AX
テスト勉強。
2017-02-16 Thu 16:26
ゆにくあです。


メルがサイエンスで苦労してるようなので、
勉強を見てあげることにしました。


範囲的には、植物の遺伝子組み換えとかそのあたり。
まずは私が理解しないといけないので、4チャプター
程度読んでいるんですが、テキストブック内の用語が
やたらと難しくて、辞書を引きながら読む羽目に。汗

さらに、日本語での文献と照らし合わせて内容を
確認したり、オンラインで過去問を解いてみたり。
・・・と、思った以上にメンドクサイことになってます。

ということでテスト当日までブログ書けないかも。
ま、来週にはテストなんで、ちょっとの間ですけど。

シフさんのお待たせすることになります。すいません。


以上。

別窓 | 雑記 |
それってレシピ?
2017-02-13 Mon 20:38
ゆにくあです。


今ね、長男ジョシュア(高1)が学校へ出かけたんだけど
出掛けに「ホットドッグ買っといて」とか言ってたから、
(いいけど・・・なんだろう)と思いつつ、1階のPCを使おうと
座ったら、さっきまであの子が見てたページがそのまんまに
なってたんだけど。

いわゆるスレッド系の、日本で言えば2ちゃんねるみたいな、
そういう感じのサイトが開きっぱなしになっており、

で、「バレンタインデー・レシピ」ってスレッドなんですよ。


バレンタイン・レシピ その1

1.ミニトマトを縦割りにする。
2.切り口を上に向ける(と、ハート型)
3.爪楊枝を刺す。(刺す意味がわからん)
4.完成!


それレシピって言わないと思います。


バレンタイン・レシピ その2

1.スイカとパイナップルを用意する。
2.クッキーの型(ハート型)で双方中央を抜く。
3.スイカのハート型をパイナップルへ、
パイナップルのハートはスイカへはめる。
4.完成!

そもそも、スイカとパイナップルはあんまり
味合わないと思う。しかも、パイナップルの
真ん中くりぬいてるの・・・芯のところ笑
あほだ、こいつら。笑


そして、バレンタイン・レシピ その3

1.ホットドッグを縦割りにする。
(ここでいう、ホットドッグとはウィンナーのことです)
2.両端を持ってハート型を作り、爪楊枝で止める。
3.完成!




ジョシュア、ちょっと待て。汗




別窓 | 雑記 | コメント:2 |
家族の反応。
2017-02-11 Sat 03:09
ゆにくあです。


また記事を書いている、ということは
ピアノを弾いてないということですが笑




それで、ここまでの数年間、毎日
自由時間を使ってピアノ以外のこと
何もしてなかった私ですが。

先月は割と、というか・・・だいぶ・・・・
ピアノ以外のことをしていました。
年末からの単発の仕事もあったし。

そして、最初は気づかなかった子供達も
そんな私を見て相当不思議に思ったらしく。

ショーン「ママ、ピアノ弾かないの?」

ゆにくあ「え。汗」

ショーン「ダメだよ、サボっちゃ」


普段は周りの世界に興味を示さず、
その場にいても全く状況を理解していない
ジョシュアですら、そっと寄って来て

「ところでママ。最後にピアノ弾いたのいつ?
今まで24時間弾いてたのに(注:弾いてません)
最近・・・・少し・・・・聴いてないなと思って」

とか気を遣った風に、調査してくるんです。

2時間くらいは弾いてるんですよ!
1日中弾いていないだけです。

メラニーはというと、「いいよね~ 大人は~。
好き勝手に出来てさ~。私だって物理嫌いだけど
選択の余地ないもんね~」とか言います。


旦那に至っては冗談っぽく、
しかし聞こえよがしに遠くから

「どうやら(ピアノは)一過性のものだったみたいだね。
何十万もかけたのに、たいした投資だよね~!笑」

とか・・・・

だから弾いてるってば!笑


ショーンは恐らく・・・うちはゲームがターン制なので
私が遊んでると自分が遊べないから監視してるん
だと思いますが、その監視がえらく厳しくてですね笑
毎日チェックするんです、私が何をしたか。

と思えば、この間何かを弾いていた時、

「今のところ、すごくいいね。鳥肌たっちゃった!」

とか、まさに・・・・アメと鞭。笑


これって、今まで「宿題やったの!」と言っていた
私に対する逆襲・・・でしょうか笑


***

話は違いますが、

先日(ブロ友さんたちが現在弾いていらっしゃるので)
平均律の中の特定の曲をシフさんが教えている映像
ないかなーと思って、あったら翻訳しようと思ってたん
ですが(結局なかったけど)で、その時に彼がバッハに
ついて語っている映像を少し観たんです。

長かったので、全部は観てませんが。

そこで知ったのは:

シフさん、子供のときからバッハが特に大好き。
毎日バッハを1時間くらい弾くことで一日が始まる。
突然、後期の難しいバッハ曲を弾く人がいるけれど、
全部飛ばして上から弾くのはだめ。それまでの作品を
下から弾くこと。しかし、インベンションよりむしろ、
初期の小作品の方がおすすめ(インベンションが悪い
という意味ではなく)。

など・・・

さらに子供の頃から「大の練習曲嫌い」だったそうで、
もちろん子供は基礎練習が絶対にはずせないけれど、
とはいえいわゆる練習曲は、ドライでつまらなくて
ある意味、こんなの弾くなんてみっともないから
プライドが許さないと子供の時思っていた

ともおっしゃっていて・・・笑


それでチェルニーを毛嫌いしているのか!
と納得しました。

(つーか、どんな子供だよ笑)


シフさんっておもしろい人だなぁと思う。
別窓 | 雑記 | コメント:4 |
リズムと抑揚。
2017-02-01 Wed 02:51
シフさんのレクチャーがらみのひとりごと。


次の曲は、

私の大好きなワルトシュタインです。

常日頃、何かの間違いでもなんでも、

あの曲を自由な気持ちで弾ける瞬間が来たら

その時は喜びと興奮のあまり

その場でショック死するんじゃないか、と

いや、弾けるようになるまで死ねないなと

本気で思っているくらい、大好きなワルトシュタイン。


その考えで行くと、一生死ねなくなってしまうのは

さておき。


訳していると、

たった1語にあてる言葉を選ぶのに数時間

みたいなことが、たまにあります。

そういう時は、

いったん言葉を頭の片隅に保留した状態で

ピアノ弾いたり、家事をやっつけて、散歩したり、

子供から学校の話を聞いたり。


そうこうしていると、

ふとした瞬間に良い考えが浮かんで、また継続。

みたいなね。笑


まぁ要は、単に私の語彙が足りないんだろう。


しかし(言い訳がましいですが笑)言語というのは、

使う側と共に刻々と変化する宿命を持っているので

日々新しい言葉が生まれ、使われない言葉は死んでいく。


日常的に、肌で感じる生きた日本語が周りにない私には

いささか厳しい注文だったりするけど、ま仕方ない。




それとは別に、シフさんの場合。 時折ですが

言葉がいわゆる英語圏の英語とは違った回路を

通ってくることがあり。 もちろん、彼の英語は流暢で

上品で申し分ないですが、ふとした時にちょっとした部分が

少しだけ抜けたり不思議だったりする。それは本当に少しだし

偶になんだけど、でもそれが原因で意味不明ってことが

・・・・ないわけではない。


まぁ気が向いた時に、気が向いたところまで。

って感じで疲れない程度にやってますんで。




ま、ここまでは余談。


そのワルトシュタインの講義の一部をね、

昼間聴いていたら、シフさんが言うんです。

つまりこのリズムは 「dactylとspondeusですね」と。


そういった方面を専攻した方以外は、

なんのことやらかと思いますけど、

つまり韻律の一種で、説明大変なんで

ここではしませんが。

とにかく、このひとことを聞いて



そうか、そこから来てるのか。

考えてみたら当たり前だ・・・どうして

今まで気づかなかったんだろうと。

そういう気持ちです。


例えば、俳句や短歌を読み上げた時、

その音の連なりをなぜ美しいと感じるのか。

メロディーと歌詞がぴったり合っていると

感じる感覚はどこから来るのか。


音楽的リズムやダイナミズム。

詩のリズム。

西洋のリズム。

美しいと感じる言葉のリズムと抑揚。

アクセントの場所と、子音の数。

音楽との関係。





知らないことがあるのは幸せなことだ。

発見はいつもわくわくする。
別窓 | 雑記 |
バイオハザード。
2017-01-31 Tue 08:10
オーディエンスを間違っている気もしますが・・・




バイオハザード7、発売されましたね!

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが

アメリカではバイオハザードシリーズ全て、

Resident Evilってタイトルで出てるんだけど

今回の7は、Resident Evil-Biohazardって風に

バイオハザードがサブタイトルみたいに

後ろにくっついてます。


それで、先日

「日本ではもしかして、逆だったりして」と

家族で話してたんだけど、今見たらホントに

日本版はバイオハザードが先に来てますね!喜


わたし個人的には、バイオハザードの方が

断然かっこいいタイトルだと思っています笑



それで、ドラゴンクエストビルダーズで

バイオハザード1の館を作っている方が

日本にいらして、

それを見たら自分でも作りたくなったので

・・・フリービルドで作ってみました。


当然、

その方の作り方をかなり参考にしながら

始めましたが、

図書室とかピアノのある部屋とか

あとなんだっけ・・・剥製がいっぱいある部屋。

そこらへんを私は特に頑張って再現してみました笑

部屋数が多すぎて、全部まわれてないんだけど

プレー動画を見ながら、こだわりの再現度ですよ☆

あでも、カメラの切り替え操作が下手なんですが。汗

まぁ、だいたいこんな感じです。


やったことない人には、なんのことやら。だと思います。


ちなみに

最後の方にちらっと映ってるのは、FFのポートタウンで

そこには船を浮かべてみました。。。(船、大変だった)

が、ショーンいわく、「船の停め方が逆」だそうで

ああいう大きな乗り物は、バック停車が基本らしい。。


知らんがな。


それと最後の最後に遠くに見えるのが、製作途中の

カカリコ村です。 ほとんど出来てるんだけど、

高さ制限があって、風車のハネ上部が

詰めなくなっちゃったので、あらま、どうしよう。 と

放置中です。


別窓 | 雑記 | コメント:2 |
| ゆにくあ缶 | NEXT