AX
チェルニーまらそん。
2015-01-29 Thu 10:27
昨日、お休みだったのでチェルニーマラソンしました。

ホントはもっと早い時間に弾いたやつを録ればよかったです・・・。
これはもう、この時点で5週目くらいで疲れ果ててます。(笑)

でも6週目する気はないし~ 逆にミスタッチ増えると思うので、
もういいでしょ、これで(笑。あ~いつも適当ですみません。。。

あと・・・(言い訳ばっかり)楽譜は開いてたんだけど、譜めくり面倒で
ずっと1ページ目のままひたすら弾いてるので(いつもそうだけど)
うっかり2曲分弾くの忘れてしまって、気持ち悪いのであとから別録り
して途中に無理やり挿したんですけど。その時、録音音量設定が
間違ってたみたいで、いきなり2曲だけあからさまに音小さいですけど、
そのままです。普通に何度か弾きなおしたのもあるので、一発勝負
じゃないですよ。しっかしデジピで同音連打は厳しい・・・。








実際はこれでも普段やる量の半分ですけど、チェルニーばっかり
30分連続で聞きたい人もいないだろうと思って、録音はこの辺で
やめときました。いやぁ。。。考えてみたら、チェルニー録ったの初めてだわ。
こうやって聴くと、自分の欠点がよ~くわかりますね。あとで気が向いたら
まとめるかも問題と対策。笑 (一番の問題は楽譜を見ないことだけど)

とりあえず、

これは私が去年やった分(第一部)の1番から続けて弾いたもので、
第一部はこのあと20曲?25曲? そんくらい残ってます。で、そのあと
現在進行形でやってる第二部なんですが、そっちはまだ9番までしか
進んでません。なので、こんなことしてる暇あったら9番練習しろって感じ?

あ~~ 9番・・・全然進んでません・・・というか

プロコの譜読みばかりどんどん進めていて、チェルニー放置してました。
でもさすがに時間なくなってきた! 今日中にやってしまわないと!




ちなみに現在、駄目な練習の王道まっしぐら

最初の数小節→ミスする→やり直す→ミスする の無限ループ・・・

怖いのは、自分で弾いてるときはオートパイロットで流して弾いてるので
魔のループに全く気づいてない。。。。

なので、これから意識的に速度半分に落として真面目に練習します。。



追記:

・・・で、今日の練習の成果、テンポ遅めです。まだ完全に覚えてないので
グダグダな上に時々音が飛んでますが・・・まあ一日での進歩としては
こんなもんかな。来週のレッスンまでもう少し時間あるのでなんとかします。



別窓 | ぴあの | コメント:2 |
1年と5か月目。その2
2015-01-22 Thu 01:22
レッスンでした・・・が、今日は失敗しました・・・笑

こんなことなら言うんじゃなかったなー。
いやね、先生に「実は肩が痛いんです」とつい話してしまって、
そしたらね、もうレッスンの半分が「体痛い話」とか「健康保険の話」ですよ!

今日は密かにレッスンをまるごと録音したんです。
注意されたこととか、あとで聞き返せばいいなと思って~たくさん、いろんなこと
質問しようと思ってたのに! 終わって聴いてみたら、半分は健康の話~。笑

にしても、私の肩はたぶん四十肩ってやつかなと思うんだけど、だんだんと
日常生活で必要なことが出来なくなってきてて、実は真剣に困り中。

例えば・・・後ろで髪が縛れない。
一度、ピアノを弾くときに邪魔だったので、旦那に「ねーちょっとお願い」と
髪をしばってと頼んだら、「え~? う~んできるかなあ」となっちゃってて、
5分後「よしできた!」と旦那が手を離した瞬間、ゴムが勢いよくどこかに
飛んでっちゃって、そのあと探すの大変だった。汗

あと毎日しなくちゃいけないことで、困るのがブラの装着。
マジで自分で出来ません(泣。しかたなくこれも旦那に頼む日々。←頼みすぎ

ま、ピアノには影響がないからいいけど。肩、早く直って欲しい。ウザすぎる。



はっ。また健康の話してる・・・。

***

レッスンはチェルニーから。

7番、左手の練習/16分音符。先生「左はよく動いてるのに、右が足を引っ張ってる
わね・・・普通は逆なんだけど・・・。あなたって変わってるわね」

だってー右の和音に愛着が持てない! ソシレでもシレソでもレソシでも音の種類は
どれだっておんなじじゃん!笑 はっきり言って覚える気が起きない~。
あと速く弾きすぎ、という予想外なコメントが。

8番、スケールユニゾンは、後半ミスタッチしたので弾きなおして無理やり終了。

宿題は9番、5連譜。これはOP636ってやつからの抜粋。allegro vivo e scherzosoです。
右は最初から最後まで全部5連譜で出来ていて、左はアクセントです。先生はこの曲が
お気に入りらしい・・・。嫌な予感。

先生「肩が痛いなら、チェルニー控えめにしたら?」
ゆにくあ「それは困る。チェルニーは息抜きなんです。」
先生「は?笑」


ちなみにop636はこんな感じです。



その次、ショパン。

散々、悲しい音~とか言ってたのに、先生に質問し忘れました。
というか、忘れたというか、先生が「大事な話がある」とか言い出して
なにかと思ったら「オロナインって何?」みたいな質問で(汗)
なんでも先生の受け持つ日本人こども生徒のお母さんから、日本の
お土産としてもらったらしく(・・・オロナインをお土産に選ぶセンス・・・
イカスわ・・・)先生は「なにこれ」状態だったので、私に
「副作用はないの」とか「これはそもそも薬なの、化粧品なの」とか笑

よって、延々とオロナインについて説明する羽目になり、悲しい音に
ついては何も質問できず。

とりあえず写し絵練習の成果か、特に取り乱すこともなく
ノーミスで弾きましたが(なぜか最近、本番に強いわたし・・・)
その後、もっとこう・・・「歌え」とか「間合いが違う」とか直されると
覚悟していたのに、そういう話に入る以前の問題として

「ペダルをつけてこい」ということになり(・・・当然ですね)
が、またしても自分ではよくわからないので、先生にペダルを
つけてもらいました。いつになったら自分で出来るようになることやら。

というわけで次回までペダル有り練習です。他はいまのところ
特に修正なし。


その後、モーツァルト。

テーマのみ繰り返し適用で最後まで通して弾きました。
相変わらずバリエ2がうまく流れません・・・が、そこは突っ込まれず
3は少し速すぎるからゆっくり・・・というかもっと繋げて。
4はこれでよし、とのことですが自分では重音のレガートもバランスも
全然駄目だと思う。先生がどうしてこれでよし、とするのかわからない。

5はまだ付点のところがちょっと詰まっているとのこと。これ前回も
言われてます・・・。適当に弾かないで次までに確実に直さなくては!

6は練習始めた当初と比べればだいぶテンポが上がりました。
が、本当はもう少しあげたいところ・・・ですが・・・今は無理をせずに
このテンポでミスタッチしたり遅れたりしないように練習しようと思います。
一か所「弾きにくそうにしている」と指番号変更箇所ありました。

これで今日は終了でしたが、5分あったのでなにか見せてと突然言われて
仕方なく練習の足りていないワルツをみてもらいましたが、この譜読みしたの
結構前でかなり忘れちゃってました(苦笑。さわり15秒だけ聴きますか?
(このあと勘で弾いて1フレーズまるごと飛ばし、さらに適当につけていた
ペダルのせいで強制ストップかけられました:笑 ・・・っていうか、今聴くと
最初の15秒で、もうなんか文句言ってますね、先生w)





最後、課題をもう一曲足すという話になり、楽譜を見始めたらショーン帰宅。
先生から「ワルツでもいいし、他に弾きたいのがあるならそれでもいいから」と
いわれましたが、好きなのを練習しておいでと言われると、逆に何をやったら
いいのか・・・迷います。

が、結局プロコフィエフをやりたいとかねがね思っていたので、
この機会にみてもらうことにします。これは全部続けて弾いたら
絶対楽しいはずなので、どさくさに紛れて全曲みてもらいたいけど、
とりあえず1曲目から笑





・・・いつか弾きたい憧れの曲ならたくさんあるんだけどなあ。







1年と5か月目。その2…の続きを読む
別窓 | レッスン | コメント:14 |
なりたい自分への直線ルート
2015-01-16 Fri 09:53
朗報。練習課題のプレリュード6番に、わずかながら変化あり、ですよ!

あれ以来(ってまだ数日か笑)、いろいろ試行錯誤して、やっと小指立てて小躍りしているようなマヌケ状態からは脱出しました!

で、昨日は休日。ひとりの時間が取れた為、性懲りもなくレッツ録音確認。少しでも素敵な悲しい旋律風になったかな!

ドキドキ。そして、再生ボタン、オン。


(演奏、視聴中。)


…はっ

こっ    これは!



悲しいっていうよりも…


悲しいっていうより、むしろ…



疲労感。


あるいはすっごく眠い人‼ (汗


<続く…>



でもいいんです。とりあえず、悲しい音は12月先くらいまでの長期計画ということで、この際ちょっと置いといて、現状どうしようもなく平坦なバランスというか、リズムを先に修正することが先なんですよ!

ということで、Sokolovの演奏を写してみました。

写す、というのはヘッドセットで彼の音を聴きながら、それと全く重なって揃うように弾く練習です。名づけて「写し絵練習」笑

写し絵って、みんな一度は子供の子供にやったであろう、あれです。薄い紙を重ねて線をトレースする、あれです。

昔、少女漫画誌「りぼん」の一頁を写し絵して、思いました。

(ふぅ…線は完璧になぞった。これで◯◯先生と同じなはずなのに…はずなのに、出来上がったものは何か根本的に違う…気に入らない!)

あの時、なぜ別物になったのか。数十年の時を経て、今わかった。←おせーよ

ズバリ、線に勢いがないからですよ。

勢いというかー、息遣いというか。

プロの描いた線には、その時の質感がある。ペンを置いたところとか、曲線の途中、ペンをあげる瞬間の線だとか、いちいち違うのだ。

それを私はエンピツ押し付けてぜーんぶ同じ太さの線にしたから、絵が死んでしまったのだ。

なので、同じミスを繰り返さないように笑、呼吸もテンポもリズムも強弱も、私の技量で出来る限り(つまりあまりできてない)まるごと写しました!

これも練習〜  何度も何度もやってると、ふと「!」という瞬間が来るのです。他人の呼吸に合わせてマラソンするようなものです。

そしたら、ひとりでやっても

基本の呼吸法がわかってるから、弾きやすくなります。言っときますが、神ピアノとの同化は出来ないですよ。でも、同じ線を辿って物の形を知るのは、極めて有効(私には)。

りんごを机に置いていきなり描くより、正しい線を学んで手に記憶させてから、改めてりんごを見て描く方が合理的。


****

ちなみに、昔の仕事の名残かとおもいますが、物事に終点、完成点、締切等がある場合、常に逆算法で計画を立てる習慣があります。

特に同時進行で、異なる締切期日のプロジェクトを全て滞りなく仕上げねばならない場合、それらを管理するのに最も無駄のない方法だと思うからです。

一方、ピアノは終点が極めて曖昧で、また各工程に要する時間枠の見当もつかず、結果、常に前倒しで取り組んできましたが、ホント楽器って際限ないですね…。

前職も、言ってみれば「自己表現と妥協点、自己満足と市場調査」のバランスなしには成り立たない仕事でしたが、ピアノにも近い物を感じる。

だから目標、とか今年はサラッと書けなくなってしまいました。いや、書くことがないのではなく、その逆でいちいち細かい上に退屈で「憧れのあの曲に挑戦」的な華やかな目標から程遠いのです。笑

ま、でも一言で無理やりまとめるなら、

今出来ることは今やる。明日出来ることも今やる、かな(笑

別窓 | ぴあの | コメント:4 |
悲しい音。
2015-01-12 Mon 00:35
今日はお誕生日だったので、
朝から旦那と二人で予約してあったスパへ。

今回、初めて行ったお店だったんですが・・・
まず施術する部屋が真っ暗・・・なんか超怪しい雰囲気。しかも、
素っ裸になって待てと言われ、たじろぐ私。(旦那は全然平気)
しかも脱ぐやいなや、旦那が「ひゅ~ひゅ~。触ってもいい?」とか
場もわきまえずに言う。汗

そんな中で、いかにもスピリチュアル~的な音楽っつーか・・・
シンセサイザーで和音とかランダムに鳴らしてるだけの妙な曲って
あるじゃないですか。ああいうのが延々かかっていて、そうすると
マッサージうけてる間も和音の構成に気が行ってしまうわけです。

(・・・なんじゃこりゃ・・・さっきから同じ和音とアルペジオの繰り返し・・・)
とか 

あと、アロマ・マッサージとか言う名前だったので、体をやんわりなでられる
だけだったらどうしよう・・と心配してたんですが、全然そんなことなかったです。
まさにちょうどいい力加減・・・ただ・・・途中で、ものすごく強いラベンダー臭を
感じて薄目を開けたら、マッサージしてくれる女性が私の顔の上空で、
両手をすんごい勢いでこすり合わせている光景を目にしてしまい・・・
そっから笑わないようにするので必死。

しかし・・・プロってすごいですね・・・あんなに張っていた肩が軽くなりました。
もっと頻繁に行きた~いと思いましたが、次は別のところへ行くかも。笑

そのあとは誕生日の特権として「リビング使用権100%」だったので、
日本のアニメを延々観ていました。で、寝落ち(笑

遅いお昼は外でお鮨をごちそうになり、夕方は娘がケーキを焼いてくれて
旦那が夕食を作ってくれて、息子たちが洗濯物をたたんでくれました。

誕生日って最高!笑

*****

ついでに最近 練習を始めたプレリュードについて。

鍵盤を触る前に2日くらい楽譜だけ眺めて暗譜して、そのあと何人もプロの
演奏を聴き比べた結果、やっぱり大ピアニストSOKOLOVの演奏が私のもつ
イメージに一番近いと思いました。

たとえば、当然他の人もいいんだけど、左旋律10に対して右があまりに
おとなしい。ほとんど印象がない。結果、途中和音が立て込むところで、
右側和音の一番上の音でメロディーを聴かせなければならない時、
そこだけ右の主張が強くて、何度聴いても唐突に感じてしまう。

音のバランス的には、当然 左の主旋律は深く鮮やかにあるべきだけど、
同時に常に右和音の最上音を後ろで鐘のように響かせたほうが絶対素敵だ
・・・と個人的に思うのです。(先生が右全体を抑えろといえば、そうするけど)

だから、そういう意味でSOKOLOVの演奏がもっとも好ましい。

しかし、実際にそういうニュアンスを持ったバランスを保つって、
なんと難しいことか・・・・。何度も何度も試してますが・・・
つまり右のトップノートだけ控えめだけど硬い音が欲しいということだから、
小指だけを立て気味に真っ直ぐ打鍵してみるんだけど、そうするとつられて
他の和音も輪郭が出すぎてしまう~。なので、和音を分解して別々に音だし
するところから練習・・・もう気が遠くなりそうです。

それと肝心の左の旋律のクレッシェンドや、テンポを微妙に揺らしたり・・・
というのも片手ならなんとかまとまるけど、両手が合わさると急に雑な仕上がり。
全ての音を個別に聴けていない証拠。

それに合わせて、全体を覆うべき「足をひきずるような暗さ」というのが苦手。
私が弾くとどうしても悲しさが出せない! 

今日、旦那に「ねえ、今の曲どうだった?」と聞いてみたら「・・・どうって、曲だった」
という、思わず殴りたくなるような返答が戻ってきたので、「悲しそうだった?」と
聞いてみたら「・・・うーん、悲しそうとは思わなかった」という率直な意見が戻って
参りました(泣  うわ~~~ん、だめじゃん!!

どうやったら悲しい音が出るのかな。
悲しいことを考えたらいいのかな。。。と思ったこともあったけど、とっさに悲しい
記憶なんて呼び戻せないし、先生いわく「悲しいと思っただけで悲しい音が出たら
世話ない。どんな音も結局は厳密なテクニカルワークなのよ」だそうで。

音をコントロールするって本当に難しい。。。特についこの間までモーツァルトの
「つま先で踊るような音」を求めていた直後の切り替えというのが厳しい。

・・・ということで、左右合わせられずに、ずーーーっと別々に練習している段階。
全然前に進みません。



別窓 | ぴあの | コメント:19 |
1年と5か月目。その1
2015-01-08 Thu 01:21
実に3週間ぶりのレッスン。

その割にあまり成果のない練習ぶり・・・というか、3週間もあったからこそ
練習に身が入ってなかった気がする。・・・まだまだだな、私。

そんなわけで、とにかく今日のレッスンは気が重かったです。

***

まず自虐的に、相当練習不足なチェルニーから。
だって、ここんとこ ず っ と レッスンでやってなくて
・・・最後にやったのいつだ? そろそろやらないとやばいでしょう。

普段だったら、チェルニー仕上げるのを最優先させる私ですが、
K331に思いっきりかかりっきりで、毎日さらっとしか弾いておらず。
速度上げるどころか、きっちり弾けるようになってすらいない7番から。

ゆにくあ「7番嫌いです~ 左~ 延々左ばっかり~~ しかも覚えられない~」

先生「とにかく、しっかりと完全に頭に入って自動的に弾けるようになるまで
速度をあげないこと。しばらくは左だけ単独で練習したら?」

次、8番。これは30番の30番、スケールのユニゾン。
こっちの方がよっぽど弾きやすいのは、右が左を引っ張ってくれるから。

先生「最終的に速度をあげたらそんなことしてる暇ないけど、ゆっくり練習するうちは
しかるべきところ全てにアクセントをつけながら弾きなさい。たとえばスケールの頭に
アクセントがあれば真ん中で少しずれてもそこでリセットできるでしょ。ただし、フレーズ
として繋がっているところは絶対に切らずに繋げながらアクセントをつけること」

当たり前ですがふたつとも次回へ持ち越しです~。

でも先生のアドバイス&模範演奏でやっと何をするべき曲なのかわかったので、
これで練習しやすくなった。こんなことならもっと早くレッスンで聞いておくんだった。




で、K331。

今日はバリエーション5と6から。

「バリエーション5」

前回直されたところは修正したけど、なぜか前半リピート直前部分を
練習してるうちにいつの間にか勝手に音を減らして弾いてました・・・(汗 
実は時々、(あれえ?なんか変、音数が合わない)と思ってたんだけど。
じゃなんで楽譜を確認しないのだ、自分!

後半も一か所、この期に及んで付点のところをきちんと取ってないところが
あり、音が詰まっていたのを直してもらいました。
あ~っ、マジで 毎 回 楽譜を見ながら弾く習慣をつけないと駄目だわ。

「バリエーション6」

これは今日初めてみてもらう部分だったわけですが、昨日の夜練習してる
時に、(なーんか違う・・・何がいけないんだ? スピードだけじゃない気がする)
と思っていた5・6小節目をよーく見たら、(あれ・・・まてよ・・・もしかして・・・
16分音符の中に潜んでいるメロディを前に出す弾き方にしなくちゃいけないの?)
と気づき、夜中の2時までかかって急遽変更。

いわゆる、ブルグの・・・なんだっけ・・・小川だっけ?清らかな小川? あれと同じ。

それで、そこを今日のレッスンでまず先生に質問したら

「まあ、テンポを上げたら自然とそうなるから」

いや・・・自然とそうなるのは先生だけですよ。私は意識的にまずそう変えないと無理。

その他、私が一番苦手なのは真ん中あたりにある4和音をジャランジャラン弾くところ
ですが(指がギリギリなので音が濁る!)、そこも相談して弾き方を見せてもらいました。
先生は余裕で届いているから楽そうでした・・・いいなぁ・・・・。

あとはまあ、たくさーーーん練習してテンポを徐々に上げていくしかないわけで。

そこからテーマに戻り、全てを通して弾き、
「ここはもっと抑えて」とか「その音が飛び出すのはおかしい、なぜなら」みたいな
細かい音の作り方について教えてもらいました。。。なかなかその通りに全て
考えながら弾くのは難しいです。

先生「それじゃ、次までに何か新しいのやる? ソナタばっかり
延々とやってるわけにもいかないし。」


ああ、よかった・・・私も何か他の曲をやりたかったんです!

先生「なにやる? ワルツ終わったっけ?」

どのワルツの話かわからない・・・。

先生「(名曲集をみながら)これも全部やっちゃったわねえ」

ゆにくあ「え。全然全部やってないですよ!」

先生「あなたのレベルの曲で有名どころはほとんど全部、って意味」

あ、なんだ。そういう意味か(笑

先生「うんとゆっくりしたのやりたいのよね・・・ショパンやる?」

ショパンと言われて、既に予習してある69-2をやりましょうか。と
一瞬思ったけど、あれは先生の好きな曲だからまた厳しいだろうし、
ソナタで疲れているし笑 どうせなら何か譜読みから出来るもので、
短いのがやりたいなと思ったので、あえて口にするのは控えました。
あのワルツはまた今度でいいや。


それで先生が選んだのはこちら。




あー。この鬱々とした物悲しい音、いいかも。
癒される・・・・。

しかもたったの1ページ半・・・・完璧な選曲だわ。

こういうのを美しく弾けたら素敵よね。。。頑張ってみます。

別窓 | レッスン | コメント:4 |
ほこら。
2015-01-06 Tue 17:37
今日はお仕事お休みなので、

明日はレッスンだというのに

バリエーション6 全然出来てないのに

新しいおもちゃ(レコーダー)で遊びました。

まさに現実逃避。



そして、練習時間5分 渾身の自信作をご紹介。


ドラクエのほこら









ほんとはゼルダとかも録ったんですが、

途中でショーンが帰ってきてしまって

「まま~ぁ まま~ ジョージ(ショーンの友達)中に入ってもいい~?」

とか 思いっきり声が入っているので却下です。


****


それで、ふと もしかして 

音が割れちゃうのは私が下手なのに加えて、

レコーダーがピアノに近すぎるんじゃないか?

と思って、試しに ピアノから う~~~~んと離して

はるか彼方から録音してみました。

テスト用なので、短い方がいいと思ってソナチネです。

久しぶりに弾いたので、後半忘れててボロボロなので

最後まで聴かないでください。笑

ちなみに時々スローダウンしてるのは

(・・・・えーと・・・・次なんだっけ)状態なのです。










クオリティーはさておき、結果・・・

少しキンキンいわなくなったかも? 

でもやっぱり音に距離が(汗 遠くで録ってる音ですかね。

テクニックでカバーできないので、レコーダーとピアノの距離で

少しでも音を調整したいと思います。もう少し研究します。

別窓 | 音源 | コメント:6 |
2015年のピアノ。
2015-01-05 Mon 01:00
え~まず、元旦に気の迷いでブログにまとめて上げた音源につきましては、
被害者を減らすために既に限定記事とさせていただきました。笑 


***

ま、そんな過去のことはいいんですよ。ゆにくあは後悔しない主義なのです。

問題はこれからです。

あの音源をアップするにあたって、過去の自分の演奏を嫌というほど
(いやもうほんっとに嫌になりましたけど)きいたわけですが。

それで今さら気づいたこと。

それは、


私って・・・毎回毎回、

とりっぱなしで実は録音したものをきちんと聴いたことなかったということです。

大体、リズムが間違っていないか、呼吸がおかしくないか、あたりを確認する
ために録っていたことが多いんですが、最初の数秒を聴いて あるいは
一回通して聴いて

「はい わかりました」 とオフにし、それ以後二度と聴いていませんでした。

それから、全体の仕上げ方が大雑把すぎることです。自分に甘い!笑

これからはもう少し時間をかけてというか、ひとつずつもっと丁寧に練習して
完成度を上げていかないと、どこへも到達できないです。。。


とはいえ前に弾いた曲については、いまさらどうこうする気はありませんけど、
とりあえず現在進行形でレッスンしている曲は直さなくてはいけません。
よく考えたら、こんな機会でもなければ自分の弾いている音をここまで
何度も何度も客観的に聴く羽目ことはなかったと思うし、
それだからこそ普段流していて気づかなかった「よくない所」の法則性に
気づきました。

うん。。。。なにか学べたのはよかった。(無理やり前向き


******

しかし・・・

2015年のピアノが不安になってきました。

ぶっちゃけた話、ちょっと前から

(先生、そろそろこれ以上先へ進まない方がいいんじゃないですか)

と感じ始めていたんですが、そういったことを相談するたびに

「だいじょうぶ」

と返事が返ってきたので、そうなのか。先生が大丈夫というんだから

大丈夫なんだろう。くらいの感じでどんどん進めてきましたけど。

今回自分の演奏を聞いて

全然 大丈夫じゃないじゃん!!

と思いました。


やっぱり、モツソナは難しいですよ。。。


常に自分のレベルよりも少し上のものを練習しないと前へ進まないことは
承知していますが、ソナタは正直自分の実力と合っていない気がする。

それにそれに、

私の手に負えるレベルっていわゆる初級上くらい?かなと思っていますが、

実際 初級上ってなに?って話で。さっそくググってみたら

ランゲ:花の歌
ドヴォルザーク:ユーモレスク
グリーグ:アニトラの踊り
ダカン:かっこう
ビゼー:メヌエット
オースティン:人形の夢と目覚め
エルメンライヒ:紡ぎ歌
ショパン:小犬のワルツ
ドビュッシー:亜麻色の髪の乙女
シューベルト:楽興の時
シューマン:トロイメライ
ブラームス:ワルツ Op.39
バダジェフスカ:乙女の祈り
ハチャトゥリャン:仮面舞踏会「ワルツ」
メンデルスゾーン:狩の歌

(ちょっと中級っぽいのも混ざっちゃってるけど)

ざっと書き出しても、この辺の有名どころ全部初級上~初中級ですよね?

トロイメライは・・・難しいですけど。


つまりですね、

私、(ソナタに行く前に)こういうのを一通り片っ端から勉強しなくて・・・いいの???
ってことなんですよ。これらをやるタイミングって今じゃないの?

(ちなみに仮面舞踏会とアニトラの踊りだったら、今すぐやりたいです。
特にアニトラの妖艶な踊り・・・これは楽しいでしょう、きっと)




あと、ランゲという人の花の歌? まさにこういう曲が一番苦手なので、
逆にやっといた方がいいのかなと思ったり。タイミングを見計らって
先生にきいてみよう・・・。

まぁ・・・選曲に関しては、私がどれだけいろいろ考えても結局先生が
やろうという曲になるんだけど。笑 母曰く、

「あなたの先生、かなり年配の方でしょう。(曲が)いちいち古臭いのよね」

だそうです。 ひっどいなぁ笑 古めかしいのはいいことだよ、うん。






別窓 | ぴあの | コメント:8 |
雑な仕事。
2015-01-01 Thu 23:49
実は今日、旦那が昼間「子供たちを連れてアイスクリーム屋さんへ出かけてくる」と
言い出して、突然20分間おうちでひとりの時間が取れたんですよ! 

なので、(このチャンスを逃したら次はいつになるかわからないぞ・・・)と
その20分で強引に録音してみました。・・・いっぱつ勝負なのでドッキドキでした。
しかも慌てて楽譜も開かずに弾いたので、あっちこっち妙な間が笑 
さらに か な り ミスタッチしてますが、時間制限があったので録り直す余裕なし。
・・・というか、録り直してもどうせまた別の部分をミスするに決まってるし、何度も何度も
やるのは面倒なので、もうこれでいいや。みたいな(笑 こういう時、性格が出ますね。


それでですね~、録ってからが大変だったんですよ。まず適当に設定をしたら
勝手に録音したものがWAV形式になってて、ファイルが超巨大なことに。
それでググッたらWMA?とかいうのにすると小さくなるとあったので、変換。

で、小さくなったファイルをdivshareへアップロードするも、今度はブログへリンクする
ウインドウが開かない!! 

なぜ?! あ~ん、もうわかんない!

と試行錯誤すること1時間。やっと「MP3形式じゃないと駄目なんだ」と気づき、変換。(汗

もうね、今日はピアノ弾いてる時間よりも、どうやってここに載せるか検討している時間の
方がはるかに長かったですから!笑 そして肝心の演奏は超やっつけ状態

それはそうと、昔の音源もついでに聴きたいですか? え? 聴きたくない?


全てはここから「ブルグの1番」 
録音したのは9/1 2013となってるので、本当にピアノを習い始めてすぐです。
最初のレッスンが8/28日だったので1か月も経ってませんね。。。恐ろしい。
携帯でデジピを録音したので音も悪いし、なにより全然レガート出来てない(笑
こんな短い曲でもミスタッチは忘れません(笑 っていうか、カチッとか電源入れた
音してるから、たぶんいきなり朝一番で録ったのかもなぁ~。









すっごくノロノロ「ブルグ 別れ」 
録音したのは9/20 2013となってます。この日のレッスンで「均一にゆっくり弾く練習をしなさい」
と言われて、その通りに練習している模様。あまりに遅いので久しぶりに聴いたら一瞬自分でも
何の曲かわかりませんでした。笑 まあ、あれですよ。誰かに聴かせるつもりで弾いていない
ので、すごい平坦な仕上がりです。








これは生ピ「シューマン はじめての悲しみ」
録音したのは4/29 2014です。 アップライトが来てまもなくってあたりだと思う。
嬉しくてとってみたんだと思います。ペダル使ってないので、ちょっといまいち。
でもこの曲好きなんですよ、なにげに。とか言いながらミスタッチありますけど。
音量注意。








パコパコうるさい「モーツァルト K545」
録音したのは9/10 2014です。またもや携帯&電子ピアノ。特にトリル近辺、
打鍵音が・・・ぱこぱこ。外から録るとこんなにうるさいんですね。今日知りましたよ。
しかも途中で間違えて、笑って途中で終わってるという・・・緊張感ゼロ(笑








ついでに途中まで「モーツァルト トルコ行進曲」
録音したのは12/3 2014、ついこの間です。というか、普通に練習してるだけの
音源ですから、もうすっごい間違いだらけ&すべりっぱなし、そして勝手に途中で
終わってます(笑 恐らく夜中の練習なので、またデジピ「ざっざっざっ」とか打鍵音~。
うざいー。








ここまで全部聴いた方います?「モーツァルト K331 第一楽章」
これが今日の演奏。なんか今聴いたら、なんじゃこの乱暴なモーツァルトは! 
鍵盤たたきつけてるじゃないか!笑 と猛烈に消去したい衝動にかられていますが
・・・ぐっと我慢して恥をさらしたいと思います。まぁまだまだ超・練習中というか、
今は鍵盤を押さえるだけで必死なので、ご容赦を~。それと、録音ボリュームの
調節の仕方がわからないので、音量大きすぎるかも。ご注意ください。
それとバリエーション6は間に合いませんでした。 ああ、それにしてもひどい・・・笑。









ほんとはこのほかにもいろいろ録ってたんですが(携帯で、ずっと前にね)
みんなどっか行っちゃったみたいです。あと消してるのもかなりあるので・・・
ちょっともったいないことしたかも(残っていたものも、別に選んで残した
わけじゃなくて、たまたまなぜか消えていなかっただけ)。わざわざブログに
載せなくてもいいけど、自分のためにレッスンで合格したらすぐ録っておいた
ほうがいいですね。今さら録音するために弾こうと思っても、時間ばっかり
かかっちゃうしね~。・・・さてと、気が変わる前にサブミットしてしまおう。

☆ひとつでもクリックしてくださった方、こんな稚拙な演奏を聴いてくださって
ありがとうございました。新年早々、お時間無駄にしてすみませんでした☆
別窓 | 音源 | コメント:8 |
GOODBYE 2014, HELLO 2015☆
2015-01-01 Thu 04:49
あけましておめでとうございます。

こちらも遅れて新年になりました。(もう朝の4時!)
今夜は外で花火がバンバン上がってました。
日本のしっとりしたお正月が懐かしいです・・・。

12月31日はアジア系の食料品店へ行き、切り餅を探しましたが結局見つからず。
仕方ないので中国のお餅らしきものを買ってきました。なんか薄い斜め切り
スライスみたいなやつです。どうやって食べるのかよくわからないけど、鮭のアラも
買ったので三平汁(って言ったっけ?)のお雑煮風にしてみる予定。

その他、サトイモやこんにゃく、ごぼうやレンコンなど、和風野菜をかなり久しぶりに
手に入れたので、筑前煮を作りました。煮物作ったの1年ぶりくらいかもしれないわ笑

お節を作る時間はありませんけど、元旦は出来るだけ和食一辺倒でいくつもりです。

****

さて、2014年は前年と比べたら練習した曲がかなり減ったと思ってましたが、
思い出せるだけ書き出してみたら実は怒涛のごとく練習してました・・・。
なんかこうやってみると、バラバラですね笑 正確には、ここにある以外にも
自分で勝手に譜読みした曲があるんですけど、だるいので省略します。
プロコフィエフとかショパンとかです。


ブルグミュラー  天使の歌声あたりから先(21番~25番)
チャイコフスキー 人形のお葬式
ギロック       フラメンコ
カバレフスキー  道化師
シューマン     勇ましい騎手
ベートーベン    メヌエット
バッハ        プレリュード
ベートーベン    エリーゼのために
グリーグ      ワルツ
クレメンティ    36-1 全楽章
クーラウ      55-1 全楽章
クーラウ      20-1 全楽章
モーツァルト    ソナタ k545 第一楽章&第二楽章
チャイコフスキー イタリアの歌
バッハ        小前奏曲2番
シューマン     はじめての悲しみ
モーツァルト    ポロネーズ
ショパン       前奏曲 第7番
アメリの曲     タイトル忘れました。笑
c.p.e バッハ     ソルフェージェット
ヘラー なだれ
ヘラー みぞれがふる
チャイコフスキー 6月/舟歌(未完成)
ショパン       ワルツイ短調遺作
ラフマニノフ     イタリアンポルカ
クレメンティ 36-6 全楽章
シューマン      Knight Rupert/サンタクロースのおじいさん
バッハ インベンション1番
バッハ インベンション13番(予習しただけ)
シューベルト     ワルツ イ短調 1番
シューベルト ワルツ 変ロ長調
モーツァルト     ソナタ K331 第一楽章&第三楽章(現在進行形)

チェルニー 第一部 1番~50番 第二部 1番~8番(現在進行形)

しかし・・・「全部やるから」と言われたソナチネ全然全部やってないし、
「これもやるから」と言われたヘラーもたった2曲で放置・・・(結構適当。
インベンションも先生とは1番しかやってないですね~(これはなかなか
進みそうにない)。。。。っていうか、11月に入ってからはずーーーっと
K331 第一楽章しかやってないという(笑 どうでもいいけど、第一楽章
バリエーション6、激烈に難しくて泣くそうです~



来年の目標・・・とか書こうかとも思いましたが、正直言って特に目標ありません。
与えられる課題をひとつずつやるだけで、もういっぱいいっぱいです。
(あ、でも今やってるの以外にも弾いてみたいモツソナがあるので。。。
今年のどこかで教えてもらえたらいいなあ。あとマズルカもやりたいけど
ま、本音はやったことない曲ならなんでもいい私)


さておき、

・・・今年もどんな知らない曲と出会えるのかな、と考えると楽しみ!
ピアノ好き同志のみなさま、今年もよろしくお願いします☆ 


     
別窓 | 雑記 | コメント:8 |
| ゆにくあ缶 |