AX
いい加減にしろっ!!
2007-06-27 Wed 01:36
子供たちが、家の物を片っ端から壊しています。

もう・・・誰か助けてください(泣。

彼らも、わざとやってるわけじゃないんだけど、

そのつど叱る方もいい加減、疲れます。

そのつど買いなおす方もいい加減、うんざりします。


今の家は賃貸だっつうのに、壁には傷。

大切に使え!と教えても、頼むから触るな!と懇願しても

ジョシュアは「みつからなければOK」という性格で

彼の好奇心はとどまる事を知らず。

こっそり自室に運んで触り倒し、最後には壊してしまう。

ショーンは、そもそもそれが壊れ物だって自覚すらないので、

落とす。タイルの床に面白がって叩きつける。

よって昨日もTVのリモコンが死にました。

今朝、子供用PCのマウスのボールを納める蓋を

割られてしまって、ボール紛失中。。。

ついでに私の眼鏡もみあたらなかった。

私、眼鏡なしだと ほんっとに何にも見えないから

探すに探せなくて、仕方なくコンタクトを入れて

探すけど・・・・ない。

ジョシュアに聞いたら、こそっと身を縮めてソファに何か

押し付けているから「怒らないから。そこにあるの?」と

彼をどかして見たら、キャンディの空き袋5つ!

はぁ・・・。もう朝から何やってんだよ。。。

次から次へと・・・。

と、そういえば、今朝6時に私を起しにきたのは

ショーンだったなと思い出し、絶望的な気分よ。

ダメもとでショーンに「眼鏡どうした?」と聞いたら

「僕が取った。1階にあるよ!」とのこと。

「今すぐここへ持ってこい」と命令するも、思い出せない様子。

まじかよぉ~~~~(涙。疲れるなぁ。


結局、ジョシュアによって白い方のカウチの隅から発見。

危ないとこだった。いつも子供が飛び乗る位置じゃないか。


昨夜は、メルが椅子の脚についている横棒部分に立とうとして

椅子、へし折れました。忘れっぽいメルは、そのことを

すっかり忘れたようで、今朝も同じ事を繰り返しそうになってて

「おいおいおい!!! 頼むからこれ以上椅子を壊すな!」

と早口でまくし立てる私。

数時間後、トイレのタオルかけ(鉄製でお洒落だった)に

全体重をかけて遊んだジョシュアのせいで、取れてしまった

ことが発覚。壁には穴。。。

一階のトイレの電気スイッチは、ショーンが

つけたり消したりして遊んだせいで、馬鹿になってしまって

蓋を開けて中をみたら、プラスチック部分が折れて

ぐらんぐらんになってました。。。

ソファにも、ショーンが「わざと」こぼしたチョコレート・

ミルクのシミ。。。仕方なく、カバーをはずして

洗濯機で洗ったら、ファスナーの部分が壊れてしまった。


直したり。洗ったり。片付けたり。叱ったり。


去年のクリスマスに買ったおもちゃは、ほとんど部品が

なかったり、壊れてたり。。。

キッチンも、リビングも、片付けても片付けても

おもちゃがどこかに置き去りにされています。

テレビの前の「特等席」←子供達3人とも自分の席だと

決め付けている。をめぐって喧嘩が始まると、決まって

TVを消すんだけど、そうすると今度は誰がどのおもちゃで

遊ぶかで喧嘩になります。

Mama, do this do that.... ALL DAY LONG!!!

毎日毎日「Please stop!」とか「Be nice!」とか

言っているうちに、どうでもよくなってきちゃって

もう勝手にやってくれ(涙 と思ってしまう私って

ダメな母でしょうか。

こんな時、出勤時間が待ち遠しいです。


数時間でいいから、ひとりきりになりたい・・・。


***********



↓そういえば、常々「国際恋愛部門って、何か違う」と思っていた私。昨日、カテを変えて「エッセイ部門」で参加してます。
人気ブログランキングにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

別窓 | こども観察 | コメント:10 | トラックバック:0 |
怒鳴るひと。
2007-06-25 Mon 16:08
Eric Satie / Gymno Pedies No.1 を、ボリューム低めで聴いています。

何も他に考えず、ただ耳を澄ましていると、体のどこかで氷が溶けて

いくような感じがします。深呼吸して充電、充電。。。


今日は本当に運が悪かったというか、ひどく手間のかかるお客だとか

信じられない注文をつけてくるお客が多く、終盤さすがに苛々して

集中力が切れそうになりましたが。



なんとか・・・クリア。 一日を終えました。


大企業というのは、どこか無機質で

ロボットみたいな雰囲気がするなと思うんですけれど。

その末端で、生身の人間と交渉する私達にとって、

正論が必ずしも正解じゃないって場合、あるじゃないですか。

最近の私は、下手に中途半端な権限を与えられて、

良心の呵責と立場上の責任の板ばさみという感じです。


今日も、顧客との関係維持を取るか会社の方針を記号どおりなぞるか、

瞬間的に判断しなければならない状況に何度も直面して

そこで迷いを見せると、お客さんにそれが伝わってしまうから

終始、ない頭フル回転・・・。 


状況に応じて、苦言を付け加えつつお客の見えすいた嘘を通したり、

その苦言を100倍のエネルギーの嫌味で返されたりしつつ。

小銭を回収するために信用を失うことに比べたら、それでよかったと

私は思うけれど、たぶん会社は快く思わないだろうなぁ。

来週あたり、叱られてしまうかもしれません。。。



ほとほと疲れて逃げるように帰宅したら、

家族が一致団結して、今夜は外でピザにしようと

すっかり外出の支度を整えていました。


(なんとなく今日は他人を避けて、おうちにいたかったんだけどなー)



お店に着くと、やけに赤ちゃん連れの人たちが多くて

そこかしこに、カーシートから取り外しできるタイプの

キャリー(赤ちゃん入り)を、よっこらしょと運ぶお父さんの姿が。

席へ向かうために横をすっと通る時に、そのうちの

ひとつを覗き込んだら、ちっちゃい命が口半開きで眠ってた。

なんの雑念もなく、ただひたすら生きる彼ら。

なにやら神々しく見える。


やっと席について、順番でセルフサービスの列に並ぶ私達。

ショーンのために、ホワイトソースのかかったネジケた形の

パスタをよそっていたら。

突然、すぐそばの席の女性が「黙れ!」と叫んだ。


その声のあまりの強さに驚いて振り返ると、

ちょうどその女性の真後ろに席を取っていた家族の子供が

驚いてどこかへ走っていくところだった。

たぶん2歳くらいかなぁ。。。


私は、子供の騒音には慣れっこになってるとこがあるから、

全然気づかなかったけれど、そういえばキーキー言ってたかもしれない。

怒鳴った女性と背中合わせになるようにして座っていた子供の母親は、

どうやら英語圏の人ではないようで、怯えたような顔をして下を俯いていた。

で彼女の足元には、やっぱりキャリーに入った乳幼児がいて、無心に

哺乳瓶に吸い付いているようだった。

周りがひそひそと耳打ちしながら、母親をじろじろ見てた。


怒っている女性は、とても興奮していて何度も何度も

「今度騒いだら、絶対にぶっとばしてやる」と繰り返している。

さぞかし迷惑だったのだろう。

それで怒る気持ちもわかるけれど、その様は異様に醜く見えた。


ところで、その女性と向かい合わせで同席していたのは、

70は超えているだろうという容貌の女性。

私は内心「まあまあ、リラックスしなさい」とかなんとか、

年輪をみせてくれることを期待していたのだけど、

その期待はあっさりと裏切られて、

彼女もまた憎々しそうに子供の母親をにらみつけながら

「ほんとに! 誰か、あの子をつまみ出してくれないかしら」

と聞こえよがしに言う。


小さな赤ちゃんと手間のかかる2歳児の世話に、毎日かかりっきり

であろうその母親が、店中から咎められているように見えて、

放っておけなくて、通り過ぎる時、ついわざと視線を合わせて

「大丈夫、私は気にならなかったよ」と小声で言ってしまった。

だけど案の定、相手はハトが豆鉄砲食らったような顔をしていて、

やっぱり余計な事を言ったかなと思った。


席に戻ると、旦那は旦那で「いいんじゃないの? あのくらい言っても」

なんて言って半分面白がっているし、

まあ確かに迷惑はいけないんだけど・・・

せめて5歳くらいならわかるんだけど・・・。

それに、そこ安っぽいファミレスなんだよね。

そうやって、小さい子供がいて普段息抜き出来ない家庭が

多少多めに見てもらえるはずの場所でまでそれだと、彼らはいったい

どこへ行ったらいいの? と、ついつい思ってしまう・・・。


帰りがけに、そのお母さんが逆に私をじっと見てにっこりしてくれた。


私は、人生許すことも大切だと思う。


**********

↓押していただけると励みになります・・・
人気ブログランキングにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

別窓 | 雑記 | コメント:14 | トラックバック:0 |
5 FRIENDS FROM JAPAN!
2007-06-23 Sat 14:19
最近の雨を言い訳に、

長期放置されていた郵便受けを今朝確認してみたら、

山のような請求書とジャンクメールに混ざって

一枚の招待状が届いていました。


ロゴ



メルの誕生日会の会場として借りた Young at Art Children's Museum

どうやら、6月中旬から「今時の日本の子供の生活」を

テーマにした展示会場を始めるらしく、その会員先行パーティです。

日付を見ると、なんと今日!

・・・ということで、寝不足な体にムチ打って

家族で行ってまいりました。

まだ一般公開前なので、今日は写真撮影禁止。

写真が載せられなくて申し訳ないんですけれど。


まず、入り口で受付のおねえさん達に、厚紙製「日本のお金」をもらう。

五百円とか百円とか手書きの漢字がコピーされていて、

五十円には穴まで開いてて芸が細かい。が、渡すときに

「はい、4じゃぱに~ず・だら~!」・・・・って微妙。


で、その付近には長テーブルがあって、薄焼きせんべい、

厚揚げ豆腐、白米、鶏肉料理、寿司などをカフェテリア形式で

振舞っており、子供達、早くも大興奮。つうか私も大興奮。

殺風景なテーブル・ゾーンに席を確保し、それらを家族で

食べていたら、ジョシュアが真顔で

「ママ、どう? もう日本にいるみたいな気分でしょ?」


いえ、あの、ええと、まだ、そうでもないです。。。



その後、旦那が「お寿司もらってくる!」と立ち上がり、

そのついでに「はい、これ。フルーツ酒だって。僕って

気が利くなぁ!」なんて自画自賛しているので、

ありがたくフルーツ酒とやらに口をつけたらですね。

チョーヤの梅酒。

しかも原液。

ここで日本の方に質問。

梅酒って原液で飲むものなんでしょうか。

水で薄めていたのは、うちだけですか?


とにかくいきなり頭がぐわんとして、思わず遠くに目をやると、

普段はハイテクなコンピュータ・アートが展開されている

巨大テレビスクリーンに、「となりのトトロ」と「魔女の宅急便」と

あともいっこ、わけわからん日本のアニメが流れていて

メルは「あああ!!!見てみて! あれっ!」とまたもや

嬉しそうにしてましたが、どれもこれもうちで鬼のように

観まくっているアニメばかりなんですが。。。

外で観るとやっぱり嬉しいんだねぇ。

ま、なんとなくわかるけど。


その後、やっとメイン会場に到着。

最初のアトラクションは・・・・




魚拓。



・・・・魚拓? 


とにかく大喜びで挑戦するメルとジョシュ。

何かが違うんですけど。。。。。まいっか。



で、次の部屋へ。と、そこは・・・・

日本の小学校!

これには感激。ちいさな椅子と机があって、それぞれの机には

赤と黒のランドセルまでかかっている!! そして、椅子には

カラフルな手縫い調の座布団まで!

↑でも防災頭巾にはならないようだった、惜しいっ


すっかりノスタルジックになっている母ゆにくあは、

興奮して座布団について語る、語る。

そばには、円形の真ん中をガビョウで止めた「係」を

決めるヤツがあったり、標語があったり、日本の小学校に

あるであろうものはほとんど、全てありましたよ。

(小学校に入ったばかりの時にもらう、お花の形したプラスチックの
磁石=算数の計算で使うやつ、まであった!!)

机の上には、それぞれ「コクヨの学習帳」だの「漢字ドリル」だの

設置されていて、もうっあんた泣かせる気っ?! ってな感じ。

すると、そばにいた旦那が満足そうに寄って来て、

「あれ、なんで黒板の前に鍋が並んでるの?」と聞くので

目をやると、なんと給食のさぁ~~~、配膳用の鍋だの

例の長方形のステンレス製のヤツだの、いっぱい並んでるんですよ(涙。

懐かしすぎる・・・。あれで紙タオルがあったら、完璧泣いてたね、私。


で、黒板の横には、実際の日本の小学生から取り寄せたらしい

絵+作文が展示されている。その他、係ごとのお知らせビラも。

なになに。。。。

展示係より「注意! ガビョウが落ちているのを見つけたら、

必ず展示係に教えてください!!」



・・・・すごい使命感(笑。



その横には上履きの入った下駄箱があって「1-2 よしだ」と

名前まで書いてある。。。

まったく誰だ、こんなに芸の細かいことを思いついたヤツは。

責任者を呼べ責任者!(感動



その隣は、日本の子供のお部屋(ちょい広め)とかね、

日本のリビングルーム(テレビでは「ロボコン」がっ!)←今時、というコンセプトは、どこへ・・・

給食室には、でっかい鍋と柄杓みたいなのがあったり、

冷蔵庫には「赤いキャップの」マヨネーズが入ってたり。

「アニメの練習」と銘打った、写し絵コーナーがあったり

なぜか奥には唐突に「豆腐屋」があって、「おぼろ豆腐」が

展示されてた・・・。あんなのわかるの、私と

あともう一人いた日本人の女性だけなんじゃなかろうか。。。


この豆腐屋の横には駄菓子屋があって、例の嘘っこの日本円を

渡すとキャンディー4つを袋に詰めて手渡してくれる、という

親切ぶり。「自分で選んでいいよ」と言われて、迷いまくった

ジョシュアは、コーラ・グミとミルク味のキャンディ(牧場の

牛の絵が描いてあるやつ。昔よく食べた!)やらを選択。

なにげに好みが私に似ている・・・。


で、一番奥は合気道と禅の部屋になっていて、でっかい砂場に

小さな箒だの、鋤だのが置かれていて、それをショーンが

妙に気に入ったらしく、係りのおにいさんに手伝ってもらいながら

小石をつかったり砂を掃いたり、妙に静かに遊んでました。


で。

あらかた周り終わったな・・・というところで、

いきなりバイオリンを弾く子供達が行進!!

やっぱり来たか!

やっぱり、やっぱり、アメリカ人は、日本人=バイオリンなんだなっ!

としたり顔の私なのでした・・・。


ああ、楽しかった。

っていうか一番楽しんだのは、たぶん私かも。

**********

↓押していただけると励みになります・・・
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ人気ブログランキング

別窓 | 生活 | コメント:20 | トラックバック:0 |
遺伝子、ざわざわ。
2007-06-22 Fri 05:22
出勤まであと1時間。

夕食のデザート用にアップルパイを焼いているので、

キッチンから甘ずっぱい匂いが。。。


いやぁ・・・昨日は久しぶりの深夜労働、疲れました。


夕方出勤すると、店内で働く人達の中に、

これまで見たこともない人達が

1,2,3,4,5,・・・5人もいる。

どうやら他店舗の社員らしい。

そのうちの一人は私服で、なんとアレックスの甥っ子。

名札をシャツにつけながら落ち着いて辺りを見回すと、

いつにも増してすんごい量のDVDが所狭しと積まれていて、

まるっきり向こう側が見えないくらい。

全くもって・・・ただならぬ緊迫した雰囲気。


いったい何事か?! と思ったら、

明日(つまり今日)の夜に

アレックスの上の上の人が視察に来るんだそうです。

それを昨日のお昼の時点で、初めて知らされたアレックス。

「こないだ来たばっかりなのに・・・なんで、いつも

ウチにばっかり来るんだよっ」と半切れ。

キリキリしたムードの中、珍しくアレックスが

棚を拭きながら私に話しかけてきたカリーシャに

「口動かさないで手を動かせ、手を!」と渇。

私は、ひたすら壁側の棚のDVDを整頓して、

その合間に何時間かひとりで接客。。。

他のみんなは、店の中央部分に何列もある棚をひとつずつ

ぞうきんがけしたり、埃を落としたり、トイレを掃除したり。

やっと客が途絶えた12時ごろから、

休憩もせずに広い店内を掃除機がけをした私。

「わかってると思うけど、徹底的に丁寧によろしく」

とのリクエストを受けて、

「まかせなさい。これでも本業は主婦よ」と答える私。

それから1時間後くらいに掃除機が終わって、

汗だくになりながら、今度は「子供向け映画コーナー」を

整頓、整頓、整頓。。。。

ふと、母方の祖父の口癖だったという言葉が、頭に浮かぶ。 


所定の位置。


実は、いつもここの乱雑ぶりが気になってたのよね。

今夜は思いっきり整頓できる喜び!!! 

祖父から回ってきた遺伝子が騒ぐぜっ!!

・・・・と、夢中になっていたら深夜3時でした。



そんなわけで、今日はなんだか頭がぼんやり。

本を片手に寝そべって夜更かしした翌日とは、

確実になにかが違う(笑。


でもね、内心、掃除は嫌いじゃないし、

みんなで協力する様は文化祭みたいだったし(笑。


なによりも、

これで店内が片付いて、私達は仕事がしやすくなるし、

お客さんたちも、お目当ての映画を探しやすいだろうな、

と思うとすごく嬉しい。。。

*********

↓押していただけると励みになります・・・
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ人気ブログランキング

別窓 | 仕事 | コメント:10 | トラックバック:0 |
今週言うなっ!!
2007-06-21 Thu 01:23
朝早くから、フィンガーペイントをしてた子供達。

人によっては、いわゆる「汚れる遊び」を嫌うけれど、
服なんか、汚れたら洗えばいいわけで。思えば私の母も
その辺、寛大というか適当だったように思う。。。

さておき。

実は以前彼らがフィンガーペイントを始めた時、よっぽど
「あらかじめ机の上に何か敷いておけば、掃除が楽だよ」と
言いたかったんですけど、その先回りしたい気持ちをグッと
こらえて、まずは彼らが思うようにさせて見ぬふりをした私。

いえいえ、怠慢じゃないですよ(笑。

そしたら、案の定ものすごい散らかりようで、あちこち
絵の具だらけ。長いことかかってやっと掃除を終えた彼らは、
それからしばらく絵の具に近づかなかったんですけれど。

で、今日。

ふと見たら、机の上に古新聞が敷き詰めてあって、
鍋や缶ジュースで押さえてありました(笑。進歩!!

我慢してよかった。
自分で考える力は、チャンスを与えないと育ちませんわな。

と悦に浸りつつ、トイレに入ったら・・・・


赤い絵の具が飛び散って殺人現場のような有様。

・・・子供と暮らすって・・・一筋縄じゃいかないわ。


********

それはそうと。

旦那がですね、久しぶりにしでかしました。

今週はですね、
「家賃払いたての給料日前」という超金欠ウィークなんですわ。
だもんだから、口座Aには70ドルくらいしか残高なくて。

週末、出勤前に「買い物、こっち(B)のカード使って。
もいっこの方(A)は残高少ないから、ガソリン代にしよう」
と旦那に念押ししたんですけど。

週が明けて、銀行口座確認したら、

口座Aの残高が、マイナス137ドルとか
なってるじゃないですかーーーー(怒。

思わず、2階でシャワーを浴びていた旦那のところへ
行って「ちょっと、なにやってんのよぉ!!」とナジる私。

だって、だって、

。。。先週の夜、どう計算してもキツイ予算でなんとか
必要なものを全部買えるようにと、支払いのタイミング
ずらしたり、なんだり必死で段取りつけしたのにぃ~。
あの努力は・・・なんだったんでしょうか。

おまけに、間に合わせるどころか、マイナス137ドルだよ。

脱力。脱力。脱力。

旦那は「つい、いつもの習慣で」なんていうけどさぁ。
危機感が足りないんだよー。なんで一瞬でも、そういう
現実的問題を忘れちゃえるのか・・・理解出来ない。

頼むよ、ほんと。
協力してよ。

そんな私の心を知ってか知らずか、旦那ことあるごとに
「○○(ゲームの名前)欲しいなぁ」とか「ジョシュアを
散髪つれてけば?」とか「車のタイヤ買い替えたいんだけど」
とか・・・・・


頼むから

今週言うな!!!!


・・・・・はぁ(ため息)


ストレス溜まったゆにくあは、さらに自分の
時間を削って、平日2日だけ夜シフトも始めます。
体力が続くか、実は心配だったり。

********

↓押していただけると励みになります・・・
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ人気ブログランキング

別窓 | 生活 | コメント:18 | トラックバック:0 |
英語で反論!
2007-06-19 Tue 23:06
いざっていう時に限って、言いたいことの半分も言えないんだよね。
というあなたのために。

今日のテーマは「英語で反論」です。

苦情を言う場合。
英語では「言いたいことをはっきり言わないと負け」みたいなイメージが
ありますけれど。だからって、がむしゃらに強気に出ればいつも勝ちかと
いうと・・・そういうことでもないです。

礼儀作法が身を助けるのは世界共通。

だいいち、普段母国語でも言わないようなことを、自分のキャラクターを
壊してまで英語で言うって、相当無理があるというか・・・変じゃないかな。
当然、「むかついて、ひとこと言わずには気がおさまらねぇんだよ!」 って
場合は、また別ですが(笑。

円滑にことを進める上で一番重要なのは、日本語では暗黙の了解で
「わざわざ言わないこと」をあえて口に出して伝えることと、いかに(相手に
とっても自分にとっても)合理的かつ建設的な要求が出来るかってこと。

基本的に、過去に発生した過失にこだわって時間を費やすより「今ある
マイナス状況を、いかにプラスに変換するかが全て」と考えるのがアメリカ。


さて、(日本語で)面倒な話を切り出す時、まずなんて言いますか?

「あの、お手数ですが・・・」「何かの間違いだと思うんですけど・・・」

こんな感じで、やんわりと会話をスタートしたい方。

I'm sorry to bother you ...
I'm afraid there may be a misunderstanding.
この辺がお勧めです。

なんかね、自分サイドの落ち度を棚にあげて
「困っているあなたをこの私が助けてあげましょう」みたいな、
一瞬どっちが優位なんだかわからないメンタリティの人多いので(苦笑。


単刀直入に問題が発生した、という事実だけを伝えたい方は、
上の例文をすっとばして、簡単な挨拶だけした後に
There is a problem and I hope you can help me. と
続ける手もあります。私は大抵これ。

また先に触れた、わざわざ口に出して伝えることによって、相手との
関係を好転させる台詞のひとつとしては
「あなたに直接の責任がないことはわかってるけど」といったニュアンスで 
I understand that it's not your fault... と付け足すと、
高確率でよい反応が返って来ます。その日苦情に当たっている人が、
問題を起した張本人ではない場合にぜひ使ってみてください。

いざ状況を説明する時は、
簡潔に要点をまとめて、ゆっくり&はっきりと話してください。
このゆっくり話す、というのが意外と大事です。

また、一度で相手が聞き取れなくても「あんた、何言ってのか
わかんねぇよ」みたいな顔をされても(泣)、くじけずに何度でも。
交渉をする相手が店だったり企業だったりした場合、相手には
あなたの話を辛抱強く最後まで聞く義務があります。

さて話が通じたとして、お互いの間に行き違いがある場合。

例えば「そんなの、聞いてないよ!」「話が違う!」と言いたい場合。
まぁ、いろんな言い方がありますし、Nobody told me that before!と
ナジり系で伝えてもいいけれど、ゆにくあ的には

That's not what I was told. 

この言い方をお勧めします。
この時、That's not what I've heard. と言っても間違いじゃないけれど、
toldを使った方がより直接的でいいと思う。


・・・・とここまで書いて、
なんだゆにくあ、穏便に事を進める提案しかしてないじゃないか。と
気づいてしまいました。ほら私、ことなかれ主義だから・・・ついね。。。

ということで、無理やり

『腹が立って、強い発言をしたい時の表現』

説明して、相手もわかっている様子なのに、はぐらかされたり
相手側の都合でうまいことまるめこまれそうな場合など。

中には言い方によって、きつく聞こえる表現もあるので
ゆにくあは滅多に口にしませんが(自分の子供には使うけど)。
とりあえず、仕事中に耳にすることが多いやつで、今
思いつくものだけ挙げときます。もっと的を得た表現を
ご存知の方はコメント等で教えてくださいね。

That's not acceptable.  そんなの納得(同意)できない! 
That's just wrong! そんなの(やり方は)間違っている!
That's not what I'm trying to say. そういうことを言ってるんじゃないですよ。
I've had it! / I've had enough.   もういいよ(たくさんだ)!
I need a refund. 返金して。
This is not the first time!  これが最初じゃないんですよ。

そしてやっぱり最後は、

Obviously, this is going nowhere.
I need to speak with a manager.

あんたじゃ話にならないわよ、責任者と話させて。って感じの意味です。


Who do you think you are? (何様のつもり?)  

なんてのもありますけど、まぁ使うことないでしょうね(笑。
ちなみにこれは語の順番間違えると、かなりまぬけなので注意。

**********

↓押していただけると励みになります。
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ人気ブログランキング

別窓 | ママのための英語 | コメント:6 | トラックバック:0 |
英語ならまだしも?
2007-06-17 Sun 10:57
日刊あたま。・・・気づいたら、ほったらかしに

なってますが(汗。なかなかどうして、気分が乗りません。


ここのところ、日中とっても蒸し暑くて、それでも日本の

梅雨ほどじゃありませんけど、毎日夕方ごろから雷雨が

あります。まぁ水不足の解消になるならば、それもまたよし。



今日、私が仕事に行っている間、

旦那が子供達と一緒に買い物へ行ってくれました。

ショッピング・カートのチャイルドシート部分に

ショーンを乗せて、メルとジョシュアは旦那の周りを

ちょこまかとついて回っていたその時のこと。

何を思ったか、突然メルが横からカートの手押しバー部分に

思いっきり体重をかけて、垂直跳びしたらしく。

その時、まだ空っぽに近かったカートは、もののみごとに

つんのめって、チャイルドシートに固定されたショーンは

危うく顔面から床に叩きつけられそうになったそうで。。。

想像すると、なんとも恐ろしい。。。

しかし、幸いというかなんというか、

ちょうどその時手押し部分を掴んでいた旦那が、

勢いをつけて倒れてきたそれを慌てて脛(すね)で受け止めたので、

ショーンの顔面強打は避けられたそうなんですけれど、

それでもカートは、そばを歩いていたジョシュアの膝を直撃。

ショーンは突然のことにわけもわからず、怖がって大泣きするし、

ジョシュアの膝には大きな青あざが出来て、これまた大泣き。

一瞬旦那は「ジョシュアの骨が折れたか」と思ったそうですが、

なんとか打撲だけで済んだ様子。よかったよかった。

あとで旦那にこってり叱られたメル。

実は彼女が一番びっくりしたんじゃないかな・・・

本人、とても反省しております。。。



午後、職場で。

レジの前には、いつものように長蛇の列が出来ていました。

ちょうど「『Breach』は全部出払っています」と

尋ねる客、尋ねる客に繰り返していた時のこと。

先頭に並んでいたあるお客のところへ、近づいてきたひとりの女性。

どうやらふたりは知り合いらしく、すぐさま世間話を始めました。

そして、どちらかと言うと声の大きなふたりの話すスペイン語が

しばらく店内に響き渡っていました。

そうこうしているうちに並んでいた方の彼女の番になり、

同じく隣で接客をしていたカルロス君のところへ。

ふたりは、お会計中もなんとなく隣同士に並んで

おしゃべりを続け、終わるやいなや「お友達」も、どさくさに

紛れて自分の分のDVDを手渡そうとしました。カルロス君は

それを遠まわしに断ろうとしたようで、

「お友達」に向かって「出来れば列に・・・」と言いかけた時。

列にずっと並んでいた中年の白人女性がそれを見て、

突然怒ったように言いました。

「ちょっと! あなた! あなたのお友達はわかるけれど、

最初から並んでもいなかったのに、ずるいんじゃないの」


そう言われても「お友達」は頑なに後ろを振り返らず、

むしろ、しらっとした顔をしていました。

すると、さらに怒った列の女性は一段と声を高くして

「呆れた! 無視するの? だいたいさっきから(おしゃべりが)

うるさくてみんな迷惑してるのよ。英語ならまだしも


(ぎょっ!!!)


そう言われて初めて「お友達」は後ろを振り返り、

「まるで・・・スペイン語で話しちゃいけないような言い方ね」

白人女性はもう後にひけないのか、妙に勝ち誇った様子で


「だって・・・

ここはアメリカなのよ」



これまでに、いろいろな「口論」に立ち会ってきましたが、

さすがにここまで面と向かって言い合う方々は初めてです。

その後しばらく、もめにもめて、困りきったカルロスくんに

「もうケンカはやめましょう」とたしなめられつつも、

「もうDVDなんか、いらないわよっ」と切れた「お友達」は

去り際にスペイン語と英語で薄汚い罵り言葉を残し

結局手ぶらで立ち去って行きました。


しかし「やれやれ、やっと店内が静かになった」と

ホッとしたのもつかの間、店内に残された白人女性が

憎憎しそうに私とカルロス君の方を睨んでひとこと。

「あんたたち、ああいう時は私の味方になるもんじゃないの?

会社に電話していいつけてやるから、今すぐ名乗りなさい」


・・・・・・え。

私達も怒られちゃうの?!


ぎょっとしていたら、すぐ後ろの男性まで便乗して

「まったく、長いこと待たせやがってふざけんなよ」



・・・はぁ、もう手に負えません。


**********

↓押していただけると励みになります。
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ人気ブログランキング

別窓 | 仕事 | コメント:20 | トラックバック:0 |
ショーンの仕返し。
2007-06-14 Thu 15:52
実話です。

一昨日だったか・・・
キッチンで、いつものように珈琲を入れていたら。

すぐそばにいた2歳児ショーンが、なにやら突然
眉間にものすごいシワよせて文句言っててですね。

ふと、床を見たら 小さな蟻が一匹。

ブログにも以前書いたような気がするけれど、ショーンは昔
蟻の巣の上に過って立ったため、腰から下びっちりと蟻に
覆われるという怖い経験がある人。で、そのせいかなんだか
知りませんが、とにかく蟻という蟻を目の敵にしています。

で、そんなショーンがキッチンの床に蟻を発見。

どうするのかなーと思って観察していると。

おもむろに、

蟻の真上に来るように注意深く位置を確認しつつ、

こう・・・うんちするみたいな体勢になって、

つぶやくようにひとこと。


「おならしてやる」


と同時に、ニヒルな顔を作りながら口で

「ぶーーーっ」と、効果音まで付けた彼。


どどこまで下品なんだよ、ショーン(汗。



【ここでちょっと、ゆにくあ家のまとめ】


メル 2歳当時 単語を読み始めて周囲の大人を驚かせる。

ジョシュア 2歳当時 足し算と引き算の原理を理解、
      全アルファベットを得意げに読み書き。


ショーン 2歳・・・

ショーン 2歳 蟻におなら達成♪



 

ゆにくあは君の将来が一番楽しみだ。

I love you, Seany.

**********

↓押していただけると励みになります。
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ人気ブログランキング

別窓 | こども観察 | コメント:12 | トラックバック:0 |
もう殺さないで。
2007-06-14 Thu 00:27
日本の外に住むようになってからというもの、

日本の中で起こっていることは、大きな事件は別として

ネットでニュースでも読まない限り、情報にありつけない

そんな私なのですけど。

最近、

「国内ニュース欄」を読むのが怖くなってきました。

赤ちゃんを殺める事件とか多すぎて、ホラーです。

高校生の女の子が学校で出産した事件にしても、

自宅で出産直後に撲殺した事件についても、

すでに多くの人が取り上げていましたけれど。


ああいう事件って、ほんと・・・・・・・・・


・・・・・・・・はぁ(ため息)・・・・・・・。


いや、10代の頃「妊娠」というものが、どれほどの

インパクトを持ってたか、覚えてますよね。

生理がちょっと遅れただけで、

生理が遅い! もうおしまいだ!!と

大騒ぎしていた子、何人もいましたよね。


しかし。

そもそも家族に、っつうか母親に知られることもなく、

臨月を迎えるってこと自体。私も子供3人いますから

妊婦の精神状態・健康状態わかりますけどね。

なんつうか、お腹が目立つ目立たない程度の話じゃなくて

つわりがどうの、ということでもなくて


普通・・・・わかるだろーーーーーー!!


初めての妊娠なのに、

病院で診察も受けずに、

お腹はどんどん大きくなって、

手足がむくんだり、ピリピリしびれたり、

食欲あったり、なかったり、

めまいがしたり頭痛がしたり、

出血もあったかもしれないし、

授業中にお腹が動いたり、

そういうのを誰にも言わずにひとりで?

10か月もホントどうやって乗り越えたんだろう。

しかも、麻酔もプロの手助けもなく、

ひとり個室で血まみれ出産って・・・・

そっちの方が、よっぽど怖かっただろうに。

そしてその後、そんな究極の精神状態で、

女性ホルモンも出産でぐっと下がっていたとしても、

彼女達の取った行動は・・・・残虐。


日本は、いまだに避妊用のピルを薬局で買えないんでしょうか?

年頃の女の子を持つ親は、彼女が16になった時点で

セックスについての可能性を無視/楽観せずに、

ピルを処方させるために病院へ連れて行くべきです。

それに、妊娠=産む OR 産まない ではなくて、

海外同様、もうひとつ「産んで養子に出す」って選択も

存在するんだってことを親が率先して教えないと。

それにはまず、

何か起こってから彼女達がパニック状態になる前に

万が一妊娠しちゃった場合の話を、妊娠したら大変!って

言い方じゃなくって「私が味方になるからね」と

子供に普段から伝えておくって大切だよなぁ・・・と思う。

口に出して伝えないことは伝わりませんから。

**********

↓押していただけると励みになります。
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ人気ブログランキング

別窓 | 雑記 | コメント:18 | トラックバック:0 |
食いしん坊の素質。
2007-06-12 Tue 15:41
そろそろ時間か。と読みかけの本を置いて、夕飯の仕度を
始めたあたりで、ふと母の焼くケーキが食べたくなった。

背が高くてふわふわとして、口に入れた途端にとけるように
消えてしまう、甘さ控えめな紅茶のしふぉんケーキの隣には、
八分立ての生クリームが添えられていて、妹とふたりして
大喜びで頬張っては「これならお店に置けるよね」と互いに
言い合って母を照れさせた、あのケーキが食べたかった。

私の母は若い頃から、とにかく料理の好きな人で、しかも
どちらかというとこだわる性質らしく、ちょっと珍しい類の
普通では食卓にのぼらないような料理のレシピを、わざわざ
どこかで調べて来ては楽しそうに作る、そういう人。

キッチンに立つ母は、料理は真剣勝負だからなんて言って
鼻歌も滅多に歌わず、どこか一心不乱に作っているところが
あったけれど、子供だった私はそんなことにはおかまいなしで、
隣にぴったりとくっつくようにして立ち、その日学校で
あった話だとか、友達の噂話を延々としていたことを思い出す。

そうすると結局母も話に参加してくれて、時には
「これはねフランスの田舎料理なのよ」とか「京料理は
野菜の味を生かすようにダシが決めてだからね、覚えて
おきなさい」だとか、野菜の切り方だとか、それはもう
いろいろと教えてくれて、子供だった私に大役はまかせて
くれなかったけれど、それでも私は満足で、忙しそうに
コンロの前と冷蔵庫の前を行ったり来たりする母を追い回し
ながら、自分は流し台の縁に手を置いて「次は何を作るの?
次は何を作るの?」と質問し続けた。

そして母が私のおしゃべりにほとほと疲れてしまった頃、
「台所も狭いし忙しいんだから、よそへ行ってちょうだい」
と私をたしなめるまで、その手馴れた様子を眺めるのが
大好きだった。

しかし今ここであのケーキが食べたいと言っても、実のところ
私はしふぉんケーキの型を持っていない。前にも同じように
突発的に食べたくなって、無理やりエンジェルフードケーキの
型で代用してみたことがあったけれど、結果は無残なものだった。
第一、紅茶の葉を切らしているじゃないか。

仕方なく代案を探して、母が昔くれたレシピを探していたら
「りんごのヨーグルトケーキ」と「バナナのケーキ」の
レシピが見開きで載っているページに目が留まった。
両方とも、私の大好物である。

このページを開くたび、いつもどちらを作ったらいいのか
迷ってしまう。両方とも食べたいのだ。ヨーグルトケーキの
酸味にするか、いやいやバナナケーキのしっとり感と自然な
甘みも捨てがたい。こういう時、例えばリンゴしか手元に
なければ決断も楽になるのだけれど、幸か不幸かリンゴも
バナナも揃っている。

迷った挙句、母の完璧なレシピを変更してみようと思った。
リンゴもバナナも全部入れるために、バナナケーキよりも
粉を少し増やして、ヨーグルトは量が足りなかったので
バターミルクでかさを調節して、でもそれだと酸が強く
なってしまうので、少しアルカリ性に戻すためにベーキング
ソーダを足してみた。バナナケーキではバターを使うけれど、
ヨーグルトケーキにはサラダ油が入るので、そっちを使った。
母が、、、これは内緒だったかな、サラダ油を使うと翌日に
なってもパサパサしないケーキになるのよ。と教えてくれたのだ。

さて、結果はかなりの上出来で酸味のきいたケーキに
バナナの甘さがよく合って、またたく間に全部売り切れて
しまった。事の経過を知っている旦那は「お母さんの料理の
腕前を超えたと思う?」なんて聞くので、「そういう日は
恐らく一生来ないだろう」と真顔で言ったら「でもね、
僕の両親が以前、ゆにくあのことShe has the dust.って
言ってたんだよ」と言う。

これは、彼らがパキスタン出身のお友達に教わった言葉で、
あちら流の褒め言葉らしく、You have the dust.で(生まれ
もった)料理の素質があるって意味らしい。素質…くらい
だったら、母から受け継いだかもしれないな、と思った。


**********

最近、私がキッチンに立つと決まってイソイソと椅子を運んで
来て私の隣に立つのが「白米命」なこの人。

Sleeping_Seany
クリックすると拡大できます。

↓ついでにぽちっと。
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ人気ブログランキング

別窓 | 雑記 | コメント:12 | トラックバック:0 |
うっかり続き。
2007-06-10 Sun 09:30
少し間が開いてしまいましたけど、

忙しかったとか、具合が悪かったとか

そういうんじゃないんですよ。

なんと。

電話料金を払い忘れて、電話が止まってました(汗。

しかも、ずっと原因に気づかなくってですね。

プロバイダーがダウンしてるんだろう、くらいに思って

完全に放置してたんですけれども。

ふと、3日前くらいに、そういえば・・・

最近電話が鳴らないぞ。と気づきまして。

試しに、友達へ電話をしてみたら、

「番号を確かめてかけ直してください」的なメッセージ。

しかし、それでもそれが未払いによる現象だとは気づかず、

電話会社へ電話して苦情を言おうとしたんですけどねー。

なぜか電話会社へも繋がらない。

そこでやっと、あれ? と思ってよーく考えてみたら

先月の電話代を払った記憶が・・・・・・・ない。

けれど、面倒なことに、うちではぜーんぶネット払いなので

ネットに繋げないと支払えない=ずっと不通状態 という事態に。

こういう時、家の中で誰かしらが携帯電話を持っていれば

携帯から電話して~電話越しに支払うなんてことも

出来たんですけど、なにせ ゆにくあ家は携帯なし一家。

仕方なく、旦那に頼んで会社から電話してもらって、

残金(未払い分)を聞いてびっくり!

そ、そんなに?! なぜ?

・・・・と思ったら、なんと一度接続解除されると

再接続するのに別途費用がかかるんだそうです(涙。

これからは、何があっても電話代だけは払い忘れるまい!と

心に強く誓ったゆにくあなのでありました・・・。


それはさておき。


メルのバレエの発表会は、大成功でした。

本人、最初の方でとちってしまって、かなり慌てたらしいけど、

そこはメルなので顔には全く出さず、そつなく踊り続けて

おりました。8月からは、バレエ1からバレエ2にクラスが

上がって、と同時にジャズのクラスも始めるメル。

ジャズのクラスはどっちかというと、「バレエダンサーの

踊るヒップホップ」という感じで不思議な雰囲気。

ジャズクラスにいる子達は、メルよりもずーっと上のクラス

(トウシューズを履くようなレベルの子)ばかりで、先生が

推薦してくれたとはいえ、内心(メル、本当についていけるのか?)とも

思いましたけど・・・ま、本人がやりたいというのだからね。



そういえば終わったあと、300人はいるかと思われる

生徒をひとりひとり保護者へと引き渡したバレエ学校。

かなり要領が悪いというか、なんというか。

待ってるだけで汗だくでしたから(怒。

さておき、ながーーーーいラインに並びつつ、

前後の人の会話に耳を傾けたりなんだりで、気を紛らわせつつ

さあ、やっとこの先20人くらいで私の番という段。

突然、前に並んでいた女性が、一緒にいた子供に向かって

「この黄色の紙を失くしたら大変。また最初から並びなおしよ」

なんて言ってるじゃないですか。

この紙、、、、ってどの紙(汗? 

と思って

よく周りを見渡すと、みんな黄色だのピンクだのの紙切れを

手にしているわけですよ。しかも、それらには

子供のクラス名だとか名前、保護者の名前も書かれているわけですよ。

もうね、顔面蒼白。

で、絶対の絶対に並びなおしたくないゆにくあは必死で

考えました。怖そうな筋肉隆々の黒人男性警備員数人が

目前に迫るまで、必死で考えましたよ。言い訳。

で。

結局、私が取った行動。



ガード完全無視で、紙も提示せずにすり抜ける作戦!!

もうね、どっきどき。

しかし、こともあろうか・・・・


誰も私を不審に思わずにすんなりビル内に進入。

ノーチェック。こんな警備・・・・意味ないじゃん・・・

と思いつつも、無事メルを捕獲。

あとで聞いたら、旦那が前もって紙を受け取っていたん

だけれども、うっかり私に渡し忘れたそうです。またそういうオチかよ。


やれやれ・・・・。

それ以外ではですねー、

全体的な発表会の出来なんですけども。

なんつうか、

「あー、だから42ドルもするわけね」

と思わず納得する出来栄えでしたよ。

なにしろ、プロの方が合間合間に踊ってくださって・・・

「ジゼル」だの「海賊」はもちろんのこと、

オリジナルの振り付けも満載で、超圧巻。

これはお金取るわな。

特に、学園長の振付けた和太鼓の曲が、それはもう

明らかに発表会レベルを超越していて、本当に衝撃的でした。


↓ぽちっとしていただけると、励みになります★
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ人気ブログランキング

別窓 | 雑記 | コメント:7 | トラックバック:0 |
夏休みっ
2007-06-02 Sat 14:07
昨日は学校最終日で、半日授業。

午後、いつものように校門から出てきたメルと
一緒に、家方向にむかって歩いていたらですね。

後ろからバイクでやってきたカロリーナ(メルの友達)が
開口一番「今朝のこと、大変だったねぇ」と言ったのです。
なんというか「災難だったね」的ニュアンスで。

だから、てっきり(またメルがどっかでコケて、
膝でもすりむいたのかな)と、とっさに思い
「メル、怪我でもしたの?」と尋ねたけれど。

なぜかふたりとも無言 = めっちゃ怪しい。


で。


カロリーナちゃんとバイバイしたあと、
あらためてメルに「朝なんかあったの? 大丈夫?」
と聞いたらですねー。

なんでも(毎度のことらしいんだけど)、カロがメルに
「私のバックパックも持ってよね」とやったらしく。
それに対してメルが
「やだよ、あんたの召使いじゃないんだから」
ときっぱり断ったら。

面白くないカロ、いきなり
「あのね、実はいつもクラスで【メラニーは学校一の
臭いやつ】って言いふらしてるんだよ」と言ったそうで(笑。
でそれ聞いたメル、カッとしてカロの乗っていたバイクを
後ろから押したんだってさ。

そしたら、たまたまそこにベンチだかなんだかがあって、
タイヤがベンチの脚のところにはまっちゃったか何かで、
カロ大泣きした・・・ってそういうことがあったらしい。

幸い誰も怪我せず、ちょっとびっくりしたって程度だった
らしいんだけど・・・その後、カロは一緒に歩いていた
お父さんに一部始終をスペイン語で説明していて、メルと
してはカロが正確に何が起こったのか説明しているのか
ということがわからず、相当イライラしたらしいです。


うーーん。。。どっちもどっち?


そもそもねー、
カロ一家は、以前遠くに引っ越したんですよ。
だけど、去年の冬にまた同じ街に戻ってきて、その時には
カロをメルと同じクラスに編入させようと、学校に頼み
込んだらしいんだけど・・・無理だったみたいで。

そうこうしているうちに、1か月くらい前だったか、
同じ住宅地に引っ越してきたんですよ。
ちょっとストーカーちっく(笑。

というのも。

カロのお母さんがすごーーーーくメルを気に入っていて、
どうやら、カロの親友はメルと決めてしまった模様ですが。

当の本人、メルは・・・・どうなんだろう?
なんとなく最近、微妙に波長が合っていないような?

むしろ、近所に住む
2年生のカイリーちゃん(8歳)と仲がいいような?

カロ母はとってもいい人だし、私とも親しいけれど、
子供の友達は子供が選ぶ方が自然って気がするなぁ。

というか・・・
なんとなーく近い将来、メルが「もうカロの家へは
行きたくない」と言い出すような、そんな予感。。。


さておき。

その後、発表会のリハーサルがありました。
マイアミまで車でGo。

しっかしね会場の親達、マナーが悪いったらありゃしない。
おしゃべりもすごいけど、ステージの真正面で立ち話を
する人たちまでいたよ。なんなんだ、あれは。

リハーサルをマイクで仕切っていたおばちゃんは、終始
「ご父兄のかた、ご静粛に!! 協力お願いします」
とやっていたんだけど、最後のあたりは
「黙りなさい!!!」と完全に切れ気味。

それを聞いた旦那は「こえぇ~バレエ・ナチ!」なんて
言ってましたが、ほんとみんな静かにしないと(笑。
先生の指示を聞こうとしている4,5歳児が気の毒よ。

今日は一日雨で、私とメルはバレエのルーティーンを
おさらい。一緒に踊ったら楽しくて、ついでにメルの
好きなチアーも練習しちゃいました。

午後は子供達と夏休みの予定表作成。月曜は公園へ
行こうとか、水曜はお散歩しながら自然を楽しもうとか。

明日、あさってはバレエ関係の予定が目白押しなので
週末は少し忙しくなりそうです・・・。

ついでにポチっと。
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ人気ブログランキング

別窓 | 生活 | コメント:15 | トラックバック:0 |
| ゆにくあ缶 |