AX
お正月は面白いか
2005-12-31 Sat 09:24
日本はもう大晦日ですね。
こちらは時差の関係上、まだ日本時間で30日の夜8時ごろです。

以下は本日、夕食中の会話。

Me: Mel、明日はニュー・イヤーズ・イブだよね。知ってた?

Mel: (嬉しそうに)え! じゃあ、うちでも「ニュー・イヤーズ・イブ」っての、
    やろう!

Josh: やろう、やろう!
     ↑
  (ふたりともパーティか何かだと思っている)

Me : ・・・ニュー・イヤーズ・イブっていうのは、一年の最初の日の
    前日ってことだよ。つまり明日は今年最後の日。

Mel:  ・・・で何するの? そうだ、クッキー作ろうよ!

Josh: (鶏肉をフォークに刺す作業に熱中。たぶん聞いてない)

Me  クッキーはこないだクリスマスの時作ったから、絶対に
    やりたくない(笑。

Mel: えー、やろーよー。キッズ・パーティ、計画しようよ。

Me: 明日はお呼ばれしてるんだよ。そうじゃなくって、ええと一年は
   12か月あって、12か月が過ぎると年が変わるでしょ。明日は
   12月の最後の日だから、明後日からは2006年になるんだよ!

Mel: ・・・・・・だから?

Josh: ママ、6の次はなんだか知ってる?

Me: (Joshに向かって)さあ? 何?
    (Melに向かって)だから?・・・だから特別なんだよ。そう思わない?

Mel: (思わない、といった表情)

Josh: 7だよ!! 7! ママ、ママ! 明日って僕の誕生日?!

Me: 全然違うよ・・・。あんたの誕生日は2月でしょ。


(そうだ! これは子供達に日本を紹介するいい機会じゃないか?)


Me  日本では、一年の一番最初の週をお正月って呼んでね、
    いろいろ特別なことをするんだよ。ご馳走を作って、みんなで
    食べたりとか。サンクスギビングみたいな感じかな。あと、
    日本には神様に対してべつの考え方がある人が多くて、
    そういう人は教会に行く代わりに神社とかお寺って呼ばれ
    るところへお参りに行く。今年も幸せに暮らせますようにって。

Mel: で?

Josh: ママ~、サンクスギビングだったらもうやったよ~。
     僕、教会行きたくな~い! 絶対行かないよ! この間も
     教会の後ろの公園で遊べなかったし・・・ぶつぶつ・・・

Me:  ・・・はぁ(ため息)。
    で、一年の最初の日を笑顔で過ごすと幸せな年を
    迎えるってことで、コメディーとか観たりするね。
    お外とか車を飾ったりもする。あとお餅を雪だるまみたいに
    重ねたり・・・

Josh: 僕、雪だるまの作り方知ってるよ! 最初に大きい丸を
     作って・・・ママ! 最初に・・・ママ! 

Me: ・・・聞いてるよ。けど、その話じゃない。

(駄目だ、話が・・・それまくっている・・・)

Mel: じゃあ、ニュー・イヤーズ・イブにはなにやるの?

Me: え? ニュー・イヤーズ・イブ? ・・・・大掃除・・・・かな。

Mel: それだけ~?

Me: いや、それだけじゃないよ(もはや、娘に日本をよく印象付けようと
   必死な私)夜、お蕎麦食べたり、夜更かしして12時まで起きて
   TVで鐘が鳴るのを観たり(言いながら全然インパクトがないことに
   気づき、さらに焦る)。

Mel: だけどママ、毎晩夜更かししてるじゃない。

Josh: ママー、ご飯終わりにしていい? ママ!


Me: ・・・・。


Me: じゃあさ・・・お年玉って知ってる?

Mel: 知らない。何それ?

Me: ・・・日本に住む子供が、お正月にもらう「小さな袋」のことだよ。

Mel: 何が入ってんの?


Me: ・・・・・・お金。


Mel: それやろう! それやろう! 

Josh: 僕3ドル欲しい! 3歳だから3ドル! 1・2・3~!

Me: そうだなー。ニュー・イヤーズ・イブのお掃除手伝ってくれたら
    考えてもいいよ。(私の家では大掃除を手伝うとお年玉に
    色がつきました)

Mel: うーん・・・・・・やっぱりクッキーにする。

時間観念のあやふやな小さな子供たちにとって、2005年が
2006年になろうが、12月が1月になろうが、明日であることには
かわりがないらしく、いまいち伝わったのか謎。明日は友人宅へ
招かれているので、これから手土産のチョコレートケーキを焼きます。

さておき、皆さま、よいお年を! 


チョコレートケーキのレシピ↓
お正月は面白いか…の続きを読む
別窓 | こども観察 | コメント:11 | トラックバック:0 |
Seanのいたずら
2005-12-28 Wed 09:48
takoline2.gif

ショーンが今、「ぷかぱー」以外の言葉を発しました。

GIVE IT TO ME!! です。

びっくり! そんなに欲しいなら、もってゆけ(笑!
       ↑
      計量スプーン


******

夕食が終わってHot Cocoaで宴会をするメルとジョシュを
横目にこれを書いています。

ご飯の間はTVをXM RedioのXM-Kidsにしてたんですが、
たまたまふたりのお気に入りの曲(ディスコ調)が
流れたものだから大変。踊りまくってます。
はっきり言って怖いです。特にジョシュア(笑


*****


お古のデジカメをいただきました。が。
インストールすべきソフトが同封されてません。

電話して聞いたら、無くしたとのこと。

サイトに行ったけど、そのソフトはダウンロード提供してなくて、
そ、そんな~!状態。

しかし今あちこちサーチして、コダックのなんとか
っていうソフトでも動くよ。と書いてある掲示板を発見。

これで動かなかったら、超意味ないです(涙


*****


なんだか、どんどん日記が長くなっておりますが

つい今しがた、ショーンをハイチェアーから降ろして、
べたべたになった顔を洗面所で洗った私。

手を伸ばした先にあった私の歯ブラシをつかんだ彼は
すごい上機嫌。歯磨きするのは嫌いですが、歯ブラシで
遊ぶのは好きなのです。

だるいので「まいっか」と遊ばせておきました。

その後、しっかりドアを閉めたつもりでしたが、かちゃっ
と音がするまで閉めていなかったらしく、当然ショーンは
こっそりと進入。笑い声が聞こえるので「またかよ~」と
思いながら中を覗くと・・・・


こともあろうか私の歯ブラシで

トイレの床を磨いておりました(涙


「あっ!」と取り上げようとしたら、これまた
いつにもまして高速のハイハイで二階へ逃亡を図る★。
あまりの必死な形相に、追いかける気力を失いました。

あとは彼があれを口に入れないことを
祈るのみ。←祈ってないで取り返しに行け、ゆにくあ


******


とここまで書いて他の日記にレスをつけていたら
いつの間にかショーンが私の膝によじ登って来ました。

ここで気づくべきなのに

書くほうに夢中になっていた私は無頓着。
とおもむろに彼は「なにか」を私の口につっこんできました。

・・・・そうです、私の歯ブラシ(ケガレ) です。


ぶえぇえええええ!!!


ひどいぞ、貴様!


しかも、そこはかとなくウンチの匂い・・・。
無言でオムツ換えステーションへ移動する私。

オムツの中は大爆発状態で、慌ててキレイにしてあげようと
ウェットタオルに手を伸ばしかかった瞬間。

なんと、彼は私の歯ブラシで自分の股間(ウンチだらけ)を
なぞっているではありませんか!!(涙

・・・ご安心ください、歯ブラシは捨てました。
別窓 | こども観察 | コメント:4 | トラックバック:0 |
クリスマスとゆにくあ家
2005-12-26 Mon 10:35
日本はクリスマス開けですね。

こちらはまだ25日の夜。さきほど、興奮冷めやらぬ子供たちを寝かし
つけたところです。やっと落ち着いたので、クリスマス近辺のご報告を。


12月24日 朝 6時半

どばぁあああん!!というすごい音を立ててドアが開き、それと共に
上機嫌なMelanieとJoshuaが寝室へやってきました。
「めぇええええりぃ~クリスマスイブ、ママ!!」
「お腹すいた。お腹すいた!!!」
隣の部屋からはSeanの泣き声も聞こえます。本当はもう少し眠りた
かったけど、既に子供が全員起きているので、仕方なく起床。

一階へ降りて朝食を終えると、エネルギー全開のJoshuaとSeanは
リビングからダイニングを通り、キッチンで折り返すコースを取って
三輪車を乗り回します。一方Melanieは、例のごとく机でお絵かき。
カラフルなクリスマスツリーの横には、ベビーベッドに横たわった
小さな赤ちゃんが描き添えられています。

「Sean?」と聞くと、呆れ顔で「ちがうよ。Baby Jesusだよ」


24日 午後1時

お昼を食べていたところで、以前お話していたMelanieの乳歯が
ぽろりと取れました(あれ以来、しぶとく居座っていたのです)。
しかし、よりによってなぜ今日! おかげで今夜はサンタクロース
とトゥース・フェアリーが揃ってMelanieを訪れます・・・焦る私。

Seanのお昼寝中、残りのふたりは旦那と近所の公園へ。明日の
25日は、普段24時間営業しているようなお店ですら閉まって
しまうので、「帰りに買ってきてね」とJoshuaでも読めるように
イラスト化した買い物リストを渡しました。その間私は、早めに
簡単な夕食の支度。


24日 午後5時前

車で10分の所にあるST.PAUL EVANGELICAL LUTHERAN CHURCHへ。
近いと思ってギリギリに出たら、礼拝堂に入りきらないほどの参列者。
通常、クリスマスイブのサービスは5時・8時・12時(深夜)頃で、大人に
とっては8時あたりがちょうどよいのですが、5時からのセレモニーは
子供でもわかりやすい内容になっている場合が多いので、特に人手が
あるようです。結局、中庭に椅子を用意して頂いて参列した私達。
お話の合間には、歌あり劇(というよりコント)あり、最後にキャンドル・
ライティング・セレモニーで無事終了。と、この時点で、疲れたJoshuaは
早くもウトウト。

HYMN- Silent Night

    Silent night, holy night!
All is calm, all is bright
Round yon virgin mother and child.
Holy infant, so tender and mild,
Sleep in heavenly peace,
Sleep in heavenly peace.

Silent night, holy night!
Shepherds quake at the sight;
Glories stream from heaven afar,
Heav'nly hosts sing, Alleluia!
Christ the Savior, is born!
Christ the Savior, is born!


24日 夜 8時

就寝時間直前「サンタの夜食クッキーを、いくつお皿に乗せるか」
で真剣にもめるMelanieとJoshua。

Melanieの言い分: サンタは今夜、世界中からクッキーをもらうんだから、
あんまりあげるとお腹を壊すかもしれない。2個で十分。
Joshuaの言い分: トナカイの分はどうするんだ!! 僕の作ったのを
全部(8個)あげたい。
旦那の言い分:サンタは既にあれだけ太ってるから、多少のクッキーじゃ
お腹壊さないんじゃない? そういえば、僕が子供の頃は、なぜかミルク
のかわりに赤ワインを用意したんだよね・・・(完全に話がそれている)


24日 深夜12時ごろ

ツリーの下にプレゼントを移動。親戚から届いたものも合わせて数えたら
全部で65個(さらに、間に合わなかった分が月曜に届きます)。
毎年「あほか!」というくらい大量にプレゼントを用意するのが、アメリカの
クリスマス。たとえ小さなギフトでも、ひとつひとつ包みます。全て配置
したら、ツリーの下のみならずリビング全体が埋まりました。

Joshuaは、物心ついた頃からずーっと玩具の4駆(実際乗れるもの)を
欲しがっていて、今年はそれが目玉。

今年Joshuaが欲しがったもの:
空気を入れて膨らますボクシンググローブ、V-Smile、ラジコンカー、
ライトセーバー、サッカー・ボールとサッカー・ゴール、ミニカー用の
レースサーキット、フローム(新種の粘土みたいなもの)など。
Joshuaの欲しがるものは、みんなかさばります。

Melが欲しがったもの:自転車、スクーター、デラックスアートセット、
ネールセット、シンデレラDVD、バービーの頭(お化粧をして楽しむ
ものらしい)、ドレス、ピアノ(これは買いません汗)、ヨーヨー、
ブラッツ(人形)、お人形用のベビーカーなど

他にもいろいろ言ってたけど、Wish Listに載ってたのはこのあたり。
結局みるもの全部欲しい年頃。

SeanにはT-ボール(幼児用の野球システム)、木製パズル、振ると
走る車、Talkingエルモ、ボタンがいっぱいついた、なんだかよくわから
ないもの、期間限定レゴボックス(これは私が欲しかった)、 ミニチュア
絵本セット、乗るとぐるぐる回るおもちゃなど。


12月25日 朝5時

Josuha: I don't feel like sleeping anymore. Can I open the presents?
旦那: It's still too early, go back to sleep.

ということがあったらしい。私は思いっきり寝てました(笑 
実はこれ、我が家にとっては珍しい事です(毎年、誰よりも先に
起きて、ひとりそっとプレゼントを眺める旦那)。


25日 朝6時45分

これ以上みんな待ちきれないのでプレゼント開け始める。

MelanieとJoshuaは、もう何度もクリスマスを経験している、いわば
プロなので、指示せずともMelがタグを読み上げ順番を管理し
(今年はSean→Joshua→Melanie→Mommy→Daddyの順)、
Joshuaが順番の回ってきた人にプレゼントを届けるという完璧な
チームプレイが展開されていました(笑。

■Melの一番気に入ったプレゼントたち

・デラックスアートセット
・お化粧品セット←いろんな色を塗りたくった彼女。ものすごい顔に
なってましたが、本人は幸せそのもの。

■Joshの一番気に入ったプレゼントたち

・V-Smile(教育用ゲーム・システム) 
・TOY四駆 
 ↑
ほぼ一日中、乗りっぱなし。あまりの興奮に言語を忘れたのか
乗っている間、ずっと「64、65、60・・・」と数字を羅列していた彼。

■Seanが一番気に入ったプレゼント

・ストッキングに入っていたオレンジ。

両手に持ってそこら中を走り回り、床に向かって投げつけては
大爆笑してました。 最後には汁が・・・。

・・・さらに。
困った旦那はSeanが怖がる様子を面白がってJoshuaの
ラジコンで、彼を追い回しておりました(苦笑。

という訳で今日は一日中、みんなで目いっぱい遊んだゆにくあ家
でした。・・・疲れたみんなは、もう眠っています。
別窓 | こども観察 | コメント:4 | トラックバック:0 |
ホリデークッキー
2005-12-22 Thu 00:00
クリスマス目前のこの時期になると、毎年7~10種のクッキーやミニタルト、
ミニケーキなどを大量に作って詰め合わせ、ご近所や子供のお友達宅へ
届けることが恒例になっている我が家。 といってもそういう慣わしが
アメリカにあるということではなく、ベーキングの大好きな私が好きなだけ
お菓子を作れる年に一度の口実です。

その他、毎年必ず作るのがジンジャーブレッドハウス。これは毎年デザイン
が大袈裟になりつつあり(笑、たとえば去年は教会とキャンディショップ、
レンガ壁の豪邸などが橋のかかった川をはさんで並ぶ町並みを作りました。
写真があったのですが、現在主人の両親が保持しているため、お披露目
出来ないのが残念です! デザイン段階の鉛筆画ならあるんですけど・・・。

さて今年はというと、引越ししたばかりなのでかわりに学校へジンジャー・
ブレッド・クッキーをクラスの人数分子供と共に作ってもたせました。
Melanieはこういう時、目がキラキラしています。Joshuaもアイシングを
顔中にまとっておおはしゃぎでした。

以下が通常クリスマスに作るお菓子のリストと、いくつかのレシピです。

・レモンバターカップ
・ミニミックスベリータルト
・ブラウニー
・チョコレートエスプレッソクッキー
・ハンガリーショートブレッドクッキー(ラズベリー)
・ミニショートケーキ各種
・レッドベルベットケーキ
・チーズタルト
・ミントクッキー など

■レモンバターカップ■ 24個くらい(1カップ=240ml)

小麦粉 2カップ
塩   小さじ1/2
無塩バター 大さじ16 キューブ状に切っておく
サワークリーム 1/2カップ
砂糖 1/2カップ
卵黄  大1個分
クリームチーズ 8オンス 室温
卵  大1個
バニラエッセンス 小さじ1
レモンの皮(すりおろしたもの)
小さじ1
粉砂糖

1.大きめのボールに小麦粉と塩を混ぜておく。角切りの冷たいバターを
入れ、指先を使ってつまむように混ぜる。砂っぽい質感になったらOK。

2.別のボールにサワークリームと卵黄を入れて、なめらかになるまで
よく混ぜる。1の粉を混ぜたら、生地をまとめる(この時、生地の質感は
やや乾燥しています) 。

3.円盤状にまとめたらサランラップをして冷蔵庫で4時間または一晩休ま
せます。

4.ボールにクリームチーズと卵、砂糖 、バニラエッセンス、レモンの皮を
混ぜあわせる。

5.打ち粉をした作業台の上で冷やしてあった生地を伸ばし、ピザカッター
かナイフで7.5cm角の正方形に切り分ける。

6.正方形の生地をマフィン用の型に入れたら、3で作ったフィリング(具)を
小さじで中央にのせ、それぞれの「辺」の中央あたりをそっと指で内側に
押し込む(こうすることによって、四つ角が花びらのようになり、焼きあがっ
た時に花のように見えます)。

7.残りの生地で以下の行程を繰り返したら、冷蔵庫で30分休ませます。

8.180~200度に暖めたオーブンで25分から30分、焼き色がつくまで
焼いてください。


■チョコレートエスプレッソクッキー■(1カップ=240ml)

セミスイートチョコレートチップ  3と1/4カップ
バター   大さじ8
小麦粉   1/2カップ
ベーキングパウダー 小さじ1/2
塩   小さじ1/2
卵   大4個
砂糖  1と1/2カップ
バニラエッセンス  小さじ2
インスタントエスプレッソの粉  小さじ1と1/2
チョコレートチップ   1と1/2カップ

1.ボールを少量のお湯を沸かしたお鍋の上にセットし、セミスイートチョコ
レート3と1/4カップとバターを一緒に湯煎でとかします。

2.その間、別のボールに小麦粉、ベーキングパウダー、塩を混ぜておく。

3.大き目のボール(別)を使って卵と砂糖を白っぽく「ふわふわ」っと軽く
なるまで混ぜる。バニラエッセンスとエスプレッソを続けて混ぜ入れたら、
1のチョコレート液をさらに混ぜいれる。

4.粉類を混ぜたら、残りのチョコレートチップ(1と1/2カップ)を加え、
室温に30分ほど放置し、生地を落ち着かせる。

5.パーチメント・ペーパーを敷いたクッキーシートに中ぐらいの大きさの
アイスクリームをすくうスプーンですくい落としたら、冷凍庫へ(普通の
スプーンでもいいですけど、この方が簡単です)。

6.凍った状態から180~200度のオーブンで7分焼きます。


■キャロットジンジャーカップケーキ■12個分(1カップ=240ml)

Pecan(ピカン)   2/3カップ トーストしたもの
にんじん       3~6本( 1と3/4カップ分)
卵  大2個 室温
バターミルク 1/4カップ 室温
バニラエッセンス  小さじ1
砂糖  1と1/4カップ
サラダ油  1カップ
生姜の摩り下ろし 小さじ2
小麦粉  2カップ
ベーキングパウダー  小さじ1
ベーキングソーダ    小さじ1
塩  小さじ1/2
シナモンパウダー  小さじ1/2


1オーブンを180度に熱す。.ピカンを細かく刻んでおきます(ピカンが
手に入らない場合、お好みのナッツで)。

2.にんじんを摩り下ろし、卵、バターミルク、バニラ、砂糖、サラダ油、
生姜と共に大きなボールにいれ、よく混ぜる。

3.中くらいのボールに小麦粉とベーキングパウダー、ベーキングソーダ、
塩、シナモンを混ぜておく。ゴムべらをつかって、粉類を2のにんじんミッ
クスへさっくりと混ぜあわせる。続いて1のピカンを軽く混ぜ合わせる。

4.生地をカップケーキの紙型にスプーンをつかって上ぎりぎりまで入れて
いく。串を中央に差して生地がつかない程度になるまでオーブンで焼きま
す(20~25分くらい)。

5.10分くらい置いて粗熱が取れたら、型からはずして完全に冷まし、
フロスティング(下記参照)をそれぞれのカップケーキに塗ってください。


■オレンジジンジャーフロスティング■3カップ分

無塩バター 大さじ4  室温
クリームチーズ  8オンス(1箱)  室温
粉砂糖   1カップ
オレンジの皮〔摩り下ろし) 小さじ2
生姜の摩り下ろし  小さじ2
塩   一つまみ


1. バターをボールに入れ、ふわっとするまでよく混ぜます。
クリームチーズと粉砂糖を加えムラなくよく混ぜたら、オレンジの皮、
生姜と塩を加え、さらによく混ぜる。 冷蔵庫で15分くらい冷やすと
扱いやすくなります。

GingHousBrown.gif

ジンジャーブレッドハウスの基本的な作り方に興味がある方は、
続きをどうぞ。
ホリデークッキー…の続きを読む
別窓 | レシピ | コメント:16 | トラックバック:0 |
アメリカ暮らしのはじまり2
2005-12-17 Sat 10:36
12/1に引き続き、結婚前に3か月間、アメリカ滞在した時のお話。

空港から2時間あまりの車移動の末、私と彼とブラピもどきはファースト・
フード・レストランへ立ち寄りました。するとそこでは、なんと彼の友達が
大集合。たぶん15人くらい。99%大学生、80%が金髪の長髪! 
そして、そのうちのひとりが興味深そうに私を見るなり「日本は親の決め
た相手と結婚する制度があるそうだけど、今でも主流なの?」といきなり
質問してきました。本当は「そういうところもあるんでしょうけど、今は主流
じゃないですよ」と言いたかったんだけど・・・英語能力不足によりうまく
言えず、口ごもる私。いきなりテストはやめてください(汗。

さらにそこからはずっと質問攻めで、みんな本当に日本のことが知りたい
のか、会話の糸口を探しているだけなのか・・・お願いだからもっと簡単な
ことを聞いてくれ!と心底思いました。その後、2時間にもわたる地獄の
質問会を終え、やっと彼の実家へ向かうころには日も暮れかかっていま
した。

さて家のドアを開けると、身長2mくらいありそうな青い目のお父さんが
笑顔でお出迎え。「Hi!」といきなり抱きつかれ、度肝を抜かれた私。
鼻の頭に汗かきました。

さらには「今日本の映画を観ているんだけど、字幕がでない台詞があるから
こっちきて訳して!」とわけもわからぬままリビングへ。何の映画だったのか
今となってはうろ覚えですが、古い侍映画です。訳すもなにも、日本語の
上に英語の台詞がかぶっているし言葉は古いしで、あわわわわ・・・と
なって目を白黒させていると、指をパチンパチン鳴らしながら「ゆにくあ、
こういうのはスピードだから! ほらほらほら!!」とせかされる始末(涙。

なんだか想像以上に過酷なハードルが設けられていることに気づいた私は
時差ぼけを口実に部屋へこもったのでした・・・。

つづく。
別窓 | Back to Back | コメント:6 | トラックバック:0 |
アメリカの子供のように英語を話そう3
2005-12-12 Mon 00:00
今回は1歳~2歳くらいの子供が覚える表現について焦点をあてて
みたいと思います。

092921.gif

この時期の子供が実際に自分で使える単語は、まだまだごく少数で
個人差によるばらつきを考慮すると10~50語といったところ。やはり
ほとんどが名詞です。しかし、自分で使えなくとも対象物と名称を音で
関連付けて漠然と理解している語となると、すでにかなりの数になり
ます。そしてそれは、絵本などを使ったGuessing Game(当てっこ)で
容易に知ることができ、「Where is the cat?」と尋ねると、きちんと猫
の絵を指差すことが出来る、といった具合です。

まず主なところでは、動物の名前や泣き声、体の部位名または公園
などにある乗り物の名前や好きなおやつなどでしょうか。例を挙げると
Dog, Cat, Duck, Caw, Chicken, Pigなどですが、この時、お母さんが
「Doggy, Piggy, Kitty cat」と教えればそのように覚えるでしょう。
また着替えやお風呂の際には、ears, nose, eyes, hands, feet, hair,
tummy(おなかの幼児語)などといった言葉に出会います。

昔、動物のおへそについて書かれた絵本を読み聞かせしていた時、
「Do YOU have a belly-button?(Melanieはおへそある?)」と遊び半分
尋ねたら、はっとした顔をしてTシャツの裾をめくりあげ、自分のおへそを
確認していたMelanie。意思の疎通が図れたことが嬉しくて、その後も
何かにつけて彼女におへそを探させました。公園で遊んでいても
「Hey, do you still have your belly-button or did you leave it at home?」
(ねえ、おへそまだついてる?それともお家に置いてきちゃった?)
そのたびに、いちいちおへそを確認した彼女。最近は同じ遊びを次男の
Seanとしている私です。

さて、2歳に近くなるとようやく簡単な動詞も語彙に加わりはじめます。
顔中にマーカーで落書きしているところをお母さんにみつかってしまえば
Give me the marker! と言われてGiveを覚え、Help me!と言えば楽が
出来ることを学び、Look! と言って注目を得たり・・・はたまた
I want cookies! でクッキーがもらえることにようやく気づくのです。
いずれにしても、彼らの生活に必要不可欠かつ動きが目に見えるもの
を優先的に使うようになります。

またこの頃から文章として言葉を組み立て始めますが、当然まだまだ
不完全で特にBe動詞を省略する傾向があり、JoshuaはWhat is that?
というべきところをWhat that?と言ったり、Where were you? を 
Where was you?と言ったりもしました。しかし、周りの大人が子供の
言葉をセンテンスとして補強してさりげなく言い直してあげるたび、
正しい文法と発音に触れて次第にBaby Talkから卒業していきます。

ところで、2歳くらいなら誰でも知っているのが PleaseとThank you. 
特にこちらのお母さんは、小さいうちからPleaseを教えます。
子供がGive me milk! などと言うと、決まって「What's the magic word?
(魔法の言葉を忘れてない?というニュアンス)」と言って、Pleaseを
つけることを促すのです。
別窓 | 子供の英語 | コメント:7 | トラックバック:0 |
先生へのクリスマスプレゼント
2005-12-09 Fri 00:00
もうすぐクリスマスです。
Tree.gif

しかし注意を払ってみるとアメリカの学校・TVなどでは、あまり表立って
Merry Christmasという台詞を耳にしません。かわりに「Happy Holidays」と
いいます。これは他民族国家ゆえのPC(Politial correctness=差別的
でないこと)主義が原因です。

例えばFLにはNYから移住してきたユダヤ系の方が多く住んでいるので、
Melanieのクラスにもクリスマスのかわりにホニカと呼ばれるユダヤ教の
行事をお祝いする子が数人います。

*ホニカ=12月16日。9本のロウソクが並べて立てられた「Menorah」と
呼ばれるキャンドル・スタンドに毎日一本ずつ火をともして祝い、子供たち
はこの行事のあいだ一日ひとつ文房具のような小さなギフトを受け取りま
す。一本のロウソクが何日間も火をともし続けた奇跡にちなんだもの。
Celebration of Light.

その他(まだ実際にお祝いしている家族に出会ったことはありませんが)
「Kwanzaa」と呼ばれる割と新しいお祝いもあります。
*Kwanzaa:African American系の行事。12月26日。家族の絆を祝う。
60's、白人とは別の行事を持つことを主旨として作られたもの。

とにかく各家庭によって色々とありますが、我が家はクリスマスです。
毎年、クリスマス近くなるとあちこちで見かけられる「もみの木即売会」
にて生の木を買ってきて家族で飾りつけしますが、キラキラ輝くボールや
小さくて魅力的な玩具が隙間なく散りばめられたクリスマスツリーです。
「見るだけ!」なんていうルールを子供達が守れるはずもなく(笑)、毎年
クリスマス当日までに最低5つはオーナメントが壊され、猫はツリー用の
水を受け皿から飲み干します。そんなわけで、2週間前までツリーを飾る
ことが出来ないのが我が家の実情です。

**********

そういえば、アメリカの学校ではこの時期、担任の先生にプレゼント
($10ドル以下の小さなギフト)をあげる習慣があるのをご存知でしょうか?
去年MelがPre-k(保育園)に通っていた時、旦那のお母さんが
「ゆにくあは多分知らないだろうと思って、会社の帰りに買ってきたから
明日Melに持たせてあげてね」とこっそり教えてくれなければ、思いっきり
恥をかくところでした。お歳暮みたいなものかもしれませんが、初めて
聞いた時はちょっとびっくりしたのを覚えています。
別窓 | 雑記 | コメント:18 | トラックバック:0 |
Chicken Saltimbocca
2005-12-05 Mon 11:20
久しぶりに旦那の好物を作りました。以下レシピは4人分です。


■材料■

鶏胸肉 4枚
セージの葉(生)40枚くらい
Prosciutto(プロシュートハム) 薄切り4枚
オリーブオイル 大さじ2~4
小麦粉  1/4Cくらい
白ワイン(dry) 1/4C
marsala または port 1/4C
チキンストック 3/4C
刻んだセージの葉(生) 大さじ1くらい
黒こしょう

■作り方■

1. 鶏胸肉はワックスペーパーかサランラップの間に挟んで叩き
(メモ:この時、肉に水をつけるとくっつきません)、薄く伸ばす。

2. 鶏肉一枚あたり6.7枚のセージをのせ、さらにプロシュートで覆う。
軽く密着させたらラップをかけて、冷蔵庫で10分。

3. フライパンを中火で熱し、いったん小麦粉をつけて余分を落とした
鶏肉を片面2分ずつ、または色が変わるまでソテーする。調理後、
肉は皿に取り出しておく。

4.マサラワイン、白ワインを3のフライパンに入れて沸騰させ、茶色い
うまみ(こげのようなもの)をこそげ落としたら、そのまま約1分加熱する。
チキンストックを加え、沸騰後1/3Cくらいになるまで煮詰める。刻み
セージを加えて1分間弱火。こしょうで味を調えたら(たぶん塩はいりま
せん)鶏の上にかけていただく。
MB2C17_SALTIMBOCCA_DI_POLLO_e.jpg

Prosciutto=イタリアの塩漬け豚肉(未燻製)です。
別窓 | レシピ | コメント:0 | トラックバック:0 |
アメリカ暮らしの始まり
2005-12-01 Thu 10:11
Melanieの出産話を先にエントリーしてしまったので、話が前後しますが・・・
今日は結婚前に3か月間、アメリカ滞在した時のお話です。
takoline2.gif

結婚を決意した彼は、それに適した環境を作るべくネイビーを脱退し、
一般企業へ就職。両親の住む家に帰っていました。そして、
「結婚前に一度アメリカに来てみなよ」という彼の軽い提案から実現
した私の渡米は、直前のシアトル立ち寄りを除いたら生まれて初めての
海外経験でした。ほんと、初めての海外行き飛行機にたったひとりで
乗ることになるなんて、夢にも思わなかった。人生は謎に満ちています。

飛行機の中では、相手の両親に初めて会う+いきなり3か月間も住み
込みでお世話になるといったプレッシャー、私の英語で大丈夫なのか? 
という不安、彼と一緒に生活出来る嬉しさで妙にソワソワしていました。
眠ろうとしたけどほとんど眠れませんでしたし、辛い14時間でした(苦笑。

さてアトランタ空港に着くと、彼と彼の親友(余談ですがブラピ似の男前)
がお迎えに来てくれていて、そこからは車で自宅のある市内へ。車中、
子供のようにTVの話で盛り上がっている彼らをよそに、窓の外を眺め
ながら何気なく「で、ここから車でどのくらいかかるの?」と尋ねた私。
と、ブラピが後部座席から「んー、2時間くらいかな。」


(高速で2時間・・・?)


そこからは行けども行けども森ばかり。こんなに緑を見たのは久しぶり!
というくらい森林が多く、東京の雑踏に慣れ親しんでいた私は大混乱。
(もしかして、とんでもないことに足を突っ込んでしまったのでは・・・)と
思い始めたあたりで彼が声をかけてきました。

彼「大丈夫? 疲れたなら眠ってていいよ」
私「いや、なんだか随分木が多いなと思って」
彼「そお? でも、ここら辺は(ジョージアの中では)都会な方だよ」
私「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」


すでにホームシック。


・・・つづく。
別窓 | Back to Back | コメント:9 | トラックバック:0 |
| ゆにくあ缶 |