AX
ブルクミュラー25の練習曲「アラベスク」
2013-11-29 Fri 08:50
そういえば、ブログ内で散々ブルグブルグ言ってるのに、
「ブルクミュラー25の練習曲」とかタイトルにつけてますが。
この振り返って思い出話シリーズだけは、それで統一ということで。

****

さて、今日は2番「アラベスク」です。
私の使ってる楽譜でも同じArabesqueです。

まず初めに「アラベスクってなんですか」ってことなんですよ。
で調べてみると「アラビア風の模様」とか書いてあるんだけど、
この説明だけで演奏イメージにつなげられる人、いるんでしょうか。
私には、お風呂のタイルみたいなのしか頭に浮かびません。

つうことで「ゆにくあのアラベスク・イメージ設定」は、ずばり・・・

突然の来客にパニくって部屋を片付ける主婦、です。
なんですって? 庶民的すぎるですって?

だって、来るのは子供の担任なんですよ! たった今電話があって、
もうあと1時間のとこまで来てるんです。えー!家庭訪問? あれって
今日?! みたいな状態。朝からダラダラしててまだ着替えてもいないし、
シャワーも浴びてないそんなグウタラな午後ですよ。だからもうとりあえず、
その辺のものを隠すためにあちこちに突っ込んでまわる状態=アラベスク。

本当はもっとこう、緊迫感の中にも堂々とした威厳のようなものがある曲笑


この曲は16分音符の練習だそうで。
とはいえ、右は弾きやすい形だし弾いてて楽しい動きなので、
結構大丈夫かも。問題は左の16分音符部分を慌てずにムラなく
弾き、かつ同時に右を歌わせることが出来るか、じゃないかなー。
この「慌てず」というのが鍵だと思う。・・・焦ったら負け笑
あとはアクセント(特に一番最初のアクセント)や強弱でメリハリと
ドラマ性を加えることにも気を遣ったかも。

でそれはさておき、いろいろ試して粒が揃う方法を考えたんですが。
まずこの曲は、一般的にとにかく速い曲として認識されているけれど、
スピードよりもとにかくタッチが重くなったら終了なので、どこまでも
軽ろやかに音もシャープな方が似合うと個人的に思う。それには、
やはり指の先端(爪の生え際の近く)を徹底的に使うのがいいみたい。
左の16分音符もこれで結構安定すると思う。指先が鍵盤に触っている
感覚に神経集中させると、今どの指が音を出しているのかって考える
ようになる。

先生いわく「誰かの指を使って弾いているわけじゃなくて
あなたの指なんだから、しっかり指令を出しなさい。」

思うに、54321の流れだから転びやすいのよね。
小指→薬指と弱い指から始まるから。考えてみたら右もそうだわ。
音が高くなるほど音が大きくならなくちゃいけないのに、一番高いところは
いつも小指・・・。

なにが言いたいかというと、いきなり出来なくてもがっかりしなくていいん
じゃないかということ。弱い指を操るってのは、ある程度の期間練習して
コツをつかまないとクリアできないことのひとつだなあ、と思う。
私もこの曲をレッスンでやった時は左が転んでて、思いっきり指摘されました。
でも先生は「今はその時期じゃないってこと。そのうち出来るようになるから」
と言って、転んでるのに次へ行ってしまった。

で、レッスンで通り過ぎてからもずっと自宅練習してきたけど、今弾くとなぜか
転ばない・・・って言い切るのは危険だな・・・転ばなくなってきた・・・いや、
転ぶ頻度が減った、くらいが順当な評価かな。

それと、最後のジャーンって和音。あれを未だに外します笑

別窓 | ブルクミュラー |
ブルクミュラー25の練習曲「素直な心」
2013-11-28 Thu 02:38
今年8月21日のレッスンと共に習い始めたブルクミュラー25の練習曲も、
そろそろ後半にさしかかったので・・・ここいらで忘れないうちにそれぞれの
曲の思い出や感想なんかを書いておこうと思いつきました。

まあでも別にね、読んでも読まなくてもいいです。実は、さっき一通りググって
みたんですけど、いやぁまあすごい数のブログで取り扱われてますね、
さすがに。よって、かなりのredundant感ですが・・・まあいいですね。
個人的な記録として。

****

ということで、今日は1番「素直な心」です。
私の使ってる楽譜ではSincerityとタイトルがついてます。

この曲は、レッスンを始める前から勝手に練習してた曲。
好きか嫌いか、と聞かれると微妙なんだけど、実は一番お世話になって
いる曲。で、どんな風にお世話になっているかというと・・・

例)
練習中の曲で、難所に差し掛かった。何度練習しても転ぶ。
ぐあーーーーっ もう出来ないっ!!

             ↓
           素直な心を無心で弾く

             ↓
           心の平安と幸せを取り戻す(アホか


いや、でもホントなんですよ。リセット効果大なんです笑


「ゆにくあの素直な心イメージ設定」

3歳くらいの子と若いお母さんが遊んだり、ご飯食べたり。ごくごく日常的な
ひとコマ。最後は遊びつかれた子供を寝かしつけて(ここはお昼寝のイメージ)
子供部屋の電気を消し、静かにパタンとドアを閉じながら優しく微笑む。(完)


・・・文章にすると薄ら寒いことこの上ないですね。

Don't let the bedbugs bite...みたいな雰囲気とでも言おうか。
だって、あの最後のスローダウンしながら音が小さくなってくところは、まさに
そういうイメージなんだもん笑 実は相当無意味に細かいストーリー設定が
あり、「公園で幸せそうにはしゃぐ子の姿を母が目で追う場面」や「転んで
涙目な子を抱き寄せる場面」等もありますが、もはや誰も聞いてないですね。




さておき学習のポイントとしては、ピアノの基本「レガート奏法」ということに
なるそうですが、なんせ私がこれを練習してた頃は「レガートってなんですか」
状態だったので、まずは「レガートって具体的にどうやんのよ」ってのを
自分なりに研究した曲。

最初に試したのは、(音をつなぐために)若干遅らせ気味で前のキーを離して、
音が重なりながら流れるように弾くこと。でも、別にそこまでしなくてもレガートに
なるって後で気づきました。要はフレーズごとにまとめて弾くだけ。

それから、手首を固定しないことにも気をつけたかな。指使い的な話で、右手の
前半は小指側から親指方向に向けて流れるところが多いので(つまり高音から
低音へ流れる)中指に差し掛かるくらいまで徐々に手首を上げて、中指後は
所定の位置まで下がる・・・みたいな緩やかな円運動というか、手首の重力に
まかせて弾く感じ。疲れにくいし、無理なく音が流れると思った。

それから、左がうるさくならないようにすること。実はこれが難しかった。だって
低音はやけに響くというか、同じ圧力では左の方が自然とボリュームが大きく
なってしまうから、思っていたよりもずっと弱く弾かないと駄目だった。

先生に教わったことで一番なるほど!と思ったのは「指番号には意味がある」
という、当たり前の事実笑 だって指番号通りに弾くと、かなり自然に次の指が
次の音に届くって知らなかったですよ。

あと、何せ子供が遊ぶ様を暖かく見つめる母子の愛がテーマなんで(まだ言うか)
キラキラと暖かい音を出せるように、工夫したつもりだけど・・・永遠の課題。

まあ、ごちゃごちゃ書きましたが、この曲は弾きやすい部類というか、バイエル
やってれば普通に弾けるので、むしろこれを使って強弱とかレガートとか、音を
だんだん大きくしたり小さくしたり・・・って基本練習をしたのでした。

次回は・・・2番「アラベスク」について。

別窓 | ブルクミュラー |
レッスン13回目。
2013-11-21 Thu 14:11
昨日は夕食も早々と支度して、余裕でレッスンの時間を待っていたにも
関わらず、近所の道が工事中で迂回する羽目になり、10分近く遅刻(汗
先生帰っちゃうんじゃないかと冷や冷やしました。

それはさておき。

まずは先々週、3/8のカウント仕方を説明されてそれっきりだったブルグの
「おしゃべり」ではいきなり休符について、よくわかってないことが露呈(汗

先生「はい、じゃ弾いてみてね」

(弾き始めるゆにくあ)

先生「(冒頭が終わってメロディーに入ったところで)もっとゆっくり弾きなさい」

ゆにくあ「はい、すいません(汗」

(テンポを落としてもう一度同じところを弾きなおす)

先生「違う!1andのandは休符。もう一回、今度は口で数えながら」

ゆにくあ「はい。(ひーっ 汗)」

テンポを落としたので、実はわけがわからなくなっている

先生「休符を意識してもう一回。1andand 口に出して 」

ゆにくあ「1and あれ(汗汗 もう一回・・・ 1and 2・・・2and・・・」


プレッシャー+手元見ない+口に出してカウント=脳の処理機能オーバー



先生「・・・・ストップ。3/8っていうのは3/4と似てるから、わかるでしょ」

先生がこう言った瞬間、
とっさに頭の中に浮かんでしまったのは分数の計算。←(違
3/8=3/4・・・・・? え?

ゆにくあ「??????? え・・・・」←引き返せないほど混乱中・・・


(先生、楽譜に3/8=3/4と書き込み、さらにいろいろな音符を書いて説明中)


ゆにくあ「はぁ(分数の計算で思考がストップしているので全然わからない)」

先生「(こいつ大丈夫か・・・みたいな顔をして)例えば、6/8は・・・(延々説明が続く)」

(・・・ちょっと待って、ちょっと待って。違う違う。数学とはちがうんだった。
8分音符という意味なんだった。ってことは・・・8分音符が3つと4分音符が
3つは・・・結局両方3拍子ってこと? わからん・・・数字苦手なんだよ・・・)


・・・っていうかですね、超感覚人間のゆにくあは、
白状すると休符は今まで耳で聞いてなんとなく感覚で休んでました。
下手するとその日の気分・・・(おい それに16分音符をそれなりの
スピードで弾くと、休む時間も結局ほんのわずかだから、数えたり
したこと一度もありません(おいおい

そうこうしているうちに、先生が3/8=3/4の3/4部分を消している!
あれ? やっぱり違うの?? 先生、よくわかりませーーーん!!(悲痛

結局、何度も何度も弾いているうちに、普段ではありえないところでミスタッチ。

(そうすると、先生が「違う、そこはソイでしょ!」とか言う。先生、ソイって
何ですか・・・って思ったら、ソのことだった・・・先生、余計混乱するので
ソイって言わないでください)

みたいにもうボロボロの自信喪失状態(苦笑 
つうかですね、手元を見ていない時ってのは、次に弾く音を頭で考えて
るわけですよ、楽譜見ながら。それを目は楽譜だけど口ではカウントとなると、
その時点で頭にあるのはカウントのことのみ・・・笑 うがーーっ。
難しいから!まじで(笑

・・・・次、ダメージから立ち直れない状態で「不安」←その時の気分に超ぴったり・・・

(弾き終わって)

先生「うーん。音もテンポもそのくらいでいいし、全体的によく弾けているけど
ところどころ音の粒が乱れてない?」


あーーー、ばれてしまった(確信犯)


そうなんです。「不安」は速度速めのP、右はずっと流れるように3連符を弾いて、
左の和音は軽ーくアクセント程度のスタッカート、みたいな曲なんですが、
その中でもとりわけ弾きにくいポジションの3連符というのがあってですね。

例えば、154から143の指で弾く部分、しかも143の4は黒鍵3は真隣の白に
斜めに降りるところが数か所あって(しかもそこだけ徐行運転する)、その白に
降りる指をPで弾こうとするとどうしても浮いてしまうのです。・・・わかっていた
ので、わざと速度を少し落として丁寧に弾いたつもりだったんだけど、
ああ、お見通し。

ということで、音の粒を揃えて来い。との指令です。とにかく、4の指が弱いのは
徐々に強化するしかないので・・・現時点ではFではっきりと均一に弾く練習して、
それから音量をコントロールしようと思います。はい。

そして時間残り5分というところで「タランテラ」

これは一回弾いただけで、ほとんど(時間なくて)アドバイスもらってないん
ですけどね。 1)冒頭の休符がかなり怪しい 2)3拍子の最初の拍に
若干アクセントをつけて 3)終わりの休符もかなり怪しい

の三本立て、プラスもっと速く弾いて来い、とのことです。
やっぱり・・・休符(笑

***

家に帰ってから、夜な夜なネットで休符のお勉強をしました。
さらに今までにやった3/8の曲や6/8、3/4などをおさらいして、
実際に決まったルールで音が並んでいるか(疑っているわけではないが笑)
きちんと弾けていたかチェックしたり・・・した結果、

わかったようなわからないような (駄目じゃん

まあ今日も仕事お休みなので、もう少しお勉強します。

来週はThanksgivingなのでレッスンお休みですが、かわりその次の回を
延長して1時間でやるそうです。それまでに「楽しき農夫」の速弾き練習と、
今回出来なかった「金平糖の踊り」ももう少し仕上げたいと思います。

帰り際、先生がまた「あなたのピアノをみるのは楽しいから本当に大好き」
みたいなこと言ってましたが、なんかあまりに毎回言われるのと、昨日の
レッスンでは私が混乱+意気消沈気味だったので、気を遣わせちゃった
かな、と逆に凹みました。苦笑 

以上。
別窓 | レッスン | コメント:0 | トラックバック:0 |
レッスン12回目。
2013-11-14 Thu 02:19
こんばんはー。の挨拶と共にまたレッスン受けてきました。

先生「一週間どうしてましたか。忙しかった?」
ゆにくあ「そうでもないですけど、あれから金平糖の踊りの楽譜
プリントアウトして、もう毎日そればっかり練習してました笑」

先生「あらそう? じゃそれから見せて」



はっ 汗



し、しまった・・・「そればっかり練習してた」なんて大層な前振りして
自分からハードルをあげてしまった・・・・・・・。(迂闊

(・・・・そんなこと言っといて最初の数小節でコケたら目も当てられない
・・・き、緊張で鍵盤がはるか遠くに見える・・・でも毎日しつこく練習したし、
そもそも先生にみてもらわないと質問も出来ない・・・) 

この曲はですね、3和音+4和音がやたら多くて、とてもじゃないけど
いつもみたいに楽譜見て弾いてる余裕ないので、基本は手元ガン見+
楽譜丸暗記ですが、両手が離れ離れにあっちこっち飛んで和音なので、
両方とも目で確認するわけにいかず、練習でもはっきり言って左手は


・・・勘。

というか、勢い。(おい


・・・だから丁寧に弾こうと思って、いきなり弾き方変えると
たぶん崩壊します。つうことで・・・


「ひとりで弾いていると妄想しつつ、練習よりハネを控えめに弾く作戦」


結果・・・奇跡のノーミスですよ! やったー!



先生「全部あってるみたいだけど、何か質問ある?」
ゆにくあ「はい、ここ(楽譜を指しながら)楽譜どおりだと
弾きにくいんですけど。指21234でもいいですか」
先生「そうね、その方が弾きやすいかも。いいですよ」
ゆにくあ「あとここ。この音とこの音、同時ですよね。でも
左の音は32分音符だから右は左の何個分まで保持ですか」
先生「もともとスタッカートだし、差があっても微々たる問題
だから、そのまま前の音と同じリズムで弾いて大丈夫」

みたいなやり取りがあった後、どうしても速く弾けない後半の
連続アルペジオについて質問。

ゆにくあ「ここ、すごく難しいんですけど。本当はどんどん
加速しなくちゃいけないんですよね? どうしたら速く弾けますか」
先生「そうね、ここはハープみたいな音で弾くのよ」
ゆにくあ「はい、でも私が弾くと全然ハープに聞こえません」
先生「全体のテンポをどのくらいに設定するかにもよるけど、
ここは64分音符だから、1拍でこのかたまりを全部弾かないと」

・・・・あ、あれ。なんか話が微妙にかみ合わない笑

痺れを切らしたゆにくあ、直球で質問。

「どうやったら、先生みたいに速く弾けますか」

先生「それは・・・・



時が来れば弾けます



あっさり放置されました。笑

でもね、先生に何回もしつこくお手本見せてもらって
気づいたことがあるので、それを練習に取り入れてみます・・・。

続いてブルグの「不安」

これは結構簡単なので、ささっと速く弾きましたが
一か所、恒例の(笑)譜読み違いありだったので、次回までに
そこだけ修正してくるように、とのこと。

ここで時間終了。
たった2曲しか出来ませんでしたが、「金平糖の踊り」について
かなり質問したので、まあ仕方ないかな。

来週は・・・という話になって

先生「じゃあ、来週は<金平糖の踊り>の最後16小節を仕上げて
きて。このまま一気にやっちゃいましょう。それから今日出来なかった
<おしゃべり>と<楽しき農夫>もやってね」

ゆにくあ「あの、農夫ですけど。あれ、実は先週ほとんど練習して
ないんですが、先生の言うとおり右手のフォームを超脱力に変えたら、
出来が前より悪化したというか・・・私はある程度手の形を作って和音の
位置を計算していたところがあるので、フォームを変えるとまた音の
位置を測るところからやり直しになっちゃって。それに私が速く弾けない
原因は、実は左なんです。左が致命的に遅い・・・なので、右だけ速く
弾こうとしてもバランスが悪くなるというか。なので、少し時間ください。
2週間・・・いや3週間後にみてもらっていいですか? その間さぼらず
毎日練習しますんで汗 ということで、なんか別の曲ください。」

先生「笑)勤勉ね。あなたみたいな生徒がいて本当に幸せだわ!
じゃ、ブルグから何かやりましょう。<タランテラ>弾いたことある?
ない? じゃあ、それやりましょう。いい曲よ」

とのことで、必死のいいわけ説得で農夫、臨時回避。
しかし・・・今書きながら思ったけど、3週間後に見てくれと言ってしまっ
た手前、3週間後には必ず進歩していなければならないというか。
3週間後には確実に速く弾くと約束しちまったも同然なんじゃないか、自分。
しかも、うっかり3週間なんて言っちゃったけど、ただでさえ気の乗らない
農夫を向こう3週間も弾く羽目に・・・。

嗚呼、あとの祭り。

来週までの課題・・・「おしゃべり」「不安」「タランテラ」
「金平糖の踊り」以上。


****

そういえば先生、息子夫婦の家へ3日間飛行機で遊びに行ってたらしく。
お孫さん二人の写真をみせてもらいました。一人はまだ赤ちゃんで、
もう一人はバイオリンを構えた金髪のクリクリ髪の毛のほっそい男の子。
これが、めっちゃかわいい。

ゆにくあ「あ! バイオリン弾くんだ。かわいい~」
先生「まだやっと始めたばかり。でも、もう遅いわ(真顔」
ゆにくあ「え? どうして?」
先生「だってもう7歳よ。うちの息子だって5歳から始めたのよ」
ゆにくあ「えーまだ大丈夫ですよ。」

っつう話題があったんですけどね。

ちなみに先生の息子さんは、フィルハーモニーで演奏するバイオリニストで
(今は亡き先生のご主人もプロの音楽家、たしかチェロ)よって演奏旅行で
超多忙、7歳になる孫も素晴らしい才能に恵まれていて、本人も習いたがっ
ていたのに、今になってやっと練習を始めることになったのは、息子の嫁が
音楽家ではないから、芸術に興味がないせいだ的なことを遠まわしに言う。

なんか、さりげなく嫁の愚痴を言う先生・・・おかしい笑
しかしすごいなー。家族で音楽家。先生も元々は名の知れた音楽院で
教えてたらしいし・・・そんな家に生まれると、逆に音楽しないと仲間はずれ
なんだろうか・・・。不思議。





別窓 | レッスン | コメント:0 | トラックバック:0 |
Dance of the Sugar Plum Fairy
2013-11-07 Thu 11:21
Dance of the Sugar Plum Fairy…の続きを読む
別窓 | ぴあの | コメント:0 | トラックバック:0 |
レッスン11回目。
2013-11-07 Thu 10:45
さてさて先週お休みしたので、一週間ぶりのレッスン。

まずはさっさと終わりにしたいメヌエットト長調から。
これはとりあえず、ミスもなく丁寧に弾いて今週で終了。
弾き終わったとき、先生がまた「バッハは天才、彼の作った音楽は
もうとにかく楽譜どおりに、正しく弾くことです」みたいな長話に。

続いて、前回高速で弾けと言われた「楽しい農夫」。

ゆにくあ「まだあんまり速くひけませんけど」
先生「徐々にやるから、最初はいいわよ」

ゆにくあ(・・・・やっぱりどうしても速く弾かせたいのか・・・
                  仕方ない、少し無理しよう)
  
(で弾き終わって)

先生「はい、じゃ全て完璧だから、スピードあげましょう」
ゆにくあ「あ、あの、今のが・・・私に弾ける最速なんです」
先生「まずスピードを上げるには右が重い。手の形を作らない。
   手首から先を脱力して・・・こうやって弾いてみて」

と見せてもらった奏法は、もう脱力なんて話じゃないですよ。笑
ブランブランで、鍵盤の埃をはらってる/なでているだけ。
当然、鍵盤も本当にすこーしだけ動く程度。それを高速で。
も、もしや、これが噂に聞くロシア奏法・・・ ←違(笑

ゆにくあの正直な感想:そんな雑でいいの・・・・?

でも先生いわく、このタッチがとても大事とのこと。

そ、そうなんだ・・・。わかりました。先生がそういうなら、
信じてそれでもう一週間練習してみます。
しっかし、また左右で両極端なことさせるよなー。

ということで、次。バラード。
これも速く、正確に弾くことが課題だったので、練習の成果を
みていただきました。と・・・これも右が重い!とのこと。

「全体のスピードはそれでいいけど、あなたの場合16分音符の所
左の方が速くて、右が追いついてない。さっきの曲と同じ弾き方で、
右を思いっきり軽くしてみて」

と言われてそのように弾いたら、確かに簡単に左右が合った。
(あ・・・ほんとだ・・・あんなに苦労したのに、一瞬で出来るようになった)

先生「ほらね?」

てっきり左の16分音符が間に合ってないのかと思って、散々左ばかり
工夫したけど、問題は右だったんだ・・・。
ということで、バラードは終了。

それから次の「ちょっとした悲しみ」
これもノンミスで弾いたんだけど、ミスなく弾けてそれで終わりにして
くれる先生じゃないからなー。と思ったら、やはり。

「冒頭の左の16分音符だけど。ひとつずつ音を出そうとしないこと。
あくまでも右のメロディーの中に流れるように存在すること」

ということで、ここでも軽く弾く指示&お手本。

うーん。なるほど。
お手本を見て、真似して弾いたら「そうそう、急によくなった!」
と褒めていただきましたが。思ったんだけど、やっぱり先生のピアノ
キーが重くて、私の電子ピアノで弾いている感じで弾くと駄目なんだと
悟りました。困ったなあ・・・・ここにこないと、本物のピアノは触れないし。

そして最後に見てもらったのが、17番「おしゃべり」
これは私の苦手な3/8拍子なので、まずは拍の取り方からきちんと
教えてもらいました。先生は「この曲弾いたことないんだけどね」と
言いながらも初見でスラスラ・・・。まずはゆっくりでいいから、正確に
弾けるように来週まで練習してきてね。とのことです。

ということで、来週までに練習するのは・・・やっぱりなかなか終われない
「楽しい農夫」と「ちょっとした不安」それから「おしゃべり」と、次の
18番「不安」です。

***

実はもうひとつ課題があるんです。

というのも。

練習が終わって、おもむろに

ゆにくあ「あのー。今やってることとは全然関係ない質問があるんですけど」
先生「もちろんいいわよ、何?」
ゆにくあ「チャイコフスキーの金平糖の踊り、暗譜してますか? ここのところ」

と言って、冒頭12小節を弾いていると、途中で

先生「あなた・・・・・・・それ、耳コピー??(声がうれしそう)」
ゆにくあ「・・・ん・・・あ・・・え?(弾くことで必死)」
先生「それ、耳コピー?

ゆにくあ「いや、違います。最初のとこの、ここ、これで音合ってます?
なんかおかしいんですけど・・・」

(まさか! こんな複雑な和音を耳コピーできるわけないじゃないですかー)

先生「あ、そうなのね。楽譜見てみたいけど・・・楽譜今持ってる?」

ということで、携帯の中に入ってた楽譜pdfをみてもらって、
正しい音を教えてもらったって、流れがあったんですが。

楽譜をプリントアウトして来週持ってきたら、みてあげる。とのことなので、
出来るとこまでやってみようと思います。ありがたいことに、来週(か再来週)
のレッスン日、たまたま先生の予定が空いているとのことで、時間延長して
教えてくれるそうです。

先生からの嬉しいひとこと。

「(無料で)延長することないんだけど、あなたとやってると私も楽しいから」

ありがとう、先生。私も楽しいです。

dance of the sugar plum fairy

今練習してるのは、1ページ目だけ。
別窓 | レッスン | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ゆにくあ缶 |