AX
またピアノ弾く時間が削られるよねぇ
2015-06-27 Sat 03:59
ピアノとは直接関係ない話なんですけど~。


ミクシーってあるじゃないですか。

あれ、10年くらい前によく利用してたんです。

ホームシックだったし。 子育て全盛期だったし。


(厳密には、渡米前後の6年は友達との個人メールが多くて

ほんとは、そっちに怒涛のごとく当時の自分のアホさ加減が

つづられているんだけど、当時のメアドをもう持ってないから

永久に行方不明)


で まぁ ミクシーにおいては、ぶっちゃけ もう全くと言って

いいほど、アクセスしてないんです。


だって、家でPCの前に座る暇ないし、あと久しぶりに覗いたら、

当時仲良くしてた人達が、もうほとんど退会してたり~ あるいは

在籍してるけど、私みたいにずーーーっと放置してるみたいで。


(つまりあれですかね、日本はtwitter主流に切り替わったのかな?)


まあ、それはどっちでもいいんですが、私が心配してるのは、

「もしかして、ミクシーそのうち閉鎖したり・・・しない?」

ってことなんですよ。



過去、かなりたくさんあそこで書いたし、あれが突然

まるごと消えたら・・・正直困るなぁ。


時間をみつけて、ここのブログでもいいし、どっか別のとこでも

安全なところに移しとこうかな・・・とか

思わないでもないんだけど・・・


なんか考えただけでも、おっそろしく膨大な作業量だわ。


いちいち読んだりするのも大変だよなーー。



( で ふと、メール機能もあったよな・・・と思って

今見たら 受信メールだけでも1500通くらい・・・(汗

もうメールはいいや。 あれは忘れよう。 )



うーん。悩む。


これがブログの移転だったら、まるごと移せたりするけどねぇ。

製本サービスもあるみたいだけど、

それはそれで・・・う~ん って感じだしなあ。


ってかそんなことしてたら、またピアノ弾く時間が削られるよねぇ。


別窓 | 雑記 | コメント:6 |
調律の話。 その1
2015-06-23 Tue 15:20
去年の4月に買ったヤマハ。



やあっと調律師さんをお呼びしました。

本当はもっと早くお願いするつもりだったんですよー。

だって・・・ピアノ買ったところで頼めば

「調律、一生無料」ですから。



でも、何回連絡しても中々時間が合わない上に、

最後は折り返し連絡が来ない!

やっぱりタダ仕事だとやる気でないんですね・・・笑



それで、これでは埒が明かないと思って、ネットで近所の人を探して~

電話してみたのが・・・いつだっけ・・・5月の上旬だったかな?



そしたら、留守電で 


「6月1日までは不在です。メッセージをどうぞ」 ←どうでもいいけど休みすぎ。




困り果てて先生に愚痴ったら、あっさり調律師さんを紹介してくれました。

business card

けど名前読めない・・・


いや実は、この前 モル作さんに 「調律師の名前が読めないから困った」

って話をしていて 「ぅえっさん」 じゃないかとか 「あうぃさん」 かもしれないとか

大雑把に予測してたんですが。 (モル作さん、勝手に名前出してごめん



全然違いました(汗



なんと、これ 「ウーバー」 と読むそうです・・・・。


B なんかどこにもついてないじゃん!ww


思わずどっから来たんですか? とか聞いちゃいましたよ。



そしたら、ドイツの小さな港町 Rostock ってとこから来た方で

奥様はピアノの先生、ご本人はプロのアコーディオン奏者でもあるそうです。



で、話の流れで 「アコーディオンって知ってる?」と聞かれたので、

 「アコーディオン触ったことありますよー。小学校の林間学校で

キャンプファイヤーの時に、たまたまアコーディオン奏者になった

だけなんで、二曲しか弾いたことないですけど。蛇腹動かすのが

体力使って、すごく大変だなって思いました」

なんて話になって、そっから しばらく アコーディオンの話。



アコーディオン専門用語みたいなのが多くて、たぶん半分くらいしか理解でき

なかったけど、最新式のアコーディオンは鍵盤に割り振られている音が違うと

いうか、配列自体もなにか違うらしく。

ということは、また最初から覚えなおしだから苦労してるらしく。

でも全ての音が使えるようになったから、バッハも演奏出来るんだよ!

だそうです。


アコーディオンでバッハ・・・大変そう・・・



それで、アコーディオン始めたのは10歳からで、レストランで演奏とか、普通に

仕事として弾いてきたんだけど、今回の新しいアコーディオン。

今までみたいな感覚でキーを押すと思わぬ音がでるから、初心者みたいな気分!

と、嬉しそうに言ってました。・・・嬉しいの?w



ちなみに、そんな彼が現在どうやって新しい配置を覚えてるかというと、

「とにかく初見演奏で曲を片っ端から弾いて、音と位置関係を体で覚える」 

という方法だそうです。


なるほど。


その他、子供の頃ドイツはどんな様子だったか、とか

長男(だったか孫だったか忘れたけど)がプロの音楽家で、音大在学中に

ハープシコードの研究をしてて、彼がずば抜けて優秀だったので、教授に

「君、代わりにクラスに教えなさい」と丸投げされた話とか。。。

なかなか面白かったけど、とにかく長いので割愛します。



***



話を戻して調律。


ピアノの調律はアメリカに来てから始めた仕事だから、調律暦45年。


「(お仕事するの) 面白いので、見ててもいいですか?」

とお願いして、見せてもらいました。



さっそくピアノを開けると

piano 1

前オーナーが取り付けたらしい、湿度を一定に保つシステム発見。



eng_uprightdiagram.jpg


↑見やすい図はこんな感じ。



あー。 ちっちゃなランプみたいなのがあって

「なんだろこれ?」 みたいに思ってたんですよ~。

lights on piano




ウーバーさんの説明によると、恐らく前オーナーは寒い地域の人で、

乾季にヒーターとかつけるとピアノに悪影響が出るので、取り付けたん

だろう、とのこと。

でもマイアミ近辺はなんかないので。 

どっちかっていうと、季節は 暑い と ものすごく暑い しかないので。

よって 「加湿器はいりません」 と取り外してしまいました。



ただ暖め用の鉄パイプは弦を健康に保つからつけとこうね、

暖めパイプ(と私が勝手に呼んでいる)で暖まった空気は上に行くから、

今付いている場所だとそこから下が放置されてしまうので、

位置を下げようね、ということになりました。


それで、

位置を変えるにあたって、パイプを止めてた金具をはずしたりなんだりで

低い位置での作業になるので、ウーバーさん、床に横になった状態で

金具をゆるめたりしてて、私はその真後ろに座って話をしてたんですが。


ウーバーさん 「これはねー、触るとちょっと熱いかなってくらいに暖ま・・・

ぶっ(おなら音)    あ、ごめん 」


ゆにくあ 「 ・・・い、いえ (笑いを堪えるのが大変) 」

ウーバーさん「・・・(何ごともなかったかのように)・・・暖まるから~ それで~」



もー

ちょっとぉーw

いきなり おならですよw

うちとけすぎw

しかし好感度アップw



さておき。


さらに、 ずっと 気になっていた問題。

piano 3

基本のドから一オクターブ上がった シ♭の弦を押さえるやつが

どっかいっちゃってます。


この外れた部品がどこにあるか、結構探しましたw

Uwe working
おならをしたのは、このおしり。 こっそり激写。



探してる間に、ピアノの音が出る仕組みについて、細かく説明してくれましたが



最初あまりにみつからないから 「変だなー。外れた部品は下に落ちるって

相場が決まってるんだけどなぁ」 とか言いながら、ライトで照らしてあちこち

見てたんですが、みつからず。 車に戻って、予備に似た形の持ち合わせが

ないか調べてくれたり。


でも結局は、ピアノ内部のすごい小さな隙間に落ちてたので、無事

瞬間接着剤のようなもので、付け直してくれました。よかったよかった。



「驚くかもしれないけど、前に調律したお宅では、部品が壊れたみたいだと

判断して、それをオーナーが勝手に外して、大切にしまいこんだ までは

よかったんだけど、結局どこにしまったか わからなくなってしまった。

全く、ピアノの中のものは、そのままにしといてくれればいいんだよね。

その方が、僕は断然みつけやすいんだから」



ゆにくあ 「そうですね。自分で外すってのもすごいけど。 あ、そういえば、

ピアノ買ったとこの人が言うには、弦を張りなおしたって話ですよ」


うーばーさん 「 ? いや、これはオリジナルのままだよ」 


(あ、そなんだw ・・・ま、どっちでもいいけど、あの人嘘ばっかりだなw)


piano 2



結局、チューニングは今日やっても暖めるやつをつけたばかりだから、

またどうせ微妙にくるってしまうし、2週間くらい弾いて慣れたところで

チューニングしましょう。  ということになりました。



ウーバーさん 「それまでに、たくさん弾いておいてね」

ゆにくあ 「はい、それはもう。時間が許す限り、弾き倒しますけど。

さっき付けたばかりの部品。大丈夫ですかね、また取れちゃったりしませんかね」

ウーバーさん 「大丈夫、大丈夫。取れたらまたつければいいしw」


ここから、片付けつつ、チェックを切りつつ、ピアノは楽しい。という話になり、


「練習してると、ふと 何かがカチッとはまる瞬間があって、それが楽しいから

ピアノを続けられる」 みたいなことを私が話したら、練習嫌いだったけど

ある日突然 開眼した奥さんのピアノ生徒の話とか・・・

まあ、とにかくよくお話してくれる方でしたw 

良い方を紹介してくれた先生に感謝。


・・・・・また2週間後が楽しみです☆



IMG_2634.jpg

ここは開けたことなかったから知らなかったけど、きちんと数字が付いてるんですね。

面白いから思わず写真撮っちゃいました。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村

別窓 | ぴあの | コメント:10 |
I don't get mad at anything anymore.
2015-06-20 Sat 23:44
夏休みです。



3歳から10年間バレエを習っていた娘と一緒に、

振り付けを覚えてBeyonce踊ってます。


フロリダはもう夏だってのに エアコン故障した中で。


マジで汗だくです。 

明日はたぶん 全身筋肉痛w


しかし。


・・・・いやぁ。



楽しいったらありゃしない
 

ピアノのこと軽く忘れそうですww 


ピアノ というか 全てが

It's just like oh, ok, that's cool, I guess.


あぶないあぶない


















別窓 | 雑記 |
1年と10か月目。その1
2015-06-09 Tue 18:49
レッスンでした。

ギリギリになって先生から電話があったので、キャンセルされるのかと一瞬思いましたけど、そうじゃなくて「ね、レッスンって今日だっけ? 明日だっけ?」という電話でした(笑。今回は、前回からの2週間・・・微妙に遊び弾きが多くなってしまったのと、偏った練習の仕方をしちゃってたのとで、なにげにチェルニーの宿題間に合わず!です。(でも潔く昨日は寝ちゃいました)


***

夏休みなので子供が全員在宅な中、どうなることやらのレッスン開始。

最初はいつも通りチェルニーから。
前回、13番が終了したのかどうか・・・微妙だったので一応テンポ上げる練習してましたけど、仕上がりがたいしてよくなかったので、13番の事は知らん振りして14番から弾きました。たいしたミスもなく、たいして速くもなく、通して弾きました。

先生「まーこんなもんかなー。あとは、左をもうちょっと練習してね。自分で弾きやすい手首のポジションをみつけることと、左の小指っていうのは、あなたの赤ちゃん指(一番弱い指という意味らしい)だから、アクセントつけ気味に弾く練習しておいてね」

次、15番。これ、ほっとんど楽譜すら見てなくて、忘れてたわけじゃないんだけど~、なんか気が乗らなくて手をつけてないうちにレッスン前日になってしまい、昨日の夜慌てて少し楽譜見たんだけど、はたと(こんな一夜漬けで仮になんとかしたとしても、あんまり意味ないなー)と思って、放置しました(笑。なので、2ページあるうちの1ページ目はなんとか簡単な繰り返しなので、ゆっくり弾けたけど、後半の2ページ目はレッスンで練習してるみたいな感じになってました・・・。

先生「一番難しいのは、ここだから(2ページ目中央)。でも、あとは同じことを別の場所で繰り返すだけだから・・・(なんで出来ないんだろうという顔)」

当然15番持ち越し。チェルニーの新しい宿題はなしです。



次。。。(なにやったっけ・・・さっきのことなのにもう忘れそう笑)

そうだ、次はインベンションでした。

これは や っ と 少しまとまってきました。最後の数小節の左の鍵盤感覚が怪しいですが、そこ以外はテンポ上げ気味でもうまくいくことがありますよ! でも先生の前ではミスしたくなかったので、普段よりもやや遅めに弾きました。

先生「やっと完全に両方暗譜してきたわね! それじゃあとは~、もっと全体的にレガートに弾いて。こういう感じで(とお手本、数小節)」

(レガート強調してもう一度)

先生「うん、そしたらわかってると思うけど、テンポね。もちろんもっと速く弾かなくちゃいけないのは、わかってるわよね? それじゃ、ちょっとやってみて」

(テンポを上げてさらにもう一回弾いていると・・・)

先生「・・・・あ、一ヶ所。指遣いが間違ってる・・・」


えーいまさらですか! (もっと早く言って欲しかったけど・・・まいっか)


とりあえず、次回までに指遣い直して、テンポ上げた練習してくるように言い渡されました。ちなみに13番の次は4番、その後は14番だそうです。4番、楽譜を見て片手ずつ初見弾きしてみましたが、13番より全然弾きやすそう。安堵。


で、次はマズルカ(今日は早めに差し込みましたw)。

これねー。めっちゃ直されましたよw もーそれこそ いまさら それを言うの? っていうくらい、根本的なリズム問題(特に後半長調に移ってからの部分)を大幅に修正されたので、また練習しなおしです。あの、一度覚えてしまったリズムを微妙に変えるのは大変なのに~~ って言っていいですか! がしかし・・・楽譜どおりに弾いていない私が悪いので、先生には何も言えませんでした。

マズルカ、適当にさらっと弾いて終わると思っていたのに、実は一番直しが多くて、てこずってるかもしれない・・・。


そして最後にチャイコフスキー。

注意点はたった二つ。 もっと優しく弾くこと。左にメロディーが移るところ、もっと旋律を感じて前に出すこと。

弾き終わって、特にたくさん注意されたわけでもなく、かといって「よかったわよ!」と褒められるでもなく・・・。そして、私は知っている(笑 先生がこういう反応するときは、音や弾き方が間違っているわけではないんだけど、どこから手をつけたらいいのかわからないくらい全体的にどっかおかしいと思っている時なんです(笑。
なので、当然持ち越しですw

さらにこの後、遊び弾きしている曲をいくつかさらっとみてもらって、(主にボイシングについてポイントアドバイス&
練習の仕方を教えてもらいました)今日のレッスンは終了。ボイシングについては、自分ではあんまり出来ている感覚がなくて、心配だったから質問したんだけど、先生からは「ちゃんと出来てるじゃない。特に問題ないわよ」と言ってもらえて、ホッとしました。

次のレッスンは先生の予定の都合で月末最後の火曜日になります。







にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村







別窓 | レッスン | コメント:6 |
| ゆにくあ缶 |