AX
最近のいろいろ。
2015-02-27 Fri 00:53
すいません、ブログのこと・・・忘れてました。

っていうか、ピアノのことで書くほどのことがなかったというか、
ここのところ、ピアノよりも重要なことがあったり なかったり。

でもこのまま書かないと、どんどん億劫になってしまうので
ちょっと近況報告。ピアノの話じゃないですけど、すいません。

え? い、いやだな・・・ピアノちゃんとやってますよ(目をそらす


最近あったこと1

Joshuaの誕生日。とはいえ、その直前の週末は友達の誕生日と重なって
しまいました。で、その子はユダヤ教なんですが、ユダヤ人にとって13歳の
誕生日はBar Mitzvahと呼ばれるやたら重要なやつで、日本で言うなら成人式、
スパニッシュ系ならキンセ(これは16歳で祝う)。とにかくですね、これでもか
というくらいお金をかけて盛大なパーティを開くんです。

ちなみに、パーティのメインイベントは、ヘブライ語で書かれたなんとかって
経典を暗唱することなんですが、長い文章を丸暗記してみんなの前で
暗唱しなくちゃいけない。つかえちゃいけないし、パーティに遅れてきて
暗唱を遮るなんてもってのほか。結構マジなイベントです。

で、ジョシュアはこのパーティを楽しみにしてたので、自分のパーティは
どーでもいいから来週にスライドさせるそうです。笑

誕生日当日は、平日だったので本当はお仕事休みたかったんだけど、
週の中でもとりわけ忙しい曜日にひっかかってしまったので、会社に
却下されました。(旦那はなにげに休んでたけど、よく考えたら子供も学校だし、
あの人はジョシュアの誕生日にかこつけて、何をやってたんでしょうか・・・笑)

それで、誕生日には毎年リクエストされたキャラクターケーキを焼くんですが、
来週友達が来るときにケーキ用意してくれればそれでいいとのことだったので、
外食だけ連れてってあっけなく終了。笑


最近あったこと2

こないだ仕事でアメリカの男性客に電話をしたら、小さな女の子が出ました。
たぶん4歳くらい? すっごいかわいいの。本当は電話かける時、必ず最初に
言わなくちゃいけないスクリプトがあって、言わないとコールレビューする人に
35点くらい引かれるんですが・・・あんな小さな子には言えないですよ!笑

だから、もーいいや点数引かれても!笑 とか思って

女の子「もしもしー?」
ゆにくあ「あ、もしもしー? パパいますかー?」
女の子「いまねー おばーちゃんちなの。」
ゆにくあ「そっかあ、じゃ、おばあちゃんとお話したいなー」
女の子「いまね~お昼ごはんたべてたの。マカロニ。あと・・・あと、チキン!」
ゆにくあ「そっかあ、おいしそうだねぇ。笑 いいね~。おばあちゃん何してる?」
女の子「おばあちゃん、今テレビ直してるー」

みたいな感じで延々20分。なかなかおばあちゃんを呼んでくれない。笑
彼女の話によると、「おばあちゃんは今テレビの接続をしてて忙しい」らしく。
おばあちゃん、接続に時間かかりすぎです。

っつうか、そもそも話したいのはカールって人なわけですよ。だから

ゆにくあ「お話、楽しいんだけど、パパいる? カールさんいる?」
女の子「ねぇ、なにやってるのぉ?」
ゆにくあ「お、お仕事~ (笑」
ゆにくあ「ね、パパいる? カールさんと話したいなー」

女の子「パパはー カールじゃないよ~」


え。

・・・・じゃ誰ですか。あなた(汗



さてと・・・そろそろチェルニーに戻ろう・・・
別窓 | 雑記 | コメント:4 |
1年と6か月目。その2
2015-02-19 Thu 18:46
振り替えのピアノレッスンでした。

今日はね、昨日のようなことがあってはいけないと思って、超早起き。
なんと、朝5時から起きてますよ。 早起きすると、頭の回転率が10%あがりますね。

(・・・でもジョギングは二日でやめました。だって外、暗いんだもん)



****

今日のレッスンは・・・先生の「昨日来られなかった理由トーク」から。
かなり長かったので、割愛&要約すると

「タイル修理の人、時間通りに来なかったから もう信用しない」

という話ですw



その後、チェルニー。

前回持ち越しになった9番はですねー 指示通りにテンポを上げたので、
そこは先生満足してたけど、速いと もー 究極に手が疲れてしまって、
最初のページはいいんですけど・・・最後の方は上滑りしちゃう。

と話したら、「3の指だけ気持ち強く弾いて、それ以外は脱力&自然に
まかせてサラサラと弾いて」というアドバイス通りにもう一回弾いて
・・・とりあえず合格。

先生いわく、これは「チェルニーの基本」とのことで、10番も同じ。
ゆっくり練習をする時にだけアクセントをつけて弾きます。最初に
それをみっちりやっておくと、速度を上げた時の安定感が違うそうです
(高速では、アクセントが自然と落ちます・・・というかそんなことやってる
暇ないので)。

上がる時と下がる時、半音スケールの場合もアクセントの位置が
変わるそうです。ただ、10番は9番ほど速く弾かなくていいので
特に問題なし。

先生  「あなたホントに毎回楽しそうにやるわね」
ゆにくあ「(チェルニー)好きなだけです」
先生  「私は大嫌いだったけど」
ゆにくあ「・・・知ってますよ笑」

宿題は恐怖の11番です。アルペジオだけで出来ている曲ー。
これ最低でも1か月はかかると思います。

ゆにくあ「あの・・・・とりあえず右手だけ先に練習してきていいですか」
先生「すぐ覚えちゃうくせに」
ゆにくあ「いえいえ。アルペジオは大の苦手なんで(汗」
先生「それは法則を理解しないからよ」

ということで、(この曲の)アルペジオの法則について、ちょっと教えて
もらいました。でも わかったよーな わかんないよーな (笑



で、その次はショパン。

こないだよりはテンパらずに弾けました。ペダルも、まーなんとか形に。

(弾き終わって)

先生「はい とってもよくできました。あなたすごいわねー」

ゆにくあ「は? いえ・・・すいません・・・これが今の私の限界です」

先生「よかったってば。あなた、ショパン好きなの?嫌いなの?」

ゆにくあ「嫌いとかじゃないですよ~ 単に下手なだけです笑」

という居心地の悪いお世辞のあと

「欲を言えば、もっともっと左のメロディーを前に出したいから、
クレッシェンドとデクレッシェンドをはっきり弾く練習をしてね」

とのことです。これは今日で終わりだったのかも。


その後、なんと

私の期待をよい形で裏切って、先生ったらショスタコーヴィチの楽譜を、
忘れずに持ってきてくれてました。驚き。こんなこと初めてじゃないですか。

で、「さっそく、ちょっとやってみましょう」ということになり、リズムや運指を
みてもらいました。次までにやっておくのは、ダンスだけでいいそうです。
でワルツはその次の回から続けてやるそうです。

ダンスはたった2ページで、実はそこまで難しいとかではないのですが、
なんというか「スピードと踊るような軽やかなタッチと雰囲気」を保って
余裕っぽく弾かないと、ちっとも素敵には聴こえないので、そこが大変。

その後、残り5分強だったのでモツソナの直されたところ、きちんと直って
いるか見てもらって終了しました。「次回、1楽章と3楽章を通してもう一度
見せてもらったら、これで終わりにします」だそうです。

2楽章やらないんですか? と聴いたら即答で「やらない」との返事w

えーでもなんか中途半端じゃないですか? と突っ込んだら

「やりたいならやってきてもいいわよ。」という投げやりな返事w

えー。だってーせっかく1楽章と3楽章やったのに~ 全面クリアしたいです。

でも先生としては、次はバッハへ戻る予定だそうで、インベンション13番を
やりましょうだそうです。


あのー 随分前に13番予習したんですけど、先生がなかなか見てくれないから

完全に忘れました。笑


も う 一 回 や り な お し ・・・・



ゆにくあ「ところで、テンペストいつか教えてくれませんか」

先生「もちろん! ・・・テンペスト?」

ゆにくあ「いや、今じゃないですよ(汗 17番…かな?
番号わかんないけど、テンペストっていうらしいです」

先生「好きなの? よくわかんないから英語じゃなくて、
ロシア語で言ってみて。」


いや、言えないからw

ゆにくあ「ちょっと美味しいものがかかってるんで」

先生「は?」

そう言って、ちょっと弾いてくれたんですが。

先生…それ…





モーツァルトですよ。汗

ゆにくあ「そ、それじゃないです。ベートーベンですよ」

先生「あなんだ、それを先にいいなさいよ」

そのあと、これ? これ? とか言ってベトソナを片っ端から
弾いてくれたんですが。あまりに美しいので、途中で正解があったけど
「それ」といわず、しばらくいろんなの弾いてもらっちゃいました。

・・・先生、ずるいよー。
なんでそんなに何でも美しく弾けるの???

ゆにくあ「・・・・私には絶対無理かも(笑」

先生「世の中に絶対なんてないから大丈夫。」


*****

レッスンが終わって、ショーンと近所のお店に行ったんですが。

その途中でココナッツをみつけて、でも重いし、お店の中に
持ち込むのはどうかと思って「そこへ置いていきなよ。帰りに
また拾えばいいじゃん」と言ったら
「そうだね。でもカモフラージュしておかないと誰かが取るかも」


と言ってたので、ふとみたら


ココナッツ


www ショーン、あなたアホですか。ww
別窓 | レッスン | コメント:12 |
タイミング良好。
2015-02-18 Wed 13:22
・・・今日はレッスンだったのに、思いっきり寝坊しました。
寝坊と言うか、一度6時半から8時までは起きてて、子供たちが
学校へ行くのは見届けたんですけど。

気が付いたらまた寝てました(汗

それで、レッスンは通常13時からですけど、起きたらもう11時10分前。

慌てて先生の目に触れる1階だけを全て掃除して(笑)、散らかってた
おもちゃを所定の位置へ戻し、その辺に落ちている男子のシャツだの
靴下を洗濯機にまわして・・・

なんてやってたら、12時すぎ。

げっ あと1時間じゃん! 

そこからシャワーを浴びて、髪を乾かして・・・
まだ何も食べてないけど、もう12時半。

やばい・・・まだピアノ、触ってもいません。

二階へ行って、着替え終わってほっとして時計を見ると
既に12時40分すぎ。

(あと15分強あるから、ピアノ少し触って指を慣らせばいいか)

などと考え、今日はあんまり見せるものがないなあ
今までやってきた曲にも別段変化はないし・・・
ペダルの練習も毎日帰りが遅くて、思ったより出来なかったし・・・

わざわざ来てもらうのに悪いなあ・・・不安だなあ・・・
いや、でも先生にとってはここに来て私のピアノを1時間みることに
こそ意味があって、出来てなくても下手でもつまらなくても、
とにかく収入源なんだから、いいんだ。などと自分にいいきかせ。

でもあ゛~ 

なんて思っていたら

今、先生から電話があり

せんせ「Listen, 今日は私が駄目になっちゃったわ。ごめんなさいねー
明日に延期してもいい?」

ゆにくあ「 もちろんですとも!!

せんせ「なんだか知らないけど、ちょっとアパートの調子が悪くて。
修理の人がまだ来ないのよ。本当なら15分前に家を出なくちゃ
いけなかったんだけど、今このままじゃ家を離れられないの」

ゆにくあ「そうですか。大変ですね! もう全然平気です。明日にしましょう!」

せんせ「そお? 悪いわねー。じゃ、明日、同じ時間にね」

ゆにくあ「はい、See you tomorrowです」




・・・・・・かっ



神様・・・ありがとう!!笑




しっかし

これからはレッスン木曜にずらしてもらおうかな・・・水曜だと前日まで
仕事だから、どうしても頭の切り替えが難しすぎるんだよ。

たとえばおとといイギリスのお母さんから、16歳の息子が初めて
アメリカに学校の旅行で行っているのに、いきなり財布をなくしちゃったから
助けて欲しいと電話があり、心配するお母さんについ肩入れしてしまって。

でも16歳だと未成年だから通常の方法ではお金を渡せないので、
同行している先生を巻き込もうと思ったけど、ロンドンにある銀行は
頭が固くて第三者じゃ駄目だと言うし、本人と話さないと許可できないとか
言うんだけど、旅行中のその子を捕まえるのは相当大変で、もう直接私が
行ってお金を貸してあげようかと思いましたが(笑 そういうわけにもいかず。

何度か電話してやっと捕まえて「銀行が話したがってるから繋ぐよ?」
と言ったら「これから地下鉄乗るから無理です。あとでこっちからかけます」
とか言うしー。

んー ま仕方ない。

で、帰り際にもう一度銀行に電話したら「今そのケースやってるから」というので
私が帰ったあと承認が降りるだろうと思って帰宅。ところが昨日出社してみたら
まだお金受け取ってないし・・・。っていうか、お母さんが心配して何度かかけて
きているのに、なにげに前のログを見ると、ロボットみたいな対応をしている(汗

それで、

あーまったく!と思ってまたそのケースに手をつけて、なんとか承認を
取り付け、

ただよく考えたら、見知らぬ土地を団体行動しているのに、その子だけ
どこかへ取りに行かせるのはスケジュール的にもかわいそうだし、結局
ニューヨークのホテルの支配人と、上司と、銀行に交渉し、なんとか
泊まっているホテルを通じてお金を手配。。。

みたいなことを二日がかりでやっていて、最後はもうイギリス夜だったけど
お母さんにもう一回電話して「オリバーお金もらったから、安心してね」と伝えて
ほっとして、どっと疲れが・・・みたいな一日だったんですが、もう毎日こんなこと
ばっかりやっているというか、こういうのを30件くらいかけもちでやっているので、
仕事から帰ってもすぐ

「はい、じゃこっからは集中してピアノやりましょう」・・・とならないんです、最近。

でもまいいや、あの子がお金受け取れたから。
これで残りの旅行も楽しめるでしょう。よかったね、オリバーくん。
君のことが頭から離れたし、今日はピアノの練習を頑張るよ。

別窓 | 雑記 | コメント:4 |
お悔やみの言葉。
2015-02-13 Fri 09:34
旦那の母方の祖母が、数日前に他界しました。朝5時40分頃の事でした。

20150214002521a57.jpg
左の女性が祖母の若い頃。


(旦那の)お母さんは、前日意味もなく、ひどく悲しい気持ちで夜中に目が覚めたんだって。そしたら、その数時間後に連絡があって自分の母親が危篤だって知ったんだって。不思議。

旦那のおばあちゃんは、ドイツから移民してきた人で、バーモント州の美しい自然に囲まれて、次女夫婦のすぐ側で暮らしていました。私は結局、一度しかお会いしておらず、残念です。とても凛とした方でした。

それで、お母さんにお悔やみの言葉を伝えたくて、でもそういうの苦手で、朝から知ってたのに、結局メッセージを送ったのは夜の7時。本当なら電話かな、とも思ったけど、こんな真っ只中の時はきっといろんな親戚と…既に何度も同じ話をしただろうし、話すとどんどん現実として認識することになるから辛いだろうなと思って。泣かせたら嫌だなと思って。それで、携帯にテキストしたんですが。

以下、原文。

I'm sorry that it took a while for me to text you. I know I should have sent you a massage sooner but I couldn't figure out how to say it...Mom, I'm very sorry for what happened, but please remember my thoughts are always with you. Love 

そしたら10分後

Thank you

でその1分後

And a massage would be good :)


えっ! 慌てて送った文章を見直す私。

しっ しまった!汗



a massage マッサージ    X
a message  メッセージ   O

なんでこんな大事な時に、よりによって
こんな簡単な単語をスペルミス〜泣
別窓 | 雑記 | コメント:4 |
あんたさ・・・・ピアノやったら?
2015-02-12 Thu 14:13
唐突ですが。

youtube等でお目にかかる、ピアノを美しく弾く女性の、
白くて細く伸びた指に憧れます。

あるいは男性の、大きな手 長い指。
あれは立派なsexual innuendoですよ。

という前振りのあと、自分の手を見るとなんか、複雑~。
私はピアノを弾かない方がいい人間という気がしてきます。 

最近ね、ますます女らしくない手へと変化している気がするんですよ。
ピアノを始める前と比べて、なんていうのかなー ゴツゴツしてきた?
筋が・・・特に親指と手首が出会う所が筋ばってきたというかー
親指と人差し指の間? あの辺りに気のせいか・・・

筋肉ついてきたんですけど・・・ああ・・・こんなはずでは・・・・。


練習は、まあボチボチはかどっているような はかどっていないような。
今月は雑念が多くて、いまひとつ何に対しても集中出来ません。

一応やることはやってますけど。チェルニーの宿題も一通り暗譜して、
モツソナも始めた当初と比較したら板についてきたと、自分では思って
いますが。

相変わらずショパンの出来が超、微妙。
私はやっぱりショパンと相性が悪いのかもしれないわ。



閑話休題。

ピアノの弊害として、日々、恐ろしく運動不足状態なわたし。
毎朝走っている旦那に、意を決してついていくことにしました。

ゆにくあ「ねー私も走ろっかな・・と思うんだけど」
旦那「(一瞬驚いた顔をしたあと)・・・ん、いいよ(笑顔)」

そして今朝。

耳元で旦那のささやく声 「走るんでしょ。起きて」

時計を見る私。

5:00

ご、5時・・・・? 今日休みなのに・・・勘弁してよ~~(泣

でも自分で言い出したことなので渋々起きるわたし。
適当にその辺にあるショーツ着て、Tシャツにパーカー。

あーねむーーーーい。3時間しか寝てないっつうの!

ドアを出て、ちょっとストレッチみたいなことするけど、
眠いからフラフラして転びそう。

と旦那

「じゃ、ね」 と言って走って行ってしまった。


え?


え?


待ってよ~!! 一緒に走ってくれるんじゃなかったの?!

外、まだ暗いよー。誰もいないよ!

ゆにくあ「ちょっと~~ HEY WAIT UP!」と既に遠い旦那に声をかける。

すると旦那・・・走って戻ってきて、真顔で

「まさか、僕が君の隣を走るとでも思ってたの?


はい・・・そのまさかです・・・。


だってぇ~ ひとりで走るの?



ゆにくあ「ねぇ今日だけ、一緒に走って? お願いっ」

旦那 「(私をまっすぐ見て) ん~


     ・・・・・やだ(笑顔) ゆにくあ遅いから」


と言ってまた行ってしまった。


・・・いっ、いつになく冷たいじゃーーーーーん! 

なにこれ!!

いつもは私の周りから子犬みたいに離れないくせに! 


くっそぉ~~~!

ふん、いいもん。ひとりで走るもん(涙。



15分くらい走ったところで、
折り返してきた旦那が前からやってきた。

ゆにくあ「もう戻ってきたの? 速くない?」
旦那「うん、心配だったから急いじゃったかも。
一緒に戻ろっか、一日目だし、ゆにくあ頑張ったよね」

そっからは並んでおうちまで走ってくれた。

(・・・なによ。一緒に走らないんじゃなかったの)


帰宅して、シャワーに入る直前、旦那の脚を見た。
筋肉質な長い脚。 ちょっとだけ・・・色っぽい。

そっか。 あいつ、脚がきれいなんだった。
忘れてたわ。

そのままシャワーを浴びる旦那を観察する。

(寝室のシャワーはお風呂と別になってて、
クリアガラスなので中に入ってる人が丸見えなのです)

私の視線に気づいてニコニコする旦那。

(なに?)と言う目をしている。

手が・・・・大きい・・・・・・ 


ゆにくあ「ね、あんたさ・・・・ピアノやったら?」

別窓 | 雑記 | コメント:6 |
NOT FOUND
2015-02-10 Tue 21:04
緊急謝罪。 このいっこ前のやつ。

気が向かなくて消しちゃいました。
クリックしちゃった人、ほんとごめん!
私が消す前に聴いてしまった人、もっとごめん!笑

むかつくよねー、クリックしたら
「このページは既に削除されたか~」って
NOT FOUNDページに飛ばされるの。

大変失礼いたしました。






それより、今ちまたで噂のこの曲ですけど。

原曲が別にありますよね?

絶対どっかで聴いたことあるんですよ、このイントロ。
つーか、

ねぇ キヨシローの曲でこういうの、なかった?

まあ、キヨシローも誰かのカバーしたんだろうから、
原曲はもっと古い曲なはずで、とにかく、一日この事が
気になって気になって・・・ネットでさらっと探したけど
見つからないから余計気になって~、
私は頭がおかしくなったのか? とか。

なので誰か知ってる人がいたら、この悶々とした状況から
わたしを救ってください。


ちなみにこんなのがあって↓ メルとキャーキャーいいながら感想会しました。



私が好きなのは、2位の人かな。顔だけなら4位だけどw メルは彼のシャツが許せないそうです


****

ついでに。 こっから先は暇な人だけ&大人限定。

ピアノ音楽は私の脳にとって、一番の新参者。
クラシックばかり聴いて生きてきたわけではないのです。



どーでもいいけどBLURのDAMON ALBARN、beetlebumの頃の彼
思いっきりタイプ。











こうやって並べるとなんて暗い選曲なんだw
別窓 | 雑記 | コメント:2 |
石の下。
2015-02-09 Mon 02:16
影響を受けてたまにはピアノじゃないこと、ちょっとだけ。

昨日の夜は、会社帰り同僚たちに誘われて、普段は(そういうのダルいので)滅多に参加しないんですが、昨日は若干押しが強い人がいて(笑)結局みんなと外で食事をしたんだけど、いやー気持ちいいくらいみんなの話がよくわからない。例えばなんとかってタレントの話。テレビとかほとんど観ないんで私にはさっぱり。

「知らないし。 誰?」

と言ったら、めちゃめちゃびっくりされて

「アメリカ人なら全員知っている。お前今までどこに住んでたの? 石の下? これからうちへ来い。みせてやるから」

とか言われました。笑

さらに食事の後、「ここビールもねーのかよ!」とか言い出す人が続出。で、場所を変えてバーで飲もうみたいな雰囲気になり、でもそこへ行ってしまったらまた長いしー 別にお酒なんか飲みたくなかったし、

つーか私は既に家に帰りたくて(すいません、社交性ゼロです笑)

「えー。せっかくゆにくあを誘い出せたのに! 帰っちゃうの?」「あーごめんごめん。ちょっと眠いから石の下帰るわ」

帰宅後は、少しピアノ弾いて、その後は気分転換に絵を描きましたが、チーがぜんぜんじっとしていてくれないから難しかったです。

201502091620124fd.jpg

で、普段は日曜仕事ですが、今日は計画的にお休みを取りました。週末に休んだのはすっごく久しぶりかも。

ひとりで出かけてゆっくり買い物するつもりだったのに。。。なぜか娘がついてきて、まんまといろいろ買わされました。あの子がついてくると、いっつも散財する羽目になります。

でも、彼女といるのが一番好き。
別窓 | 雑記 | コメント:8 |
1年と6か月目。その1
2015-02-06 Fri 01:46
ひとつ前のエントリーを読まれた方は知ってのとおり。
今日のレッスンは、私の我侭により昨日の振り替えでした。

レッスンの話を書く前に、昨日あのあとどう過ごしたかというと
アオハライドとかいうアニメを観たり、ここをダラダラ読んだり、
残りの時間はマズルカについて勉強していました。

こんなのみたり



・・・いやぁ思いっきり期待を裏切られました。こんなにやる気のない
ダンス観たの初めてだ・・・笑 まったく・・・この人たちのせいで、
マッズゥ~キャ マッズゥ~キャ♪ってへんなイメージが植わって
しまいました。(しかし本当のダメージは仕事でほぼ毎日電話する
service premierってフランスの会社があって、そこのチャールズさん
の声と、このおっさんの声が激似なもんで、明日仕事で話すときに
思い出して笑っちゃうんじゃないかと、心配)


あとは、こんなのもみたりして。



世の中いろんな人がいますね。

******


それはさておき、レッスンですよ。

まず宿題だったチェルニー9番(opus636)。これはやってみたら意外と譜面が
簡単だったので(似たような運指の連続だから)、今までで一番練習せずに
レッスンへ持っていった気がしますが、まんまと駄目出し&次回へ持ち越し。

先生「なんかリズムが変。連譜と5連譜の間はびっちりつけないと駄目よ」

っていうかー、びっちりつけるべきとわかっていたというか、速度を落してる時は
そう出来るんですけど、速いともうなんつーか左が間に合わないんですよ。。。

それと、自分では結構テンポを上げて行ったつもりだったんですが、先生いわく
全然遅すぎて眠くなるので次回までに正しいテンポまで上げて弾けるように
練習してきなさいだそうです・・・(先生の鬼

宿題は10番(636の21番)です。またもや指をさっさと動かす練習の曲です。
譜面だけ見た感じだと、動くのは基本的に右で16分音符Allegro vivoだけど、
また運指にパターンがあるので右はたぶん慣れだけど、問題は左の和音。
いちいちほぼ全部違うんですよ。覚えるの、超面倒くさいです。

(ちなみに11番は速度132&一曲全部、苦手なアルペジオ・・・ま、まずい・・・)



そのあとプレリュード。

でしたが、あーもー全然駄目でした(苦笑 ペダルってよくわかんない!

そもそも、ペダルつけると音を濁らせないことばかりに意識が行って、音の
バランスのコントロールだとか、フレーズごとの大きな流れとかに注意が
普段の半分もいかないので、結果、左のメロディーがところどころ消えたり、
逆にPにしたいのにそこらじゅう反響しまくって、とにかくすっごく弾きにくい。
やっぱり天井高いところにピアノを置いたのは間違いだったのか。

しかも先生の前で

「あれ?汗 あれ?汗」って感じで、焦る→どんどん駄目になる

という悪循環ぶり。やっぱりねー、ペダル練習 ぜ ん ぜ ん 足りないわ。
で言い訳させてもらうと、そもそも仕事の日は帰宅するともうアップライトで
弾けない時間だから、実質休みしかまともにペダルつけられないんだもん。

「こういうのは人によるけど、あなたは耳がいいんだから楽譜見ながら目で
ペダルのタイミングはかるの禁止。耳だけで決めなさい。
そうだ、目をつぶって弾いてみたら」とか、先生相変わらずの無茶振り。

さらに先生いわく「慣れれば何も考えなくても自然と感覚的にペダルの
踏み方がわかるから」「もうたくさん弾いて慣れるしかないのよ」とのこと。

また、そんないつになるかわからないようなことを!




この時点であと残り10分くらい。ショパンにかなり時間をかけてしまった。
(私がペダルできないせいだけど)

なので、今日はモーツァルトはやめて、代わりに新しく練習を始めた
プロコを見てもらうことに。とりあえず全部で12曲ありますが、譜読みを
ざっとしたのは4曲。覚えたのは3曲。あとのはまだ見てもいませんので、
見てもらったのは1曲目と2曲目です。短いし、特に何か奇抜に難しい
というわけではなく、むしろこれを美しく弾くことに意味があるタイプの
アルバムですので、なんかこう抑揚のつけ方とかそういう方面で指示して
欲しかったんですが。


私「かわいいですよね。リズムがいいですよね。このアルバム大好きなんですよ」
先生「うん、いいじゃない。プロコの音楽はフレッシュよね、近代って感じ」


え、またそれだけですか。汗 


もー私が選んだ曲だとなんか興味薄いっていうか
すぐレッスンをスルーするんだから~ 

っていうか、まさかプロコ終わりですか。先生に一回聴かせるためだけに
100回くらい練習で弾いた計算なんですけど!笑


先生「あのね、それより私あなたに弾いて欲しい曲があるのよ」

ゆにくあ「そうなんですか。なに?(うわ、ほんとに見事にスルーだ。笑)」

先生「生徒がこないだコンクールで弾いた曲で、まさに指の訓練のための曲」

ゆにくあ「へ、へぇ (・・・指の訓練の曲・・・・)」

先生「ショスタコーヴィチ。こういうやつ。楽譜がないから間違えたらごめんね」

といって先生がおもむろに演奏。



ゆにくあ「なんか・・・(案の定)恐ろしく速いですよね・・・でもリズムが楽しい」
先生「でしょー? 人形の舞曲ってアルバムの中の曲なんだけど、これとね、
あとワルツってのもあって~それがこういうの」 と続けて弾いてくれました。

ゆにくあ「うん、ワルツとっても素敵ですね。これも楽譜持ってるんですか」
先生「うん、あるある。やる? どう?やりたい?
ゆにくあ「いいですよ」
先生「よっし! 決まり! じゃ次にこの二つの楽譜持ってくるから! 
へへへ~(ワルツ)ペダルいっぱいあるわよぉ~笑」


(・・・・え、いっぺんに両方ですか)


つーか先生、完全にプロコを打ち切ってショスタコーヴィチに
差し替えようとしている・・・やられた・・・。

ということで、次からショスタコーヴィチの人形の舞曲/7つの人形の踊りから
2曲、7番.ダンスと1番.ワルツやるみたいです。




一曲目がワルツ、最後の曲がダンス。ダンス、この人が弾くと30秒強
しかかかりません・・・もはや同じ人間とは思えない・・・。


***

レッスンが終わって、ついこの間あったコンクールの話になり。

ゆにくあ「そういえば、コンクールどうだったんですか。」
先生「素晴らしかったわよ」
ゆにくあ「あの子は? 心配してたじゃないですか。ラフマニノフ弾く子」
先生「ああ、あの子はね・・・教室での練習の時はとっても上手に弾けたのに
本番では縮こまっちゃって・・・うーんって感じかな。でももうひとり女の子がでて、
その子は真逆。レッスンの時はホント駄目で、本人に言ったのよ

『クレア、もうおしまいね。あなたのコンクールは大失敗に終わるわ!』って」

ゆにくあ「え~(汗 先生・・・10歳の子に容赦なさすぎ!」
先生「テンポも上げられないし当然よ! だって全然練習しないんだもの!  
でもね、本番では開眼したみたいに別人のような素晴らしい演奏だったのよ。
びっくりしちゃった」


先生・・・恐ろしいなあ・・・ってその曲ですか、私が次やるの・・・。
なんでまた同じのやるんだ?? 同じ曲ばっかり聴いて飽きないのかな、先生。
レッスン曲、使い回した方が楽だから?笑 別にプロコでもよかったじゃん。

あーどうでもいいけど、また1から・・・譜読みからか・・・もうなんか次から次へと

メンドクサインデスケド~~~~~!!!


先生が次までに持ってくる、と言うけどどうせ忘れるに決まっているので、
さっき自分でダウンロードしてちょっと譜読みを始めたけど、はっと気づいた。
すぐに譜読み終わらせちゃ駄目だわ。課題を出されるとついまとめてしまうけど、
そういうことするから、どんどんペースが上がっていくし、きりがない!

今まで先生のペースで進んでいると思い込んでいたけど、実はペースを決めてるの
私じゃん! つーことで、楽譜あるけど先生が持ってきてから始めることにする。
次までにやるのは、ペダルだ。ペダル。もういい加減ペダルに慣れなくちゃ。


別窓 | レッスン | コメント:9 |
先生に嘘をつく。
2015-02-04 Wed 11:25
あー。

とうとうやってしまいました。

先生に、嘘をついて

レッスンを休んでしまった。



しかし私の場合、レッスンへ通うのではなく、

先生がうちへ来る形なので

今日はこないでください」と伝えねばならず。




予想以上にハードルが高かったです・・・。


Is it ok if I push back today's lesson?

というたった1行のテキストを送るのに2時間かかりました。




本当は。。。家中を掃き掃除して、拭き掃除して、

カウチ周りを片付けて、花を飾って。。。

迎え入れ準備は万端でしたが、

先生ごめん。。。 

今日、私なんだかピアノ弾きたくない。

昨日もおとといも練習に身が入らなくて、

なんか変だ、わたし。どうしよう。


飽きたとか 忙しいとか 疲れているとか

そういうんじゃなくて、

最近、心がザワザワすることがあって

ピアノに心が向かわないというか、

ある意味、避けている自分がいるのです。

困った・・・



とりあえず、

レッスンは明日まで待ってもらうことにしたので、

なんとか明日までに復活しなくちゃいけない。

とにかく今日は何も考えないで練習しようか・・・

それとも全く違うことしようか・・・



それと、みなさんのブログ読んでいますが、

コメント出来る時と出来ない時があって

ごめんなさい。
別窓 | 雑記 | コメント:12 |
| ゆにくあ缶 |