー、それを促すために
彼女の方で拷問するの。死にたくなかったら、拷問にあいたくなかったら、スイッチを
おすのだーーーー。こぇえええ。。。。科学者の実験室で「サルは高いから滅多に
実験には使えない」なんて言ってたゲルブ博士でしたけど・・・。

っつうことは、次も事件に関わった5人のうちの誰かがターゲットに・・・ぞぉっ。
誰? え? 金髪のねえやんとあのかわいい坊や?! 頼むよ、子供は使わないで!
エディ、金髪のねえやん宅へ直行するのだ! と、ねえやんボンヤリしちゃってます。
床にはコンドーム。子供はどこ?との問いに「ベッドで寝てる」とか言うんだけど、当然
子供はベッドにおらず。。。さらに問い詰めると「まだ廊下(部屋の外ね)で遊んでるかも」。
かも・・・じゃねーだろうが!! と、突然、携帯に電話するエディ。するとベルが上の方
から聞こえてきた。「エレベーターで上へ!!」迅速に走り出すふたり。つうか誰の携帯?

それはともかく、ふたりして金髪ねーやんをほったらかしで子供を捜しに上へ行くと、
階段に置き去りにされた携帯が鳴っている・・・や、やられちまった。。。。と思ったら
すぐに下から子供のゴネる声が。あー止める間もなく、ねーやん声のするほうへ
走って行ってしまいました・・・。エディ慌てて追いかけますが・・・アクション映画で
よくみる「フェンス横っ飛びで飛び越える」を試みたエディ、思いっきりこけて痛みに
顔をゆがめます。と間もなくして、遠くで白いバンが・・・ああ、またもや時すでに遅し。

翌日、子供を抱いて泣きじゃくるねえやん。あーあ。ねえやん、私は情けないぞ。

このあたりで、ヘレンが昔の事件を掘り下げて調べ始めます。なんで証拠不足?!
当時関わった刑事たち(含むエディ)とギャングに麻薬を通じて結束があったんじゃ
ないですか!と上司に掛け合うも、効果なし。頭を悩ませるヘレン。

と、突然シーンが変わって夜の街。ピエールじゃない側の中ボスをピエールが射殺。
居合わせたチンピラ君は超びびって「な、なにやってんだよ!」「あいつがみんなを
殺っているに違いねーんだよ!」と、ここでピエールの携帯が鳴る。誰だ?

「(ぷちっ) あ、おばあちゃん? テレビのリモコン? ほら、ボタンがついてる四角い
ヤツだよ。わかるよね」←妙にわかりやすいお婆ちゃんっこの図。

その後、警察内にかくまわられているチンピラくんと短い会話を交わすエディのシーンを
はさんで、ピエールの拷問タイム。愛情を試されるお相手は・・・・・・当然おばあちゃん。
素っ裸で意識を取り戻したピエールくん、見覚えのある女と対面し「殺すぞ」とか
威勢良く罵るわりに・・・爪に釘を刺されただけでスイッチオンしちゃったし。君って人は・・・。

知らせを聞いたヘレンは悲壮感たっぷりに「誰もジーンのテストに合格しないわよ。
みんな死んじゃうんだわ」と投げやり気味。そんなヘレンにエディは、好きな人がいたら
両手で掴め。とか唐突なお説教をかますシーンもあったりしつつ。

でところ変わってエディ、チンピラくんのいる拘束室へ。
このチンピラくん、一応、例のレイプ事件の際に外の車で待機してただけ。という話で
エディも「悪い仲間とつるんでいるが、根は悪いやつじゃない」と信じて面倒を見ていた風
なんですが・・・ここのところの事件もあって、そこいらへんを疑問に思い出したらしく。

「本当に車にいたのか。本当はお前も部屋にいたんじゃないのか。お前なんか
チンピラのクズ野郎だ! 次に狙われるのはお前なんだぞ。お前にとっての
大切な人って誰だ」

で、チンピラ君は警官2人の護衛をつけられて釈放されるも「えー二人だけー?」などと
のたまう。と思えば、何をおもったのか、警官の見ていない隙に路上の車を使って逃げ
てしまった。あほ、なぜ逃げるか! 

案の定、乗っていた車はガソリンがもれてて(つうかこれはジーンの仕業?)途中の
さびれたパーキングっぽいところで止まってしまう。と、ジーン登場。車の下にもぐって
オイル漏れを点検していたチンピラ君に忍び寄り、麻酔注射! チンピラ君、きみ・・・
いくらなんでも隙がありすぎじゃないのかね! 側にいたトラックの運ちゃんが
心配してやってくるんだけど、そこはジーン抜かりなし。あっさりと「自分の働いて
いる近くの病院へ私が連れて行きます」とチンピラ君をバンへ乗せてしまった。あ゛ー。

チンピラ君脱走の知らせを受けたエディ、苦悩の表情。探し回っていると携帯がなる。
ジーンからだ。



・・・・っつう話なんですけど、エンディング、結構、ああ、そうきたか!という感じ。
眠いのと、もう4時だから寝ろ!と旦那が怒っているのと、両方なので、ここでおしまい
にしますね。

****

朝です。
なんだか消化不良なので、エンディングまで一気に書きますが、もう既に相当
長いので。


(つづき)

ジーンから連絡を受けたエディ(実はそばにヘレンも)、周りを見渡すと・・・
ああ、おばあちゃんが瓦礫の側に捨てられてます。携帯で話すエディに、ヘレンは
「誰からなの? ジーンなの?」と詰め寄るけどエディ完全無視!エディの携帯を
奪い取ろうとするヘレン、軽い取っ組み合いになって、最中どちらかわからんが、
うっかりスピーカーフォンのボタンを押してしまう。

ジーン「・・・・(やけに落ち着いた声で)チンピラ君が今どこにいるか、気にならない?」

ジーンの挑発にまんまと乗ったエディは、到着した援護チームとすれ違いにひとり車を
走らせる。ヘレンは置き去り。エディ、相当スピード出してるなーと思ったら危うく対向車と
正面衝突! ギリギリのところでハンドルを切って、事故だけは免れますが、車クルクル
した後、急ブレーキ。と・・・・・・ジーン、後部座席に座ってるし。

冷や汗タラタラのエディ、ジーンにそっと麻酔入りの注射を手渡され、チンピラ君を
守りたい一心か、自ら注射器を突き刺しました。。。そ、そこまでするか・・・君と
チンピラ君の関係ってなんやねん! まさか親子?? でもチンピラ君はエディと
全然似てないしなぁ・・・。

シーン変わってお馴染みの拷問室。電気椅子に座るチンピラ君と、その向かいには
素っ裸でスイッチ付き椅子に拘束されたエディ。「信用してたのに」と事件がもみ消され
た件を静かな口調で罵るジーン。「心から心配してくれてるのかと思ってたのに」
着々と拷問が続く中、一向にスイッチを押さないエディ。と、ジーンが「裁判が無効に
なってしまったあの日・・・あなたのところへ寄ったのよ」と告白。

ここで回想シーン。エディの住むアパートの入り口にいるエディとチンピラ君。
キスしてます。

・・・・・ああ・・・・・なるほど。

実はレイプ事件の1年くらい前、他の件でエディに逮捕されたチンピラ君。ここで、
エディが一目ぼれしたらしく、関係を持つことを条件に彼は釈放されたんだそうな。
以来、付き合いが続いているらしいふたり。エディは彼を愛しぬいている様子。
「スイッチ押しちゃいなさいよ。彼(ちんぴら)はあなたのことなんか愛していないのよ。
彼はあなたを利用したのよ」とそそのかすジーン。チンピラ君の瞳を覗き込むエディに
恐怖でおののくチンピラ君が涙ながらに(ごめん)と言わんばかりに震えながらうなずく。
けれどエディ、愛情にあふれた美しい笑顔をチンピラ君にみせて、ひとこと。

「愛しかえされてなくたって構うもんか・・・さぁ・・・俺を殺してくれ」

恐怖も頂点、震える中、ジーンの手によって殺害されるエディ。ジーンは、チンピラに
対する愛を貫くことによって、彼女のテストを唯一パスしたエディに向かって、
嬉しそうにささやきます。「ありがとう」

とここで、やっと登場するバックアップチーム+ヘレン。おせーよ!
降参する満足気にな顔のジーンに手錠をかけた後、みな言葉を失ってエディを凝視して
いた。と、時を同じくして椅子から解放されたチンピラ君「何を見てやがる、このやろう!」
と涙ながらに叫びエディの元へ。そばにあったジャケットをそっと彼の遺体(股間)にかけ、
そのまま彼の膝に頭をもたげるようにして寄り添い泣きじゃくるのであった・・・。

(エンドロール)

別窓 | 雑記 | コメント:0 |
夏の夜の夢。
2015-07-14 Tue 17:16



ピアノのレッスンは、少なくとも 8月までありません。

先生がpiano competitionの付き添いで飛び回っていて

フロリダにいませんので。


****


さて。


わたくしごとですが


現在、HP1 MP0 です。


予想通り 大ダメージを受けました。


でも決断は、私に出来る最後のギフトでした。


そんなわけで、瀕死のゆにくあは現在

スライムにすら 注意を払わねばなりません。



と同時に、

垂直思考と水平思考の狭間で

今後の全てを

決めかねているところです。



このブログは少しの間

お休みすると思います。

まぁ まだピアノは弾いていますので

そこだけはご安心を。




別窓 | 雑記 |
調律の話。 その2
2015-07-07 Tue 17:58

今日は待ちに待った調律、第二弾の日


いやぁ。。ホントに楽しみにしてました~。
早起きしてお部屋を完璧に片付けて~(笑)、
リビングでゲームしてたショーンを二階へ追いやって(笑)
窓をあけて空気を入れ替えて~ 
洗いたてのお洋服みたいな香りの芳香スプレーを
しゅっしゅっ とやり・・・ 

どんな王様が来るんだ!w

って感じの対応ですよんww  

(長時間作業になったら、いい匂いの方がいいかな、と)


そしてウーバーさん、超・時間厳守で到着しました。
さすがドイツ人!


***


今回は無駄なおしゃべりもなく、おっはよう~ と言ったら
早速作業してましたので、すかさず了解を取って写真撮影。


IMG_2647.jpg


なにやら、長細くて赤いフェルトを秘密のスーツケースから
取り出して、手馴れた様子で弦の間に押し込んでます。
(マイナスドライバー使ってるあたりが微笑ましい)


IMG_2648.jpg


ゆ「それは、何をやってるんですか」

ウ「ピアノの弦は3本構成でしょ? こうやってフェルトで外側の
二本を押さえておいて、真ん中の弦だけ先に調律するのが
僕のやり方なんだよ。」

ゆ「なるほどぉー。3本のうち、真ん中が一番大事なんですか?」

ウ「真ん中が大事というか、3本だから音に厚みとボリュームが出るんだ。
バイオリンで考えてみて。一人で演奏するのと、複数のバイオリニストが
まとまって演奏するのでは、たとえ同じメロディーを同時に弾いていても、
それぞれの楽器の個性が影響して、微妙に違う質の音が同時に鳴る。
それが美しい厚みになる。それと同じことだよ」


ほーーー。 


ウーバーさんの話・・・・面白すぎる。


(それにしてもキレイに挟んでいくなぁ。この均等な感じがツボだ!)


ウ「ちなみに・・・アコーディオンの場合は・・・」

と、ここからアコーディオンの仕組みについて、および
普通のアコーディオンとフレンチ・アコーディオンの差の
お話が始まったので、


(あっ 椅子持ってきていいですか 長くなりそうだからw


と一瞬思いましたがw


今回はそれほどでもなく、サクッと作業に戻っちゃいました。




最初は、まず基本のドをチューニング。

IMG_2652.jpg


で、そこから和音を弾きながら たまに一つの音をダン!と強く
弾いて、それが響いてる間に和音弾いたり。。。例のU字型の
金属のやつ。名前知らないけど、あれを耳にあてたり。

いつも気になってたんですよねー。あのU字棒でいったい何を
確認してるんだろう、と。けどあまりに真剣に作業してたので、
・・・ききそびれちゃった。(次回必ず聞こうと思う)

とにかく。

結構・・・・長いことかかって、鍵盤ひとつずつ見てくれました。
音に集中しなくちゃいけないせいか、ひたすら無言のウーバーさん。
ちょっとさみしい・・

おならもなしですよ! (それは別にいいけど)


しかしあれですね。

「自分はピアノ弾きじゃないから」とか言ってたけど、
音を確認するためのアルペジオ演奏がですね。
軽く私の1000倍くらい美しかったですよ・・・ 


調律は結局、1時間半くらいで終了。


ゆ「どうでしたか、私のピアノ」

ウ「うん、やっぱり前回、湿度調整の機械をスイッチオンしたからね。
中の湿度が変わって、88ある鍵盤の真ん中あたりが特にフラットに
なってた。高・低音域はそうでもなかったよ。どうして真ん中から先に
音が沈み出すかは、前回説明したよね? 覚えてる?」

ゆ「はい、サウンドボードが緩やかに湾曲して真ん中が高いから」

ウ「そうそう。大きくていいピアノだね。天井が高くて空間が広いから
楽器のもつフルパワーが表現できるし」

ゆ「いいですか(妙に嬉しい)! いやぁ、実はあと少ししたら
グランドにトレードしてもいいかなって思ってたんですけど・・・」

ウ「払い終わってるなら、両方あったほうがいいんじゃない? 
もちろん仲介業者は喜んで買い取るだろうけど、どうしても買値と
比べたら安く売ることになるし。あと、ここに置くならフルスケール
グランドはいらないよ。家庭用なら、5フィートちょっとので十分だよ」

ほうほう。 いや でも それじゃ家にピアノが3つになっちゃう!笑


ここからグランドとアップライトの違いについての話題。

そもそもグランドとアップライトの最大の違いはアクション。グランドは
重力でハンマーが戻るから、鍵盤を半分くらい下げた状態からトリルが
決まる(けど、アップライトはいちいち鍵盤を定位置まで戻さないと音が
出ない)という話とか、

左のペダルの違い、グランドの左ペダルは全体をシフトさせて3本のうち
2本しか打たないことによって小ボリューム音を作り出すけど、
アップライトの左ペダルは、ハンマーから弦までの距離を縮めるだけ。

ゆ「アップライトの左ペダルだと音、私には効果わからないです」

ウ「そりゃそうだよ、音量は全く変わらないよ」

ゆ「 ! やっぱりですか!」

ウ「でも、音の質が変わるんだ」

と言って、弾き比べてくれたら確かに違う。自分で弾いてる時は
わからなかったけど、はたで聴くと全然違う! 

ウ「だから、むしろ違う質の音を使いたいときに使うペダルだね。でも、
ピアノの先生に言わせればダイナミズムはまず指だけでコントロール
出来るようになるのが先決だから、むしろこれは使うなって言うと思うよ」


な、なるほどーーーー。


ウ「それで、この真ん中のはミュートだからアパート住宅用だね」


そのあと「コンサートピアノは弦が長いし、大きなスペースに響かせなく
ちゃいけないから鍵盤も重いんですか?」と質問したら、弦の長さと鍵盤の
重さはなんの関係性もないとのことで(そうなんだ??)、音の響きの良さは
弦の長さと太さで決まる。みたいな話で、つまり弦に求められる3つのうちの
ひとつ「負荷強度(tension)」を取って考えた場合。

負荷が高いほど高い音が出るので、最低音は最小幅の30%(30%以下だと
もう音が出ない)くらいにするんだけど、普通は上の方の音を78%とか
そのくらい設定する傾向があり、で、小さなタイプのアップライトだと(弦が
短いので)その分%の差をつけにくいとかなんとかで、そういう時は弦の太さ
でも調節できるらしい。

「ただ、太くて短い弦がどれだけバイブレート出来るか、想像してごらん」

だそうで、その点コンサートグランドはとにかく弦を長く細く出来るのと、
使ってる素材がなんたら(この辺、専門用語が難しすぎて日本語に出来ない)
その分音が遠くまで響く。さらに、

当然ながらサウンドボードの大きさ=スピーカーの大きさみたいな感じなので、
コンサートグランドの巨大なサウンドボードからはリッチな大音量が実現できる
・・・という話。 超、納得。ウーバーさんって教えるのうまい。


話は違うけど、

昔のSteinway & SonsはドイツとSteinway & Sonsニューヨークで
使っている素材が違っていて、ドイツのはドイツ製の木を使っていたし、
黒鍵の仕上げが必ず艶だったんだけど(ニューヨークのはマット仕上げ)
最近は統一されている・・・とか、Vladimir Horowitzのコンサートピアノは
Steinwayからのレンタルなんだけど、そのピアノは常に Horowitzだけに
リザーブされている特別なピアノで、なんと調律師もSteinwayからの
専属がいて、そのピアノとその調律師のセットでお抱えなんだそうな。






調律が終わって30分以上もためになるお話をしてくれたウーバーさん。

「次は6か月後、たぶん1月頃にカードを送るから、また電話してね」

と言い残して去っていきました。。。 楽しみにしてます~~





さて、調律し終わったピアノを早速弾いてみたら。


なにこれーーー! 


あのね、音が全然違うよっ 
とにかくクリアで、和音もばっちり気持ちよくハーモニーだよ。
鍵盤のリアクションも、何もかもがいろいろ少しずつ変化してる・・・。

あまりのことにびっくりした!!!

なんか突然、自分が上達したかのような錯覚www
弾いてて断然楽しい。

ウーバーさん・・・・・ありがとうっ



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村

別窓 | ぴあの | コメント:6 |
劣等感に結びついたあの一言w
2015-07-05 Sun 07:40

「人類が60億を突破してしまった。

生きていく上で、

たとえ1秒に1人の人と出会ったとしても、

世界中の人と会うことは出来ない。

だから

この出会いを奇跡に思う」





いやぁ。。。みなさん、ピアノやってますか?

やってますよねw

私は・・・いや、私もやってますよ(少し)。

昨日やりましたよ! 久しぶりにモーツァルト弾いたら、

バリエーション5がかなり怪しくなってて、超焦りました。

やらないと、忘れるねえ。。。

さっさと先生に連絡して、次のレッスンの日程決めないと。




最近、時間をとって昔の日記を避難させてるじゃないですか。

それで作業中に どーしても 読んでしまう。

で、友達のコメントを読んで、笑ってしまうので全然進まず。



たとえば、昔の日記はタイトルからして超適当で、

「危うくまたうんこ」とかね「怪奇現象と男の実演」とかね

「白昼夢の再利用」とかね、わっけわかんないわけですよ。


さらに、自虐感というのがあって(笑)

特に「劣等感に結びついたあの一言」ってやつがあるんですが、

書いたのは・・・えーと 2005年みたいですけど、


こんな内容↓


過去日記での、みなさんの書き込みからヒントを得ました。

劣等感について語ります。

◆小5・6の時の担任、宮田先生◆おけい(昔のあだ名)は笑うと顔がくずれるから、笑わないほうがいいよ。

◆口の悪い元旦那◆遠くにいる時はいい女なのかなと一瞬勘違いするんだけど、近づいてくると暑苦しいんだよ、お前の顔は。

◆複数男性◆あと10kg痩せてたら、○○似でいけてただろうに、もったいないよね(○○にはタレント名が入りますが、誰を引き合いに出されたのか忘れました)。

◆元同僚(男性)◆男だったら、さぞかしもてただろうにねぇ。

◆元旦那◆太い太いとは思っていたけど、ほんとにお前の足が一番太いじゃねえかよ(私の舞台を観た後)。

◆元同僚(女)◆不細工ってのとも違うんだけど...なんだろう、はげしい顔? 



みんな言いたいこと言うよねぇ。

ええと、意見を総合するとですね、顔がはげしすぎるので、遠くで見たほうがいい、太っていて男みたいな性格の女、ゆにくあです。最悪じゃん(笑)。

I'm ugly and proud!

劣等感について暴露、叫びたい方はご参加ください。




で、これに対する友達のコメントというのが・・・wwww

結局 内輪受けみたいな感覚で、ここには載せませんが

読んじゃうんですよねぇ・・・・ 


それで、日記は2005年から2011年の途中までなんですよね。

ほぼ毎日。

ときどき、一日数回。

どうでもいいことを書いている。というかー

思いついたことをそのまま書いているわけですよ。


普通、ネットで文章書く時って、少しは推敲するじゃないですか。

一般向けに。本当に思ってるのは「これ」なんだけど

さすがに顰蹙かな、とか気を遣ったり。


それが まるで ない www



店に来る男の品定めとかしてたり(ふざけ半分ですよ)、

近所の人に鬼切れしてたり(こ、これもですよ)。

あるいは、(女同士の雑談なので) 恋愛がらみの語りの多さw

読み返すと顔から火が出そうです。


でもさ、

空白の2012年。

いったい・・・何があったんだ・・・?ww









別窓 | 雑記 | コメント:6 |
I'm sorry, but that's not good enough.
2015-07-01 Wed 19:53

ども、ゆにくあです。


***


月曜、体調が急降下。

昨日はホントならレッスンでしたが。



・・・かわりに、朝から39度&昼間はトイレとお水飲むの以外は

ずっとベッドで朦朧としてまして、音楽を聴いたりYoutube観たり。

せっかくの休日だったのに・・・かなり無駄に過ごしました。



ベトソナをメドレーで聴いてたら、心拍数上がってきちゃって

バレンボイムの顔した妖精が

「I'm sorry, but that's not good enough!」

とか言いながら虹の周りを飛びまわる光景が目に浮かんでしまって、

あらぁ とうとう熱に脳を侵されたかしらと思いながら、

数時間 夢の世界へ。



夢と夢の合間の目が覚めている間は、努めて幸せな妄想・・・

持ちきれないほどのカラフルな風船を部屋中に飾るとことか、

ふわふわのいちごケーキのクリームを指ですくって口に運ぶとことか、

あとあれ、昔先生に提案された「大好きな人の首に両腕を回す」

ってやつ。 あれ、やっと意味わかった。。かも。



で、いい加減ベッドに横になることにうんざりしてきた夕方、

やっと熱も下がって平衡感覚が戻ってきたので、

調子に乗って何時間かピアノを弾いて (でもグダグダ)

自己満足して、寝ただけなので・・・特に書くことがありません。



今日はだいぶよくなってるので、やや強引に出勤しましたが

途中で・・・・薬の影響、睡魔との闘いに発展。。。



あー。

次のレッスン日程は、まだ決めてません。。。


とりあえず、今日はなにげに疲労してるので、

料理は諦めました。

・・・テイクアウトで家族をごまかして

明日のために体力を温存します。。。


たぶん、明日はさらによくなってる はず。



*****

あ、そういえば。

例の移転分。

過去日記を まるごと移すことは移せたんだけど、

全て下書き状態なんで、いちいち保存しなおさなくてはならず。

日曜に少しやったけど、全体的にはほとんど進んでません。


読みたいという奇特な方はゆにくあ#屋根裏で読めるようにしときました。

とりあえず、2005年の4月から7月の途中までしかアップできてませんが。

これでも、かなり省略して下書きのまま放置したのもあるんですけど、

あまりに膨大なので・・・少しずつ更新します。。。

読み返してみて、個人的には、昔流行った「ばとん」の

自分の回答に驚いている。


恋愛バトンとか。

なんだ、この強気なエロ女はw って感じ。

(注:それらはまだ公開できてません。)


こっちは、あとで日記カテかなんかにエントリしとくかも。

別窓 | 雑記 | コメント:10 |
| ゆにくあ缶 |